憧れのブランド♡HERMES(エルメス)の魅力を徹底調査!人気のバッグをご紹介! アイキャッチ画像 https://www.pinterest.jp/
記事作成日:

憧れのブランド♡HERMES(エルメス)の魅力を徹底調査!人気のバッグをご紹介!

バッグ

114view

エルメスは、多くの女性が憧れを持つ歴史ある高級ブランドであり、世界中のセレブから愛用されるアイテムも多数存在します。特にバッグのラインナップは非常に多彩で、一度は持ってみたいと思う方も多いでしょう。今回はエルメスのバッグにフォーカスしながら、ブランドの歴史やアイテムの特徴などについてご紹介します。

HERMES(エルメス)とは

フランスで誕生した高級ファッションブランドである「エルメス」は、創業当初からバッグなどファッションアイテムの販売を行っていたわけではありませんでした。では、どのような歴史をたどり現在に至るのか、詳しくお伝えしていきましょう。

馬具工房が始まりのファッションブランド

1837年に、ティエリー・エルメスがパリ9区にて馬具の専門工房を設立したのが、このブランドの始まりです。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客としてから発展するようになり、1978年に息子であるシャルル・エミール・エルメスが後継ぎとなりました。

そしてその年にパリ万博に出品した、鞍が金賞を獲得したのです。そして翌年、現在でも本店があるエリーゼ地区のフォーブル・サントノーレ24番地へ工房を移転し顧客への直接販売を開始したことで、多くの人々から認められるようになりました。

その後、3代目であるエミール=モーリス・エルメスの時代に多方面での事業を展開していきます。まずは馬具製作の技術を活かし、エルメス最初のバッグとなる「オータクロア」を発表しました。これは、現在エルメスを代表するアイテムとも言える「バーキン」の原型となっています。

1900年代には、車の登場とともに人々の移動手段が馬から車へと移り変わり、馬具製品の需要がなくなると考えたエルメスは、本格的にバッグや腕時計、香水など様々なアイテムの製作を開始しました。

そして現在でもエルメスを象徴するロゴである「デュックとタイガー(四輪馬車と従事者)」が1945年に誕生しました。このロゴには、創業当初からの「主役はあくまでもユーザーである」という考え方が反映されているため、主人が描かれていません。

つまり、主人=ユーザーであり「腕の良い職人が最高品質の製品を提供しますが、それを選ぶのはお客様です」という深い思いが込められているのです。1900年代半ばに入ると、パリ全域へ支店を拡大し瞬く間に人気を集めていきました。

HERMES(エルメス)の人気の秘密

この動画では「エルメスの道」という一冊の本の内容に基づいて、エルメスはなぜ人気を集めたのか、その秘密について解説しています。創業当初から受け継がれている職人たちのこだわりなどについてもわかるため、興味のある方はぜひ見てみてください。

HERMES(エルメス)のバッグ作りのこだわり

エルメスのバッグは、創業から伝わる技法で職人たちの手により、一つ一つ愛情を込めて作られています。革のカットから縫い合わせまでの全ての工程を同じ職人が行うというのがルールであり、どのような性質を持った革でも、やすりなどで均一の厚さに仕立てていきます。

また縫い合わせも、ズレが出ないよう慎重かつ丁寧な作業が心掛けられています。そして最後に、完成したバッグには製作者の刻印を入れ、徹底した品質管理を行うというのが古くから伝わるエルメスのこだわりなのです。

エルメスが展開するバッグは馬具作りの技術が根本にあるため、非常に頑丈であり、腕の良い職人たちの技術が光る素晴らしい製品となっています。そして、時間をかけて丁寧に作られた努力の証だとも言えるため、高額なのも頷けるでしょう。

L.L.Beanトートバッグを徹底調査!アレンジ自在でおしゃれママの必須アイテム♡

L.L.Beanトートバッグを徹底調査!アレンジ自在でおしゃれママの必須アイテム♡

L.L.Beanとは? 1912年、アメリカのレオン・レオンウッド・ビーンが設立したアウトドアブランドです。アウトドアを…

HERMES(エルメス)のバッグの選び方

エルメスのバッグには、かつてバッグ販売を開始した頃から長く愛されるモデルや現代風のデザインとして作られた新しいモデルまで、多くのアイテムが存在します。そこで、数あるモデルの中から選ぶ際のポイントについて解説します。

選び方①シリーズで選ぶ

エルメスのバッグには様々なシリーズがあり、それぞれ使用するシーンとの相性が分かれます。用途と照らし合わせながら、シリーズごとに選んでいくと良いでしょう。

まず一番有名なのが「ケリー」と「バーキン」ですが、ケリーはフォーマルで上品な印象のため、特別なシーンやビジネスシーンなどでの使用が最適でしょう。一方でバーキンは比較的シーンを選びませんが、容量があるため荷物が多い時や機能性や実用性を重視したい方におすすです。

デイリーシーンでの使い勝手の良いカジュアルなバッグと言えば、ショルダーバッグとして人気の「エブリン」やトート型でフェミニンな印象の「ガーデンパーティー」などが良いでしょう。

ドレスなどと合わせられるさりげなく、かつ上品さも残したバッグを求めるならフォーマルなデザインでHのロゴが印象的な「コンスタンス」がおすすめです。

選び方②サイズで選ぶ

エルメスはバッグのサイズ展開が多いということも嬉しいポイントです。シリーズによっては、同じデザインの中でも4~6種類のサイズが用意されており、シーンや普段の荷物の量によって最適なサイズを選ぶことが可能です。

しかし、あまり大きすぎると体形とのバランスが悪く見えてしまうことも考えられるため、持った時に不自然にならない程度の大きさを選びましょう。

選び方③素材で選ぶ

素材の種類にこだわるのも、エルメスの特徴です。一概に革バッグといっても、牛革やヤギ革、クロコダイルなど様々な種類のものを使用しており、手触りや外見が大きく異なる場合もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

また、カジュアルなキャンバス素材のバッグも展開しているので、雨の日やアクティブに活動する日用として使用する場合などにおすすめです。

選び方④ライン使いできる種類から選ぶ

シリーズの中には、財布などと同じラインで展開しているバッグもあります。例えば、ケリーやコンスタンスなどは財布にも使用されるデザインとして人気となっているため、既にエルメスの財布を持っている方や揃えて使用したい方は、ラインで選んでみるのも統一感があって良いでしょう。

キャンバストートバッグのおすすめ10選!おしゃれなレディースコーデもご紹介!

キャンバストートバッグのおすすめ10選!おしゃれなレディースコーデもご紹介!

キャンバストートバッグが大人気! キャンバストートバッグに人気が集まっているのをご存知ですか。年齢、性別問わず、使い勝手…

HERMES(エルメス)のバッグの人気シリーズ15選

ここからは、エルメスのバッグの中でも特に有名であり人気のあるシリーズをご紹介していきます。エルメスのバッグに付けられたモデル名は、人物の名前からとったものが多いと言われています。その裏側には様々なストーリーがあるため、そういった部分にも注目してみると面白いでしょう。

シリーズ①機能性とデザイン性に優れた「バーキン」

エルメスと言えばバーキンと言われるほど、非常に人気となっているモデルです。1984年に当時の社長であったジャン=ルイ・デュマ=エルメスが、飛行機内でイングランド出身の女優ジェーン・バーキンと偶然隣り合わせになったことがきっかけで誕生し、この名前が付けられました。

というのも、彼女が使い古したカゴバッグに溢れそうなほどの荷物を詰めている姿を見て、たくさんの荷物を入れることのできるおしゃれなバッグをプレゼントしたいと思い、製作したと言われています。

バーキンは現在様々なデザインが発売されており、中には数千万円のプレミアが付く商品もあるほど。通常のモデルでも百万円以上の価格帯がほとんどなため、女性にとって永遠の憧れだと言えます。

大きく開く開口部やマチの広い底部分、荷物の量によってサイドのマチ幅を調整できるクロアや、カデナ(鍵)とクロシェットなど機能性や実用性の面でも申し分なく、レインカバーも付属するため外見だけでなく使い勝手も非常に良いのが魅力となっています。

フォーマルにもカジュアルにも合わせることのできる、ベーシックで美しいデザインも人気の秘訣であり、持っているだけで注目されるステータスアイテムとなるでしょう。

シリーズ②エレガントなフォーマルの定番「ケリー」

バーキンと並ぶ人気を誇るのがこのケリーというモデルです。バーキンと似ており良く混合されがちですが、実はケリーのほうが早く誕生しているのです。

このモデルはもともと「サック・ア・クロア」という名前で発売されましたが、モナコの王妃であったグレース・ケリーが愛用していたことにちなんで、彼女の名前をもらいモデル名を改名しました。

エルメスが初めて製作したバッグ「オータクロア」を改良したものであり、シングルハンドルで頑丈な作りになっています。専用のショルダーストラップを付けることでショルダーバッグにもなりますが、フォーマルな印象が強いためハンドバッグとして持つ方が圧倒的に多いでしょう。

シリーズ③収納力がある「ガーデンパーティ」

ガーデニング用品を収納するためのバッグとして作られたガーデンパーティーは、その用途からかなり大容量になっているのが特徴です。外見はシンプルなトートバッグであり、明るいカラーのものはフェミニンな印象も与えます。

素材は、革製のものもコットン素材のものもあり、どちらも人気ですがカジュアルに使用したい方や、持ち歩くことの多い方は耐久性の高いコットンキャンバスがおすすめです。また、仕切りがなく大きな荷物でも入れやすいため、旅行用バッグとしての使用も最適でしょう。

シリーズ④斜め掛けで人気「エヴリン」

エブリンは、1978年に誕生した歴史の長いショルダーバッグのモデルです。当時、馬具部門のディレクターをしていたエブリン・ベルトランが、馬乗りや馬を育てる人のためにブラシやスポンジ、蹄鉄などを収納するバッグとしてデザインしたものであるため、この名前となりました。

こういった道具類は湿気などで傷む危険性があるので、長持ちするよう通気性を良くするパンチング加工を施したことで、現在でもHのパンチングがフロント部分にあしらわれています。

半楕円形のフォルムがおしゃれで出し入れもしやすく、スナップ式の開口部は簡単に開閉することができるため、デイリーユースとしても人気のアイテムです。しかし、縫製に時間がかかるという難点があるため、生産が追い付かず入手困難に陥ることがしばしばあります。

シリーズ⑤エルメス初のバッグ「オータクロア」

前述したように、オータクロアはエルメスが初めてバッグを製作した際に誕生したモデルです。バーキンの原型でもあるため、外見は非常に似ています。2つを別々に持っていたら、パッと一目でどちらか区別を付けるのは見慣れていなければ難しいでしょう。

しかし並べるとその違いはハッキリとわかり、オータクロアのほうが縦長、バーキンのほうが横長の形をしています。また、オータクロアはもともと馬具を入れるためのバッグとして作られたため、バーキンよりさらに大きいのが特徴です。

現在では圧倒的にバーキンのほうが人気度が上がってしまっていますが、ある意味少数派として周りと被りたくないという方は、こちらを選ぶのも良いでしょう。

シリーズ⑥エルメス初のファスナーバッグ「ボリード」

ボリードは世界初のファスナー付きバッグとして1923年に誕生したモデルです。当時のエルメスが、自動車の幌を留めるファスナーからインスピレーションを得たのをきっかけに、その特許を買い取りバッグに応用したことでボリードが作られました。

ちなみに、当時はボリードではなく「ブガッティ」という名前で発売されました。これは、フランスの高級車であるブガッティのラジエーターの形状とバッグのフォルムが似ていることから、この名前が付けられました。

しかし、半楕円形をしたバッグが多く販売されるうちに、これらのバッグを総称して「ブガッティ型」と呼ばれるようになり、差別化を図るためにレーシングカーの「ボリード」という名前に変更されました。

当時画期的であったファスナー付きのバッグは、開閉が楽に行えるうえにバッグの中身が飛び出さないというメリットがあったため、非常に注目を集めました。また、丸みを帯びた可愛らしいデザインも多くの女性から支持を受け、現在でもバーキンやケリーに次ぐ人気アイテムとなっています。

シリーズ⑦斜めがけバーキンとも呼ばれる「ジプシエール」

バーキンのデザインと斜めがけショルダーバッグとしての機能を融合させた、人気モデルです。馬具をイメージしたエルメスの代名詞とも言えるクロアやターンロックキーが備えられており、最高品質の革で高級感をまといます。

一見容量がないように思われる外見ですが、マチ幅が広いためしっかりとした収納力も持ちます。また、内ポケットにもファスナー付きの大きめポケットとマチ付きのスモールポケットが2つ付けられているため、バッグ内で持ち物を整理したい際にも便利でしょう。

シリーズ⑧フォルムがかわいい「ピタコン」

ピコタンは、馬や牛にエサを与えるための袋が由来になったモデルです。一度に大量のエサを運べるよう大容量となっており、四角形の大きめフォルムが特徴です。

口が大きくガバッと開くためセキュリティ面での心配が疑問視され、現在は鍵付きのフラップが付いたピコタンロックというモデルが主流となっています。

シリーズ⑨リバーシブルのレザーバッグ「ドゥブル・サンス」

リバーシブルで2つのカラーを楽しむことができる、新感覚のトートバッグモデルです。リバーシブルのバッグと聞くと、薄めのぺらっとした素材というイメージがあるかもしれませんが、このモデルはエルメスらしく上質な本革を両面に使用しているため、高級感さえ漂います。

基本的にはライトカラーとダークカラーの組み合わせになっているため、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも使用することができる実用性の高いアイテムです。

シリーズ⑩Hの金具が印象的な「コンスタンス」

エルメスの正統派ショルダーバッグとして人気のある、フォーマルかつエレガントなモデルです。ショルダーストラップには調節機能が付いており、そのままショルダーバッグとして斜めがけや肩掛けでカジュアルに使用することも、2重にしてワンショルダーでフォーマルに使用することもできます。

また、中央に大きくあしらったHのロゴ金具もエルメスとしては珍しく、高級感のある雰囲気や女性としての強さを持った印象が人気の秘訣でもあります。

シリーズ⑪5way使いができる「アルザン」

2014年の秋冬コレクションで発表された、まだ新しいモデルです。外見は非常にシンプルですが、5way仕様という大きな特徴を持っています。

まず通常のハンドバッグとして、ハンドルを前方に折り曲げて留め具に引っ掛けることでクラッチバッグとして、そしてストラップの長さが調節可能なためロングショルダー、ショートショルダー、斜めがけとしてというように、多用途で使用できるのです。

デザインはステッチワークがポイントとなったベーシックなもので、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍する使いまわしの効くアイテムです。

シリーズ⑫エルメスのボストンバッグ「ヴィクトリア」

上質なレザーを使用した、エルメスでは珍しいボストンタイプのモデルです。通常、革製のボストンバッグと言えば重たいイメージがありますが、このヴィクトリアは非常に軽いのがポイントです。大容量でたくさんの荷物を入れられるため、本体自体が軽ければ持ち運びもしやすくなるでしょう。

裏地はキャンパス素材になっていて内ポケットも充実しているため、気兼ねなく様々な荷物を整理しながら入れることができるのも、魅力的です。

シリーズ⑬個性的なデザイン「リンディ」

ユニークなデザインが光るリンディは、外見も個性的でおしゃれですが機能性にも優れた2way仕様のモデルです。ハンドル部分をそのまま持ってハンドバッグとしての使用と、ストラップを取り付けてショルダーバッグとしての使用が可能となっています。

それぞれの持ち方でバッグ自体のフォルムにも少々変化が出てくるため、異なった雰囲気を楽しむことができるでしょう。ボックス型で口が大きく開くため出し入れもしやすく、視認性が高く機能面でも充実しているのがポイントです。

シリーズ⑭キャンバス素材のトートバッグ「エールライン」

エールラインはエルメスの中でも、ごく一般的でシンプルなトートバッグのモデルになります。素材はナイロンキャンバスを使用しているため、耐久性や実用性が高くデイリーユースとして気軽に使用できるでしょう。

そしてなんといっても、価格がエルメスとしては非常にリーズナブルで手が届きやすいために、人気のアイテムとなりました。現在では廃盤になってしまったので、新品での入手は非常に難しいと言われています。

シリーズ⑮次世代エルメスの象徴「ソーケリー」

ソーケリーは、ケリーを現代風にアレンジした2way仕様のモデルです。デザインは、ケリーの特徴をほぼそのまま再現していますが、よりスマートでエレガントな印象となります。

ショルダーストラップは長さ調節が可能なため、長くして斜めがけにすることも、短くしてワンショルダーで肩がけすることもできます。持ち方によって雰囲気も変わるので、オンオフどちらでも活躍するでしょう。

HERMES(エルメス)のバッグの保管方法

エルメスのバッグは一生モノであり、一度手に入れたらできるだけ新品の状態を維持しながら使い続けたいものです。使用しないときは正しい方法で保管し、綺麗に保ちましょう。

まず、使用した後は乾いた清潔なタオルで表面を軽く拭きます。少しでも湿っているタオルは、NGです。そのあとは、不織布の袋に入れましょう。不織布は通気性が良いため、カビを防ぎます。100円ショップなどでも販売されているため、ない場合は購入しておくと良いでしょう。

同時に、バッグの中にも不織布を丸めたものを入れておくと、型崩れを防ぐことができます。この際にタオルや新聞紙、梱包用のビニールなどを入れてしまうと、変色などの原因となりバッグに悪影響を及ぼすので、不織布を使用してください。

バッグを置いておく場所は、日陰で湿気の少ない場所を選んでください。革製品は湿気に弱いため、除湿剤も合わせて置いておくと良いでしょう。クローゼットの中など、風通しがあまり良くない場所で保管する場合は、定期的に風通しの良いところへ出してあげるのもポイントです。

よく、購入時に入っていたネル袋や箱の中に戻す方が多いのですが、これらは長期間の保管には向いていません。持ち歩く際は外部からの傷や汚れを防ぐため良いのですが、長期間入れておくと通気性が悪くカビの原因にもなるため、避けましょう。

人気のかわいいレディース向け【トートバック】25選を厳選紹介!

人気のかわいいレディース向け【トートバック】25選を厳選紹介!

レディース向けトートバッグの選び方 一口にトートバックといっても、サイズや形、用途までその特徴は様々です。例えば、通勤時…

エルメスのバッグは職人の技が輝いている

歴史の深いエルメスのバッグは、馬具作りの技術を活かし、素材にもこだわり抜いた逸品だと言えます。タイムレスなデザインと高級感のあるエレガントな外見は、昔も今もそしてこれからも変わらず愛されるアイテムとなるでしょう。

その他の関連記事はこちらから

【2021】おしゃれで人気の大きいトートバッグおすすめ20選!

【2021】おしゃれで人気の大きいトートバッグおすすめ20選!

大きいトートバッグはおしゃれで実用的 様々な形のバッグの中でも流行を問わず人気があるトートバッグ。用途に関わらず、ビジネ…

【2021】グッチ(GUCCI)のおすすめ人気バッグ12選を厳選紹介!

【2021】グッチ(GUCCI)のおすすめ人気バッグ12選を厳選紹介!

グッチ(GUCCI)とは? 1921年にイタリアのフィレンツェで創業したGUCCIは世界で初めてデザイナーの名前をブラン…

ベルギー王室御用達【DELVAUX(デルヴォー)】のバッグ人気モデルを厳選紹介!

ベルギー王室御用達【DELVAUX(デルヴォー)】のバッグ人気モデルを厳選紹介!

DELVAUX(デルヴォー)とは? DELVAUXは、1829年に設立された世界で最も古い高級な革製品を取り扱っているブ…