細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査! アイキャッチ画像
記事更新日:

細田守監督の作品の魅力とは?ヒット作品の特徴を徹底調査!

エンタメ

78view

日本を代表するアニメ監督の1人、細田守監督作品の魅力とは一体どのようなものがあるのでしょうか。今回は、「サマーウォーズ」や「時をかける少女」などを筆頭に、世代を問わず多くの方から愛され続けている細田作品の特徴を、徹底調査いたしました。今年の夏に公開予定の最新作情報までもれなくお届けしているので、是非最後までご覧ください。

細田守監督とはどんな人?

アニメーション大国である日本を代表するアニメ監督の一人、細田守監督の作品は今や国境を超えて世界中の人々から愛されています。そんな細座守る監督とは一体どのような人物なのでしょうか。今回は細田守監督作品の魅力とそのヒットの理由について徹底調査いたしました!

細田守監督の経歴

 

名前 細田守(ほそだまもる)
生年月日 1967年9月19日
出身地 富山県中新川群上市町
学歴 金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻卒業

細田守監督と宮崎駿監督の関係とは?

実は、細田守監督は幼い頃からずっとジブリ作品の生みの親として世界中で愛されている宮崎駿監督の大ファンだったようです。絵を描くことが好きで、ジブリの大ファンだった若き頃の細田監督は大学を卒業と同時にスタジオジブリの研修生の採用試験を受けたこともあるとか。

しかしながら結果は不合格。ところが、落胆していた細田監督の元に後日憧れの宮崎駿監督から直々にお手紙をいただいたのだそうです。その手紙には「君のような人間をジブリに入れるとかえって君の才能を削ぐと考えて入れるのを辞めた」と書いてありました。

細田監督は「雑用係でもいいから入れてくれ」と手紙を受け取った直後スタジオジブリに電話を入れたそうですが、「今回の全受験者の中でも宮崎監督が直々に手紙を出したのた細田監督を含めた2人のみだから、光栄なことだと思って今回は諦めるように」と説得されたと言います。

宮崎監督はまだ若かりし頃の細田監督の才能を見抜き、あえてスタジオジブリには入社させなかったのでしょう。今の細田監督があるのも、そして彼の作品がジブリ作品と並ぶほどに高く評価されているのも、この時の出来事があったからなのかもしれません。

映画『グーニーズ』の子役キャストは今?!出演者の現在を徹底調査!

映画『グーニーズ』の子役キャストは今?!出演者の現在を徹底調査!

そもそもグーニーズとはどんな映画なの? 名前は有名だけれども、昔の映画で内容は知らないという方も多いのではないでしょうか…

細田守監督のアニメ作品の特徴

続いては、細田守監督の作品が持つ大きな特徴について見ていきたいと思います。どんな監督・スタジオの作品にもそれぞれが持つ特徴や強みなどがありますが、細田監督率いるスタジオ地図の作品には一体どのような特色が見られるのでしょうか。

細田守監督作品の特徴①入道雲が必ず登場

細田監督の名を全国に知らしめるきっかけともなった作品「時をかける少女」から始まり、「サマーウォーズ」や「おおかみこどもの雨と雪」でも印象的に描かれているのが、入道雲です。細田監督作品の多くが夏に公開されていることと重なり、多くのシーンでこの入道雲の描写が見受けられます。

この入道雲は映画に登場する主人公たちの成長を表していると言われており、モクモクと膨らんでいく様子をキャラクターたちの成長物語に当てはめているようです。

細田守監督作品の特徴②人物に影がない

2つ目の特徴は、映画の中に登場する人物たちに影が描かれていないという点です。こちらは一見、「どういう意味?」と思われるかもしれませんが、実際に細田監督作品を見返してみると本当にキャラクターたちに影がないのです。

人物以外、建物やものなどにはしっかり影が描かれているものの、どの作品もキャラクターに対してのみ影がついていません

近年のアニメーションの多くはジブリ作品を始め、どれもリアリティのある写実的な描写で作られていることがほとんど。そんな中細田監督作品では人物たちに影をつけない、浮世絵のような手法でアニメーションが作られています。

この手法には映画の中に登場する人物たちをキャラクター化し、見ている人々がより物語世界に感情移入しやすくするという効果があるようです。

細田守監督作品の特徴③リアリティさを追求

3つ目の特徴は、映画におけるリアリティーです。細田監督作品の魅力のうちの一つとして、このリアリティーさを上げることができるのは細部にまでこだわった描写が多く見受けられるからでしょう。

実在する場所や建物、看板などを背景に写実的な描写へこだわる様子は映画の端々から伝わってきます。映画を見ていると見覚えのある場所がたくさん出てくるので、見ている人々はより物語の中に入り込んでしまいます。

実写版アラジンのダリア役女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)ってどんな人?

実写版アラジンのダリア役女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)ってどんな人?

女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)とは 2019年に公開されたディズニーの実写映画「アラジン」は、イギリス…

細田守監督の主なヒット作品

ここからは、「細田守監督といえばこれ!」と言えるようなヒット作品をいくつかご紹介させていただきます。どれも年月が経った今でも色褪せることなく幅広い世代から愛され続けている名作ばかりです。

まだ見たことがないという方はもちろん、すでに見たことがある方も、何度でも楽しめる細田監督作品の魅力について一緒に探って見ましょう。

ヒット作品①時をかける少女

細田監督作品の原点とも言える「時をかける少女」は、公開から15年がたった今でも多くの方に愛されています。筒井康隆の同名小説を原作とした爽やかなSF青春ストーリーとなっており、見れば誰もが高校生だったあの頃に戻りたくなってしまうような作品です。

主人公である高校2年生の紺野真琴は、ある日学校で偶然手に入れてしまったタイムリープの能力に目覚めます。時間を飛び越えて過去に戻るという奇跡のような力を手に入れた彼女は、その日を境に自分の思うがままに自由に時間を行ったり来たり。

「何があっても大丈夫、困った時はいくらでも時間を戻ればいい。あったことを無くせるし、なかったことをあったことにだってできる」そうタイムリープの力に依存していた真琴でしたが、実はそんな彼女に逃れる子ことのできないタイムリミットが迫っていたのです。

あっという間に過ぎていく瞬間の大切さと煌めきを見せてくれる同作は細田監督作品初心者の方にも是非オススメしたい一編です。

ヒット作品②おおかみこどもの雨と雪

こちらの作品は主人公の花の声優を女優の宮崎あおいが務めたことでも話題になった感動の親子物語となっています。映画を通して登場するメインのキャラクターは、大学時代おおかみおとこと恋に落ちのちにおおかみこどもの母ともなる主人公の花、そして花の子供のうち姉の雨、弟の雪の3人です。

最愛の夫を亡くし、女手一つでおおかみこどもの2人を懸命に育て上げようとする花の奮闘が映画全体を通して描かれており、非常に心温まる感動ストーリーとなっています。

雨と雪、そして花がそれぞれ自分の心と向き合いながら必死に荒波の中を生き抜こうとする姿に見ている私たちも勇気と元気をもらえること間違いなしです。こども視点、親視点で、世代別にストーリーが楽しめるのもこちらの作品の魅力でしょう。

ヒット作品③バケモノの子

映画「バケモノの子」は、両親の離婚後、母親と2人で細々暮らしていた主人公の少年が母親の交通事故死をきっかけに出会うことになるバケモノたちとの物語です。

ある日突然異世界に迷い込み、バケモノという新たな生き物の弟子となった青年が成長していく冒険ストーリーは、子どもから大人まで幅広い世代の人々が楽しむことのできるファンタジー映画となっています。

声優陣には宮崎あおい、役所広司、染谷将太、広瀬すずと豪華な俳優陣が揃っています。バケモノと少年がぶつかり合いながらもゆっくりと絆を深めていく様子に目が離せなくなること間違いなし!家族全員で見たい、そんな作品です。

ヒット作品④サマーウォーズ

言わずと知れた細田監督作品のヒット作中のヒット作、「サマーウォーズ」。夏休みと聞くとつい「サマーウォーズ」を思い浮かべてしまう、という方も少なくないのではないでしょうか。

仮想世界と現実世界が入り混じった近現代の日本を舞台に引き起こされる、圧倒的なスケールのアクションストーリーです。

ひょんなことから憧れの先輩・篠原夏希の彼氏役として彼女のひいおばあちゃんの誕生日会に出席することになった主人公の小磯健二は、些細な出来事をきっかけに思わぬアクシデントに巻き込まれていきます。

人工知能と人間の戦いというシリアスなストーリーでありながらも、子どもも大人も楽しめる茶目っ気たっぷりの展開で、ついつい物語の世界の中に入り込んでしまいます。細田作品の中でも圧倒的な人気を誇る代表作でもあるので、まだ未視聴の方は是非これを機に見てみてください。

細田守監督の次回作は?

そんな細田守監督の木になる最新作情報が入ってきました。注目のタイトルは「竜とそばかすの姫」。監督・脚本・原作を細田守が務め、彼の擁するスタジオ地図にて製作されています。

代表作のサマーウォーズで描いてきたインターネットの世界を舞台に、リアルと空想が入り混じる最新ファンタジーとなっているようです。

より現代の若者の視点のフォーカスされた物語で、細田監督自身も「すっと作りたいと思っていた映画」と語るほどの意気込み。「竜とそばかすの姫」は、今年の7月16日公開となっています。気になった方は今後の最新情報なども是非チェックしてみてください。

細田守監督のアニメ作品を見返してみよう

いかがでしたか。今回は日本を代表するアニメ監督の1人、細田守監督作品の魅力についてご紹介させていただきました。参考になったでしょうか。

今回ご紹介させていただいた他にも細田監督の作品は数多く存在します。どれも監督らしさ溢れる爽やかな青春ストーリーになっているので、これを機に是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

金曜ロードショーで、7月2日から「3週連続 細田守SP」と銘打ち、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『サマーウォーズ』の3作品の放送が決定しました!ぜひこちらチェックしてください!

その他の関連記事はこちらから

映画ITのベバリー・マーシュ役【ソフィア・リリス】ってどんな女優?

映画ITのベバリー・マーシュ役【ソフィア・リリス】ってどんな女優?

女優ソフィア・リリス(Sophia Lillis)とは 近年スクリーンで大きな活躍を見せているソフィア・リリスはどんな女…

映画トワイライトのジェイコブ役【テイラー・ロートナー 】ってどんな俳優?

映画トワイライトのジェイコブ役【テイラー・ロートナー 】ってどんな俳優?

テイラー・ロートナーはどんな俳優? 映画「トワイライト」シリーズで狼男の役を演じていたテイラー・ロートナーが気になるとい…

フレディ・マーキュリーを愛した男【ポール・プレンター】は暴露後どうなった?

フレディ・マーキュリーを愛した男【ポール・プレンター】は暴露後どうなった?

ポールプレンターはボヘミアンラプソディーに登場した実在する人物 世界中で話題となった映画「ボヘミアンラプソディー」ではキ…