【ネタバレ】映画『デイズ・オブ・サンダー』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.pinterest.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『デイズ・オブ・サンダー』あらすじを徹底解説!

エンタメ

104view

トム・クルーズとニコール・キッドマン元夫婦が出演している『デイズ・オブ・サンダー』はご存じでしょうか。今から30年以上前の爽やかイケメンなトム・クルーズが観られる貴重な作品で、トム・クルーズファンにはぜひしてもらいたい作品です。

今回は『デイズ・オブ・サンダー』のネタバレありのあらすじや、登場人物について紹介します。ネタバレありのあらすじでは結末まで完結に記載していくので、チェックしてみて下さい。

映画デイズ・オブ・サンダーの作品情報

『デイズ・オブ・サンダー』は1990年にアメリカで製作されたカーレース作品です。原案・主演共にトム・クルーズが務めており、ヒロインにはトム・クルーズの元妻であるニコール・キッドマンが採用されている貴重な作品となります。

また、監督は『トップガン』でトム・クルーズとタッグを組んだトニー・スコットで、スピーディーで臨場感満載の演出も魅力です。さらに、豪華キャストの他にも、デヴィッド・カヴァーデイルなどの人気アーティストの曲が作中に流れることで、最高にかっこいい映画に仕上がっています。

映画デイズ・オブ・サンダーのネタバレあらすじ

続いて『デイズ・オブ・サンダー』のネタバレありのあらすじについて紹介します。スタート・事故・岐路・結末と4つに分けて紹介していくので、チェックしてみて下さい。

デイズ・オブ・サンダーのネタバレ①スタート

デイトナで二年連続優勝をしているラウディ・バーンズは、今期のストックカーレースももちろん優勝を狙っていました。ところが、ラウディの優勝を阻止するため、別チームのオーナーであるティムは、ある出来事から隠居生活を送るハリーの元へ訪ねます。

ティムは最近見つけた腕がいい若いレーサーの車をハリーに作ってほしいと頼みますが、ハリーは断りました。しかし、ティムはかつて、一流のレースカー・ビルダーで名を馳せたハリーの実力を知っているので熱心に頼み込みます。ティムに根負けしたハリーは若いレーサーに会いに行きました。

ハリーがサーキットへ行くと、バイクにまたがっている青年がおり、その青年はコール・トリクルと言うティムが見つけてきたレーサーです。しかし、コールはストックカーレースの経験がなく、興味もない上に生意気な態度でした。

ところが、コールの運転を見た一同は彼のスピードに驚き、長らく隠居生活をしていたハリーは重い腰を上げ車を作ることを決心したのです。

デイズ・オブ・サンダーのネタバレ②事故

ハリーと初対面の時に見せたコールの運転は驚くべきスピードで一同を騒然とさせましたが、その後、いくつものレースに出るも中々結果が付いてこない日々を過ごしました。

また、コールは機械音痴なこともありチームでも孤立し、落胆しています。そんなコールを見かねたハリーは落ち込むコリーを励まし丁寧に根気よく指導し始めました。その後ハリーの熱心な指導のかいあってコールは才能を伸ばしていき、トップドライバーとして成長します。

さらに、最初こそ孤立していたコールでしたが、メンバーとの仲も良くなっていき、ついにチームは初優勝を果たし、スポンサーも獲得しました。やっと上手く行きはじめたチームでしたがレースの世界はそう甘くいかず、次のレースでコールがライバルのラウディに追突したことで事態は急変します。

デイズ・オブ・サンダーのネタバレ③岐路

コールとラウディは病院に搬送されますが、命に別状はなく後遺症も残らず、レースに復帰できるとのことでした。仲直りをするため強制的に食事共にすることになったコールとラウディは同じ車内も気に入らないことから、わざわざレンタカーを借りて2台でレストランへ向かいます。

レースでもないのにレンタカーでぶつかり合う二人の車は、レストランに着くことにはボロボロです。コールとラウディはその光景に思わず笑いだしてしまい無事友人になりました。後日コールの代わりとして雇われたラス・ウィラーと遭遇したコールは嫌味を言って彼のもとを去ります。

レースに参加できないコールはクレアと共に、この間意気投合したラウディの農場を訪れました。すると、普段は酔わないラウディが気持ち悪そうにし船酔いを起こします。不思議に思ったクレアがラウディを検査すると、自己の後遺症で脳内出血を起こしていたのです。

その光景を目の当たりにしたコールは恐怖に包まれてしまいます。それからと言うもの、復帰したコールは自己に対する恐怖と、新たなドライバーのラスの妨害もあり、エンジンの回転数をわざと上げてリタイアしました。

また、病院で検査をしたがらないラウディに病院へ行くように言ってほしいクレアの頼みごとも気が進みません。その次のレースでもラスの妨害は続き、怒ったコールは思い切り追突させ二人の車は大破します。オーナーのティムは激怒し二人はクビになってしまいました。

クビになったコールは全てに苛立っており、優しく接してくれるクレアにも強く当たります。その時、クレアが「怯えていてはレースができないから辞めてしまえ」と助言したことでコールは目が覚めました。そして、その足でラウディの元へ行き、病院へ行くよう勧めます。

デイズ・オブ・サンダーのネタバレ④結末

ラウディはコールの助言もあり病院へ行きましたが、レーサーとして再起不能と診断されてしまいました。ラウディはコールに、自分の代わりにデイトナに出場してくれと頼みます。コールも事故の恐怖に打ち勝ったわけではありませんでしたが、他でもないラウディの姿を見て承諾しました。

コールはハリーの元を訪ねクルーとしてラウディの車を直してほしいと頼み込みます。最初は拒むハリーでしたが、コールの必死な頼み込みに負け、再びピットへ戻ることにしました。そして、デイトナ500当日、コールは恐怖心に押しつぶされハリーの無線にも答えません。

その時、第三コーナーでクラッシュが起こり煙で辺りは覆われます。ところが、コールはその煙の中を突き進み通過することができました。事故への恐怖心に打ち勝ったコールはそのまま戦闘のラスに追いつき、最後に追い抜き優勝したのです。

やっとの思いでチェッカーフラッグを受けることができたコールは、ハリーの元へ行き、ビクトリーレーンまで行こうと二人で歩きだすのでした。

映画デイズ・オブ・サンダーの登場人物(キャスト)

続いて『デイト・オブ・サンダー』の登場人物を紹介します。各登場人物のプロフィールを簡潔に記載していくので、チェックしてみて下さい。

登場人物①コール・トリクル(トム・クルーズ)

若いレーサーのコール・トリクルを演じたのはトム・クルーズです。コールはストックカーレース初心者にして、経験者や関係者を驚かすスピードを持ったドライバーでした。

ところが、物語の中盤で事故に遭い、ライバルで友人のラウディがレーサーとして再起不能になった姿を目の当たりにしたことで、事故への恐怖心が生まれてしまいます。

登場人物②ハリー・ホッジ(ロバート・デュヴァル)

ハリー・ホッジ役はロバート・デュヴァルが演じています。チームクルーのリーダーで、かつては一流のレースカー・ビルダーで名を馳せていましたが、自身が整備した車でドライバーが事故を起こし死亡したことでストックカーレースの世界から姿を消していました。

登場人物③クレア・ルイッキ(二コール・キッドマン)

クレア・ルイッキは、ニコール・キッドマンが演じています。クレアはコールとラウディが事故を起こした際に、担当した女医で、コールとは恋人の関係となりました。

登場人物④ラウディ・バーンズ(マイケル・ルーカー)

ラウディ・バーンズはマイケル・ルーカーが演じています。デイトナで二年連続優勝したプロ・ドライバーで、コールのライバルでしたが、事故をきっかけに仲良くなります。

最初の診断では後遺症なくレーサーとして復帰できると言われていましたが、脳内出血が見つかったことにより、復帰の道を絶たれてしまいます。

トムクルーズ出演のおすすめ映画20選!人気出演映画作品を一挙紹介!

トムクルーズ出演のおすすめ映画20選!人気出演映画作品を一挙紹介!

トムクルーズのプロフィール 引用:映画.com トム・クルーズは、アメリカのニューヨーク出身の俳優です。数多くの大ヒット…

映画デイズ・オブ・サンダーの見どころ

続いて、『デイズ・オブ・サンダー』の見どころを紹介します。『デイズ・オブ・サンダー』は豪華キャストの他にも臨場感あるかっこいい演出など魅力満載の作品なので、いくつかの見どころをチェックしていきましょう。

生きるための意味を取り戻す若者の姿

『デイズ・オブ・サンダー』はコールのストックカーレース人生が描かれている生きる意味を教えてくれる作品です。作中ではコールのストックカーレースとの出会いや挫折、挫折を乗り越えた先の栄光全てが描かれています

コールは事故への恐怖心で挫折してしまいますが、クレアやラウディのおかげで生きる意味を見つけ、再度レースへ戻ってくるとこも胸熱な展開でしょう。また、コールの他にもラウディやハリーのストックカーレースへの熱い思いも見どころです。

レースと音楽のカッコよさ

『デイズ・オブ・サンダー』の魅力は臨場感あるレースに、さらに盛り上げてくれる音楽にあるでしょう。

レースシーンの迫力ある演出も素晴らしく、レース中にかかるBGMは有名アーティストの楽曲を採用していることもあり最高にかっこいいシーンに仕上がっています。作中のラストレースでの音楽は盛り上がること間違いなしなので、ぜひ音量を上げて鑑賞して下さい。

トム・クルーズとニコール・キッドマンの結婚

トム・クルーズとニコール・キッドマンは『デイズ・オブ・サンダー』で共演したことをきっかけに交際し、結婚しました。

2001年に性格の不一致を理由に電撃離婚していますが、 ニコール・キッドマンは、トムと結婚していたから映画界のセクハラに会わずに済んだと感謝の気持ちも込められているような内容を発言しています。

【ネタバレ】映画『ガントレット』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ガントレット』あらすじを徹底解説!

映画『ガントレット』の作品情報 引用:映画.com 映画『ガントレット』は1977年に公開されたアメリカ映画です。監督と…

トム・クルーズが主演するストックカーレースの青春映画

今回は『デイズ・オブ・サンダー』のネタバレありのあらすじや登場人物について紹介しました。ネタバレありのあらすじは結末までしっかり記載されているので、映画を観たことがない方は注意して下さい。

『デイズ・オブ・サンダー』は生きる意味や、何か一つに必死になることの大切さを教えてくれる作品です。豪華キャストももちろん魅力ポイントではありますが、ストーリーや演出も凝っており、面白い作品なので気になる方はぜひ観てみましょう!

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『沈黙の断崖』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『沈黙の断崖』あらすじを徹底解説!

映画『沈黙の断崖』の作品情報 映画『沈黙の断崖』は1997年に公開されたアクション映画です。アメリカで製作された本作は、…

【ネタバレ】映画『ボーン・スプレマシー』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ボーン・スプレマシー』あらすじを徹底解説!

ボーン・スプレマシーの基本作品情報 ボーン・スプレマシーは、2004年に公開されたアメリカの映画です。2002年の映画「…

【ネタバレ】映画『ボーン・アルティメイタム』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ボーン・アルティメイタム』あらすじを徹底解説!

映画『ボーン・アルティメイタム』の作品情報 2007年に公開されたアメリカ映画「ボーン・アルティメイタム」は、ボーンシリ…