彼氏を怒らせた!自分が悪い時の対処法やLINEのコツを解 アイキャッチ画像
記事作成日:

彼氏を怒らせた!自分が悪い時の対処法やLINEのコツを解

恋愛

32view

彼氏を怒らせてしまってどうしようか迷ったことがありますか?実は、彼氏を怒らせてしまったときに効果的な対処法があります。この記事では、LINEのやりとりのコツや返信が来ないときの対処法だけでなく、NG行為もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏を怒らせたらどうする?自分が悪い時にすべき対処法

彼氏を怒らせたときに取るべき行動を紹介します。まずは、自分が悪い時にすべき対処法について解説します。

自分が悪い時の対処法①自分が悪いことを素直に謝る

彼氏を怒らせてしまって、自分の方が明らかに悪い場合、まずは素直に謝りましょう。素直に謝ることは、簡単そうにみえてとても難しいことです。

謝らないといけないとわかっていても、なかなか素直になれなかったり、自分が悪くないと思ったりすることもあります。しかし、このようなマイナスな気持ちを持っていても、事態は一向に良くなりません。

意地を張っていては仲直りをすることができません。これ以上彼氏を怒らせたり、状況が悪くなるよりも、あなたが素直に謝りましょう。素直に謝ることで、彼氏も話を聞いてくれる状態になります。

自分が悪い時の対処法②彼氏の意見をしっかりと聞く

彼氏を怒らせてしまい、素直に謝ることができた後は、彼氏の意見をしっかりと聞きましょう。ここでのポイントは、彼氏に非があったとしても、話をさえぎったり、否定することはやってはいけません。

怒ってる状態なので、落ち着かせることが最優先です。落ち着いたあとに彼氏の意見をしっかり聞くようにしましょう。彼氏は、怒り心頭ですが、話を聞いてもらうことで気持ちがすっきりする場合があります。

話を聞くときに、何故怒ったのか、言い分は何なのかを分析しながら聞くと、仲直りがスムーズにできます。

自分が悪い時の対処法③彼氏の怒りが落ち着くまで待つ

彼氏を怒らせてしまい、謝罪しても彼氏の怒りがおさまらないようであれば、落ち着くまで待ちましょう。彼氏が怒りながら話している場合は、きちんと話を聞く、何も言わないときは無理に会話しようとせず一緒に黙り込むなどの手段を取りましょう。

誠意を込めてもう一度謝罪したり、彼氏が好きな食べ物を買ってきたりと、彼氏の性格に合わせて、何かしら行動をとるのもおすすめです。怒りを助長させるのではないかと思うよりも、落ち着かせようとすることで、その場の雰囲気を読みとるようにしまよう。

自分が悪い時の対処法④反省していることを態度で示す

あなたが謝罪をしたり、仲直りに応じずにまだ怒っている場合、反省していることを態度で示すことも大事です。例えば、もう一度謝罪をしたり、あなたが悪かった部分を伝えることなどです。

彼氏が一人になりたそうであれば、一人にしてあげる、何も言わないでほしそうであればそっとしておくなど、彼氏の機嫌を見ながら態度で示してみましょう。言葉では伝わらないものも、態度で示すことで伝わることがあるかもしれません。

自分が悪い時の対処法⑤彼氏が喜ぶことをする

態度で示すことと少しリンクしますが、彼氏が怒っているときに、喜ぶようなことをしてあげると、怒りが和らぐ場合があります。例えば、手料理を作ってふるまってあげる、欲しかったものを買ってあげるなど、今までやってきた中で喜ばれることをしてあげましょう。

そうすることで、怒っていた彼氏も、だんだん言葉や笑顔が増え、あなたのことを許すモードに突入することでしょう。

ただし、この対処法はやり過ぎると、怒れば「手料理が食べられる」「欲しいものがもらえる」と勘違いされる可能性があるので、注意しましょう。

怒らない人の心理とは?そんな彼氏でも怒るタイミングと上手に付き合う方法

怒らない人の心理とは?そんな彼氏でも怒るタイミングと上手に付き合う方法

怒らない(イライラ)しない人の心理とは? まずは、怒ったりイライラする事が少ない男性の心理について解説していきます。大き…

自分が悪いせいで彼氏を怒らせたときのLINEのコツ

続いて、彼氏を怒らせてしまったときのLINEのコツについて紹介します。ここでは、忙しくない時間に送る、伝え方に注意する、誠意を感じられる文章にする、連投や催促は避ける、会って仲直りしたいと伝えることについて解説します。

LINEのコツ①彼氏が忙しくない時間に送る

LINEのコツ1つめは、彼氏が忙しくない時間に送ることです。忙しい時間帯は必ずありますので、日中などは避けましょう。忙しい時間帯に送ってしまうと、嫌がらせをしているのではないかと思われるだけでなく、既読にならずにあなたも不安になってしまいます。

他のことに集中していてせっかく忘れていたのに、また怒りがこみ上げてくるかもしれません。彼氏の生活サイクルを思い出してみて、忙しくない時間帯を選んで送るようにしましょう。

忙しくない時間帯に送ることで、心が落ち着いていて穏やかな気持ちで返信してくれるかもしれません。また、「俺のことちゃんとわかってくれている」と思われる可能性もあります。

LINEのコツ②伝え方に注意する

LINEで思いを伝えるときは、伝え方に注意しましょう。メッセージは、直接会って表情を確認できず、文章でしか伝わりません。そのため、本当の相手の感情や気持ちが把握できません。

言葉だけで伝えることは、「そういうつもりで言ってない」と思わぬ誤解を招く場合もあるので、非常に難しいです。文章を書くコツとしては、余計な話はしないこと、言葉を慎重に打って、何度も読み返すことです。

シンプルでストレートな言葉が相手に伝わりやすいので、あなたなりの表現で言ってみましょう。また、真剣な話であるため、絵文字やスタンプは使わないか、最小限にとどめましょう。

LINEのコツ③誠意を感じられる文章にする

LINEでは、どんな言葉であっても単調な印象を受けます。そのため、誠意を感じることができる文章を作るように心がけましょう。ポイントは、あなたの反省が伝わる文章かどうかということと、許してもらう気持ちにさせる文章かどうかです。

文章の組み立て方としては、まず謝る言葉からはじめましてましょう。そして、あなたの非を認め、今後はしないことを約束しましょう。最後に、彼氏の気持ちを代弁し、思いやりのある気持ちを付け加えてください。

また、句読点を適当な箇所に打つことや、改行もすると、相手が読みやすいため、イライラせずに冷静な気持ちで読むことができます。

LINEのコツ④LINEの連投や返信の催促は避ける

謝罪をしたものの、一向に返信が無いときがあります。その時は、続けてメッセージを送る「連投」や、返信の催促をしてはいけません。返信が来ないときは、まだ怒っている可能性があります。

そのような状態で、次々にメッセージを送ってしまうと、さらに怒りを爆発させてしまいかねません。返信が無くても半日から1日は空けてみましょう。それでも返信が来ない場合、2パターン考えられます。

1つめは、あなたのことが好きなので、許してくれるパターンです。2つめは、あなたのことがもう好きではなく別れたいと思っているパターンです。いずれにしても、相手からの返信は待つようにしましょう。

LINEのコツ⑤「会って仲直りしたい」と伝える

怒っている彼氏に、「会って仲直りしたい」という内容のメッセージを送ってみましょう。そうすることで、相手にどうするかという判断をゆだねることができ、気持ちの整理もすることができます。

会う前に一度メッセージでワンクッション置くことで、お互いに冷却期間を設けることができます。その上、彼氏の気持ちが最優先されていることも伝わるでしょう。

もし会うのは嫌と言われた場合でも、無理に会おうとせず、何日か待ってみましょう。彼女と一旦離れることで、彼の方から会う気になるかもしれません。

彼氏が彼女に会いたいと思う瞬間は?会いたいと思わせるポイントを紹介♡

彼氏が彼女に会いたいと思う瞬間は?会いたいと思わせるポイントを紹介♡

彼氏はどれくらいの頻度で彼女に会いたいと思ってる? 男性はどれくらいの頻度で彼女に会いたいと思っているのかというと、平均…

彼氏を怒らせて返信を貰えない…対処法は?

続いて、彼氏を怒らせてしまい、返信が来ないときの対処法を紹介します。ここでは、そのまま冷却期間を置く、自分の中で期間を決めておく、気分転換をすることについて解説します。

返信を貰えない時の対処法①そのまま冷却期間を置く

返信が来ないようであれば、そのまま何もせず放置してみましょう。そうすることで、冷却期間になり、彼氏の怒りがおさまるかもしれません。ここでのポイントは、見栄を張るように連絡を途絶えさせるのではなく、一旦誠意を込めて謝りましょう。

その後に何も無ければ、連投や催促もせずにそっとしておきましょう。中には、連絡が欲しい人もいますが、あえて冷却期間を設けることをおすすめします。

ほとんどの男性は、怒っているのに催促や連投をされてしまうと、さらに怒りがヒートアップしてしまいます。冷却期間を経て、再度謝罪をしたときは、彼氏も冷静になっているため、仲直りがスムーズにできるでしょう。

返信を貰えない時の対処法②自分の中で期間を決めておく

怒っているときに冷静な話し合いはできないので、お互いに考える時間を持ちましょう。自分の中である程度の期間を決めておき、喧嘩になった原因や怒らせてしまったきっかけなどを自分なりによく考えてみましょう。

また、相手への連絡も期間を決めておきましょう。どちらも連絡を待ち過ぎてそのままお別れしてしまうパターンもありえるからです。見栄を張るのではなく、お互い正直な気持ちを打ち明けましょう。そうすることで、お互いが今後どうしたいのか、二人の将来について考えることができるかもしれません。

返信を貰えない時の対処法③気分転換をする

返信が来ないとき、思い切って気分転換してみましょう。彼氏のことは一旦忘れて、何かに打ち込んでみましょう。おすすめは、軽い運動です。運動することで、頭の中もすっきりしてクリアになるだけでなく、気持ちに余裕が生まれます。

返信を待つ時間は長く感じることが多いため、運動をすることで紛らわせてみるのがおすすめです。他にも、趣味があるのであれば、それに没頭して彼氏のことを少しの間忘れてみましょう。不安になるよりも、気持ちをすっきりさせて前を向くことができます。

自分が悪いせいで彼氏を怒らせた時にしてはいけないNG行為

自分が悪いせいで彼氏を怒らせてしまったとき、してはいけない行為について紹介します。ここでは、謝らずに言い訳をする、感情的になる、イライラを煽る、連絡を返さない、大泣きをすることについて解説します。

彼氏を怒らせた時のNG行為①謝らずに言い訳をする

彼氏を怒らせてしまったとき、謝らずに言い訳をすることはNG行為です。もちろん、あなたにも言い分がありますが、それを全面的に出しても相手はさらに怒るだけです。怒っている相手に対して、言い訳を言って許してもらえるようなことはまずありません。

言い訳は、自分を守る手段であり、相手からすると反省を感じることができません。むしろ、「この人めんどくさい」と思われて、恋愛感情も冷めてしまうかもしれません。言い訳をせずに、謝ることを最初にしましょう。

彼氏を怒らせた時のNG行為②感情的になる

彼氏を怒らせてしまっているときに感情的になるのもNG行為です。彼氏が怒っていて、一向に許してもらえないとあなたもふつふつと怒りがこみ上げてくるでしょう。しかし、ここは感情的になってはいけません。

感情的になってしまうと、思ってもないことを口走ったり、相手を傷つけるような言葉を発してしまう可能性があるからです。感情的になりたい気持ちをおさえて、彼氏に対して冷静な態度を取ると、相手も我に返り、冷静になることでしょう。

彼氏を怒らせた時のNG行為③彼氏のイライラを煽る

彼氏を怒らせてしまったときに、イライラ度をさらにアップさせるような煽りはやめましょう。これは、独占欲の強い人にありがちなパターンで、嫉妬させるようなことをあえて言い、相手の怒りをかうことがあります。

他にも、知り合いや職場の男性と仲良くしたり、男友達と飲み会に行ったりする行動は絶対にNGです。さらに、喧嘩にもつれ込みそうなときに「何にそんなに怒っているの?」「そんな小さいことで怒るんだ」などの煽り言葉を言ってはいけません。

彼氏を怒らせた時のNG行為④連絡を返さない

彼氏を怒らせたときに、やってしまいがちなNG行為として、連絡を返さないことがあります。連絡を返さないことで、反省したり泣き寝入りするのではと思われがちですが、実は逆効果なのです。

もし、連絡を一旦ストップしたいのであれば、自分の気持ちをはっきりと伝えましょう。そうすることで、相手も原因を考えることができるので、問題が解決しやすくなります。もし、相手からの連絡があれば、さらに無視をするのではなく、冷静に対応しましょう。

彼氏を怒らせた時のNG行為⑤大泣きする

彼氏が怒ったときに、大泣きをするのはNG行為です。ドラマではよく泣いているヒロインを優しく抱きしめて仲直りするシーンがあります。現実では、そんな男性はあまりいません。

付き合いたての頃は、そういうシーンになるかもしれませんが、ほとんどの男性はめんどくさがりなので、大泣きしてしまう女性と付き合いたくないと思ってしまいます。

泣けば許してもらえるような考えはやめておいたほうが良いです。泣くことは女の部器とよく言われますが、しかるべきときに使うようにしましょう。

彼氏・彼女と喧嘩した時にやってはいけないNG行動&態度まとめ

彼氏・彼女と喧嘩した時にやってはいけないNG行動&態度まとめ

彼氏・彼女が喧嘩してしまう理由 ここでは彼氏と彼女が喧嘩する主な理由を、「彼氏が怒る理由」と「彼女が怒る理由」に分けてそ…

同じような喧嘩をして彼氏を怒らせないためにできること

同じような喧嘩をして彼氏を怒らせないためにできることについて紹介します。ここでは、ルールを決めておく、原因を明確にする、思いやりの心をもつことについて解説します。

喧嘩になった時のルールを決めておく

喧嘩になったときのことを考えて、二人の間でルールを決めておきましょう。例えば、「されたら嫌なことを把握しておく」「喧嘩したらどうやって仲直りするか」などをあらかじめ話し合っておけば、例え別れるレベルの喧嘩をしたとしても、仲直りがスムーズにできます。

彼氏を怒らせた原因を明確にする

彼氏を怒らせる原因を明確にするクセをつけていれば、いざ喧嘩になったときに冷静に対処することができます。怒るポイントは誰にでもあるので、そのポイントさえおさえておけば、万が一怒らせてしまったときでも、すぐに対応することができます。

思いやりの心を持つ

彼氏を怒らせてしまったときにこそ、思いやりの心を持つことが大切です。相手は、自分なりの価値観や考えを持っています。あなたと分かりあえないこともあるでしょう。しかし、それを受け入れることで、お互いが思いやりの心を持つことができます。

自分が悪いせいで彼氏を怒らせたら一旦冷静になろう

いかがでしたか?あなたのせいで彼氏を怒らせてしまった場合は、張りあうのではなく、一旦冷静になりましょう。そして、お互いに思いやりの心を持てば、さらに絆が深まることでしょう。

その他の関連記事はこちらから

大切にしてくれる男性の特徴・行動を公開♡彼氏にいつまでも大切にされるには?

大切にしてくれる男性の特徴・行動を公開♡彼氏にいつまでも大切にされるには?

大切にしてくれる男性にはどんな特徴がある? 好きな人を大切にしてくれる男性にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは…

彼氏に試したい!恋愛心理テスト15選!彼の本音をチェック♡

彼氏に試したい!恋愛心理テスト15選!彼の本音をチェック♡

彼氏に試したい恋愛心理テスト6選 まず初めに、彼氏に試したい恋愛心理テストを紹介します。彼氏の恋愛観やあなたに対する本音…

彼氏が重いと感じる彼女の特徴とは?重い女をやめたい方必見!

彼氏が重いと感じる彼女の特徴とは?重い女をやめたい方必見!

そもそも「重い」とは? 恋愛において「重い女」だと思われてしまう女性は意外と多いのではないでしょうか?この「重い」という…