夏休みをノスタルジックに描いた映画おすすめ12選を厳選紹介! アイキャッチ画像
記事作成日:

夏休みをノスタルジックに描いた映画おすすめ12選を厳選紹介!

エンタメ

105view

海水浴にキャンプ、プールにラジオ体操など、夏休みにたくさんの思い出がある方は多いのではないでしょうか。そんな夏休みを舞台にしたノスタルジックな映画を、邦画、洋画、アニメーションとジャンル別に厳選しました。映画の世界に身を置いてしばし日常を忘れ、ノスタルジックな気分に満たされてください。

夏休みをノスタルジックに描いたおすすめ映画【邦画】

しみじみと郷愁を誘う日本の風景と共に描かれた、とある夏休みをテーマにした邦画をご紹介します。映像の中に溢れる少年少女の頃見聞きした懐かしい風景や音が、日々の忙しさやストレスを洗い流してくれるでしょう。

毎日が刺激的で、いろいろなことに挑戦し、ドキドキワクワクがいっぱいだったあの頃の甘酸っぱい気持ちを思い出しながら観たい映画です。

夏のノスタルジック映画①菊次郎の夏

「菊次郎の夏」は1999年に公開された北野武監督の映画です。第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式参加した作品でもあります。

幼くして父親を亡くし、祖母とふたり浅草に暮らす小学校3年生の正男は退屈な夏休みを過ごしていました。遠くの街に暮らす母に会いに行こうと思い立った正男に、近所のおばちゃんが夫で遊び人の菊次郎を同行させてくれると言ってきます。

愛知県豊橋市を目指す正男と菊次郎ですが、道中菊次郎は競輪場で旅費も正男の小遣いも使い果たしそうになったり、ヒッチハイクでトラブルになったりとドタバタの旅となってしまいます。

そんな中正男が変質者に襲われそうになり、菊次郎が助けたことで初めて菊次郎に正男に対する情が芽生えます。

やがて正男の母の住む家を見つけたのですが、そこにはすでに新しい家族が生活していました。幸せそうな一家を見て陰で悲しむ正男を精一杯慰める菊次郎の姿に優しさを感じます。

実は自分も母親と別れた過去を持つ菊次郎は、老人ホームを訪ねるも自分もまた、母親に声をかけることはできなかったのです。ふたり共に夏の旅を終え、それぞれに成長して何かが変わっていく様に心打たれる作品です。

夏のノスタルジック映画②私たちのハァハァ

「私たちのハァハァ」は2015年に公開された、北九州から遥か1000キロ先の東京へ自転車で向かう4人の女子高生が主役の青春ロードムービーです。

4人が大好きなロックバンド、クリープハイプのメンバーが地元ライブの出待ちで軽く声掛けしてくれた「東京のライブにもぜひ来てください」というセールストークを真に受けて東京行きを決意します。


無謀にも自転車で東京目指して走り出した4人、旅のはじめは大好きなロックバンドのファンという繋がりで構成されていた4人組ですが、次第にファン熱の差が顕著になり衝突が始まります。

イマドキの高校生らしく4人は自分たちの行動をツイッターにアップしながら自転車を漕ぎ進めますが、だんだんと体力を奪われ、自転車を捨てヒッチハイクで東京を目指します。しかし、疲れからさらにいざこざを繰り返すようになるのです。

4人それぞれの感情が交錯して、悩んで衝突し、みんなが少しずつ少しずつ成長していく姿は、若い頃ならではの無謀さや熱い情熱はいつの時代も変わらないことや、自分自身の高校生時代を懐かしく切なく思い起こさせてくれます。

夏のノスタルジック映画③大人ドロップ

「大人ドロップ」は2014年に公開された、樋口直哉の小説が原作の映画です。この映画に10代の若者はもちろん等身大の共感を覚えるでしょう。また、過去10代だった大人が青春を振り返ってその頃の空気感をいっとき思い起こすのにぴったりな青春映画です。

静岡の高校生の由は、友人の始から杏への告白の手伝いを頼まれ、仲の良い春も加えた4人のダブルデートに誘います。しかし小さないさかいが起きてしまい、デートは失敗、由は杏と気まずいまま夏休みに入ってしまいます。

杏は夏休みが終わる前に高校を辞めて引っ越してしまい、由は少ない情報だけを頼りに彼女を探し再会できましたが、結局は好きだという本心を告白できませんでした。このとき一緒に食べた杏が好きな肝油ドロップが映画のタイトルになっています。

大人とも子供ともつかない揺れる男女4人の高校生が、その年代ならではの変化に富んだ関係性の中でもがき苦しんで成長していきます。

そんな様子を見ると大人となった今、なにも分かっていなかったあの頃がとても愛しく大切な思い出として心によみがえってくる、そんな作品となっています。

【邦画編】青春映画おすすめ25選!恋愛・友情・思春期の葛藤など一挙紹介!

【邦画編】青春映画おすすめ25選!恋愛・友情・思春期の葛藤など一挙紹介!

邦画でおすすめ!感動の日本青春映画【部活】 まず初めに、部活動を通して青春をするおすすめの青春映画を紹介します。学生なら…

 

夏のノスタルジック映画④1999年の夏休み

森と湖に囲まれた全寮制の学校に学ぶ4人の美少年の愛と葛藤を描いた作品です。1998年に公開されました。原作は萩尾望都の漫画、「ト―マの心臓」です。

幼い愛を拒まれてしまったひとりの少年が湖に身を投げて自殺してしまいます。そして、夏休みに寮に残っていた残りの3人の前に、自殺したその少年とそっくりな別の少年が現れるのです。

この作品は少年同士の愛がテーマとなっていますが、当時はボーイズラブや、LGBT映画という分野は確立されていませんでした。

少年同士の愛を描くにあたり少年役を当時10代の少女だった女優たちが演じ、終始美しく幻想的な風景や音楽に乗せて描くことで、当時の邦画の新時代を切り開いた作品とも言われています。

夏休みをノスタルジックに描いたおすすめ映画【洋画】

ここからはノスタルジックな気分に浸れる洋画をご紹介します。その時代の外国の風景も楽しめますし、民族や音楽をテーマとした映画もあり、ストーリーそのもの以外にも楽しめる演出が盛りだくさんです。

ノスタルジックな洋画の中のやりたいことにまっすぐに向かっていく子供の姿を見て、凝り固まった大人脳をリセットしてみてください。

ベン・キングズレー出演のおすすめ映画15選!人気作品を一挙紹介!

ベン・キングズレー出演のおすすめ映画15選!人気作品を一挙紹介!

俳優のベン・キングズレーとは まず初めに、ベン・キングズレーの基本的なプロフィールや、俳優としての凄さがわかるこれまでの…

夏のノスタルジック映画⑤グッバイ、サマー

「グッバイ、サマー」は2016年に公開されたフランス映画です。監督自身のの思い出が元になったという自伝的物語で、14歳の少年2人が夏休みに旅をするというロードムービーです。

主人公は画家を目指すダニエルと機械好きな同級生のテオ、共に14歳の少年です。ダニエルは小柄で女の子っぽい容姿を同級生たちにからかわれ、過干渉な母も居て、多くの悩みを抱えています。


そんなダニエルのクラスに目立ちたがりでちょっと変わり者のテオが転校性としてやってきて、周囲から浮いているふたりは意気投合します。

そしてなんと、夏休みにスクラップをかき集めて、家にも変身してしまう車を作り上げ、その「夢の車」で旅に出て、ふたりのドタバタ劇が始まるのです。

思春期ならではの悩みをたくさん抱えたふたりの男の子の成長物語に夢の車という冒険的なテーマが加わって、見ごたえのある青春ロードムービーに仕上がっています。

夏のノスタルジック映画⑥夏休みのレモネード

「夏休みのレモネード」は、2003年に公開された、ふたりの少年の交流を通して心の成長を描いた作品です。舞台は1976年のシカゴです。

カトリックを信仰する優しい両親と7人の兄弟とともに暮らす2年生のピートは、兄から他の宗教を信じる人をカトリックに改宗させることができれば聖人となり、天国に行くことが保証される、と聞かされます。

ピートはユダヤ教を信仰する少年ダニ―と仲良くなったのですが、彼は白血病に侵されていました。ダニーをキリスト教に改宗させることができれば、ダニーも自分も天国に行けるとピートは考えます。

周囲の人々のさまざまな対応に戸惑い、やがて宗教は押し付けるものではないということに気付くのです。純粋無垢な子供の心とその行動に心奪われるハートウォーミングな作品です。

夏のノスタルジック映画⑦ウォルター少年と、夏の休日

「ウォルター少年と、夏の休日」は、田舎に預けられた少年と頑固なふたりの老人との交流を描いた、2004年に公開された映画です。

最初は老人たちに馴染めなかったウォルターですが、彼らの冒険心に溢れた昔話をきっかけに心を開き、3人の暮らしは楽しいものに変わっていきます。


ふたりの老人のカッコいい生き方に対して、ウォルターの母親をはじめとして金や権力を第一と考える大人が居るということをだんだんと知ることになります。成長期にどんな大人と関わるのかということの大切さを感じさせてくれます。

金や権力よりも大切で優先すべきことがあるということ、肉親よりも真の絆で繋がった他人のほうが大切なこともあるということを教えてくれる作品です。

夏のノスタルジック映画⑧スタンド・バイ・ミー

「スタンド・バイ・ミー」は1987年に公開された青春映画で、原作者はホラー作家のスティーヴン・キングです。狭い田舎の町で暮らす4人の少年は、それぞれ家庭に問題を抱えていましたが、仲がよく、いつも一緒に遊んでいる仲間でした。

ひとりの少年が、3日前に行方不明となっている少年の死体が森の奥でそのままになっているという情報を仕入れてきます。4人は、死体を見つければ英雄になれるかもしれない、と盛り上がり、後先を考えず死体探しの旅に出ます。

少年4人それぞれのキャラクターが個性的で境遇もさまざまなので、映画を見る側に共感できたり自分と重ね合わせたりできる部分があり、ぐっと心を掴まれます。

自然豊かでダイナミックなアメリカの片田舎の風景とそれにマッチする素朴な音楽と相まって、昔経験した忘れられない夏をもう一度思い出させてくれる映画です。

夏のノスタルジック映画⑨僕のスウィング

「僕のスウィング」は2003年に公開されました。夏休み、10歳のマックスは郊外の祖母の家に預けられ、そこでジプシー・ギターの名手によるマヌーシュ・スウィングという音楽の演奏を聴き、とりこになってしまいます。

さっそくギターを買いに出かけたマックスは、ジプシーの娘スウィングと出会い、やがて小さな恋へと発展していきます。マックスとスウィングはドキドキワクワクの冒険の世界と音楽に囲まれて夏を過ごしますが、夏の終わりとともに小さな恋にも終わりが訪れるのです。

全編を通じ魂を揺さぶるジプシー音楽とギターの名演奏が効果的に配されていて、少年と少女の夏を鮮やかに彩っています。音楽ファンには必見の名作です。

夏休みをノスタルジックに描いたおすすめ映画【アニメ】

ここからは夏休みを舞台にしたノスタルジックなアニメ映画をご紹介します。日本の優れたアニメーション技術で製作された映画は、その画像の素晴らしさもたっぷり堪能できます。そこここに描かれた懐かしいギミックを見つけるのも楽しいものです。

夏のノスタルジック映画⑩紙兎ロペ

「映画『紙兎ロペ』つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」は人気のアニメ「紙兎ロペ」のファースト劇場用長編映画です。舞台は葛飾区の下町、高校2年生の紙兎ロペとその先輩で高校3年生の紙リス、アキラ先輩の夏休み最後の1日(=ラスイチ)をシュールに描いています。

映画のキーアイテムとなっているのは、子供時代によく目にした懐かしいモノたちです。学校のプール、ラジオ体操のカード、駄菓子屋にガチャガチャなどふんだんに盛り込まれた懐かしいアイテムたちに目を奪われます。

東京の下町の実景写真をもとに製作された背景は繊細かつリアルに描かれており、ノスタルジーを誘います。また、コンビニの看板や道路標識、街中の看板や学校の横断幕など随所に盛り込まれたバカバカしくもクスっと笑える小ネタも、観客の興味を惹きつけます。

レトロな駄菓子屋と世界に誇るスカイツリーが描かれた懐かしさと新しさのハイブリッドこそ、紙兎ロペの世界観を象徴するテーマだと言えるでしょう。

夏のノスタルジック映画⑪河童のクゥと夏休み

「河童のクゥと夏休み」は2007年に公開された、劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズで高い評価を受けた原恵一監督によるアニメーション映画です。木暮正夫の児童文学を原作としています。

不思議な力を持った河童のクゥは、江戸時代の地震のときに地割れに落ち、仮死状態となって長い年月が経っていました。石のようになったクゥは現代になって小学生の上原康一に拾われ、息を吹き返します。

上原家はクゥをかくまって仲良く暮らしますが、その存在が世間にバレてしまったことをきっかけにさまざまなトラブルが襲い掛かってくるのです。

そこには、残酷な子供のいじめ、マスコミの過剰報道、自分中心の行動を繰り返す大人たちなど、子供の目線から見た社会風刺的視点も盛り込まれています。

対して、純粋無垢に描かれたクゥと子供たちのやりとりは子供時代の自分と重なり、ノスタルジーに浸ることができるアニメーション映画です。

夏のノスタルジック映画⑫あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、テレビの深夜アニメ枠で放送された全11話の恋愛ファンタジーオリジナルアニメーションの劇場版です。アニメを見ていない方にも楽しめる内容となっています。公開は2013年です。

お互いをあだ名で呼び合う6人の小学生たちは、「超平和バスターズ」と名乗って秘密基地に集まって仲良く遊ぶ楽しい日々を過ごしていました。

ある日その中のひとり、芽衣子が事故死してしまい、それをきっかけに残りの5人は疎遠になってしまいます。時は過ぎ、高校1年生になった仁太の前に同じく成長した芽衣子が現れ、超平和バスターズの皆に成仏できない自分の願いを叶えて欲しいと頼んでくるのです。

いつの間にか離ればなれになっていた少年少女が再会し、淡い恋心あり、そしてトラウマとなった幼馴染の死という過去の傷を乗り越えていく成長記が描かれています。

夏に見たい!エモいアニメ映画おすすめ20選を一挙紹介!

夏に見たい!エモいアニメ映画おすすめ20選を一挙紹介!

夏に見たい!エモいアニメ映画おすすめ15選 さっそく、夏におすすめのエモいアニメ15選を紹介します。社会現象になるほどの…

夏休みは懐かしい風景や切ない物語の映画に浸ろう

人が誰でも心の中に持っている思い出ですが、特に夏の風景や夏独特のモノや音をきっかけにして、ノスタルジックな気持ちになる人は多いようです。

子供時代や学生時代には長い夏休みがあり、旅行やお祭り、ラジオ体操や海水浴、部活や宿題などその時代独特の行事や出来事に囲まれて過ごした思い出が、色濃く心に刻まれているのではないでしょうか。

そんな思い出を懐かしく思い出すことができるノスタルジックな映画を観て、疲れた日常を忘れ、子供のころの美しくて切ない思い出に身体を預けてみてください。きっと明日からもパワフルに過ごせる活力が湧いてくるに違いありません。

その他の関連記事はこちらから

夏休みに見たい映画おすすめ25選!夏の冒険や切ない思い出など一挙紹介!

夏休みに見たい映画おすすめ25選!夏の冒険や切ない思い出など一挙紹介!

夏休みに見たいおすすめの映画【邦画】 ここからは、夏休みに見たいおすすめの邦画を見ていきましょう。涙なしでは見られない感…

エモい映画おすすめ20選!ジブリ・洋画・邦画・アニメ一挙紹介!

エモい映画おすすめ20選!ジブリ・洋画・邦画・アニメ一挙紹介!

エモいとは? まず初めに、「エモい」の意味を紹介します。エモいとは若者の間で使われている俗語で、心を突き動かす出来事が起…

【洋画編】青春映画おすすめ25選!エモい日々を描いた名作をご紹介!

【洋画編】青春映画おすすめ25選!エモい日々を描いた名作をご紹介!

エモい日々を描いた名作を公開年代ごとに紹介! 洋画の青春映画は、日本とは違う海外のスクールライフを楽しむことができ、年代…