エリック・バナのプロフィールを詳しく!代表作から最新出演作まで紹介! アイキャッチ画像 https://www.nyfa.edu/
記事作成日:

エリック・バナのプロフィールを詳しく!代表作から最新出演作まで紹介!

エンタメ

75view

ハリウッドで活躍するエリック・バナですが、彼はどんな作品に出演しているのでしょうか。この記事では、大人の色気があふれるエリック・バナのプロフィールをまとめます。彼がコメディアンだったという噂の真相にも迫りますので、エリック・バナのファンの方はもちろん、俳優としての彼の活動が気になる方も、ぜひチェックしてみてください。

エリック・バナのプロフィール

まずはこの記事で紹介するエリック・バナの基本プロフィールをまとめます。エリック・バナは1968年8月9日生まれ、オーストラリアのビクトリア州メルボルン出身の俳優・コメディアンです。

1993年より活動を開始しました。デビューしたのは、1993年のテレビシリーズ『Full Frontal』でのことです。父はクロアチア人のイヴァン、母はドイツ人のエレノアです。

エリック・バナは実はコメディアンだった?

俳優として知られるエリック・バナですが、実はコメディアンだったという噂があります。果たしてその噂は真実なのか、エリック・バナがコメディアンであったという説に迫ります。

有名俳優のものまねで注目を集める

エリック・バナは高校を卒業したのち、シドニーの演劇スクール『ナショナル・ドラマティック・アート』に入り、演技の勉強をしました。彼がスタンダップコメディアンとしてデビューすることになったのは、1991年のことです。

スタンダップコメディというのは、立った状態でソロで話をする芸のことであり、日本でいう「漫談」にあたります。例えるならば、綾小路きみまろのような芸風ということになるでしょう。

コメディアンとしてデビューしてからは、1993年から1996年までの三年間、コメディ番組『Full Frontal』にて数々のモノマネ芸を披露していました。

この時見せたのは、アーノルド・シュワルツェネッガーやトム・クルーズなどの名だたる名俳優のモノマネです。これらの芸を経て一躍人気者になったエリック・バナは、コメディアンとしても高い才能を持っていたことがわかります。

2000年公開の映画で一躍有名俳優に

エリック・バナが俳優として花開くことになったのは、2000年に公開された映画『チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼』に出演したことがきっかけでした。この時まで、彼は主に陽気なキャラクターを演じることが多かったのですが、この作品ではシリアスキラーを演じることになりました。

これまでとは打って変わって恐ろししい殺人鬼を演じることになったエリック・バナですが、見事にこの役を自分のものとし、映画スタートしての名を知らしめることになりました。

彼が担当したこのキャラクターとは、オーストラリアに実在していた殺人鬼マーク・“チョッパー”・リードです。肉切り包丁という恐ろしい呼び名を持つこの殺人鬼の、狂気に塗れた人物像をうまく表現しました。

チョッパー・リードは19件にものぼる殺人を犯しており、その自伝を元にしたこの作品ではバイオレンスな描写が話題となり、エリック・バナの新天地となりました。彼は殺人鬼になりきるべく、ジャンクフードばかり摂取し体重を15キロも増量したとのことです。

また、殺人鬼を根本的に真似するため、恐ろしいことにチョッパー・リード本人と監獄に入り生活を送ったのだと言います。コメディアンとしての経験をもとに、得意のモノマネで殺人鬼を持ち前の洞察力で真似た彼は、スクリーン上で恐ろしいシリアルキラーとなりました。

サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラーとは サイコホラーとは、サイコロジカル(心理的)・ホラーの略で、理性を失った人間やサイコパスを描いた作品のこ…

エリック・バナはハリウッドで活躍する俳優へ

コメディアンと俳優という二つの面を持ったエリック・バナですが、やがて彼の演技の実力は広く世に認められることとなり、ハリウッドで活躍する名俳優となります。ここからは、エリック・バナがハリウッドで活躍する様子をまとめます。

「ブラックホーク・ダウン」など数々の映画に出演

エリック・バナがハリウッドに進出することになったのは、2001年に公開された戦争映画『ブラックホーク・ダウン』がきっかけです。この作品は1993年にソマリアで起こった内戦、『モガディシュの戦闘』をモデルにしたものです。

今もなお続くソマリアの内戦ですが、中でも『モガディシュの戦闘』はアメリカ軍、ソマリアの民兵双方に多くの死傷者を生み出した凄惨なものでした。作品内で、エリック・バナが演じるのはアメリカ軍特殊部隊「デルタフォース」の古株、ノーマン”フート”ギブソン一等軍曹です。

続いて、2009年に公開された映画『スター・トレック』では、未来からきた異星人のネロという役を演じています。ネロがいた未来の世界では、彼の故郷「ロミュラン星」は滅亡しており、故郷が失われた原因を他の宇宙人や惑星連邦に求めた彼は、過去に戻り復讐することを決意します。

宇宙規模でスケールの大きなストーリーが展開される『スター・トレック』で、未来からきた異星人という難しい役どころを演じたエリック・バナの演技に注目したい作品です。

なお、『スター・トレック』シリーズは、1966年にテレビシリーズが開始し、2020年には7本のドラマ、13本の映画、1本のアニメが製作されており、幅広いメディア展開が続く人気のシリーズです。

2009年には監督業にも挑戦

エリック・バナは、映画『Love The Beast』で初めての監督業にチャレンジしています。この映画は、エリックが15歳から所持している車で「タルガ・タスマニア・ラリー」という大会に出場した際事故を起こし、愛車が修復できないほどの傷を負ってしまうというストーリーです。

車への愛情や家族の思いを回想し、友人やセラピストたちと状況を分析していくというストーリーで、エリックにとって思い入れのある作品に仕上がりました。

多くのホームビデオが幸運にも残されていたため、それを元にしてこの作品を制作することができたというこの作品は、普段車に乗らない人にも自身が25年以上愛してやまない車を通じ、同じような感覚を味わってほしいという想いが込められているそうです。

スティーヴン・スピルバーグ、リドリー・スコット、カーティス・ハンソンなど、これまで名だたる監督たちと仕事をしてきた彼は、それらの巨匠から影響を受け、じっくりと観察してきたことによって今作の監督業に踏み切ることができたのだと話しています。

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッドのプロフィール 映画界では誰もが知るところであるクリント・イーストウッド。まずは彼のプロフィール…

エリック・バナは結婚している?子供は?

エリック・バナは1997年、テレビ局に勤めているレベッカという女性と結婚しています。1999年には長男、2003年には長女が生まれました。エリックは休日を家族と過ごす時間にあてているようで、常に相手を楽しませることをモットーに良好な夫婦関係を築いていると言います。

エリック・バナのおすすめ出演映画作品

エリック・バナはこれまで、数々の作品に出演しています。ここからは、エリック・バナの出演作の中でも特に人気の高いものをまとめてご紹介します。彼の演技を堪能したい方はぜひ参考にしてください。

おすすめ①ブーリン家の姉妹


16世紀のイングランドを舞台にした作品「ブーリン家の姉妹」です。2008年にアメリカ・イギリス合作で制作された作品で、物語は新興貴族のブーリン家に焦点を当てて描かれます。

世継ぎのいない国王ヘンリー8世に娘のアンを差し出したブーリン家は、彼女が世継ぎを生むことを期待します。

しかし王の目に止まったのは、アンの妹のメアリーだったのでした。エリザベス1世の母になるアン・ブーリンと、妹のメアリーが王の寵愛をめぐって争う様子を描いた歴史劇です。

おすすめ②きみがぼくを見つけた日


純愛ストーリー「きみがぼくを見つけた日」です。アメリカでベストセラーとなった「The Time Traveler’s Wife」を原作にしており、ブラッド・ピットが制作総指揮に携わったという点でも注目された映画です。タイムトラベルできる男と、その妻になる女性との愛を描きます。

おすすめ③ハンナ


2011年製作のアメリカ映画「ハンナ」です。世の中から離れた山奥で、冷酷な暗殺者になるべく育てられたハンナは、母の仇を取るために外の世界へ踏み出しますが、そこで自身の出自にまつわる大きな秘密を知ることになるというストーリーです。スピード感あるアクションが見どころの作品です。

おすすめ④NY心霊捜査官


2014年に公開されたアメリカ映画「NY心霊捜査官」です。ニューヨーク市警の巡査部長の実話を映画化したサスペンスホラー作品で、衝撃的な映画です。

ジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーを務めました。霊感のある刑事が特殊能力を駆使して犯罪捜査をする様子が描かれます。

おすすめ⑤渇きと偽り


2020年製作のオーストラリア映画「渇きと偽り」です。エリック・バナが主演を務める今作は、ジェイン・ハーパーのベストセラー小説の映画化です。

田舎の町で現在と過去に起こった二つの殺人事件を通じ、オーストラリアの現代社会の問題を浮かび上がらせています。エリックは原作のファンであり、自らプロデューサーも兼ねて13年ぶりに祖国オーストラリアの映画で主演をはりました。

大人の色気が漂うエリック・バナの今後に注目!

エリック・バナは大人の魅力にあふれた味のある俳優です。コメディアンだった経験も活かした彼の演技は、他にはみられない鋭い洞察力に裏付けられた高い再現度が特徴です。ぜひこの機会に彼の出演作をチェックしてみてください。

その他の関連記事はこちらから

【洋画編】青春映画おすすめ25選!エモい日々を描いた名作をご紹介!

【洋画編】青春映画おすすめ25選!エモい日々を描いた名作をご紹介!

エモい日々を描いた名作を公開年代ごとに紹介! 洋画の青春映画は、日本とは違う海外のスクールライフを楽しむことができ、年代…


クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンスとは? クライムとは、英語の「crime(犯罪)」という意味です。そのため、クライムサスペンスとは様々…