【ネタバレ】映画『ボーン・スプレマシー』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.hulu.com
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ボーン・スプレマシー』あらすじを徹底解説!

エンタメ

114view

大人気映画「ボーンシリーズ」の2作目として親しまれているボーン・スプレマシーは、前作までの流れを受け継いでよりパワーアップした続編として人気です。この記事では、ボーン・スプレマシーのあらすじやキャストの情報をまとめます。ボーンシリーズに興味のある方や、1作目をみて続きが気になる方はぜひ参考にしてください。

ボーン・スプレマシーの基本作品情報

ボーン・スプレマシーは、2004年に公開されたアメリカの映画です。2002年の映画「ボーン・アイデンティティー」の続編であり、ロバート・ラドラムの書いた小説「殺戮のオデッセイ」を映画化した作品です。原作はスパイスリラー小説で、ベストセラーとなりました。

2004年7月15日に北アメリカでプレミア上映されてからというもの、翌週には3000を超える映画館で放映され、興行成績1位を飾りました。日本でも、全国週末興行成績にて初登場3位を飾ったほど話題になった作品です。

ボーンシリーズは全5作品

ボーンシリーズとして公開されている映画は、ボーン・スプレマシーを入れて全部で5作品あります。このシリーズに属する作品は、どれもロバート・ラドラムによるスパイ小説を元にしています。心因性健忘に苛まれながら、元CIAの暗殺者、ジェイソン・ボーンがスパイとして活躍する様子を描きます。

シリーズのうち、第1作『ボーン・アイデンティティー』から第3作『ボーン・アルティメイタム』までは全てポール・グリーングラス監督が手がけた作品ですが、第4作『ボーン・レガシー』 はトニー・ギルロイ監督が担当しています。

また、第5作目『ジェイソン・ボーン』はポール・グリーングラスが監督を務めています。原作者のロバート・ラドラムは、第1作から第4作まで全ての脚本に携わっていますが、第5作目のみキャラクター原案という位置付けでの参加となっています。

通常CGが用いられることの多いアクション映画の撮影において、ボーンシリーズはリアリズムを意識して撮影していることに注目が集まっています。以下に5作品すべてのタイトルをまとめたので、参考になさってください。

  • ボーン・アイデンティティー
  • ボーン・スプレマシー
  • ボーン・アルティメイタム
  • ボーン・レガシー
  • ジェイソン・ボーン

ボーン・スプレマシーの主要キャスト

ここからは、ボーン・スプレマシーに登場する人物と、それぞれのキャラクターを演じたキャストをご紹介します。本作を鑑賞する前に、登場人物について大まかな知識をつけておくとよりストーリーが掴みやすくなるはずです。

キャスト①「ジェイソン・ボーン」マット・デイモン

主人公ジェイソン・ボーンを演じたのはマット・デイモンです。元CIAの殺し屋であり、記憶を失っていました。前作ボーン・アイデンティティーの作中で出会ったマリーという女性とともに、インドのゴアで生活しています。

記憶は完全に戻っていないものの、断片的に思い出しつつありました。今作では、ジェイソン・ボーンは2人の人物を殺す夢を見てうなされます。そのほか、頭痛や高熱などあらゆる体調不良に苛まれていました。殺し屋として訓練されたため、格闘術や運転技術、状況判断力などに優れています。

キャスト②「パメラ・ランディ」ジョアン・アレン

パメラ・ランディを演じたのはジョアン・アレンです。CIAの捜査官での女性で、CIAから2,000万ドルを盗んだ犯人を示す文書を買収するための作戦を指揮しています。しかし、作戦の遂行途中に現れた男により、金と文書を簒奪されます。

そこに残った手がかりからジェイソン・ボーンの名が浮上し、背後に隠された「トレッドストーン計画」を知ることになります。亡くなった上司と共に2,000万ドルを奪ったボーンが、犯行の発覚を恐れ証拠隠滅のために金と文書を持ち去ったと考えます。

キャスト③「マリー・クルーツ」フランカ・ポテンテ

マリー・クルーツを演じたのはフランカ・ポテンテです。ジェイソン・ボーンの恋人であり、右腕にタトゥーが入っています。

前作で出会ったボーンとインドで同棲しており、悪夢を見て苦しむ彼のことを心配しています。キリルから命を狙われていることに気がつきボーンと車で逃げますが、狙撃され亡くなってしまいます。

キャスト④「ワード・アボット」ブライアン・コックス

ワード・アボットを演じたのはブライアン・コックスです。CIAで働く彼は、自他共に認める愛国者です。CIAに30年にわたり勤務しており、「トレッドストーン計画」に携わる1人でもあります。ボーンの殺害ができなかったコンクリンを処分し、トレッドストーン計画を廃止としました。

今作においては、パメラと対立しながらボーンを追います。しかし、彼の正体はCIAから2,000万ドルを盗んだ張本人でした。ロシア人と組み、自身の犯した罪の全てをコンクリンとボーンに押し付け、彼らに濡れ衣を着せようとします。

ボーンの無罪に気がついた部下のダニーを殺しますが、ボーンに全てを知られ自供、その音声を録音したものはパメラに送られます。全てを知ったパメラが訪れた際、銃で自殺します。

キャスト⑤「コンクリン」クリス・クーパー

コンクリンを演じたのはクリス・クーパーです。CIA職員であり、「トレッドストーン計画」の責任者でもありました。前作でボーンを仕留められなかったことを理由にアボットに見放され、殺害されてしまいます。本作においては、ボーンの夢や記憶の中で、彼に最初の任務を与える役として登場します。

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッドのプロフィール 映画界では誰もが知るところであるクリント・イーストウッド。まずは彼のプロフィール…

ボーン・スプレマシーのネタバレあらすじ

ここでは、ネタバレを含めたボーン・スプレマシーのあらすじをご紹介します。前作までのあらすじをまとめた後、本作のネタバレあらすじを起承転結に分けてご説明します。

映画の内容を思い出したい方や、鑑賞前に大まかなストーリーを知っておくことで頭を整理して映画鑑賞を楽しみたい方は参考にしてください。

前作までのあらすじ

銃撃されマルセイユ沖を漂っていた男は、通りがかった漁船に助けられます。男は記憶を失っていましたが、自身の正体を知る手がかりが残されていました。それは皮膚の下に埋められたマイクロカプセルです。そこには、スイスの銀行口座が記されていました。

その銀行の貸金庫へ行くと、パリに住んでいるジェイソン・ボーンという男の名義のアメリカのパスポートのほか、男の写真が貼られたパスポートが複数、それに大量の紙幣と拳銃が預けられていました。

その頃、CIAで働くコンクリンの元へ、マルセイユ沖で暗殺任務に失敗したジェイソン・ボーンが生きていると連絡がきます。

暗殺司令があった事実を隠すため、コンクリンはボーンの抹殺司令を下します。ボーンはアメリカ領事館へ向かい、そこで出会ったマリーの車に乗ってパリへ向かっていました。マリーと共にボーンは自身が何者であるのかを調べますが、警察やCIA、暗殺者にまで追われてしまいます。

惹かれ合う2人でしたが、マリーを危険に晒すわけにいかないと判断したボーンは、コンクリンの元へむかい自分を殺そうとする訳を聞きます。

そこでアフリカ某国の元独裁者ウォンボシの暗殺の機を逃した自分の過去を思い出し、コンクリンに自分を追えば殺すと告げ彼の元を去ります。数ヶ月が経ち、ボーンはは自身の店を持ったマリーと再会するのでした。

マット・デイモン出演映画を徹底解説!代表作の人気作品をご紹介!

マット・デイモン出演映画を徹底解説!代表作の人気作品をご紹介!

マット・デイモンのプロフィール マット・デイモンは、アメリカ合衆国の俳優です。1970年10月08日、アメリカ・マサチュ…

ネタバレ①起

前作から2年の月日が経ち、ボーンとマリーの2人は世界中を転々としながら暮らしていました。しかし、ボーンはコンクリンに真相を聞いてから悪夢や頭痛に悩まされるようになっていました。その頃、CIAのパメラは、CIA内部からロシアへ不正送金が行われた疑惑について調べていました。

情報を買おうとした部下は殺され、情報ファイルはキリルに盗まれてしまいます。依頼主にファイルを渡したキリルは、さらにデパートの爆破とボーンの殺害を任じられ、前者を遂行します。キリルによって爆破されたデパートからは、不発弾が見つかりました。

そこからキリルが故意につけたボーンの指紋が見つかります。一方ボーンは自分を追う者に気づきマリーを連れて逃げますが、その逃走中にマリーはキリルの凶弾に倒れます。ボーンは復讐を決意するのでした。

パメラは爆破事件を調べるうち、アクセスできない指紋を見つけます。そこで詳しく調べようとすると、トレッドストーン計画が浮かび上がったのでした。

ネタバレ②承

ボーンの指紋が爆破事件の捜査線上に浮かび上がったことで、彼を追うパメラ。しかしボーンはCIAから一時身柄を拘束されながらも、逃げ出すことに成功します。そこでパメラと自身を拘束していた領事官の会話を傍受した彼は、自分が強奪事件の容疑者になっていることを知りました。

ボーンは逃げた先のミュンヘンである家に忍び込み、家主を拘束します。家主はボーンのことを知っており、元CIAの工作員でした。彼はトレッドストーン計画が終了にしたことをボーンに話し、隙を見て襲いかかります。ボーンは素早く対抗し、やむをえず家主を殺害しました。

まもなくCIAの追っ手が家につきますが、ボーンは家を爆破して逃げ出します。ベルリンについたボーンは、パメラの宿泊先を特定し尾行します。彼女を屋上からライフで狙いながら、電話をかけ自分を追う理由を聞きます。

その時脳裏に「ネスラー」という名が浮かんだボーンは、支部にいるニッキーの姿を確認し、彼女を指名して出頭したいと話します。パメラは時間稼ぎをしようと画策しましたが、ボーンに電話を切られてしまいました。

ネタバレ③転

ニッキーから諜報員殺しの犯人として自身が捜査されていることを聞いたボーンでしたが、その時失っていた初任務の記憶が蘇ります。しかし任務の記録は残されておらず、ターゲットだったネスキーの正体を調べることにします。

インドで恋人を殺害され、自身も命を狙われたというボーンの話を聞いたパメラは、ボーンが犯人ではないと考えると共にアボットに疑いの目を向けます。一方どうしてもボーンを殺したいアボットは、ボーンが犯人ではない証拠を見せてきた部下を殺します。

ボーンは記憶をたどりネスキーを殺したホテルの部屋につきます。そこで蘇った記憶は、自分がネスキーと彼の妻を殺したというものでした。

ネタバレ④結

アボットと対峙したボーンは、彼から自供を受けます。それを録音していたボーンは、アボットの部下であるパメラに送り付け、それを知ったアボットは自殺してしまいます。

ボーンはロシアに向かい、自身が殺したネスキーの娘に会いに行きます。何も知らなかった彼女はここで自身の両親について知ることになったのでした。

事件が解決した後、パメラはボーンと電話をする中で、彼の本名がデビッド・ウェッブであることやその他の出自などを告げます。

ボーンシリーズの2作目も名作!5作品全部楽しもう!

全部で5作品あるボーンシリーズですが、どの作品も面白いと映画ファンの心を掴んでやみません。ボーンをめぐる事件やミステリーなど、様々な要素が合わさって最後まで楽しく視聴できるので、気になった方はぜひ鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

ジョントラボルタ出演映画を徹底解説!人気の代表作を厳選紹介!

ジョントラボルタ出演映画を徹底解説!人気の代表作を厳選紹介!

ハリウッド俳優【ジョントラボルタ】プロフィール   この投稿をInstagramで見る   John…


【ネタバレ】映画『ゴールデン・チャイルド』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ゴールデン・チャイルド』あらすじを徹底解説!

映画『ゴールデン・チャイルド』とは 『ゴールデン・チャイルド』は、コミカル映画の中でも人気の高い作品です。まずは、ゴール…