【ネタバレ】アニメ映画『ゲド戦記』あらすじや伝えたいメッセージを解説! アイキャッチ画像
記事作成日:

【ネタバレ】アニメ映画『ゲド戦記』あらすじや伝えたいメッセージを解説!

エンタメ

168view

アニメ映画「ゲド戦記」をご覧になったことはありますか?この記事では、ネタバレも含めながらアニメ映画「ゲド戦記」のあらすじや伝えたいメッセージをご紹介します。難解に思えるストーリーの裏には何が隠されているのでしょうか。ゲド戦記のファンの方が更に知識を深めるために、また初めて鑑賞される方が事前に予習をしておくために、是非参考にしてみてください。

ゲド戦記とは

2006年7月9日に公開された、スタジオジブリ制作のアニメーション映画「ゲド戦記」。宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗監督の初監督作品です。原作はアーシュラ・K・ル=グウィンによる同名小説であり、長編小説の第3巻「さいはての島」のストーリーを元にして映画化されています。

また、映画「ゲド戦記」はこのストーリーの他に、宮崎駿監督が原作の絵物語「シュナの旅」が原案となっています。公開当時から話題となった映画「ゲド戦記」は、興行収入76.9億円を記録しました。この記録は、2006年時点で邦画の興行収入の中では第一位であり、いかに話題作であったかが窺えます。

ゲド戦記のネタバレあらすじ

ここからは、ゲド戦記のあらすじをネタバレを含めてご紹介します。未視聴の方も、最初にあらすじを知っておくことで映画を理解しやすくなるので、ネタバレを気にしない場合は参考にしていただくことをおすすめします。

今までに鑑賞したことのある方は、よりストーリーへの理解を深めるために再度あらすじに目を通してみてください。

ゲド戦記あらすじ①起

主人公は、エンラッド国の王子であるアレン。非常に真面目な性格の青年で、世間に蔓延る悪に辟易としていました。そのうち、彼は悪について思い悩むあまり精神を病んでしまいます。遂に自分の影に追われるようになったアレンは、精神を病むあまり実の父を殺してしまいます

正気を取り戻したアレンは怖くなり、父の魔法の剣を持ち自国から逃亡する途中、獣に襲われてしまいます。その窮地を魔法使いと名乗るハイタカという男に助けられ、彼と共にホート・タウンという街を目指すことになります。

ゲド戦記あらすじ②承

ホート・タウンに着いたアレンとハイタカは、別行動をすることにします。1人で街を歩いていたアレンでしたが、道の途中でテルーという女の子が人攫いのウサギに誘拐されそうになっているところを目撃します。

王子として剣技を身につけていたアレンは、その特技を活かして彼女のことを救いますが、その凶暴な姿を見たテルーは彼に嫌悪感を抱くようになってしまいます。その夜のこと、今度はアレンが人攫いのウサギに誘拐されてしまいます。

拘束されて奴隷として売られてしまいそうになったアレンでしたが、その窮地を再びハイタカが救います。再度行動を共にすることにした2人は、ハイタカの幼馴染であり信頼のおける人物、テナーの元へ身を寄せます。

テナーの家に行くと、街で救った少女のテルーが住んでおり、アレンは彼女と再会することになります。ハイタカとアレンの2人はしばらくの間テナーの家に泊まることになり、アレンは畑仕事を手伝うようになります。

ある日の夕食時、外にいるテナーを呼びに行ったアレンは、彼女が歌っているのを聴いて涙を流してしまいます。そんな彼を見たテナーは、彼の心の傷に気がつき、それが自分と重なるものであると感じます。アレンへの非礼を詫びたテナーは、徐々にアレンに歩み寄って行きます。

ジブリ映画『紅の豚』名言集!ポルコから学ぶ男の生き方!

ジブリ映画『紅の豚』名言集!ポルコから学ぶ男の生き方!

ジブリ映画「紅の豚」とは? 「紅の豚」は1992年に宮崎駿監督作品として公開されたジブリ映画です。ジブリシリーズの中では…

ゲド戦記あらすじ③転

情報を探るハイタカは、この世界の均衡を崩しているのが魔法使いのクモであることに気が付きます。ハイタカとクモは、過去に深い因縁があり恨み合っていました。そのうちにクモもハイタカが街に現れたことを知り、アレンの影を利用してアレンを自身の城に連れ帰ってしまいます。

アレンを誘導し、彼の本当の名前を知ったクモはアレンのことを自由に操れるようになります。一方その頃、ウサギはテナーの家に押し入り、テナーのことを誘拐してしまいました。このことをハイタカに伝えるようにとテルーに伝え、去ってしまったウサギ。

テルーは事情をハイタカに伝え、ハイタカは魔法を使ってクモの城への侵入に成功します。しかし、これこそがクモの罠だったのでした。アレンと対峙したハイタカでしたが、魔法が上手く使えないようになり、テナーと一緒に閉じ込められてしまいます。

ゲド戦記あらすじ④結

強力な魔力を武器にアレンたちを殺そうとするクモ。城を破壊しながら逃げていくクモを、アレンは全力で追いかけます。しかし、クモはなんとテルーのことを殺してしまうのです。

呆然とするアレンでしたが、その時「待ちなさい」とクモを制する声が聞こえます。そこには立派なドラゴンがいました。そしてそれは、死んだテルーがドラゴンとして蘇った姿だったのです。

テルーの化けたドラゴンの吹いた炎によって、クモは息絶えます。永遠の命を欲したクモが、世界の生と死の扉を開けてしまうというタブーを犯してしまったために、均衡を崩れてしまっていたのです。

やがて世界には平和が訪れ、アレンは自身の犯した罪を償うために帰国することに決めます。テルーとテナーに別れを告げた彼は、ハイタカと旅立っていくのでした。

原作との違い

原作ではハイタカが主人公であるのに対し、映画ではアレンが主人公です。また、映画で表現があるような父親殺しは、原作には存在しません。そのためハイタカとアレンの出会い方も異なり、映画では旅に出た途中に出会うのに対し、原作では国王から命じられたアレンがハイタカに会いに行きます。

その他、アレンの影について、映画ではアレンの心の光であったのに対し、原作ではその反対に闇を意味していました。また、原作ではテルーの喉は焼き潰れてしまっており、映画のような唄を歌うことはできませんでした。

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

ジブリの名作『ハウルの動く城』とは ハウルの動く城は2004年11月に日本で初めて公開されたジブリアニメーションですが、…

ゲド戦記のキャスト

ここからは、ゲド戦記に登場するキャストをご紹介します。それぞれのキャラクターをどなたが演じているのか、チェックしておくとより映画を楽しむことができます。

ゲド戦記のキャスト①【アレン】岡田准一

主人公のアレン役を務めたのは岡田准一さんです。V6のメンバーとして有名になった岡田さんですが、声優としても活躍されています。2011年には「コクリコ坂から」にも出演されていました。

俳優として日本アカデミー賞の数多くの賞にノミネートされるなど、輝かしい経歴を持つ岡田さん。その演技力に注目しながら、主人公アレンの役をご覧になってください。

ジブリのかっこいい男子キャラ人気ランキングTOP12!

ジブリのかっこいい男子キャラ人気ランキングTOP12!

ジブリのかっこいい男子キャラ人気ランキングTOP12 子供から大人まで、幅広い世代に人気のジブリ作品は、内容はもちろん登…

ゲド戦記のキャスト②【テルー】手嶌葵

映画「ゲド戦記」の主題歌「テルーの唄」を歌唱したことで一躍有名になった手嶌葵さん。ゲド戦記のヒロイン、テルー役を演じています。作中にも手嶌葵さんの歌が効果的に挿入されている場面があるので、是非チェックしてみてください。

テルーは、過去に両親に虐待された暗い過去を持つ女性です。顔には大きな火傷があり、人を信じることができずにいた彼女ですが、大きな秘密を持つキャラクターでもあります。そんなミステリアスな役を、手嶌さんがどのように演じられているのが必見です。

ゲド戦記のキャスト③【ハイタカ】菅原文太

ハイタカは、物語の中の重要人物であり、本当の名前をゲドと言います。そんなキーキャラクターを演じたのは、菅原文太さんです。これまでに、「仁義なき戦い」シリーズなど数多くの話題作に出演された、大御所俳優として知られています。

ゲド戦記は菅原さんの晩年の吹き替え作品となりました。原作「ゲド戦記」では、ハイタカが主人公として描かれています。

ゲド戦記のキャスト④【クモ】田中裕子

永遠の命を追い求めるクモという悪役を演じたのは、田中裕子さんです。田中裕子さんが演じられていることに加え、そのヘアスタイルや顔付きから女性のように見えるクモですが、実は男性です。中性的な悪役を田中さんがどのように演じられているのか、必見です。

ゲド戦記のキャスト⑤【ウサギ】香川照之

クモの手下として暗躍する悪党であるウサギを演じられたのは、香川照之さんです。日頃から人攫いをしており、街で人を誘拐しては奴隷として売り飛ばすなど、街の平穏を脅かす存在です。そんなウサギですが、クモには真の名前を知られているらしく従順に従います。

ウサギを演じた香川照之さんは、東京大学卒の博識な名俳優で、近頃は卓越した知識を活かして昆虫博士としても活躍されています。俳優のみならず様々なフィールドで活躍の場を広げる香川さんが、声優としてはどのような演技を見せてくれるのか、注目してみてください。

ゲド戦記のキャスト⑥【テナー】風吹ジュン

作中でハイタカの理解者となり、助けの手を差し伸べてくれる心優しき女性、テナーを演じたのは風吹ジュンさんです。「家族はつらいよ」シリーズなど、数多くの作品に出演されているベテラン女優である風吹さんは、この頼り甲斐のある女性を見事に演じ切っています。

ハイタカとは昔からの知り合いであり、過去には巫女であったという経歴を持つテナー。そんな彼女の活躍にも注目して作品を視聴してみてください。

ゲド戦記の秘密

映画「ゲド戦記」は、一度見ただけでは理解し切ることのできないほど奥の深くメッセージ性の強い作品です。そんなゲド戦記には、様々な秘密が隠されています。ここからは、一度見た方でも楽しめるゲド戦記の秘密について迫ります。ゲド戦記についてより理解を深めたい方は必見です。

秘密①ハイタカの傷

ハイタカはかつて、ローク魔法学校が始まって以来の秀才と言われるほどの力を持った優等生でした。村唯一の呪い師であった彼の叔母が、ハイタカの才能に気が付き魔術を教えたところ、メキメキと力をつけていったのです。名だたる魔法使いが通うローク魔法学校でも、彼の力は本物でした。

そんなハイタカは、そのうち自分自身の力を過信し自惚れるようになります。そこで、使ってはいけないとされていた禁忌の呪文、死者の霊を呼び出す術を使ってしまうのです。しかしそれは、ハイタカの手に負えるものではありませんでした。

術を使ったことによって、自分自身の影に追われるようになってしまったハイタカ。果てには自身の影に襲われてしまいます。

ハイタカの傷は、禁術の呼び出しに失敗してしまった時にできてしまったものなのです。これ以降、ハイタカは魔法を無闇に使わなくなり、大賢人への道を歩むこととなります。

秘密②テルーの傷

ハイタカの他にもう1人、大きな傷を負った人物として描かれているのがテルーです。テルーの傷は、作中で彼女が言及している通り、過去に親から虐待を受けた際にできたものです。しかし、原作ではテルーの傷はよりひどいものとして登場します。

映画では、顔の左半分に大きな火傷跡が残っている姿で描かれていますが、原作では右半身全てが火傷で覆われており、さらに片目は失われているという凄惨な姿で登場するのです。

「命を大切にしない奴は大嫌いだ」と言い切るテルーですが、このような酷い傷を負ってしまうことになるような暗い過去があることを考えると、より重みのある発言に聞こえます。

秘密③ハジアの正体は?

ハジアとは、非常に危険な麻薬のことで”ハジアの実”として流通しています。一見果物の葡萄のように美味しそうに見えるハジアの実ですが、一度口にすると精神・肉体ともに崩壊してしまい、やがては死に至ってしまうという恐ろしい薬物です。

中毒性が高く、作中ではハジアによって精神や肉体を蝕まれてしまった人々が、路地裏でぐったりとしている様子が描かれています。廃人となった彼らは、誰にも気づかれずに野垂れ死にをするという悲惨な運命を辿ります。

ハジアの実にはどのような中毒性のある物質が含まれているのかは分かりませんが、現実の世界にある中毒性の高いヘロインのような原料が含まれているのかもしれません。もしくは、ハジア独自の物質が含まれており、それが様々な症状を引き起こしているとも考えられます。

辛い時に何かに縋りたくなる人間の心の弱さから、手を出してしまう人の多いハジア。その流行により、ホートタウンは廃人で溢れてしまいます。ハイタカは「ワシらはそんなものに頼るつもりはない」として断固として拒絶していますが、彼のように強くあり続けることができる人は多くないでしょう。

現実の世界にも蔓延る薬物中毒の怖さを描いているシーンとも捉えられ、問題の根深さを深く考えさせられます。

秘密④真の名とは?

ゲド戦記には、「真の名」という概念が存在します。真の名とは、親からつけられた名前とはまた別にあるもので、本名とは異なります。それは物自体が生まれながらにして持っている名前であり、その名前を知ることで魔法使いは対象をコントロールすることができます。

そのため、真の名を他人に知られることは非常に危険であり、本当に大切な相手にしか明かしません。作中ではクモがアシタカの名を引き出す場面がありますが、これも彼の心をコントロールするためです。

真の名は自分では知ることができませんが、成人して魔法使いや村の呪い師に見てもらうことで、それを知ることができます。

秘密⑤クモがハイタカを恨んでいる理由

クモとハイタカは、かつては同じローク魔法学校で学んだ同志でした。禁じられた魔法を使ってしまったことで、彼はロークの賢人の座から追われてしまうこととなりますが、一方のハイタカは大賢人となりました。クモは自分が賢人の座を追われたのはハイタカのせいだと恨んでいます。

いよいよクモが因縁のハイタカとの対決をすることになった時、「生死の了解を分かつ扉をこじ開けてやる」と宣言します。クモは永遠の命を望んでいたのです。そのせいで、地上界ではあらゆる天災が巻き起こり、世界の均衡は崩れていました。

最後まで生への執着を捨てきれなかったクモは、最後は怯える様子を見せながらもテルーの首を締め続けようとします。結局、永遠の命を手に入れることなく凄惨な最後を遂げたクモ。悪役の最期らしく、消滅してしまいました。

ゲド戦記が伝えたいこと

アレンの父親殺しのシーンは、ゲド戦記がメッセージを伝えたい対象が若者であることを示唆しています。若い衝動や不安、葛藤…それらの若い頃には誰しもが持つ心の闇を描いているのです。

また、アレンが最初怯えていた自分の影も、次第にテルーを導く存在となっていたり、悪ではなかったことに気がつくシーンがあります。これは、自分自身の闇の部分をも受け入れて進んでいくことで、光の部分と同化していけるということを描いているのです。

ゲド戦記が伝えたいメッセージを抑えて鑑賞してみよう

ゲド戦記を一度見ただけで、全てのメッセージを読み解くのは難しいかもしれません。しかし、原作にも目を通しながらそこに込められたメッセージを紐解いていくことで、あらゆる視点から物語を楽しめるようになります。

その独特の世界観の中に込められたメッセージを受け取りながら、皆さんも是非映画「ゲド戦記」を鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

もののけ姫とは? もののけ姫は1997年にスタジオジブリから、宮崎駿監督作品として全国の映画館で上映されました。自然の強…

細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査!

細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査!

細田守監督とはどんな人? アニメーション大国である日本を代表するアニメ監督の一人、細田守監督の作品は今や国境を超えて世界…

大人でも楽しめるダークファンタジーアニメおすすめランキング15選!

大人でも楽しめるダークファンタジーアニメおすすめランキング15選!

鬱必至のダークファンタジーアニメとは? ダークファンタジーアニメには一般的な定義はないものの、主にファンタジーな世界を舞…