50代が着てはいけない服とは?痛い人だと思われないための洋服の選び方 アイキャッチ画像
記事作成日:

50代が着てはいけない服とは?痛い人だと思われないための洋服の選び方

ファッション

178view

50代になると、どんなファッションが自分に似合っているのかわかりにくくなる方も少なくありません。コーディネートに失敗すると周りから痛い人だと思われがちです。そこで今回は、痛い人だと思われないための洋服の選び方についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

50代には着てはいけない服がある?

50代になると40代のときとは違い、今までのコーディネートがしっくりこなくなったと感じることもあります。30~40代には着こなせても50代には着こなせないファッションというものも存在します。

何を着ても似合わないと思うようになる50代

49歳から50歳になると、その50という数字に意識が向いてしまい、今までのようにファッションを楽しめなくなる方も少なくありません。急に自分のスタイルや見た目に自身がなくなり、何を着ても鏡の中の自分に納得できないと感じることもあるでしょう。

しかしこのままでは年齢を重ねることが楽しくなくなりますし、何よりファッションを楽しむことができなくなります。今一度立ち止まって、今の自分にはどんな服が似合うのか、考え直してみましょう。必ずしも自分の好きなファッションが自分に似合うとは限りません。客観的に見直してみてください。

50代で着てはいけない服ができてしまう原因

どうして50代になると着てはいけない服ができてしまうのか、その原因について考えてみましょう。その理由がわかればおのずと、どのような服を避けたらよいのかわかるようになります。

原因①体形の変化

50代になると加齢とともに代謝が落ち、今までは少しの運動で落ちていた脂肪が落ちにくくなります。どんなに運動をしてもなかなか脂肪が落ちず効果が感じられないと、おのずと運動量も減ってしまいます。

筋肉が脂肪に代わり、二の腕や背中、腰なども丸みを帯びてくるとボディラインに締まりがなくなります。くびれや締まりのある体を作りたいのであれば、若いとき以上に運動をしないと筋肉が付きません。

しかし体力も落ちていますし、運動をし過ぎると健康に害を及ぼすことも。ほどよい運動にとどめ、それでも気になる体形はファッションでカバーするのも一案です。

原因②肌の衰え

40代まではなんとか保っていた肌の若さも、50代になるとくすみやシワが増え、ハリもなくなります。かつては透明感の合った肌も自然とくすんで今まで似合っていた色が似合わなくなることもあります。

肌の衰えは主に皮膚に含まれるコラーゲンの現象と乾燥などが原因ですが、栄養ドリンクや保湿パックなどをしても補えるレベルには限度があります。今の自分の肌の色を客観的に把握し、顔色をよく見せてくれるような色を選ぶようにしましょう。

若いときに似合っていた色が必ずしも今似合う色とは限りません。どんな色が似合うのか、周りにいる人の意見を聞いてみるのもよいでしょう。

【50代におすすめ】ファンデーション人気ランキング30選!カバー力重視♡

【50代におすすめ】ファンデーション人気ランキング30選!カバー力重視♡

50代のベースメイクポイント 50代になるとただファンデーションを塗るだけではなく、そもそもの肌の本質について知っておく…

50代で着てはいけない服

若いときからずっと気に入っているデザインの服というのもあるでしょう。しかしデザインによっては50代が着ると似合わないこともあります。ここでどんな服を避けた方が良いのか、アイテムごとにチェックしてみましょう。

着てはいけない服①ミニスカート

50代になって履いている方は少ないかもしれませんが、膝上丈のミニスカートは50代になると履きこなすのが難しくなります。足のラインはもちろん、膝や太ももの肌のたるみも目立ちますし、50代が着こなすにはかなり難易度の高いアイテムです。

足の露出が高い分寒いですし、冷えが気になります。必要以上に体を冷やすと健康に悪影響を及ぼすので要注意です。

着てはいけない服②ダメージデニム

普通のシンプルなデニムなら、デザインによっては年齢を問わず愛用できますが、ダメージデニムは避けるようにしましょう。10~20代の若い女性が着るのであれば、カジュアル着として活用できますが、50代の女性が着ると品がなく荒れた雰囲気が漂ってしまいます。

どうしてもダメージデニムを着たい場合は、ほかのファッションアイテムは上品で高級感のあるものを選ぶなど、全体的にマイナスイメージにならないよう盛り上げる必要があります。

しかしかなり難しい着こなしになるので、よほどの自信がない限りダメージデニムは避けた方が無難です。普通のダメージのないデニムを選ぶようにしましょう。

着てはいけない服③カーゴパンツ

動きやすく快適ということで、カーゴパンツを愛用している50代の方もいるかもしれません。確かにアクティブに動きたい方に便利なアイテムですが、全体を見たときに太ももに視線がいきやすいカーゴパンツは、50代が着るとだらしがなく見えたり、無理して若作りをしているように思われたりします。

どうしてもカジュアルなパンツをはきたいのであれば、トロミ素材でエレガントにも着こなせるジョガーパンツがおすすめです。

着てはいけない服④キャラクターの服

50代になっても好きなキャラクターの絵柄がついた服が着たくなることもあります。しかし着るときはルームウェアもしくはパジャマとして着るようにし、外には出ないようにしましょう。

外で50代の女性がキャラクターものの服を着ていると、痛い女性に思われてしまいます。わざとキャラクターもののTシャツなどを着てファッションのアクセントにしたい気持ちはわかりますが、50代になったらやめるようにしましょう。

着てはいけない服⑤体形に合わない服

ぴったりと体にフィットし、ボディラインを強調するような服も50代は避けた方が無難です。服の上から背中や腰回りの肉がみえるような服だと、品がないですし、無理に若いときの服を着ているようで見苦しく思われてしまいます。

二の腕や背中、腰回りのラインが必要以上に強調され過ぎていないか、試着したら全身を鏡で映してよくチェックするようにしましょう。

【40代・50代】スプリングコートおすすめレディースブランド10選!

【40代・50代】スプリングコートおすすめレディースブランド10選!

スプリングコートとは スプリングコートは冬用のコートよりもかなり薄手になっていて、春先のアウターとしてピッタリです。春と…

50代の痛い人だと思われない洋服の選び方

50代になってもおしゃれをあきらめる必要はありません。ただ、痛い人だと思われないように洋服を選ぶときはいくつかの点に注意して選ぶことが重要です。ここでどんな点について意識したらよいのか、チェックしてみましょう。

選び方①エレガントを意識して選ぶ

年齢を意識するあまり、少しでも若く見せたいと思われる方もいるでしょう。しかし50代が20~30代が着るようなアイテムを着ると下品になることもしばしばあります。常にエレガントさを意識してファッションアイテムを選ぶようにすると、年齢に合ったコーディネートが楽しめるようになります。

ファッションアイテムに悩んだら「エレガントに見えるかどうか」と基準に考えてみましょう。自分で鏡を見るだけでは判断に迷う場合は、スマホでセルフショットを撮ってみるのも一案です。写真を見ると客観的に判断できます。

選び方②ワントーン明るいカラーで選ぶ

エレガントやシックな見た目にしたくて、ダークカラーを選ぶ方も50代になると増えてきます。クローゼットの中を覗くと、気が付けば黒や紺、ダークグレーの服ばかりということもあるかもしれません。さらに色の濃い服はボディラインを誇張せず引き締めてくれるという印象から、ダークカラーを好む方もいます。

しかし色の濃い服は顔色まで暗く見せてしまいます。証明写真を撮るとき顔色を明るく見せるためにレフ板を使うこともありますが、それと同じ要領で明るい色の服をトップスに持ってくると、顔色もよく見えます。

選び方③パーソナルカラーで選ぶ

今の自分にどんな色が似合うのかは、パーソナルカラーによって判断すると分かりやすいことでしょう。パーソナルカラーとは、その人の髪や目の色、肌の色などとうまく調和して似合う色のことです。パーソナルカラーを意識してコーディネートを考えると、自分らしさがアピールでき、周りに明るい印象を与えます。

自分のファッションに自信が持てれば、仕事やプライベートなどで堂々とふるまえるようになります。新しいことにも臆せず積極的に取り組んでいけるかもしれません。ファッションは自身の内面にも影響を与えるので、自身のパーソナルカラーを知っておくと役に立つことでしょう。

50代に合うパーソナルカラーの使い方

自身のパーソナルカラーを見つけ、上手に使いこなしてみましょう。たとえば同じ黄色でも、明るいレモンイエローと少し濁った山吹色では顔色も違って見えます。明るい色は顔を白く見せてくれる効果はありますが、その分シワやシミが目立つというデメリットもあります。

うまく肌になじませたいのであれば、濁った色もおすすめです。顔色があまり暗くなりすぎず、でもシミやシワをほどよくカバーしてくれるような色を見つけたいものです。

50代に似合う服装でおしゃれを楽しもう


今回は、50代が避けるべきファッションアイテムや素敵に見える服の選び方などについてご紹介しましたが、いかがでしたか?50代になるとどんなファッションが自分に似合うのかわからなくなったり、おしゃれが楽しくなくなったりすることもあるかもしれません。

しかし避けるべきアイテムをしっかりとおさえ、自分に似合う色を知っていれば自然と着るべき服がわかってきます。今回の記事を参考にして何歳になってもファッションを楽しめる女性であり続けて下さい。

その他の関連記事はこちらから

50代ナイトブラは必要?!おすすめの11選を厳選紹介!

50代ナイトブラは必要?!おすすめの11選を厳選紹介!

50代女性にナイトブラは必要?! 結論から言いますと、50代女性にナイトブラは必要です。毎日のバストケアを行うことで体系…

50代の女性に人気のおしゃれなブランド【トートバック】12選を厳選紹介!

50代の女性に人気のおしゃれなブランド【トートバック】12選を厳選紹介!

50代女性にピッタリのトートバックの選び方 魅力的な女性だと言われる50代は、若者にはない大人の雰囲気を醸し出す年代です…

【最新】50代大人の女性に人気の香水20選を厳選紹介!おすすめのブランドは?

【最新】50代大人の女性に人気の香水20選を厳選紹介!おすすめのブランドは?

50代女性向けの香水の選び方 ここからは、50代の女性に最適な香水を選ぶ際、いったいどのような点に着目すれば良いか分から…