付き合うまで期間は短い方がいい?長いほうがいい?告白のタイミングも徹底解説! アイキャッチ画像
記事作成日:

付き合うまで期間は短い方がいい?長いほうがいい?告白のタイミングも徹底解説!

恋愛

90view

「付き合うまでの期間が早すぎて、これで良いのか悩んでいる」ということはありませんか?そういう場合には、他の人のケースを知ってみると、的確な判断ができます。この記事で解説するのは、付き合うまでの期間を短い場合や長い場合のメリット・デメリットや告白にベストなタイミングです。ぜひ参考にしてみてください。

年代別!付き合うまでの期間はどのくらい?

付き合うまでの期間は、いわば恋愛の準備期間です。相手の言動や行動に一喜一憂する時期でもあります。そのような不安定な付き合うまでの期間ですが、平均的な期間を見ると年代ごとに特徴がありました。

年代が違えば、個人差はあるもののある程度考えることも変わるようです。ここでは、年代別に見た付き合うまでの期間をご紹介します。まずは平均を見てみましょう!ぜひあなたの年代の部分を確認してみてください。

元カノと復縁したい方必見!惚れ直させる方法&状況別アプローチを徹底解説!

元カノと復縁したい方必見!惚れ直させる方法&状況別アプローチを徹底解説!

元カノと復縁したいと思う男性は多い 現実問題、元カノと復縁したいと感じている男性は非常に多く、どのようなことを実践すれば…

20代の平均的な期間

20代の平均的な付き合うまでの期間は、短い人で1ヵ月・長い人では3ヵ月です。20代は他の年代の方と比べると、付き合うまでの期間は短めという結果になりました。

学生の方も多くいらっしゃるため、結婚など大きなライフステージを考慮した交際を考える人も少ない傾向にあります。20代は急激に行動範囲が広がり、人間関係も広がるため魅力的な異性に出会う場も増えるようです。

実際に付き合うに至る流れは人によってさまざまですが、交際相手は学生同士や職場仲間などが多いようでした。興味が弾かれた異性をデートに誘い、数回のデートを経てから告白といった流れが多いです。

20代は交際そのものを楽しむ年代でもあるため、自身のライフステージよりも純粋に交際する楽しさを考えて交際する関係に発展する方も多いようでした。

30代の平均的な期間

30代の平均的な付き合うまでの期間は、約半年です。20代が短い人で1ヵ月・長い人では3ヵ月という結果ですので、比較すると長い傾向になります。30代のほうが長くなる理由は、恋愛に慎重になってしまうことが多いようでした。

30代になると、結婚や出産といった自身の大きなライフイベントが頭に過ぎることもあります。しかし最初からそういった人生の大きな計画を言うには躊躇うことがほとんどです。

なかには20代で多くの男性と交際をしたからこそ、リアルな男性像が自分のなかで完成してしまい、恋愛に積極的になれない女性も多くいらっしゃいました。

現在の社会なら結婚願望がない女性も多くいらっしゃいます。しかし結婚願望の有無に関わらず、30代になると相手の価値観や考え方を重視するため、付き合うまでの期間が長くなるようです。

付き合うまでの期間が短いメリット

世の中には運命を感じた人にすぐ告白できる積極的な人もいます。相性や気質もあるのでどちらが良いとは一概に言い切れない部分はあります。ここでは、付き合うまでの期間が短いとどのようなメリットがあるのかを解説しました。

メリット①幸せな気持ちが続く

出会ってすぐに運命を感じた相手と交際を始めると、恋愛で満たされる幸せな状態が続きやすい傾向です。最も気持ちが盛り上がっている時期なので、交際相手のことを考えては幸せな気持ちに浸れます。

付き合うまでの期間が短いと、会っている時間だけでなく会っていないときも毎日のようにメールや電話などをしてしまう方も多いです。

相手に対しての好きな気持ちが大きい時期なので、素敵な部分ばかりに見えるでしょう。恋愛として情熱的な盛り上がり方をした交際をしたい場合には、付き合うまでの期間が短いほうが良い傾向です。

メリット②面倒な駆け引きがいらない

出会ってから付き合うまでの期間が短いと、恋愛の駆け引きは少なくなります。駆け引きがなしで交際が始まるのは、お互いが純粋に惹かれあっているという見方もできるでしょう。

付き合うまでの期間が短いというのは、お互いに惹かれ合っている場合でないとできない場合がほとんどです。恋愛や相手に対して悩む時間も少なくなります。

恋愛で疲れるのは、相手に対して駆け引きをしている場合がほとんどです。付き合ってみないとわからないことも多いので、悩むよりは行動したい方も付き合うまでの期間が短い傾向となってます。

メリット③相手を知る楽しみがある

付き合うまでの期間が短いと、相手を知る楽しみがあるのもメリットです。付き合ってから相手を知っていくという流れになりますので、会うたびに相手の知らなかった一面を知ることができます。

好きな気持ちが盛り上がっている状態で相手のことを知れるので、何もかも素敵に見えるという方も多いようです。価値観や好みなど、相手に対しての理解が深まっていくほど、喜びも感じます。

特に自分の価値観や感覚と合っていれば、最高に幸せな気分に浸れるだけでなく楽しさも感じるはずです。相手のことを知るだけで幸せになれるとは、恋愛関係が早くにスタートしたからこそ感じられます。

付き合うまでの期間が短いデメリット

付き合うまでの期間が短いと恋愛として盛り上がる反面、デメリットもあります。続いては、付き合うまでの期間が短い場合に生じるデメリットを見てみましょう。

恋愛経験がない男の特徴&見分け方!どうやったら落とせる?

恋愛経験がない男の特徴&見分け方!どうやったら落とせる?

恋愛経験がない男はいる?! そもそも、恋愛経験のない男性はどのくらいいるのでしょうか。まず、恋愛経験がない男性の割合につ…

デメリット①欠点を見つけて幻滅する

出会ってから付き合うまでの期間が短いと、相手がどのような人物なのかあまりわからないことも多いです。そのため、許容を超えた欠点を見つけてしまうと、幻滅してしまうこともあります。

特にマイナスなイメージになるギャップは、幻滅する原因となるようです。例えば「几帳面な人に見えたのに大雑把だった」がよくある事例となってます。

人間は建前と本音を抱えて生きているため、知らなさすぎる相手と付き合うのは一種のギャンブルです。運命を感じた相手と付き合うのは素敵なことですが、長く付き合いを続けるにはギャップを見つけたとしても、ギャップも楽しいと思えるくらいの器が必要になります。

デメリット②周りからあまりよく思われない

恋人ができたと周囲に報告すると、ほとんどの場合でお祝いの言葉をもらえます。しかし、付き合うまでの期間が短いと悪意の有無に関わらず心配されることも多いです。

特に30代女性の場合は、結婚に焦ったのかと邪推される場合も多いでしょう。付き合うまでの期間に限らず、出会い方も同じことがいえます。出会いの場の敷居が低くなりつつある現代でも、合コンやアプリなどで出会ったというと渋い反応をする人が多いです。

結果として当の本人たちが幸せな人生を歩めたら気にする必要はありませんが、周りから話のネタにされるのを気にする方には鬱陶しい状況になります。

デメリット③先のことが不安になる

付き合うまでの期間が短いと、先のことが不安になるのもデメリットです。出会ってから交際までが早すぎると、相手が恋愛体質ではないかと、不安になることもあります。

相手が恋愛の守備範囲がとても広い人なのかもしれないと考えると、相手のことをある程度知るまでは不安な日々が続くようです。不安感を恋愛の醍醐味として捉えられるなら、恋愛で頭がいっぱいの日々が送ることができます。

付き合うまでの期間が長いメリット

ここからは付き合うまでの期間が長い場合のメリットを解説します。恋愛に慎重になっていると、付き合うまでの期間は長くなる傾向です。

メリット①価値観のズレがない

出会ってから付き合うまでの期間が長い場合には、付き合ってはいなくても相手という人間がおおよそ理解できます。そのため、価値観のズレが少ないです。

価値観のズレが起こる場合、ほとんどは、交際相手のことをよく知っていないために起こります。付き合うまでの期間が長い場合には、ある程度相手から近い場所に居続けたことがあるはずです。

ある程度どのような人間か理解したうえで交際に至っているため、お互いの価値観はわかっているため付き合ってから大きなギャップは生まれにくい傾向になってます。ケースバイケースですが、交際も長く続きやすいようです。

メリット②浮気の心配がない

付き合うまでの時間が長いカップルは、お互いに浮気をしないというデータもあります。付き合うまでに気持ちに気付いていたとしても、気持ちだけに動かされずにベストなタイミングを待っていたためです。

付き合い始めてしばらくすると、恋愛の盛り上がりだけではない時期が来ますが、付き合うまでの期間が長いカップルの場合は浮気が少ないカップルが多く見られました。

本能や気持ちだけでは行動にしないため、男性も女性も気持ちが浮つくことが少ないようです。恋愛の盛り上がった時期が終わっても、スムーズに落ち着いた時期へ移行しやすい傾向です。

メリット③長く交際できる

付き合うまでの期間が長いカップルは、男女ともに慎重な一面を持っています。人間を知るにはある程度長い時間が必要です。出会った瞬間に運命を感じる人物に出会えることもあります。人間は近い距離で接しないとわからないことも多いです。

付き合う前に深く知ることは難しいにしても、魅力的だと思った人物だとしても時間を丁寧に時間をかけて知ることで、付き合ってからの思い違いを減らせます。長く安定した付き合いをしたい方には、ぴったりのメリットです。

付き合うまでの期間が長いデメリット

付き合うまでの期間が長いと、安定した交際ができるというメリットがありました。しかし何事もメリットがあればデメリットがあります。ここでは、付き合うまでの期間が長い場合のデメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

好きな人から好きな人がいるか聞かれたときの上手な答え方を大公開♡

好きな人から好きな人がいるか聞かれたときの上手な答え方を大公開♡

好きな人がいるか聞かれたときの上手な答え方 好きな人がいるかどうかは、多くの場合は質問する人物に興味がなければあまりしな…

デメリット①ほかに良い相手を見つけてしまう

付き合うまでの期間が長い場合のデメリットとして、交際関係に至る前にほかに良い相手を見つけてしまうリスクがあります。誰でも魅力的な人物と付き合いをしたいため、自分が魅力的だと思っている人物は他の人からも魅力的に映っている場合もあるでしょう。

程よくアプローチをし続けて、付き合っていなくても気持ちを射止めている場合には良いですが、積極的な人に取られてしまわないように注意をする必要があります。

人それぞれ自分のペースがあるため、神経質になるのも良くありませんが、慎重になりすぎるとライバルに取られてしまう可能性が高くなるという点には注意です。

デメリット②友人関係のまま進展しない

付き合うまでの期間が長いデメリットとして、友人関係のままで恋愛関係に進展しないという点も挙げられます。友人関係の期間が長いので、感覚として男女の関係に発展し辛い場合も多いようです。

仲の良い友人関係であればあるほどに、なかなか進展しない傾向になります。もし交際を始めてからも、プラトニックな関係でも満足できるとお互いに納得している場合には良いですが、片方が不満を持ち始めるとバランスが崩れるので注意が必要です。

デメリット③体の触れ合いが少なくなりやすい

付き合うまでに時間をかけたカップルは、気持ちの面では安定する傾向が多いです。付き合う前から相手のことを知っているためですが、こちらの相手のことを知っていることがデメリットになる場合もあります。

付き合うまでに時間をかけていると、セックスレスに陥る場合も多いようです。相手のことをある程度知っているので、恋愛対象の異性としての視点を保ちにくくなります。

体の触れ合いが少なくなりやすいというデメリットを防ぐためには、異性として見られる努力を継続することです。あまり全てをさらけ出さないようにしましょう。

成功率アップ!告白のベストなタイミング

ここまでは付き合うまでの期間の長い短いで、それぞれのメリット・デメリットを解説させていただきました。ここからは告白のベストなタイミングを解説します。

告白が成功する時間帯

実は告白する時間帯は、とても重要です。最も告白が成功しやすい時間は、夜となってます。具体的には18~23時までです。通常の生活リズムを送っている人なら、夜が最も時間に余裕があります。

ロマンチックなムードを作りやすいのは、夜です。仕事や学校などが終わって、1日のなかで最も気持ちに余裕が生まれる夜に愛の告白してみましょう。

告白が成功する場所

告白をする場所は、2人きりになれる場所が重要です。相手が喜びそうなロマンチックな場所であればさらに良いですが、2人きりになれる場所を優先します。

交際が始まるまでは深い仲ではないため、異性と二人きりになりにくい車の中やカラオケボックスの個室などは避けたほうが無難です。

あまり他の人が干渉しない静かな場所選べると、告白する側も受ける側も落ち着くことができます。綺麗な夜景が見える場所や海辺など、想定だとしても相手の好みに合わせて選べると好印象です。

告白が成功する言葉

告白は、シンプルで伝わりやすい言葉で行いましょう。わかりやすい言葉のほうが心に響きます。「好きです。付き合ってください!」くらいシンプルなほうが女性からの好感が得られやすいです。

お互いに両思いだと気付いていながらも、明確な告白のチャンスを逃し続けている場合には「これからもずっと一緒に居てほしい」も最適なセリフになります。

あまり曖昧すぎると結局何なのかわからなくなってしまうので、わかりやすさとシンプルさを見失わない程度に自分らしさをアピールして告白を行ってください。

付き合うまでの期間は人それぞれでOK!

この記事では、付き合うまでの期間を短い・長いで分けたときのメリット・デメリットや告白のベストなタイミングも解説しました。

付き合うまでの期間でそれぞれメリット・デメリットがあるためどちらが良いとは一概に言い切れませんでした。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえでそれぞれのカップルのペースを守るのが最適です。

何歳になっても難しい恋愛ですが、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえであなたにベストな判断をしてみてください!

その他の関連記事はこちらから

好きな人の心理を知るには視線に注目♡男女で違う「視線」を徹底解説!

好きな人の心理を知るには視線に注目♡男女で違う「視線」を徹底解説!

視線で好きな人の心理がわかる? 表情や仕草も相手の心理を理解するうえで大事ですが、相手の心理を理解するうえで視線も重要な…

好きな人とのLINEの終わらせ方は?相手が出すサインを見極めよう!

好きな人とのLINEの終わらせ方は?相手が出すサインを見極めよう!

好きな人とのLINEの終わせ方って重要? LINEのラリーが長く続くのは、お互いが好意を持っている証拠です。また、とても…

友達以上恋人未満の関係とは?!不安なその関係から発展する方法を解説!

友達以上恋人未満の関係とは?!不安なその関係から発展する方法を解説!

友達以上恋人未満の定義とは 友達以上恋人未満とは、いったいどのような関係性であるか、どこまでが「友達」でどこまでを「恋人…