【ネタバレ】映画『トゥルー・クライム』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.tv-tokyo.co.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『トゥルー・クライム』あらすじを徹底解説!

エンタメ

50view

映画『トゥルー・クライム』は、クリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務めた作品です。この記事では、社会問題をテーマに描いた映画『トゥルー・クライム』について、あらすじやキャストの情報、見どころや口コミ評価などをご紹介します。次に鑑賞する面白い作品をお探しの方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

映画『トゥルー・クライム』の基本データ

映画『トゥルー・クライム』は、「許されざる者」など数々の名作を手がける巨匠、クリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務めた作品です。原作はアンドリュー・クラバンのサスペンス小説「真夜中の死線」です。

映画『トゥルー・クライム』の主要キャスト

次に、映画『トゥルー・クライム』に登場する主要な人物と、それぞれを演じているキャストについてご紹介します。映画鑑賞前に出演するキャストの情報を頭に入れておくことで、より作品の世界を深く楽しめることでしょう。

キャスト①クリント・イーストウッド:スティーブ・エベレット

主人公スティーブ・エベレットを演じたのは、この作品の制作・監督も務めているクリント・イーストウッドです。1955年「半魚人の逆襲」でスクリーンデビューした彼は、ドラマ「ローハイド」に出演したことで人気に火がつきます。

その後はイタリアで「荒野の用心棒」、「夕陽のガンマン」などの西部劇で主演を務め、68年に帰国して映画製作会社「マルパソ」を設立します。71年、「ダーティハリー」で製作・主演を務めスターの地位を不動のものにし、「恐怖のメロディ」で映画監督デビューを果たします。

以後自身が製作・監督・主演を務めたほぼ全ての作品を、自らの設立したプロファクションで手がけています。「許されざる者」、「ミリオンダラー・ベイビー」ではアカデミー作品賞・監督賞を受賞し、「硫黄島からの手紙」には渡辺謙や二宮和也を抜擢し話題になりました。

近年は監督としての活動に注力していましたが、2018年の「運び屋」では実に6年ぶりに、また自身が手がけた監督作では10年ぶりとなる主演を務めました。

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッド監督が手がけたおすすめ映画を厳選紹介!

クリント・イーストウッドのプロフィール 映画界では誰もが知るところであるクリント・イーストウッド。まずは彼のプロフィール…

キャスト②ジェームズ・ウッズ:アラン・マン

アラン・マンを演じたのはジェームズ・ウッズです。元は軍人志望だった彼ですが、事故に遭い、試験で優秀な成績を残したことで、奨学金の全額給付を受けマサチューセッツ工科大学に入学しました。

この頃から舞台に立っており、大学を中退したのちはオフ・ブロードウェイで舞台役者として活動し、1972年に映画デビューします。1984年の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」で人気を博し、現在に至るまで90本以上もの出演作があります。

キャスト③デニス・リアリー:ボブ・フィンドレイ

ボブ・フィンドレイを演じたのはデニス・リアリーです。俳優・コメディアン・脚本家・映画監督の幅広い顔を持ち、アイルランドからの移民の両親のもとに育ちました。従兄弟にテレビ司会者のコナン・オブライエンがいます。

キャスト④イザイア・ワシントン:フランク・ルイス・ビーチャム

フランク・ルイス・ビーチャムを演じたのはイザイア・ワシントンです。4年にわたり空軍に在籍したのち、ハワード大学で演技を専攻、舞台役者としてキャリアをスタートさせます。

94年にはスパイク・リー監督の「クルックリン」で映画デビューし、その後も同監督の手がけた作品に多く出演しています。

映画『トゥルー・クライム』のネタバレあらすじ

キャストの情報をチェックしたところで、次は映画『トゥルー・クライム』のあらすじをネタバレを交えつつご紹介します。起承転結に分けて順番にまとめるので、お好きにご活用いただけます。

ネタバレあらすじ①起

アメリカ・オークランドでかつて記者として活躍していたスティーブ・エベレットは、女性問題と飲酒問題が重なり、その地位を危ぶまれていました。あるとき、彼はサン・クエンティン州立刑務所に入っている死刑囚のインタビューを任されます。

元々はミシェル・ジーグラーという記者の仕事でしたが、彼は交通事故で急逝してしまったのです。インタビューの対象となるのは、フランク・ルイス・ビーチャムという名の死刑囚でした。

荒くれ者だった彼ですが、妻ボニーと出会い信仰に目覚めたことで、敬虔なクリスチャンとなります。一人娘のゲイルをもうけ、車の整備工として勤務する日々を過ごしていたのでした。しかし、6年前にリッチモンドのコンビニの店員エイミー・ウィルソンを射殺した罪に問われたのです。

この件で彼は死刑判決を受けることになったのでした。当時エイミーは妊娠しており、殺人の動機はエイミーがビーチャムにしていた借金の返済をめぐるものでした。ビーチャムは犯行を認めていませんが、明日の0時過ぎに刑は執行されてしまいます。

当時の目撃者として証言した二人が白人でビーチャムが黒人であったことら、エベレットはこの事件にきな臭さを感じるのでした。

ネタバレあらすじ②承

ビーチャムの死刑執行まで12時間余りの頃、エベレットは娘のケイトを動物園に連れて行く約束を思い出し、面会までの時間を使って連れていこうと考えます。途中、事件現場のコンビニに立ち寄り、店員に事情徴収をし、当時の状況を改めて確認します。

エベレットは帰宅しポーターハウスに話を聞くべき連絡しますが、そんな彼をみた妻のバーバラは休みの日まで仕事をしようとする彼に嫌気がさします。そしてエベレットは娘を連れて動物園を訪れますが、そこで不意にケイトが怪我をしてしまいます。

バーバラは怒り、エベレットは家を閉め出されてしまうのでした。一方、ビーチャムの弁護士は検事に死刑執行延期を求めており、「反省の態度を示せば刑の執行が延期されるかもしれない」と本人に伝えますが、ビーチャムはそれを受け入れる気になれません。

エベレットはポーターハウスから事件の日の話を聞きます。彼が電話を借りようと店に入ると、レジの向こうにビーチャムが血まみれになってしゃがみ込んでいたといいます。そして銃を手にしたビーチャムが裏口から逃亡するのをみたというのでした。

しかし、とうじポテトチップを置いた台が置いてあったことから、それに遮られて見えなかったのではないか、とエベレットは考えます。ビーチャムのところには、妻ボニーと娘ゲイルが最後の面会へ来ていました。

エベレットもビーチャムに会い、事件の時のことを聞きます。ビーチャムはその時コンビニにステーキソースを買いに行ったついでに、レジにいたエイミーに借金返済の目処は立っているのか聞いたといいます。

そしてエイミーの話を聞いて納得し、トイレを借りたビーチャムでしたが、銃声と怒鳴る声を聞いて驚きトイレから出ると、そこに血まみれのエイミーが倒れていたのでした。

そして蘇生を試みていたら、そこへポーターハウスが入ってきたのです。血まみれで死体の横にいるのをみられたビーチャムは、思わず動転してその場から逃亡したのだと話します。

クリント・イーストウッドの現在は?若い頃の出演作とイケメン画像をご紹介♡

クリント・イーストウッドの現在は?若い頃の出演作とイケメン画像をご紹介♡

クリント・イーストウッドの基本プロフィール 誕生日 : 1930年5月31日 星座 : ふたご座 年齢 : 92歳 出身…

ネタバレあらすじ③転

この話を聞いたエベレットは、事件の担当だった検事に会います。現場近くに少年がいたことを教えてくれた彼でしたが、名前までは聞き出せません。エベレットはミシェルの取材メモを頼りに少年の名前と住所を知り、家を訪ねます。

ウォレンというその黒人の少年には、祖母がいました。6年前、ウォレンは薬漬けになっており、銃も所持していたことから真犯人であることは疑いようがない事実だと思われます。しかし、当の本人は3年前、公園で何者かの手で刺殺されていたのです。

ビーチャムの無実を証明する術は、こうして絶たれてしまったのでした。エベレットは仕事を失い、幾度もの浮気が原因で妻にも別れを言い渡されます。彼がやけ酒を煽っていると、報道番組にエイミーの父が映り、「娘は96ドルとロケットのために殺された」と話しているのをみます。

ウォレンの祖母がハート形のロケットをしていたことを思い出したエベレットは、急ぎウォレンの家に向かうのでした。

ネタバレあらすじ④結

祖母はウォレンがロケットをプレゼントしてくれた時のことを思い返しており、孫が犯人であると認めます。二人はビーチャムが死刑に処されてしまうのを阻止するべく、大急ぎで検事の家に車で向かいます。

刑が執行されるまで、30分を切っていました。執行室ではビーチャムに注入する薬品の準備が進んでおり、ついに刑は執行されてしまいます。1回目の薬品注入でビーチャムは意識を失い、続いて2回目の薬品注入が始まった時、電話が鳴ります。

そして刑は無事停止されるのでした。それから数ヶ月が経ち、クリスマスの夜のこと、街を歩いていたエベレットは、幸せそうに家族と過ごすビーチャムの姿を見かけるのでした。

映画『トゥルー・クライム』の見どころ

現代でも話題に上がることの多い社会問題が要所に散りばめられているところが、この映画の見どころと言えるでしょう。冤罪や死刑制度、人種問題の中に、女性の社会進出など、さまざまなテーマが組み込まれています。

映画『トゥルー・クライム』の口コミ・評価

映画『トゥルー・クライム』には数々の口コミが寄せられています。ここからは、段階別に映画『トゥルー・クライム』を鑑賞した方が抱いた感想をまとめます。映画鑑賞前の参考にしたり、鑑賞後の振り返りに活用するなど、お好きにご活用ください。

良い口コミ

序盤の展開が遅いが物語中盤から一気に話が進む。特に終盤、刑の執行シーンでの緊張感はお見事。個人的にはイーストウッドが実の娘を連れて動物園で走るシーンも好き。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

見ているうちにどんどん引き込まれていて最後は感動させられました。ちょっと古いけれども心に残る良い映画でした。結構深い問いかけがある映画だと思います。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

さすがにイーストウッドがチャラい設定のこの主人公を演じるには無理がある。しかし話の本筋は大変おもしろいです。今日的でもある死刑の問題、冤罪の問題をわかりやすくサスペンス映画にまとめあげる手腕はさすがイーストウッド。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

ストーリーは古さは感じないけどやや凡長。それでも破天荒な主人公はクリント流。期待を裏切らない。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

だらだらと長く、彼の映画にしては内容がまとまっていない。死刑囚役が、グレイズアナトミーのバークだったので観ましたが、特に物語的に盛り上がりもありません。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

ストーリー的には面白いのに…もったいない。雑過ぎる。主人公のクズぶりを強調する必要あるのかなと思った。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

『トゥルー・クライム』は人種差別・冤罪に迫る映画

映画『トゥルー・クライム』は、人種差別や冤罪をテーマにした作品です。どちらも実際に起こっている悲劇であり、深刻に考えなくてはならない問題と言えるでしょう。

日常生活を送る中では遠い世界のことのように思える題材だからこそ、ぜひこの作品を通して向き合い、自分なりの意見を紡いでみてください。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『アイガー・サンクション』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『アイガー・サンクション』あらすじを徹底解説!

アイガー・サンクションの作品基本情報   アイガー・サンクションは、1975年に製作されたアメリカ映画です。サ…


【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…