ケビン・コスナー出演のおすすめ映画18選!人気出演映画作品を一挙紹介! アイキャッチ画像
記事作成日:

ケビン・コスナー出演のおすすめ映画18選!人気出演映画作品を一挙紹介!

エンタメ

94view

ケビン・コスナーは1991年の『ロビン・フッド』や1992年の『ボディガード』など、多くのヒット作で主演・出演しています。日本でも知名度の高い俳優です。この記事では、ケビン・コスナーのおすすめ映画をご紹介します。その時々によって変化するケビン・コスナーの格好良さを感じてみましょう!

ハリウッド大スター!ケビン・コスナー

引用:映画.com

ケビン・コスナーはアメリカ・カリフォルニア州の俳優です。『ロビン・フッド』や『ボディガード』など多くのヒット作で主演を務めています。

幅広い演技力の持ち主であり、王道なヒーロー役が多い印象ですが、なかには心に闇を抱えたシリアスな役柄など、演じる人物はさまざまです。

頭角を現し始めた1980年頃から既に整った外見を絶賛されていましたが、ある程度年齢を重ねた現在も落ち着いた格好良さが魅力的だと人気を博しています。

ケビン・コスナーのプロフィール

ケビン・コスナーは1955年1月18日に誕生しました。家庭の事情で転校が多い子供時代を過ごしたらしく「内気な子供だった」と語っています。

ケビン・コスナーの人生に現在の面影が見え始めたのは、大学時代からです。ケビン・コスナーはカリフォルニア大学に進学しました。

大学で経営学を学ぶ一方で、週に5日という凄まじい頻度で演技の指導を受けます。しかし大学を卒業した直後は、まず俳優とは別の仕事に就職しました。ケビン・コスナーは学生時代の恋人と結婚もして、社会人として働きます。

転機が訪れたのは、偶然乗った飛行機で舞台俳優のリチャード・バートンと乗り合わせたことでした。「俳優になりたいのなら、俳優の道を追うしかない」リチャード・バートンの言葉を聞いたケビン・コスナーは仕事を退職して、ハリウッドに移り住みます。

すぐに俳優業で成功したわけはなく、下積み時代を経て1983年に『再会の時』で映画出演を果たしました。『再会の時』では出演シーンがカットされてしまいましたが、1985年の『シルバラード』をきっかけに、スターとしての認知度が徐々に高まります。

レネ・ルッソの現在は?モデルの娘ローズ・ギルロイもご紹介♡

レネ・ルッソの現在は?モデルの娘ローズ・ギルロイもご紹介♡

レネ・ルッソの基本プロフィール レネ・ルッソの本名は「レネ・マリー・ルッソ(Rene Marie Russo)」といい、…

若い頃からモテモテ!

ケビン・コスナーは結婚・離婚・再婚を経て、現在彼の子供は7人います。最初に結婚したのは、学生時代からの恋人だったシンディでした。ケビン・コスナーの下積み時代を支えた妻・シンディですが、1994年に離婚します。

原因として挙げられているのは、ケビン・コスナー側の不倫です。シンディとの離婚が成立したあと1996年時点で恋人だったブリジット・ルーニーとの間に子供が誕生しました。

ブリジットとは数年経ってから破局しますが、2004年にクリスティーン・バウムガートナーと再婚します。クリスティーンとは19歳の年の差ですが、3人の子供に恵まれました。2022年時点でケビン・コスナーは67歳ですが、順風満帆な人生を歩んでいるようです。

ケビン・コスナーは現在も俳優で活躍

ケビン・コスナーは現在もハリウッドを代表する俳優として、活躍しています。俳優業をこなしながらも、「Kevin Costner & Modern West」というカントリーロックバンドでも活動中です。

精力的に活動しており、2020年にはケビン・コスナーが主演を強めたドラマ『イエローストーン』とのコラボアルバムも発表しています。他にも小説を執筆するなど、俳優業をこなしながら多数の活動を並行しているため、気になる方はチェックしてみましょう!

ケビン・コスナー最新の映画出演情報

引用:映画.com

ケビン・コスナーは現在も映画俳優として活躍しています。近年出演した『すべてが変わった日』では、孫を持つ熟年夫婦の夫を演じました。

妻を演じるのは『マン・オブ・スティール』でも共演したダイアン・レインです。ハリウッドを代表する名優が揃って老夫婦を演じています。『すべてが変わった日』の舞台は、1960年代です。

『すべてが変わった日』の原作は作家ラリー・ワトソンの小説となっており、監督は『幸せのポートレート』で有名なトーマス・ベズーチャが務めています。緊迫感に溢れるサイコスリラーとして描かれました。ケビン・コスナーは孫を救う祖父を熱演しています。

ダイアン・レイン×ケビン・コスナー「すべてが変わった日」

元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケビン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、長年連れ添った夫婦です。穏やかな日々を二人で過ごしていましたが、1963年のある日落馬事故で息子のジェームズを亡くします。

夫を失い未亡人として、二人の孫であるジミーを育てていた義理の娘・ローナでしたが事故から3年後再婚をしました。しかし再婚相手のドニー・ウィボーイは暴力をふるっていることを二人は耳にします。

さらにドニーが、ローナとジミーを自身の実家に連れ去ったという話も聞き、ジョージとマーガレットは二人を救出するべく奮起しました。ジョージとマーガレットがドニーの実家へ向かいます。

しかし女家長であるブランシュ・ウィボーイが待ち構えており、彼女の異様な雰囲気に圧倒されます。暴力と恐怖全てを抑圧するブランシュ・ウィボーイに二人が立ち向かう姿は必見です。

ケビン・コスナーの若い頃の代表作

ケビン・コスナーは、1980年代から活躍している映画俳優です。現在と若い頃では、演じる役柄の方向性が異なります。

最近ケビン・コスナーを知ったという方は、ぜひ若い頃の作品も鑑賞してみてください。ここでは、俳優としてのキャリアをスタートさせたばかりで、爽やかな格好良さを醸し出すケビン・コスナーのおすすめ映画作品をご紹介します。

映画アンタッチャブルでブレイク!

引用:映画.com

ケビン・コスナーの若い頃を代表する作品の一つ目は『アンタッチャブル』です。1987年に公開された本作は、ケビン・コスナーがハリウッドスターとしてのキャリアをスタートさせる出世作となりました。

本作のケビン・コスナーは、酒類取締局の捜査官です。1930年のシカゴを舞台に、悪を許さない主人公を熱演しています。正義の捜査官を演じるケビン・コスナーの格好良さを鑑賞してみましょう!

映画ボディガードで超人気スターに!

引用:映画.com

続いてご紹介するケビン・コスナーの若い頃を代表する作品は『ボディガード』です。本作は1992年に公開されました。ケビン・コスナーは主人公であり、敏腕のボディガードを演じます。

本作はラブストーリーです。ボディガードとボディガードに守られるヒロインの恋模様を描いています。本作は世界的に人気を獲得し、日本でも絶大な人気を博しました。若い頃の王道ハンサムなケビン・コスナーを鑑賞したい方におすすめの作品です。

ケビン・コスナー出演のおすすめ映画18選

ここからは、ケビン・コスナー出演のおすすめ映画をご紹介します。ケビン・コスナーがこれまでに出演した作品は膨大な量です。見どころやあらすじも紹介しますので、ぜひあなた好みの作品を見つけて、鑑賞してみてください。

ジョントラボルタの現在は?子供や妻は?自宅が豪邸すぎる!

ジョントラボルタの現在は?子供や妻は?自宅が豪邸すぎる!

ジョントラボルタの基本プロフィール ジョントラボルタ(本名John Joseph Travolta)は1954年2月18…

ケビン・コスナーのおすすめ映画①JFK

引用:Filmarks映画

最初にご紹介するケビン・コスナーのおすすめ映画は『JFK』ですケネディ大統領暗殺事件の捜査にあたる地方検事の様子を描いています。

見どころやあらすじ

本作のケビン・コスナーは検事役のジム・ギャリソンを演じました。ニューオーリンズの地方検事であるジム・ギャリソンは、昼食中に大統領暗殺の第一報を受けます。

ジム・ギャリソンはすぐ犯人と思わしき人物の調査を始めますが、大統領暗殺事件の二日後にさらに事件が起こりました。本作は独自の説に基づいて、ケネディ大統領暗殺事件の世界が展開されている作品です。

キャスト

登場人物 俳優名
ジム・ギャリソン ケビン・コスナー
クレー・ショー トミー・リー・ジョーンズ
ウィリー・オキーフ ケヴィン・ベーコン
スージー・コックス ローリー・メトカーフ

ケビン・コスナーのおすすめ映画②ファンダンゴ

引用:映画.com

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ファンダンゴ』です。本作は1985年に公開されました。スティーヴン・スピルバーグの映画製作会社であるアンブリン・エンターテインメントが初めて製作した映画です。

見どころやあらすじ

ファンダンゴは、スペイン語で「バカ騒ぎ」を意味します。舞台はベトナム戦争真っ只中の1971年です。テキサス州オースチンの学生寮で学生たちがパーティをしていました。

仲の良い5人組だった若者たちは、あまり会えなくなる前に友情を確認しあうことにしました。5人はそれぞれの人生を思い描きながらも、自分たちが出会った頃を探す旅を始めます。

キャスト

登場人物 俳優名
ガードナー ケビン・コスナー
フィル ジャド・ネルソン
ワグナー サム・ロバーズ
ドーマン チャック・ブッシュ

ケビン・コスナーのおすすめ映画③ダンス・ウィズ・ウルブズ

引用:映画.com

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーの映画は『ダンス・ウィズ・ウルブズ』です。1990年に公開されました。

ケビン・コスナーはこの映画で監督・主演・製作を務めたうえに、第63回アカデミー賞作品賞及び第48回ゴールデングローブ賞作品賞受賞作品に選ばれた映画です。

見どころやあらすじ

南北戦争で活躍したダンバーは、勤務を自分で選べる特典を獲得します。彼はある砦を選びますが、一見すると何もない場所でした。ある時インディアンに遭遇し、急な出来事に驚いた彼はインディアンたちを追い払います。

孤独な環境で人との交流に飢えていたダンバーは、言葉や習慣も分からないままインディアンたちの集落へ向かいました。人と人との繋がりに着目したストーリー展開だけでなく、アメリカの人種問題にも触れた作品です。

キャスト

登場人物 俳優名
ジョン・ダンバー中尉 ケビン・コスナー
拳を握って立つ女 メアリー・マクドネル
蹴る鳥 グラハム・グリーン
風になびく髪 ロドニー・A・グラント

ケビン・コスナーのおすすめ映画④アンタッチャブル

引用:映画.com

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『アンタッチャブル』です。1987年に公開されました。ケビン・コスナーは禁酒法時代に密造酒を取り締まる捜査官を演じています。

見どころやあらすじ

舞台は禁酒法時代のシカゴです。特別捜査官であるエリオット・ネスは、悪が許せない心を持っていました。アメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画です。

緊迫感ある展開が多く、ケビン・コスナーが演じるエリオット・ネスのスタイリッシュな格好良さが楽しめます。

キャスト

登場人物 俳優名
エリオット・ネス ケビン・コスナー
ジム・マローン ショーン・コネリー
ジョージ・ストーン アンディ・ガルシア
オスカー・ウォレス チャールズ・マーティン・スミス

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑤フィールド・オブ・ドリームス

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーの映画は『フィールド・オブ・ドリームス』です。1989年に公開されました。

ウイリアム・パトリック・キンセラの小説『シューレス・ジョー』が原作です。フィル・アルデン・ロビンソンが監督と脚色を兼任しました。野球を題材に夢や希望、家族の絆といった深いテーマを描き上げたファンタジー映画です。

見どころやあらすじ

とうもろこし畑での仕事に励むレイは、家族と慎ましくも幸せな日々を送っていました。ある時、自分の畑である声を聞きます。その声を聞いた彼は、とうもろこし畑を切り開いて球場を作りました。

信念に従って行動する主人公と、主人公を信じて支える家族の愛が描かれています。終始暖かい空気が流れている映画です。

キャスト

登場人物 俳優名
レイ・キンセラ ケビン・コスナー
アニー・キンセラ エイミー・マディガン
カリン・キンセラ ギャビー・ホフマン
“シューレス”・ジョー・ジャクソン ギャビー・レイ・リオッタ

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑥パーフェクト・ワールド

引用:Amazon

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『パーフェクト・ワールド』です。1993年に公開されました。クリント・イーストウッドが監督を務め、さらにケビン・コスナーと共に主演をしています。

見どころやあらすじ

脱獄に成功した囚人・ブッチ・ヘインズと、その人質になった少年・フィリップスの交流を描いています。

人物像が深く描かれているため、登場人物の心理が深く感じられる映画です。穏やかな愛と切なさが交差します。犯罪者を演じるケビン・コスナーの迫真の演技にも注目です。

キャスト

登場人物 俳優名
ブッチ・ヘインズ ケビン・コスナー
レッド・ガーネット クリント・イーストウッド
フィリップ・ペリー T・J・ローサー
サリー・ガーバー ローラ・ダーン

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑦ボディガード

引用:Filmarks映画

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーの映画は『ボディガード』です。1992年に公開されました。ケビン・コスナーの代表的な作品です。歌手のホイットニー・ヒューストンが共演し、大ヒットしたロマンティック・サスペンス映画です。

見どころやあらすじ

ケビン・コスナーはプロのボディガード役を演じ、ホイットニー・ヒューストンは女優でもあり歌手でもあるというトップスターを演じています。何者からか脅迫されるトップスターを警護することになり、いつしか2人の間に愛が芽生えました。

愛のために命を懸けて彼女を守るボディガードの、ビジネスとプライベートの狭間に生まれた切ない恋愛模様を描いています。

キャスト

登場人物 俳優名
フランク・ファーマー ケビン・コスナー
レイチェル・マロン ホイットニー・ヒューストン
サイ・スペクター ゲイリー・ケンプ
ビル・デヴァニー ビル・コッブス
トムクルーズ出演のおすすめ映画20選!人気出演映画作品を一挙紹介!

トムクルーズ出演のおすすめ映画20選!人気出演映画作品を一挙紹介!

トムクルーズのプロフィール 引用:映画.com トム・クルーズは、アメリカのニューヨーク出身の俳優です。数多くの大ヒット…

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑧ポストマン

引用:映画.com

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ポストマン』です。1997年に公開されました。

ケビン・コスナーの監督した2作目の作品です。戦争で荒廃した2013年の世界を描いています。デイヴィッド・ブリンのSF小説『ポストマン』が原作です。

見どころやあらすじ

戦争で荒れた世界で人々はテロによる破壊に怯えながら暮らしていましたが、希望を運ぶポストマンがいました。

ポストマンに扮したケビン・コスナーのアクションシーンに心を動かされる作品です。また、ポストマンから手紙を受け取る子供たちのなかにケビン・コスナーの実子が登場します。

キャスト

登場人物 俳優名
ポストマン ケビン・コスナー
ベスレヘム将軍 ウィル・パットン
フォード・リンカーン・マーキュリー ラレンズ・テイト
アビー オリヴィア・ウィリアムズ

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑨ウォーターワールド

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーの映画は『ウォーターワールド』です。1995年に公開されました。ハワイで大規模なセットを組んで撮影が行われました。地球温暖化を題材にした作品です。

見どころやあらすじ

ウォーターワールドの地球は、温暖化の進行により北極・南極の氷が溶けて海面が上昇し、海だけが広がる海洋惑星です。人類は、海の上で環礁と呼ばれる浮遊島を建造して生存しています。

彼らの間では、地球のどこかに存在すると伝わるドライランドという伝説の島があると言い伝えがありました。伝説の島の手掛かりを持つ少女エノーラとドライランドを目指しますが、彼女を奪おうとある組織と激闘を繰り広げます。

キャスト

登場人物 俳優名
マリナー ケビン・コスナー
ディーコン デニス・ホッパー
ヘレン ジーン・トリプルホーン
エノーラ ティナ・マジョリーノ

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑩マクファーランド 栄光への疾走

引用:Amazon

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『マクファーランド 栄光への疾走』です。2015年に公開されました。フットボールのコーチと生徒による夢が描かれています。

『スタンドアップ』でその名を世間に知らしめたニキ・カーロが監督を務めました。ケビン・コスナーは貧しい生徒たちに希望を提示するコーチを演じています。

見どころやあらすじ

アメフト部のコーチをしていたジム・ホワイトですが、あるトラブルを起こしてしまい、別の高校へ異動になりました。移動先の高校の生徒は、ヒスパニック系の貧困層ばかりです。

ある日生徒たちの脚力に驚かされたジム・ホワイトは、クロスカントリー部を立ち上げる決意をします。

キャスト

登場人物 俳優名
ジム・ホワイト ケビン・コスナー
シェリル・ホワイト マリア・ベロ
ジュリー・ホワイト モーガン・セイラー
ジェイミー・ホワイト エルシー・フィッシャー

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑪クリミナル 2人の記憶を持つ男

引用:映画.com

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『クリミナル 2人の記憶を持つ男』です。2017年に公開されました。監督は『THE ICEMAN氷の処刑人』で有名なアリエル・ブロメンが務めています。

SF要素が感じられるスパイアクションです。王道な主人公を演じることの多かったケビン・コスナーですが、本作では冷徹な凶悪犯を演じています。

見どころやあらすじ

極秘任務中に謎の死を遂げたCIAのビル・ポープは謎のハッカーであるダッチマンの居場所を知る唯一の人物でした。

ダッチマンは核の発射すらも自在に行えるため、CIAはビル・ポープの記憶を凶悪犯に移植する記憶移植手術を行います。

架空の設定ではあるものの、リアリティ溢れる緊迫感が感じられる作品です。映画にスリルを求める方におすすめとなっています。

キャスト

登場人物 俳優名
ジェリコ・スチュワート ケヴィン・コスナー
クウェイカー・ウェルズ ゲイリー・オールドマン
フランクス医師 トミー・リー・ジョーンズ
マルタ・リンチ アリス・イヴ

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑫ドラフト・デイ

引用:映画.com

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ドラフト・デイ』です。アメリカンフットボールのドラフトの1日が描かれています。

見どころやあらすじ

熱きドラフト会議で繰り広げられる頭脳戦がスリリングに描かれています。ライバルとの勝負どころや迫りくる時間など、緊迫感に溢れるタッチで描かれました。

脚本の完成度が高く、なかには痛快なシーンも満載です。ケビン・コスナーは、ピンチに立たされたゼネラルマネージャーを演じています。

キャスト

登場人物 俳優名
サニー・ウィーバー・Jr. ケビン・コスナー
アリ・パーカー ジェニファー・ガーナー
ヴィンス・ペン デニス・リアリー
アンソニー・モリーナ フランク・ランジェラ

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑬ラストミッション

引用:映画.com

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ラストミッション』です。2014年に公開されました。不治の病により、余命宣告をされたCIAのエージェントとその娘との関係を描いた物語です。

見どころやあらすじ

家族の絆を描くヒューマンドラマとしての一面も感じられながら、ケビン・コスナーのアクションシーンも描かれています。細やかな描写よりも、テンポ良く進む展開を楽しんで鑑賞してみましょう!

キャスト

登場人物 俳優名
イーサン・レナー ケビン・コスナー
ゾーイ・レナー ヘイリー・スタインフェルド
ヴィヴィ・ディレイ アンバー・ハード
クリスティン・レナー コニー・ニールセン
ニコールキッドマンの現在は?プロフィールやかわいい若い頃の画像をご紹介!

ニコールキッドマンの現在は?プロフィールやかわいい若い頃の画像をご紹介!

ニコールキッドマンはどんな人?   この投稿をInstagramで見る   Nicole Kidma…

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑭ラブ・オブ・ザ・ゲーム

引用:Amazon

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』です。2000年に公開されました。本作はマイケル・シャーラによる同名の小説が原作です。

ケビン・コスナーによる野球をテーマにした作品の3作目となっています。野球を通じて、一人の男性の人生を表現しました。

見どころやあらすじ

ビリー・チャペルは野球選手ですが40歳であり、衰えを感じていました。さらに交際5年の恋人と破局やチームのオーナーからトレードを通告されます。

それでも近い日に、自身が所属するチームであるデトロイト・タイガースの優勝がかかった一戦を控えていました。野球やスポーツが好きな方にもおすすめの映画です。

キャスト

登場人物 俳優名
ビリー・チャペル ケビン・コスナー
ジェーン・オーブリー ケリー・プレストン
ガス・シンスキー ジョン・C・ライリー
ヘザー・オーブリー ジェナ・マローン

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑮守護神

引用:映画.com

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『守護神』です。2006年に公開されました。アメリカ沿岸警備隊のエリート養成学校が舞台となっています。ケビン・コスナーは沿岸警備隊の訓練所の教官を演じました。

見どころやあらすじ

ベン・ランドールはこれまで大勢の命を助けてきた優秀な沿岸警備隊でしたが、事故で相棒を亡くしてから第一線を退き、教官として後進の育成に励んでいました。

厳しい訓練を課すベンですが、ある時自分と同じ心に闇を抱えたジェイク・フィッシャーという青年に出会います。細やかな心理描写に注目です。

キャスト

登場人物 俳優名
ベン・ランドール ケビン・コスナー
ジェイク・フィッシャー アシュトン・カッチャー
ジェイク・スキナー ニール・マクドノー
エミリー・トーマス メリッサ・サージミラー

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑯ハリウッドがひれ伏した銀行マン

引用:映画.com

続いてご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』です。2016年に公開されました。

映画の撮影は多額の資金を必要とします。900本以上の映画制作をサポートした伝説のオランダ人銀行マンのドキュメンタリーです。

見どころやあらすじ

フランズ・アフマンは、映画の完成前に配給権を販売できる「プリセールス」というシステムで制作費を賄えるシステムを考案しました。

プリセールスによって生み出されたアメリカ映画の作品数は、900本を超えます。さまざまな業界人の証言やアフマン自身が思い出を語る映像も作中で公開されました。アメリカの映画界を陰で支えた功績者が描かれています。

キャスト

登場人物 俳優名
フランズ・アフマン 本人
ケビン・コスナー 本人
ガイ・イースト 本人
デレク・ギブソン 本人

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑰ママが泣いた日

引用:映画.com

次にご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ママが泣いた日』です。2006年に公開されました。崩壊した家族の再生を描く物語です。本作の監督を務めたマイク・バインダーの実体験を活かして描かれています。

見どころやあらすじ

夫が秘書と駆け落ちをしたと思い込んだテリーは、子供たちに八つ当たりをしてしまいました。不安定になってしまったテリーの元に隣人のデニーが訪れます。デニーは酒浸りになっていたテリーの友達役になると申し出ました。

鑑賞者を引き込むようなストーリーとなっており、中弛みを感じさせません。程よく笑えるシーンもあるので、シリアスな展開が苦手な方も楽しめる映画です。

キャスト

登場人物 俳優名
テリー・アン・ウルフマイヤー ジョアン・アレン
デニー・デーヴィス ケビン・コスナー
アンディ・ウルフマイヤー エリカ・クリステンセン
ポパイ・ウルフマイヤー エヴァン・レイチェル・ウッド

ケビン・コスナーのおすすめ映画⑱ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー

引用:映画.com

最後にご紹介するおすすめのケビン・コスナーが出演する映画は『ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー』です。1980~1990年に一世風靡したホイットニー・ヒューストンの波乱万丈な人生を描いています。

見どころやあらすじ

メディアを通してみるホイットニー・ヒューストンは、いつも明るく輝いていました。しかし48歳でこの世を去ってしまいます。

ホイットニー・ヒューストン財団が初公認した映画です。歌手としてだけではなく、一人の人間として、ホイットニー・ヒューストンの真実に迫っています。

キャスト

登場人物 俳優名
ホイットニー・ヒューストン 本人
ケビン・コスナー 本人
シシー・ヒューストン 本人
エレン・ホワイト 本人

若い頃から今までのケビン・コスナーをお楽しみください

この記事では、若い頃からいままでのケビン・コスナーのおすすめ映画をご紹介いたしました。膨大な作品のなかから、あなたの好みの作品を見つけて、ケビン・コスナーの格好良さを鑑賞してみてください!

その他の関連記事はこちらから

映画『ジェイソンボーン』シリーズはどの順番で見るべき?全作品を一挙紹介!

映画『ジェイソンボーン』シリーズはどの順番で見るべき?全作品を一挙紹介!

『ジェイソンボーン』シリーズって何? 「ジェイソンボーン」シリーズについてチェックする前に、まずはその概要についてご説明…

【ネタバレ】映画『デイズ・オブ・サンダー』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『デイズ・オブ・サンダー』あらすじを徹底解説!

映画デイズ・オブ・サンダーの作品情報 『デイズ・オブ・サンダー』は1990年にアメリカで製作されたカーレース作品です。原…

サンドラブロックの若い頃が超可愛い♡現在も美しさを維持してる?

サンドラブロックの若い頃が超可愛い♡現在も美しさを維持してる?

ハリウッド女優・サンドラブロックのプロフィール まずは、ハリウッド女優として数多くの作品に出演するサンドラ・ブロックの、…