大人になっても姉がウザい!できれば関わりたくない姉への対処法は? アイキャッチ画像
記事作成日:

大人になっても姉がウザい!できれば関わりたくない姉への対処法は?

ライフスタイル

831view

大人になっても姉のことをうざいと感じる方は多いようです。そこで今回は、姉のことが苦手な方へ向けて、関わりたくない姉との上手な付き合い方をご紹介します。できれば避けたい相手でも、家族となると話は変わります。そんな時、ストレスを最小限に抑えてうまく付き合う方法を知っておけば、様々な人間関係に役立てることができるはずです。

大人になっても姉がウザい人は多い!


大人になっても姉のことを苦手に感じている方は多いようです。子供の頃の仲の悪さを引きずっている場合もあれば、大人になってから仲の悪さが加速してしまったというケースも見られます。いずれにせよ、兄弟仲の悪さが日常のストレスに結びついている場合が多いようです。

特に一つ屋根の下一緒に暮らしている場合は、姉との仲の悪さが深刻な問題に発展することもあります。一般に、兄弟は大人になるに従って自然と仲が良くなるもの…と思われていますが、現実は違います。

確かに、女兄弟の場合は特に大人になるにつれて関係性が良好になることも多く見られます。子供の頃は喧嘩ばかりしていたとしても、成長するに従ってお互いを尊重するようになることが理由として考えられるでしょう。

しかし、大人になっても許し難いトラブルがあったり、どちらか一方に問題が見られるような場合は、いつまでも軋轢を持ったままの関係性に陥ってしまうのです。

大人になっても姉がウザいと思う理由


では兄弟仲が悪い人の場合、どうして大人になっても姉のことを苦手に感じてしまうのでしょうか。その理由に迫りましょう。まず挙げられるのは、相手との接し方がわからないというケースです。

友人や会社の人など、社会における人間関係はいつの時代も人々の悩みの種です。それゆえ家族間の人間関係というのは注目されにくい問題ではありますが、中には”家族だからこそ”どう接すれば良いのか分からないという方もいるのです。

この場合、いわば人間関係の”食わず嫌い”ということもできるため、実際に腹を割って話してみるとアッサリ軋轢が解消されるということもあります。

他には、過去のトラウマから相手を拒否しているというケースが見られます。幼い頃から兄弟喧嘩がひどく、それによって相手に苦手意識を抱いたままでいる方の場合は、大人になっても姉を苦手に感じてしまうことがあります。

また、周囲の人たちの家族関係と比較して、姉を苦手に思うようになる方もいます。この場合、子供の頃から苦手というよりはむしろ、大人になってから嫌いになったという方が正しいでしょう。

周りの人たちの家族仲が良好である様子を聞いて、それまで特に何とも思っていなかった家族関係をコンプレックスに感じるようになるパターンです。

あるいは、束縛されるため姉が嫌いになったという方もいます。家庭全体に過保護な空気感が漂っている場合、妹のやることなすこと全てに文句をつけることが考えられます。良い歳の大人になっても何かと指図される場合、相手を苦手に感じるのは当然のことでしょう。

さらに、自立をしたいという気持ちが強い方の場合は特に、家族への苦手意識を抱きやすくなります。一人前の大人として生きていきたいのに、姉をはじめとする家族がいつまでも子供扱いをしてくるために、自身の成長が押さえつけられていると感じるパターンです。

当てはまったら要注意!性格悪い女の特徴を大公開!

当てはまったら要注意!性格悪い女の特徴を大公開!

性格悪い女の特徴 まずは、性格の悪い女性の特徴を見ていきましょう。全てに当てはまらなくても、いくつか該当する女性が周りに…

ウザい!関わりたくない姉への対処法


どうしても関わりたくない姉。それでも、家族であるが故に完全に避けては生きていけないという悩みを抱えている方も多いでしょう。そこで、ここからは関わりたくない姉への上手な対処法をご紹介します。苦手な姉とどのように関わっていくべきか、そのヒントになる記述が見つかるかもしれません。

ウザい姉への対処法①最低限しか関わらない


苦手な姉とは、必要以上に関わらないように心がけることが大切です。イライラすると、ついつい色々な嫌味を言いたくなりますし、相手を降伏させるまで話さなければ納得がいかないという方もいるでしょう。

しかし、関係性が悪い状態で言葉を交わしても、より2人の溝は深まるだけです。生活を送る上でどうしても必要な会話は避けるわけにはいきませんが、それ以上のことは極力話さないようにして、適切に距離を置きながら関わると良いでしょう。

ウザい姉への対処法②良い部分のみを見る


嫌いな相手のことは、ついつい悪い面ばかりに着目して見てしまうものです。マイナスのフィルターをかけた状態で見てしまうことから、関われば関わるほど苦手になっていく…という状態に陥ってしまうのです。

もし姉のことを苦手に感じているなら、意識して相手の良い部分を見つけるようにしましょう。嫌いな相手の良いところに注目するというのは容易いことではありませんが、良い部分を一つでも見つけられるようになれば、あとは芋づる式に他の良い面も見えてくるはずです。

案外憎むべき相手ではないのかもしれないということが分かると、これまで嫌いだと思い込んでいた相手のことも少しは許せるようになるかもしれません。思い込みを捨てて、姉の長所を探してみてください。

ウザい姉への対処法③親に相談する


兄弟のことは、何よりも理解しているはずの親に相談してみると良いでしょう。幼い頃から自分と姉を育ててきた親ならば、良い対処法を教えてくれるかもしれません。

姉とは仲が悪いものの、親との関係性は良好であるという場合はこの方法を試してみてください。親が間に入ることで、関係性が落ち着く場合もあります。

ただし、姉と親が徒党を組んでおり、こちらに対立している…というような場合や親が原因で姉との仲が悪くなっている、という場合にはこの方法はおすすめできません。ご自身の家族関係に合わせて、適切な対処法を心がけてください。

ウザい姉への対処法④没頭するものを作る


ウザいと感じている相手のことばかりに気を取られていると、マイナス感情が溢れ出てしまい、どんどん悪い方向に進んでしまいかねません。そんな時こそ、没頭できるものを作って気を逸らすのがおすすめです。

別のことに目を向けることで、様々なしがらみから一旦解放され、自由な思考を得ることができます。そうすれば、これまで悩んでいた姉との関係性を良い方向に向かわせるヒントが降ってくるかもしれません。

もしくは、心が寛容になり、これまで許せなかった姉の言動を大目に見ることができるようになったり、姉の身の上を案じて同情の気持ちを持てるようになることもあるでしょう。

ウザい姉への対処法⑤関係性を調整する


根本的に姉との間に抱えた問題を解決するには、やはりその関係性そのものを見直す必要があります。仲が悪くなった原因が分かっているのであれば、それを取り除くために腹を割って話してみましょう。

一方で、どうしても2人の間に生じたモヤモヤを解決できそうにない場合は、絶縁状態に持ち込むという手もあります。姉との関係性を持ち続けることで、明らかに自分に不利益がある場合や、関係を断絶しても問題がない場合には、こうした処置を取ることもやむを得ないでしょう。

ウザい姉への対処法⑥ストレス発散する


姉のことで悩んでいる方は、きっと相当のストレスを抱えていることでしょう。そんな時は、一旦自分の中に抱えているモヤモヤを解消するのがおすすめです。好きな趣味に没頭したり、何か新しいことを始めてみると良いでしょう。

全てがめんどくさい…その心理とは?放り出す前に試したい対処法を解説!

全てがめんどくさい…その心理とは?放り出す前に試したい対処法を解説!

全てがめんどくさいと思ってしまう心理 もう全てがめんどくさいと思ってしまう事は誰にでも起こりうることです。しかし、なぜ全…

ウザい姉への対処法⑦話を聞き流す術を身につける


相手の言ったことをなんでも真剣に受け止めてしまうと、喧嘩の種がつきません。嫌いな相手のこととなると、特に目クジラを立てて何でも噛み付いてしまうという方は多いでしょう。そこで、姉と対峙している時の自分を俯瞰し、話を聞き流す術を身につけてみてください。

大人なら姉がウザくても注意したい行動


いくら姉がウザいと感じていたとしても、大人であるからには何でもかんでも表に出してしまうのは良くありません。そこで最後に、姉のことを苦手に感じる大人に向けて、やめるべき行動をまとめます。普段から以下に紹介するような行動をとってしまっていないか、チェックしながら読んでみてください。

注意したい行動①無視する


いくら姉のことが苦手だとしても、無視をするのはやめましょう。いくら無視をしたところで、相手との関係性が良くなることもなければ、事態が解決に向かうこともありません。むしろ、より2人の間の溝を深めてしまう行為だと言えます。

また、無視をすると100パーセントこちらが悪いことになってしまいます。揉め事が起き、その原因が向こうにあるとしても、話し合いを拒否して無視をすることは避けるべきです。苛立って冷静に話せそうにない時は、無視をするのではなく、一旦1人になる時間を設けようと提案してみましょう。

注意したい行動②悪口を言う


苦手な相手のことはついつい悪く言いたくなってしまいがちなものですが、これも大人としては取るべき行動ではありません。特に身内のことであるなら尚更です。悪口を聞かされた相手は嫌な気持ちになるでしょうし、さらにその対象が身内となれば気を遣ってしまうでしょう。

つい姉のことを悪く言いたくなっても、そこはグッと堪えて大人の対応をしましょう。メモ帳に自分の考えを書いて整理したり、ストレス発散のために気分転換となる行動に出たりするのがおすすめです。

注意したい行動③嫌がらせをする


相手のことが嫌いだと、ついつい嫌がらせをしたくなるのが人情です。しかし、嫌いだからといって嫌がらせをしていては、いつまで経っても関係性の改善は見込めません。むしろ、嫌がらせには嫌がらせの応酬…と言ったようにして、どんどん仲の悪さはエスカレートしてしまうでしょう。

また、嫌がらせに出ると言ったような行動は、自分自身の品位を落としてしまう要因にもなり得ます。これでは、喧嘩の火種となる行動をとったのが向こうであったとしても、こちらが悪いことになっても仕方がありません。嫌がらせをしたくなった時は、一旦冷静になって状況整理に着手してみましょう。

ウザい姉とは上手に距離を取ろう!


苦手な姉がいるという方は、上手に距離を取るための方法を画策してみてください。無理に悪い関係を続かせるのではなく、色々な対処法を講じながら関係性そのものを見直していくことが大切です。姉との関係性に振り回されて、自分を見失ってしまうことのないようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから

地雷女の特徴とは?地雷女を卒業するにはどうすれば良い?

地雷女の特徴とは?地雷女を卒業するにはどうすれば良い?

地雷女とは? 地雷女とは、平均的もしくは平均以上の外見でありながらも、蓋を開けてみると非常に面倒な性格を持った女性のこと…


メンヘラ女子とは?実は多い隠れメンヘラ女の特徴もご紹介!

メンヘラ女子とは?実は多い隠れメンヘラ女の特徴もご紹介!

メンヘラ女子とは 「メンヘラ女子」という言葉をよく聞きますが、その語源は「精神の健康」という意味である「メンタルヘルス」…