彼氏・彼女と喧嘩した時にやってはいけないNG行動&態度まとめ アイキャッチ画像 https://www.pinterest.jp/
記事作成日:

彼氏・彼女と喧嘩した時にやってはいけないNG行動&態度まとめ

恋愛

919view

付き合っているカップルなら、些細な原因から彼氏や彼女と喧嘩してしまうことは多々あることです。お互いの不満を拭い去ることができないままだと、仲直りし辛くなってしまいます。今回は彼氏や彼女と喧嘩した時にやってはいけないNG行動や態度について、また、喧嘩してしまう原因を徹底解説していきます。

彼氏・彼女が喧嘩してしまう理由

ここでは彼氏と彼女が喧嘩する主な理由を、「彼氏が怒る理由」と「彼女が怒る理由」に分けてそれぞれご紹介します。いったいどのような理由から喧嘩が勃発してしまうのか、詳しくみていきましょう。

カップルが別れる理由とは?相手を傷つけない別れの言い方はある?

カップルが別れる理由とは?相手を傷つけない別れの言い方はある?

カップルが別れる理由は? カップルが別れる理由にはいろいろあります。関係がマンネリ化したり、付き合っているうちに価値観の…

彼氏が怒る理由

彼氏が彼女に対して不満を抱き、怒ってしまう理由に挙げられることは、

  • 彼女の普段からの自分に対する態度や言葉に苛立ちを感じている
  • 生活リズムやライフスタイルの違いですれ違うことが多い
  • 約束を守る姿勢がない
  • 同性の友達や異性の友達に対する嫉妬心
  • 他の男性へ気持ちが傾いて浮気している

これからの理由によって、思いもよらないことで喧嘩に発展してしまうことがあります。とは言え、根本的に、お互いが社会人であればなおさら、それぞれの仕事に対してストレスや疲れが生じるのは言うまでもありません。

しかし、それが引き金となり会う時間が取れず、円滑なコミュニケーションができないためにうまく付き合っていくことができなくなってしまったことが理由に挙げられると言えるでしょう。

そのため、彼氏を怒らせてしまった理由が彼女にあるとしたら、それは彼氏に相手にしてほしいために彼女が仕事で疲れている彼氏の状況に配慮できなかったのも、彼氏が怒る理由になるということがわかります。

このように、彼氏との喧嘩に発展してしまった場合は、もしかして、彼女の方が彼氏に対して無理なお願いをしてしまっている可能性も少なからずあるということを理解し、彼女が言動を改めてみると喧嘩にまで発展することは避けることができるかもしれません。

もしも喧嘩になりそうな予感がしたら、そのまま自分の思いや希望を彼氏に臨み、与えてもらおうとばかりせず、一度別の方向へ視線を変え、解決策を見出してみてください。

彼女が怒る理由

次は、彼女が彼氏に対して不満や怒りを覚えるとことがあった場合、その大半にどのような理由があるのかみていきます。

  • 生活リズムやライフスタイルの違いですれ違うことが多い
  • 彼氏の自分への態度や言葉に対して不満に感じる
  • 約束してもすぐ忘れてしまう
  • 話を覚えていない
  • 同性や異性の友達に対して嫉妬心がある
  • 他の女性と浮気した

このように、彼女が彼氏に対して抱く不満はたくさんあることが分かります。その中でもやはりお互いの生活リズムやライフスタイルの違いから、会いたいと思った時に自分の希望が叶わず、思った通りに事が進まないことに対してイライラしてしまうことも多いようです。

また、感情がぶつかってしまい、彼女の怒りも爆発してしまうこともあります。彼氏の自分に対する言動に不満を募らせ、喧嘩へと発展することも少なくありません。

さらに、彼氏が自分ではない同性の友達や異性の友達と過ごす時間を優先した場合など、その人に対して強い嫉妬心を抱くこともあるでしょう。

彼氏に対するこれらの不満が溜まっていくとストレスにつながり、最悪の場合は別れることを考えてしまうこともないとは言い切れません。その前にしっかりと二人で話し合い、きちんと今後の方向性についてお互いの意見を言い合う機会を設けることが大切です。

彼氏との相性はどう?相性が良いカップル・悪いカップルの特徴を解説!

彼氏との相性はどう?相性が良いカップル・悪いカップルの特徴を解説!

相性が良いとは? 相性が良いとは、2人が一緒にいて我慢をすることなく自然体でいられる関係性のことです。どちらか一方に不満…

カップルで喧嘩したときにやってはいけないNG行動&態度

ここからは、カップルで喧嘩してしまった時、ついやってしまいがちな行動や態度についてみていきます。これらの言動はさらに喧嘩に拍車をかけてしまい、関係修復のため、また、仲直りするきっかけさえ掴めなくなってしまうでしょう。

そのような状態へと発展することを避けるためにも、彼氏や彼女のNG行動や態度について以下に11点確認していきます。

これまでこれらの行動や態度をとったことがあるなど心当たりがある方は、改めて自分を見つめ直し、今後、お互いが相手に対して注意して接することが大切です。

態度①感情的に責める

彼氏や彼女と喧嘩すると、大抵の場合、つい感情的になってしまい、相手を責める行動をとってしまう方が多いことをご存知ですか?その原因が実は自分にあったとしても、それを反省するのではなく、相手に対して責任転嫁させる傾向です。

そのため、原因を作った側ではない場合など、あまりに責め立てられたことで自分だけが悪者にされたということをそのまま受け入れ、気分も落ち込み、悩んでしまうことも少なくありません。

また、喧嘩を諦めてしまい、二人で向き合い話をすることを無駄に感じてしまうこともあるでしょう。その結果、お互いの気持ちを素直に伝え合うことができない上、物事を冷静に捉えることができなくなり、どう接していけば良いか分からなくなってしまうのです。

このように、あまりに自己中心的な考えになり、感情的になって相手を責めてしまうような行動は控えるようにしてください。

態度②無視したり避けたりする

喧嘩してしまったカップルは、お互いが冷静な気持ちを持てない状態です。そのため、ある程度の言い合いを行うこともありますが、中には相手を無視する、あるは避ける行動をとることがあります。これは、相手に対する苛立ちや腹立たしさが態度に表れている状態です。

しかし、3日以上相手を無視し続けるのはやはりその後の関係修復に大きく関わる事態になり兼ねないため注意が必要です。

特に、自分から折れて歩みよりをみせようとしてLINEでメッセージを送信しても相手からの返信がない、あるいは直接電話しても出てくれない、さらに、着信拒否まで行われていた場合、相手をより傷つけてしまうでしょう。

その後もなお、相手を無視したり避け続けたりすると、もう付き合っているとは言えない状況になってしまいます。

無視し続けてしまうことでお互いの気持ちが冷めてしまうことにつながるため、3日を限度に仲直りの兆候を見せ始めるのが無難です。もしもその間に彼氏や彼女から連絡がきた場合は、その連絡に対してきちんと対応するようにしましょう。

態度③昔の話を蒸し返す

喧嘩したことを引き金に、過去の話を蒸し返し、相手を攻撃するような態度は少し卑怯ともとれる行動だと言えます。

これは、カップルの喧嘩によくあることですが、喧嘩によって腹立たしさのあまりしつこく昔の話を出し、責め立てようとする姿勢は、彼氏や彼女からすると何を話しても相手の考えや話に耳を傾けようとさえしなくなってしまうからです。

そのため、今起こっている問題に対してだけに向き合うこととし、わざわざ昔の出来事に集中攻撃を行うことのないよう注意が必要です。

態度④暴言を吐く

恋人同士の関係性でありながらも喧嘩をしてしまった彼氏や彼女によくあることの中に、相手の言動に対してあまりにも腹立たしさを感じたために、その憤りを隠せずに暴言を吐くなどの行動をとることがあります。

暴言を吐いてしまうと相手を傷つけるだけではなく、心に傷をつけてしまう恐れがあるため、その後の二人の関係がぎくしゃくとしてしまうなど、仲直りがしにくい関係性へと発展してしまう恐れがあります。

さらに、お互いが沸点に達していることから、どちらか一方が「もう別れよう」などと言葉をもらした際は、そのまま別れが訪れてしまうなど、二人の仲を取り戻せる可能性は低くなってしまうでしょう。

そのようなことを避けるためにも、お互いの気持ちに配慮しながらも、相手に対してどれだけ腹立たしさがあろうと、決して暴言を吐いてしまうことのないよう注意してください。

さらに、その場の勢いだけで別れを決断するような言葉を発することのないよう、ぐっと気持ちを堪えることも大切です。

態度⑤報復の浮気をする

仲良く過ごしていたカップルでも、ふとしたことがきっかけとなり彼氏や彼女と喧嘩してしまうことは多々あることです。

しかし、その喧嘩の程度があまりにひどい場合など、憂さ晴らしがしたいというだけで、他の異性と浮気してみたり、デートを楽しんでみたりしてしまうと、より二人の間に深い溝を作ってしまいます。そのため、そのようなNG行動は避けなければなりません。

喧嘩をしても他の異性に依存して浮気をしてしまうことのないようにしてください。仮にそれをしてしまうことで関係が悪化することにつながることは目に見えた行動のため、絶対にそのようなことを行うべきではありません。

態度⑥周囲に愚痴る

彼氏や彼女と喧嘩をしてしまうと、自分ひとりで抱えているとそれだけで気持ちが沈んでしまうなど、すっきりとした気分になれません。そのため、自分が彼氏や彼女と喧嘩中であることを周囲の人に愚痴る自分がいるという方も多いのではないでしょうか?

自分は彼氏や彼女の愚痴を気軽にこぼすことはできるかもしれませんが、もしも彼氏や彼女の耳に入ってしまうようなことがあれば、なお関係性の悪化につながるでしょう。

さらに、あまりに募る愚痴を言っていきたいために手軽にSNSなどに投稿してしまうと、それがいつしか相手の目に留まってしまうこともあるかもしれません。人を特定することが難しいとされるSNSに彼氏や彼女の愚痴をこぼすようなことのないよう注意してください。

態度⑦諦めた態度をとらない

彼氏や彼女と些細なことがきっかけで喧嘩をしてしまうようなことがあった場合、必要以上に自己嫌悪に陥ったり、マイナス思考の考え方に捉われたりすることがあります。

この時、「自分のことを好きだと思ってくれてないのね」「どうせわたしのことが嫌いなんでしょ」など、ネガティブ思考で諦めた態度をとるのはNGです。

このような喧嘩となった時こそ、自分の気持ちを改めて確認し、コントロールしていくことで気持ちを整理していくことが大切です。決して相手に対して諦めの気持ちを持った態度で接することのないよう注意して過ごしていきましょう。

彼氏が彼女に会いたいと思う瞬間は?会いたいと思わせるポイントを紹介♡

彼氏が彼女に会いたいと思う瞬間は?会いたいと思わせるポイントを紹介♡

彼氏はどれくらいの頻度で彼女に会いたいと思ってる? 男性はどれくらいの頻度で彼女に会いたいと思っているのかというと、平均…

態度⑧負けん気の強さを出す

物事あらゆることに対して、自分は人に負けたくないなど闘争心や競争心を強く持っている人がいます。このような人こそ、恋人に対しても負けたくないという強い思いが働き、それによって自分から折れ、相手に謝罪するということをしない方が多いことをご存知ですか?

しかし、これまで仲睦まじく過ごしてきたにも関わらず、一時的な喧嘩で二人の雰囲気が悪くなってしまうのは、彼氏や彼女に対して自分の負けん気の強さを出してしまうからです。そのようなことのないよう、自分が相手にとる態度には十分注意するようにしてください。

態度⑨相手を試すかのように別れを切り出す

喧嘩をきっかけにして、自分への気持ちを確認する意味で、「もう別れよう」や「わたしのことは好きじゃないのね」など、相手を試すような素振りや言動をするのはNG行動です。

相手を試すという行為は、余計に信頼関係を崩してしまい、二人の間に深い溝を作ってしまいます。その結果、関係修復をはかるにはどんなに時間をかけても難しくなってしまうと言えるでしょう。

そのため、「恋人同士の関係に終止符を打つ」など、相手を試すような別れを切り出す言葉を発することのないようにしてください。

もしもそのような言葉が出てきそうになるくらい腹立たしさや悔しさが増すのなら、それ以前に二人でしっかりと話し合いを行うようにしてください。そうすれば、「別れる」ことを避けることができるでしょう。

態度⑩一方的にメッセージを送る

喧嘩した後に、なぜか喧嘩したことを後悔してしまうという方も多いのではないでしょうか?そこには彼氏や彼女に対して様々な思いが錯綜することでしょう。

その時、自己嫌悪に陥ってしまい、自分から謝りたいと思う方もいれば、彼氏や彼女が喧嘩後にどのような思いでいるかを知りたいために一方的にメッセージを送ってしまうことがあります。

特にメッセージの内容がネガティブな表現が多い場合、相手からの返信を促してもそれに対する返答がないことが多々あるでしょう。その場合、返信が来ないことに苛立ちと腹立たしさを感じてしまい、さらに相手に対して攻撃的なメッセージを送ってしまうことがあります。

自分の思いとは裏腹な行動をとってしまいがちになるこの一方的なメッセージは、関係修復を望んでいながらも、それを叶えることができず、現実から遠のいてしまう行動だと言えます。

このように、喧嘩をしている時に一方的なメッセージを送り続けることは後に必ずと言ってよいほど後悔してしまうことにつながる他、相手の気持ちが一気に冷めてしまうため、絶対に避けるべき行動だと言えます。

性欲が強い男性は顔に出る⁈ 人相占い診断&手相占いでチェック!

性欲が強い男性は顔に出る⁈ 人相占い診断&手相占いでチェック!

性欲が強い男性の占い診断【人相】 まずは、人相占いの観点から性欲の強い男性を見てみましょう。外見の特徴なので、非常に観察…

態度⑪LINEで話し合う

喧嘩した後、お互いが素直な気持ちになれないために、しっかりと向き合って話し合うことを躊躇してしまうことがあります。そのため、手軽に行えるLINEでメッセージを送ることで話し合いを重ねようとするカップルもいます。

しかし、文字で自分の気持ちをしっかりと伝えることは難しく、場合によっては伝えたい言葉や内容が相手にきちんと伝わらないために別の意味にとらえられてしまうこともあるでしょう。

本来、怒っている人に対しては、きちんとした姿勢で向き合うとともに、お互いが思っていることを素直に言い合えるよう直接会って話し合いを行うことが大切です。

このように喧嘩中こそ自分の行いや言動を改めるべき良いきっかけだと思って、相手としっかりと向き合い、お互いの思っていることを言葉にして真正面から話し合いを行っていきましょう。

喧嘩した後の彼女の態度がおかしいときの対処法

ここからは、喧嘩した後、彼女の様子や態度が普段とは異なると感じた時にどのように対処すべきか、最善の対処法についてご紹介します。いったいどのように接するべきであるかひとつずつ詳しくみていきましょう。

対処法①気持ちをしっかり伝える

相手に自分の気持ちを素直に伝えたいのに、自分でも思うように伝えることができない時は、LINEなどのメッセージではなく、あえて手紙を書いて自分の本当の思いを彼氏や彼女に伝えるようにするのがおすすめです。

手紙は意外と自分が今考えていること、思っていることを相手に素直に、そしてダイレクトに伝えることができます。実際のところ手紙はなかなか書く機会がない分、どのように書いて良いか分からないという方も多いかもしれません。

しかし、特に形式ばったものはなく、相手に対して自分の思いがきちんと伝われば良く、手紙を書くことによって彼氏や彼女に対して良いイメージを与えることができます。

手紙を渡されて嫌な気分になるという方のほうが少ないため、より効果的な対処法だと言えます。また、手紙は自分の思いをきちんと整理して相手に伝えることができる分、仲直りのチャンスを掴むことができるでしょう。

このように、彼氏や彼女の気持ちに寄り添った心のこもった手紙を送ることをおすすめします。

彼女に依存する男性の特徴は?依存体質な彼氏との上手な付き合い方

彼女に依存する男性の特徴は?依存体質な彼氏との上手な付き合い方

彼女に依存する恋愛依存体質の男性は多い 恋愛依存症や恋人依存というのは、基本的に女性に多いイメージを持ちますが、実は男性…

対処法②彼女が好きそうなデートを企画する

喧嘩になった原因が彼氏にあった場合、彼女はしばらくの間、彼氏に対して不信感を抱いたり、元通りの関係性に戻れるかどうか不安に感じているものです。

そのため、大きな喧嘩が起こった後、彼女の態度や行動がこれまでとまったく異なる様子を見せていた場合、仲直りできてよかった」「また幸せな気持ちでいられる」というような思いではないことがうかがえます。

もしかすると、しっかり関係性が戻ったと思っていても、実は彼女は彼氏との関係を終えたい、別れたいと感じているかもしれません。

このような彼女の状態に気付いたら、彼氏は彼女に対して、自分が彼女のことをとても大切に思っているということを行動や態度で示すことが必要です。その方法のひとつに、彼女を大切に思っているということをデートの内容で示すことを行ってみてください。

たとえば、彼女がかねてからずっと行きたいと思っていた場所にデートを計画したり、二人の思い出の場所へ足を運ぶ、あるいはこれから二人で新境地を開拓するなど様々なプランを立ててみましょう。

彼女が楽しいと思える場所にデートしてみることで、二人でゆっくりと過ごす時間を取ることで再びお互いの必要性に気付くことができます。

喧嘩した後の彼氏の態度がよそよそしいときの対処法

この後は、喧嘩した後、これまでの態度とは異なる様子を見せる彼氏が、なぜそのような態度になってしまうのか、それにどのように対処すれば良いか、最適な対処法について以下に2点ご紹介します。

いったい彼氏はその時に何をどう思い、感じているのか、彼氏の思いや話に耳を傾け、そのような態度になる原因、対処法を詳しくみていきましょう。

対処法③彼氏の話をしっかり聞く

喧嘩してもお互いの気持ちを尊重し、確かめ合う機会を設けることが必要です。そのため、喧嘩した後にそのままの状態を長く続けるのはNGです。

連絡を取り合わない、話をしない、LINEでの会話もないとなれば、この先二人が恋人同士の関係を保っていくことができるのかさえ分からない状態になってしまうでしょう。

だからこそ、喧嘩をしてもそのまま放置した状態でいるのではなく、今、彼氏がどんな思いでいるかをしっかりと聞くことから始めていきましょう。とは言え、男性は自分の思いをひた隠すことも多く、彼女に対して何ら問題のない態度をとることもあります。

さらに、本心を彼女に伝えたいと思っていても、自分が発した言葉によって再び喧嘩に発展してしまってはそれだけで面倒に感じることもあるという理由から、自分の思いを素直に伝えようとしない可能性もあります。

このような状況は、一向に二人は平行線を辿ってしまうため、今後の付き合い方に支障が出てきてしまうことは言うまでもありません。

とは言え、再び喧嘩が勃発してしまうのなら、できればそのようなことを避けたいと思うあまり、深く話をしたくないと思ってしまう心理が働くようです。このような彼氏の思いに気付いてあげられると彼氏の態度は元通りの状態になると言えるでしょう。

ぜひ、彼氏に寄り添い、相手の気持ちを理解できる彼女になる努力も時に必要であるということを知っておいてください。

彼氏と付き合って半年♡記念日の過ごし方や長く一緒にいるための秘訣!

彼氏と付き合って半年♡記念日の過ごし方や長く一緒にいるための秘訣!

付き合って半年のカップルはどんな感じ? 付き合って半年が経過したカップルは、一般的にどのような関係性になるのでしょうか。…

対処法④かまってちゃんにならないようにする

彼氏が喧嘩の後にずっと怒ったままの状態だと、きっとそのままの状況が延々と続いてしまうでしょう。しかし、これは彼氏にとってさほど大きな問題とは捉えておらず、自分がどのような気持ちでいるか、自分自身を見つめ直しているところなのです。

そのため、その期間にあまり彼女から彼氏に対してアクションを起こしてしまうとそれが逆効果となり、彼女との距離をさらに置きたくなってしまうでしょう。

そのようなことになると、お互いの気持ちも離れてしまい、再び元の関係に戻るにもこれまで以上の時間がかかってしまうこともあります。

そのため、あまりに執拗に接していこうとするのではなく、しばらく彼氏からの動きが見られるまでそっと見守っておく気持ちを持ち、様子を見てみるのが良いと言えるでしょう。

喧嘩の原因によっては、関係修復までにかなりの時間を要する可能性もあるなど、その場合は特に事を荒立て、急かすようなことはせず、時間の経過とともに二人の関係を少しずつ修復させていけるようにするのが最善の方法だと言えます。

このように、喧嘩後の彼氏の態度や言動によっては、ゆっくりと時間をかける必要があるかどうかを適切に見極めることも大切です。

彼氏・彼女と喧嘩をしたら相手の気持ちをきちんと聞こう!

彼氏や彼女と些細なことで喧嘩が始まってしまい、その後の関係を修復させる際、絶対にやってはいけないNG行動や相手に対する態度について詳しくみていきました。

喧嘩してしまうとつい感情的になり、相手の気持ちを考えることができず、自分本位になってしまうのは誰でもあることです。しかし、一方的な思いや感情を相手にぶつけてしまうと、最終的には修復するどころか別れが訪れてしまうこともあるでしょう。

そのようなことにならないためにも、喧嘩から元通りの関係性に戻れるステップを踏み、お互いの気持ちや思いを尊重し合いながらも、しっかりと話し合いを行うことが大切です。

ぜひこの記事でご紹介した内容を参考に、彼氏や彼女と喧嘩してしまうことがあれば、ぜひしっかりと向き合い、お互いの気持ちを理解し合うことが大切です。そうすることでこれからも長く二人仲良く過ごしていくことができるはずです。ぜひ実践してみてください。

その他の関連記事はこちらから

付き合い始めのカップルはまず何をする?やるべきことを詳しく紹介!

付き合い始めのカップルはまず何をする?やるべきことを詳しく紹介!

付き合い始めはどのくらいの期間を指す? 付き合い始めとは、人によって定義が異なりますが、一般的には3ヶ月以内を指すとされ…

運命の人の特徴は?出会った相手が運命の人だった時のサインがある?

運命の人の特徴は?出会った相手が運命の人だった時のサインがある?

運命の人は本当にいる?! 長い人生を過ごしていく中で、自分にとって本当に「運命の人」に出会うことはあるのでしょうか?また…

好きな人が二人できちゃったときどうする⁈後悔しない選択とNG行動など解説!

好きな人が二人できちゃったときどうする⁈後悔しない選択とNG行動など解説!

好きな人が二人できることは珍しいことじゃない? 恋愛は、どの世代の方でもみんな自由気ままに楽しいものとなるのが理想です。…