【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説! アイキャッチ画像 https://eiga.com/
記事作成日:

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

エンタメ

93view

「ハウルの動く城」と言えばジブリ作品の中でも名作として名高くて、幅広い層に愛されていることは周知の事実ではないでしょうか。1度見れば何度も見たくなるような不思議な魅力があり、虜にされた方は多いです。

ここではそんな魅力溢れる「ハウルの動く城」について詳しく解説してみました。「ハウルの動く城」の原作についても触れていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ジブリの名作『ハウルの動く城』とは

ハウルの動く城は2004年11月に日本で初めて公開されたジブリアニメーションですが、原作の良いところを最大限に活かしたストーリーに宮崎駿監督の深みのあるオリジナリティがプラスされて、最終的には1500万人動員という偉業を達成させました。

引き込まれるストーリー、感情豊かな音楽、ジブリ独特の世界観、時間を思わず忘れてしまうような演出は196億円という興行収入にもしっかり反映されています。ちなみにこれは日本映画の歴代興行収入第3位に現在もランクインしており、なかなか記録は破られません。

しかも「ハウルの動く城」は海外でも高く評価されていて、「第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭」の監督賞を堂々と入賞しています。日本のアニメーションの魅力が海外の方にも知ってもらう最高のキッカケとなったのではないでしょうか。

そして声優陣の豪華さにも注目してみて下さい。ソフィー役には大女優の倍賞千恵子さん、ミステリアスですべての女性を虜にするハウルには木村拓哉さんが起用されていて、当時は大きな話題にもなりました。

「ハウルの動く城」が日本を始めとする海外で評価されているのは、全体を通して素晴らしい演出・キャスティングがあったからこそなのでしょう。

ハウルの動く城主要登場人物

「ハウルの動く城」には魅力的なキャラクター達がたくさん出演しています。個性あふれるキャラクター、そして見事にフィーリングした声優陣の熱演は、何度も見てしまう不思議な惹きつけ力があると言えます。

登場人物①ハウル

タイトルの名前にもある通り、ハウルは主人公の魔法使いです。魔法学校ではサリマンの弟子として優秀な成績をおさめていることからも分かりますが、非常に才能溢れる魔法使いとして君臨しています。

過去に荒地の魔女に接近してしまったがために、現在も荒地の魔女に興味を持たれているようです。ハウルの声は木村拓哉さんが演じていて、ミステリアスな雰囲気にピッタリだと大きな話題を呼びました。

登場人物②ソフィー

もう1人の主人公ソフィーは、18歳にしながら古い帽子屋の跡を引き継いでいる芯のあるしっかりとした女性です。一般的な若い女性のように流行のファッションやメイクをすることもなく、真面目な人生を送っていました。

ネガティブ志向な彼女ですが、ある日荒れ地の魔女に90歳の老婆に変身させられてしまったことが始まりとなって、「ハウルの動く城」の物語に入り込む形となります。

ちなみにソフィーの声は倍賞千恵子さん(※当時63歳)ですが、18歳のソフィーも、90歳のソフィーもどちらも倍賞千恵子さんが演じています。

登場人物③カルシファー

ハウルの動く城を動かしているのが、火の悪魔のカルシファーです。ハウルの動く城の中にあるカマドがカルシファーの居場所であり、毎日ハウルの動く城を移動させるのが仕事となっています。

ちなみにこれはハウルの心臓をもらうことで城を動かく契約を結んだのですが、カルシファーはこの契約を何とか解除したいとソフィーに頼み込みます。我修院達也のキャッチーで個性的な声が、よりカルシファーの存在を引き立たせました。

登場人物④マルクル

ハウルと一緒に住んでいるのが少年のマルクルで、主にハウルの動く城の留守番をすることが仕事になっています。魔法が使えるマルクルはマントを被るとヒゲを生やした老人になりきることができるので、訪問してきた人々と会う時は基本的に老人の姿となります。

芋と魚は嫌い、そして突然やってきたソフィーは大好きと子供らしい一面もあって、「ハウルの動く城」では欠かせないキャラクターの1人です。まだ子役だった頃の神木隆之介さんが声を担当しました。

登場人物⑤荒地の魔女

ハウルに恋心と憎しみを抱く荒地の魔女は、美輪明宏さんが熱演されています。迫力のある見た目のキャラクターですが、それにも負けない美輪明宏さんの臨場感溢れる声は圧倒的です

気難しい宮崎駿監督を唸らせるほどの迫力の演技はあまりにも有名で、映画館で上映された荒地の魔女の姿は思わず息を呑んでしまいます。

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

もののけ姫とは? もののけ姫は1997年にスタジオジブリから、宮崎駿監督作品として全国の映画館で上映されました。自然の強…

映画『ハウルの動く城』ネタバレあらすじ

ここでは分かりやすく「ハウルの動く城」のストーリーをチェックしてみましょう。あらすじをご紹介していますがネタバレも含みますので、「ハウルの動く城」のことをおさらいしてみて下さい。

ネタバレあらすじ【起】ハウルとソフィーの出会い

18歳のソフィーは自分のやりたいことも分からないまま、亡くなった父親が残してくれた帽子屋を引き継いで働いていました。美人で目立つ母親と妹とは裏腹にソフィーは地味な見た目の女性で、それがずっとコンプレックスに感じています。

そんな時に美しく若い女性の心臓を狙う魔法使いハウルの噂を耳にしました。しかしソフィーは自分には一切関係のないこととそこまで気にすることはなく、日常を送ることになります。

ある日妹に会いに行こうと出かけた矢先、軍人にナンパをされてしまいます。そんな場面を助けてくれたのが青い目をしたハンサムなハウルで、魔法を駆使して空中を散歩をするようにしてその場を脱出しました。

そして不思議な出来事は続きます。その日の夜、確かに鍵を閉めたはずの帽子屋に怪しい見た目のマダムが侵入してきて、ソフィーに90歳の老婆になる呪いをかけて出て行きます。このマダムの正体こそが荒地の魔女だったのです。

90歳の老婆の姿になってしまったソフィーは、このまま帽子屋で働くことはできないと自身の家と店を出て途方にくれます。そして老婆の体力ではこれまでのように体も思うように動かず、杖になるようなものが欲しいとその場にあった枝を引っこ抜きました。

それがカカシのカブで、言葉は交わさなくてもお互いの意思は分かるようでした。そんなカブに案内されるようにして、90歳の見た目をしたソフィーはついにハウルの動く城に入り込むようになります。

ネタバレあらすじ【承】動く城での生活

ハウルの動く城に入ってすぐに目に入った火に導かれるように目の前に座ったソフィーですが、その火がソフィーに向かって語りかけました。これがカルシファーで、ハウルと結んでいる契約を解除してくれるならソフィーの呪いも解くと持ちかけます。

場面は変わって翌朝、呼び鈴が鳴りました。そこにマルクルが2階から降りてきて、マントを被って老人に変身して対応します。

この時はジェンキンス宛の手紙を、再び呼び鈴が鳴るとペンドラゴン宛の手紙を受け取りました。ドアノブにある設定を変えることで自由に行き場所を変えられるという魔法がかけられていることが分かります。

ネタバレあらすじ【転】戦争と呪いの魔法

ハウルは戦争に参加するようにずっと促されていました。そしてソフィーはハウルの代わりとして、国王に直接会ってお断りするために宮廷へ向かいます。荒地の魔女とも途中で出会って一緒に向かいますが、ここで荒れ地の魔女はサリマンによって魔力を奪われてしまうことになりました。

ハウルの師匠でもあるサリマンは王宮付きの魔法使いで、荒地の魔女を無力にすること、そしてハウルに国のために戦争に参加させることを目論んでいることがここで分かります。

強力な魔法を使ってハウルとソフィーを追うサリマンでしたが、ハウルは何とか王宮を脱出することに成功しました。そしてハウルは引っ越しを決意して、ソフィーのために帽子屋に行けるようにしたり、花畑一面の場所に行けるように手配してくれたのでした。

ネタバレあらすじ【結】戦争と呪いの魔法

物語が進むにつれて戦争はどんどん悪化していきます。カルシファーのおかげで城の中は平和が保たれていましたが、サリマンの呪いのせいでカルシファーの力はどんどん弱まっていきました。

ソフィーはカルシファーのために自分の髪を切って食べさせて元気を出させるのですが、これを見ていた荒地の魔女はカルシファーがハウルの心臓を持っているということに勘付いてしまいます。

ハウルの心臓が欲しくて仕方がない荒地の魔女は思わずカルシファーを手にしてしまうのですが体に火が回ってしまって、それを阻止するべくソフィーが水をかけます。

しかしカルシファーの火が消えるということは、ハウルも同時に死んでしまうとソフィーは泣き出します。するとハウルからもらった指輪から一筋の光が出てきて、ソフィーを導き始めました。

光の射す場所はハウルの少年時代の記録に繋がっていました。舞台はハウルがソフィーに用意してくれた花畑で、流れ星を飲むことで心臓を取り出します。その心臓こそがカルシファーだったのです。

現在に戻ったソフィーは荒地の魔女からカルシファーを受け取り、「カルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」と祈ってハウルの体へと戻します。

カルシファーとの契約がなくなってハウルの動く城が崩壊し始めますが、カカシのカブのおかげで全員の命が助かった形となります。ソフィーがお礼にカブにキスをすると、呪いが解けたカブは元の人間の姿に戻りました。正体は隣国の王子だったのです。

カブはこのくだらない戦争を終わらせると言って国に戻り、サリマンも戦争を終わらせる決意をします。カルシファーは晴れて自由の身となりましたが、ハウルやソフィー達と行動を共にすることにして、再びハウルの動く城は動き始めました。

細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査!

細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査!

細田守監督とはどんな人? アニメーション大国である日本を代表するアニメ監督の一人、細田守監督の作品は今や国境を超えて世界…

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじの原作との違いは?

ハウルの動く城には原作が存在するのですが、ストーリーやキャラクターに違いはあるのでしょうか。ここではそれぞれの違いを確認してみましょう。

違い①ソフィーも魔女だった

原作のソフィーは言葉によって命を吹き込むという不思議な魔力を持っており、映画を見ただけでは分からなくなっています。この魔力があったからこそ、ハウルを助けることができたのでしょう。

違い②ハウルは女好きでゲームも大好き!

ハウルは女性のことが大好きで、外出する時の目的はほとんどナンパでした。一緒に暮らしているうちにソフィーにも、妹のレティーにも心を奪われてしまいます。そしてテレビゲームをするという意外な一面も持ち合わせています。

違い③サリマンは男

映画のサリマンは女性ですが、原作のサリマンは男性であり、ハウルの同期の魔法使いとして描かれていました。映画と原作ではイメージが大きく変わるキャラクターでしょう。

違い④戦争の描写はない

原作では戦争のシーンは存在しません。戦争の大切さを入れたいという宮崎駿監督の意思が込められたのが映画版の「ハウルの動く城」です。

違い⑤荒地の魔女とは和解しない

荒地の魔女とハウルが和解するようなことはなく、最後まで敵同士としての描写しかありません。ハウルへの恨みは原作では消えることがないです。

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじの考察

「ハウルの動く城」には気になるシーンがたくさんあります。色々な伏線が隠されていますので、考察をチェックしながら謎解きしてみましょう。

考察①ソフィーの年齢が変わるのは?

ソフィーの姿が変わったのは荒地の魔女の呪いがベースになってはいるのですが、ネガティブなソフィーの思い込みによって90歳の老婆になっているという事実もあります。

自分自身に自信がないことで90歳の老婆になってしまうということです。ソフィーが眠っている時やリラックスしている時は若い姿に戻るので、ソフィーの意思がそうさせているということになります。

考察②カルシファーとは

流れ星は地上に落ちることで命を落としてしまいますが、それを不憫に思ったハウルは自分の心臓を渡すことでカルシファーに命を与えました。そして延命されたカルシファーは、ハウルの動く城を動かすためのエネルギーとなります。

お互いが契約を結んでいるのですがカルシファーはハウルに対してとても感謝していて、契約だけではない絆もしっかり刻まれています。

考察③ソフィーとハウルの回想シーン

ハウルの心臓を渡すことによってカルシファーの命は続くシーンを見たソフィーは、「私はソフィー。待ってて!私きっと行くから未来で待ってて!」と2人に呼びかけます。

ここでハウルとソフィーが初めて出会ったシーンに戻ってみましょう。ハウルはソフィーを見て、「やあ、ごめんごめん。探したよ。」と話しかけています。これは過去にソフィーに言われた言葉をもとに、ハウルがずっとソフィーをずっと探していた証となりました。

考察④カブの正体は?王子?

カブが王子であるという伏線はカブ自身の行動にもしっかり現れていました。助けてくれたソフィーをハウルの動く城に導いたり、雨が降っていれば傘を差しだしたりと、ソフィーを紳士的にサポートしています。

またハウルも冒頭で「君にもややこしい呪いがかかってるね。」とカブに言っていますので、カブの本来の姿は別にあると考えられます。

『ハウルの動く城』には謎がいっぱい!何度見ても楽しい映画

「ハウルの動く城」は1度見るだけでは、すべての魅力を知ることはできません。何度も見返すことで新たな発見もあって、更に楽しめるような映画になっています。

この機会に「ハウルの動く城」をもう1度見て、あの素敵な世界に入り込みましょう。伏線を回収しながら映画を見るのもまた1つの楽しみ方なので、「ハウルの動く城」をもっと楽しんで下さい。

その他の関連記事はこちらから

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ「ザ・シンプソンズ」とは? FOXテレビで1989年に放送を開始した「シンプソンズ」は、現在60ヶ国以上の国と…


タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

時間移動するタイムリープ・タイムトラベル系映画とは? タイムリープやタイムトラベルは同義語なのでしょうか?正確に言えば、…


【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ25選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ25選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

日本の感動で泣ける映画おすすめ25選【2021年最新】 まず初めに2021年最新版の日本のおすすめの感動で泣ける映画・邦…