【ネタバレ】映画『トイ・ストーリー3』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://disneyplus.disney.co.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『トイ・ストーリー3』あらすじを徹底解説!

エンタメ

55view

ディズニーピクサーの作品の中でも人気の高い映画『トイ・ストーリー』シリーズの3作目について、この記事ではあらすじや見どころをご紹介します。忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれるようなこの作品は、子供から大人まで必見です。『トイ・ストーリー』の世界観をご存知でない方も、ぜひこの機会に作品に触れる足がかりとして記事をご覧ください。

映画『トイ・ストーリー』シリーズとは


映画『トイ・ストーリー』シリーズとは、1996年に公開された作品をはじめとする作品群のことです。ディズニーピクサーが手がけたこのシリーズは全部で4作あり、短編やスペシャルなども制作されています。長編映画としては初めてフルCGが使われたアニメーション作品で、現在も世界中で愛されています。

『トイ・ストーリー』シリーズの最大の魅力は、個性的で可愛らしいおもちゃのキャラクターたちと、彼らに課せられた独自のルールです。「おもちゃは人間がいるときには絶対に動かない・喋らない」という徹底されたルールのもと、彼らが織りなすストーリーは子供から大人まで楽しめます。

映画『トイ・ストーリー3』の登場人物!悪役は誰?


ここからは、映画『トイ・ストーリー3』に登場するキャラクターたちをご紹介します。ここで紹介するキャラクターを押さえておけば、トイストーリーシリーズをより楽しむことができるでしょう。

トイ・ストーリー3の登場人物①ウッディ

アンディが一番大切にしている保安官人形のウッディです。背中についた紐を引っ張ると、「俺のブーツにはガラガラヘビ」をはじめとするさまざまなセリフを話します。カウボーイハットと、ブーツの裏にアンディが描いた「ANDY」のサインが自慢です。

行動力と責任感のあるウッディは、アンディの家にいるおもちゃの中でリーダー的な存在です。『トイ・ストーリー2』にて、昔放映されていた人気テレビ番組のスターであったことが判明し、自身が現在では価値の高いアンティーク商品であることを知りました。

自身を大切にしてくれるアンディと仲間達のため、我が家に帰ってきたウッディは、『トイ・ストーリー3』で大学進学を控えたアンディとの別れを経験し、新たな持ち主のボニーのもと生活を始めることになります。

トイ・ストーリー3の登場人物②バズ・ライトイヤー

ウッディの親友のバズ・ライトイヤーです。スペースレンジャーの人形で、背中のスイッチを切り替えると初期設定に戻ったり、性格が豹変したりします。

トイ・ストーリー3の登場人物③ビッグ・ベビー

体長46cmの赤ん坊の人形、ビッグ・ベビーです。左目が閉じっぱなしになっています。元々はロッツォ、チャックルズと同じくデイジーの所有でしたが、外に忘れられてしまいサニーサイド保育園に辿り着きました。それからはロッツォに従っています。

デイジーに捨てられたと思っていた彼ですが、実はそうではないことをウッディから聞きます。デイジーのペンダントを壊したロッツォに立腹し、彼をごみ収集箱に投げ込みます。ロッツォが去った後の保育園で、楽しく過ごしている様子がエンドロールで描かれます。

トイ・ストーリー3の登場人物④ロッツォ・バグベア

イチゴの匂いがついたテディベアのロッツォ・バグベアです。ウッディやバズたちがサニーサイド保育園に訪ねたときは親切に接していましたが、実際には保育園を支配している悪のリーダーです。悲しい過去を背負っているロッツォは、悪役ではあるものの憎めない存在です。

トイ・ストーリー3の登場人物⑤ケン

おしゃれ好きでナイスガイな人形のケンです。ディスコや試着室、衣装部屋などが揃ったドリームハウスに住んでいます。サニーサイド保育園に来たおしゃれが好きなバービーと意気投合し、二人だけの世界に浸っています。

トイストーリー短編作品『ハワイアン・バケーション』では、二人の世界がメインに描かれています。バービーとファーストキスをする計画を立てるケンでしたが、大きく計画が狂うことになってしまい…という内容で、6分で視聴できます。

『トイ・ストーリー3』ケンとバービーの気になるその後は?

『トイ・ストーリー3』ケンとバービーの気になるその後は?

映画トイ・ストーリー3の作品情報 まず初めに、『トイストーリー3』の詳しい作品情報を紹介します。簡単なあらすじや見どころ…

トイ・ストーリー3の登場人物⑥バービー

アンディの妹モリーのおもちゃだったバービーです。モリーに見捨てられてしまい、サニーサイド保育園に寄付されることとなりました。ケンと出会って彼と恋に落ちます。

映画『トイ・ストーリー3』のネタバレあらすじ

ここからは、映画『トイ・ストーリー3』のあらすじをネタバレを交えてご紹介します。起承転結に分けてまとめますので、気になる部分だけ参照いただくもよし、お好きに活用してください。

ネタバレあらすじ①起

少年時代、おもちゃで遊んでいたアンディも、17歳になり大学進学を考えていました。おもちゃと遊ぶ年頃ではなくなり、次々とバザーに出していきます。しかし、愛用していた一握りのおもちゃだけは、箱に入れて保管していました。

ひとり暮らしを始める予定のアンディに、母親はおもちゃの処分を決めるように言います。アンディの妹、モリーは躊躇することなくバービーをはじめとする自身のおもちゃをサニーサイド保育園に寄付します。

アンディは、最も大切にしていたウッディだけは大学に連れていき、その他のおもちゃたちは屋根裏に収納しようと思っていました。アンディは箱を屋根裏に持って行こうとしますが、モリーに呼ばれて少しの間おもちゃの入った袋を床に置いていた間に、母が間違えてゴミに出してしまいます。

おもちゃたちは焼却炉に運ばれる前に自力で脱出し、アンディに捨てられたと勘違いします。そして、サニーサイド保育園に寄付されるモリーのおもちゃたちの入った段ボール箱の中に忍び込んだのでした。ウッディは皆を救うため、保育園に行く段ボール箱の方へ駆け寄ります。

本当は怖い⁈『シンデレラ』の原作のあらすじはディズニーで描かれた物語とは違う?

本当は怖い⁈『シンデレラ』の原作のあらすじはディズニーで描かれた物語とは違う?

愛と希望あふれるディズニーのシンデレラ 世界中の人々から愛され続けているディズニー映画、その数ある中でもディズニー映画の…

ネタバレあらすじ②承

捨てられたと言って怒るおもちゃたちに、ウッディは勘違いだと言って家に帰ろうと提案しますが、誰も聞き入れる者はなくサニーサイド保育園へと向かうことになるのでした。辿り着いた先では、おもちゃのリーダー、ロッツォ・ハグベアに歓迎され、保育園が素晴らしい場所であると聞かされます。

皆は保育園で子供達の相手をすることを決め、ウッディはひとりその場を去りますが、途中で4歳のボニーに拾われます。その頃、保育園にいたバズ達は、ついに子供達と対面します。しかしやってきたいもむし組の子供たちは幼く、おもちゃを乱暴に扱います。

隣のちょうちょ組は少し成長していて丁寧におもちゃを取り扱っていたので、バズはロッツォに組を変えてもらえるよう頼みます。するとロッツォは豹変し、バズのリセットボタンを押して自分の手下に変えてしまったのでした。

ネタバレあらすじ③転

ウッディはボニーのおもちゃたちと仲良くなります。そして、彼らから保育園の恐ろしさを聞かされるのでした。ロッツォに支配された保育園は、新入りのおもちゃはいもむし組に配属されて壊されることになり、そこから逃げ出すことはできないのだというのです。

ロッツォはかつて、女の子に大切にしてもらっていたおもちゃでしたが、お出かけ先に忘れられてしまい、やっと家に辿り着くと女の子は代わりのハグベアを手にしていたのでした。この一件から彼は何も信じられなくなっていたのです。

保育園のジェシーたちは、アンディが自分たちを捨てようとしたのではないと知り、家に帰ろうとします。しかしロッツォと手下になったバズに捕らえられます。ウッディは彼らを助けるため、ボニーのリュックに忍び込んで保育園に侵入し、ジェシーから事情を聞いて作戦を立てます。

ロッツォの仲間のケンを味方に引き入れ、なんとか皆で保育園を脱出します。しかし、彼らは脱出しようとダストシュートにたどり着いたところを、ロッツォの手下であるビッグ・ベビーに突き落とされてしまったのでした。

ロッツォは主人を信じているウッディを馬鹿にし、自分のかつての持ち主の愚痴を言います。そこで代わりがいたのはロッツォだけで、彼とともに置き去りにされたビッグ・ベビーは戻ることができたと発覚すると、ビッグ・ベビーはロッツォをゴミ箱に突き落とします。

そしてビッグ・ベビーとケンはウッディたちを助けようとしますが、そこに現れたゴミ収集車に運ばれていってしまうのでした。

ネタバレあらすじ④結

ウッディは焼却炉につながるコンベアーから脱出しようとしますが、その途中粉砕機の直前にいたロッツォを助け出します。そして彼に非常停止ボタンを押してもらうよう頼みますが裏切られてしまい、ウッディたちは焼却炉の目前へと運ばれていきます。

ウッディたちは、手を繋いで死を覚悟するのでした。するとそのとき、焼却炉に備えられているクレーンを仲間のおもちゃのエイリアンたちが動かしたことで、ウッディたちは危機を逃れました。そして逃げ出そうとしているロッツォを捉え、ゴミ収集車の前に故意に投げます。

すると、ゴミ収集車の運転手がロッツォを拾い、彼を車にくくりつけて連れていきました。ウッディたちは無事にアンディの元へと戻り、ウッディは大学行きの段ボールに、他の仲間は屋根裏行きの段ボールに入ります。

ウッディは仲間の入った段ボールに、ボニーの住所と「寄付して」と書いた貼り紙をします。それをみたアンディはためらいながらもボニーの家に段ボールを持っていくと、ボニーはかつてのアンディのように楽しくおもちゃたちと遊んでくれるのでした。

ボニーに一つひとつおもちゃの紹介をするアンディでしたが、最後にそこにはいないはずのウッディが入っており、ボニーが触ろうとすると避けてしまいます。しかしボニーの遊ぶ姿を見たアンディは、惜しみながらもウッディを渡すことに決めるのでした。

映画『トイ・ストーリー3』の感動の結末

映画『トイ・ストーリー3』の見どころでもあるラストシーンは、アンディとおもちゃたちの別れが感動的に描かれています。手放したくない気持ちがありながらも、おもちゃとして誰かに楽しく遊んでもらえる環境を選んだアンディの決断と、切なさを感じさせる心情描写はなんとも言えません。

トイ・ストーリー3を見るときはハンカチ必須!

感動で涙してしまうこと間違いなしの映画『トイ・ストーリー3』は、子供から大人まで「ものを大切にする」という気持ちを再度呼び起こさせてくれるような作品です。心が暖かくなること間違いなしの名作を、ぜひ堪能してみてください。

その他の関連記事はこちらから

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ「ザ・シンプソンズ」とは? FOXテレビで1989年に放送を開始した「シンプソンズ」は、現在60ヶ国以上の国と…


実写版アラジンのダリア役女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)ってどんな人?

実写版アラジンのダリア役女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)ってどんな人?

女優ナシム・ペドラド(Nasim Pedrad)とは 2019年に公開されたディズニーの実写映画「アラジン」は、イギリス…