【ネタバレ】映画「天気の子」あらすじや結末は?残された謎を考察! アイキャッチ画像 https://www.pinterest.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画「天気の子」あらすじや結末は?残された謎を考察!

映画・ドラマ

51view

アニメ映画「天気の子」を観るにあたり、あらすじが知りたいという方もいるでしょう。また、観る前にチェックしておきたいポイントについて知っておくと、より深く映画が楽しめます。そこで今回は映画「天気の子」のあらすじや結末、残された謎などについてご紹介します。

映画「天気の子」とは

新海誠監督作品

映画「天気の子」は2019年7月に公開され、一躍大ヒットとなりました。監督を務めたのは、2016年8月に公開した映画「君の名は。」の監督でもある新海誠監督です。「天気の子」は新海誠監督にとって7作目の劇場用アニメーション映画となっており、公開から3週連続興行収入1位を獲得しています。

同作品は、「第13回アジア太平洋映画賞の最優秀アニメーション賞」や「第44回報知映画賞 アニメ作品賞」、「第43回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞」などを受賞しており、日本国内だけでなく海外でも大きな注目を浴びる作品となりました。

新海誠監督の作品はどれも繊細で美しい風景描写が特徴的で、ファンの間では「新海ワールド」とも呼ばれています。

脚本の次に絵コンテではなく音楽が生まれていた『天気の子』

新海誠監督は「君の名は。」でRADWIMPSと初めてタッグを組み、当作品は国内興行収入250億円を突破し、日本映画史上歴代2位となる大ヒットを記録しました。それと同時にRADWIMPSが歌う主題歌「前前前世」を始めとした劇中の音楽も注目を浴びました。

ある日新海誠監督は、RADWIMPSの野田洋次郎に、何の前触れもなく突然脚本を送ったのだそうです。その理由について新海誠監督は、新作の感想やそこからどんな音楽が流れてくるのかを聞きたかったのだと、後にインタビューで答えています。

脚本を読んで感動した野田洋次郎は、楽曲「愛にできることはまだあるかい」を作り、そこに自分の感じた作品への感想を乗せて新海誠監督へ渡したそうです。

そしてこの「愛にできることはまだあるかい」を聞いた新海誠監督は、野田洋次郎が表現した帆高や陽菜の気持ちを基に絵コンテを書き始めたと話しています。

通常であれば脚本の後に絵コンテが始まるというところを、この「天気の子」に関しては最初に音楽から作られています。そのせいか、映画と音楽は離れがたいほどにマッチしており、まさしくこのRADWIMPSの音楽なくしてこの映画を語ることはできません。

【ネタバレあり】映画「天気の子」のあらすじ

ここからは、まだ観ていない方、内容が気になる方に向けて、大ヒット映画「天気の子」のあらすじをご紹介していきます。結末までのあらすじについては”ネタバレ”が含まれているので、映画を観た後に振り返りながら読んでみて下さい!

あらすじ

主人公の一人、16歳の森嶋帆高(もりしま ほだか)は、離島から家出して上京してきました。東京での生活に不安を感じていた彼は、フェリーで出会った怪しい男、須賀圭介(すが けいすけ)の事務所で、オカルト雑誌のライターとして雇われ、東京でなんとか暮らしていけるようになります。

当時、東京ではひたすら雨が降り続くという異常気象が続いており、ライターとしての取材中、いろいろな人から「晴れ女」についての噂を耳にし、帆高は興味を持つようになります。

そんな中で帆高はふとしたきっかけで天野陽菜(あまの ひな)という少女と出会った帆高は、彼女こそ「晴れ女」だという事実を知ります。

バイト先をクビになり、お金の工面に悩んでいる陽菜に、帆高は「晴れ女」はいいビジネスになるのではないかとアドバイスをするのです。こうして2人は、陽菜のイケメンな弟・凪(なぎ)も巻き込んで「晴れ女ビジネス」をスタートするのです。

ビジネスが軌道に乗り、人々の笑顔を前にして生き甲斐を感じ始めた陽菜ですが、その幸せも長くは続かず、陽菜と帆高の運命は急展開を見せていきます。2人は幸せになれるのか、東京の雨は陽菜の力を借りなくてもいつか止むことはあるのか、物語は後半大きく動いていきます。

【ネタバレ注意】「天気の子」結末までのあらすじ

ここからはネタバレになるあらすじをご紹介します。まだこれから作品を観るという方は注意してください。気になる結末までのあらすじですが、陽菜は実は人々の願いを聞いて晴れにするたびに自身の体が透き通っていくことに気が付きます。

実は陽菜は天と地をつなぐ人柱であり、雨を止ませるには彼女が人柱にならなくてはならない事実を知るのです。陽菜は、拾った拳銃を携帯し家出少年としてお尋ね者になっている帆高と共に、凪を連れて逃走していたものの、逃走中にとうとう体が透けて人柱として天に召されてしまいます。

その後、帆高は警察に捕まり一度連行されたものの、警察署から逃げ出し、陽菜を探そうとします。逃走劇の後、陽菜が晴れ女になった場でもある廃ビルの屋上にある鳥居をくぐり、陽菜のいる天の世界へ舞い上がります。

そして陽菜の手をしっかりと握り、地上へと戻った2人は、それぞれの場で2年を過ごします。保護観察の元、離島の高校を卒業した帆高は自由の身となり、再び上京し、改めて東京での生活を始めることになります。

そして帆高はまだ高校生の陽菜に逢いに行き、その姿を遠くから見つめながら、改めてあの日、2人は世界を変えたのだと実感します。同時に、帆高は陽菜への熱い想いも再確認します。

後半は逃走劇など波乱万丈な展開があったものの、結果としてハッピーエンドなので、ほっと胸をなでおろした視聴者も多かったのではないでしょうか。

ジブリ映画『紅の豚』名言集!ポルコから学ぶ男の生き方!

ジブリ映画『紅の豚』名言集!ポルコから学ぶ男の生き方!

ジブリ映画「紅の豚」とは? 「紅の豚」は1992年に宮崎駿監督作品として公開されたジブリ映画です。ジブリシリーズの中では…

映画「天気の子」の主要な登場人物/CV

映画「天気の子」に出てくる主な登場人物について確認してみます。合わせて声優についても紹介するので、映画を観る前にチェックすると役立つことでしょう。

森嶋帆高/醍醐虎汰朗

森嶋帆高はこの映画の主人公で離島に住んでいた16歳の高校1年生です。映画の中ではなぜ離島から東京へ家出をしたのかは明らかにされていませんが、新海誠監督が執筆した同作小説版によると、父親からの暴力が原因ではと思われる表現があります。

声を務めている醍醐虎汰朗は、2000年生まれの若手俳優で、さまざまなCM出演などを経て、2017年に舞台版「弱虫ペダル」で主役の小野田坂道役に抜擢され、一気に俳優としての知名度を上げました。

やる気はあるけれど、どこか頼りないところもある森嶋帆高をその声でうまく表現しており、声優としてもまったく違和感のない演技力を披露しています。

天野陽菜/森七菜

天野陽菜は、空に向かって手を合わせて祈ることで、空を短時間晴れにできる不思議な力を持っています。帆高には年齢を偽っており、物語の後半で実は帆高よりも一つ下という事実が明らかになります。

陽菜の声を担当しているのが2001年生まれの若手女優、森七菜です。2016年にスカウトされたのをきっかけに芸能界へ入り、2017年にAmazonプライムビデオで配信されたオリジナルシリーズ「東京ヴァンパイアホテル」で女優デビューを果たしました。

その後、映画やドラマに立て続けに出演を果たしており、この「天気の子」の陽菜役で大きくブレイクしました。本当の年齢を隠し、どこか大人っぽさをにじませている陽菜役ははまり役との声も高いです。

天野凪/吉柳咲良

陽菜の弟、凪はまだ10歳の小学生でありながらも大人っぽい雰囲気を身にまとっており、学校でも人気者のようで多くの女の子と仲良くしている場面を帆高に目撃されています。その恋愛経験の豊富さから、帆高からは「先輩」と呼ばれています。

声を演じているのは2016年9月に開催された第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」にて史上最年少となる12歳でグランプリを受賞した吉柳咲良です。2017年2月にミュージカル「ピーターパン」で主役ピーターパンに抜擢され、女優としてデビューしました。

以後2021年1月放送のドラマ「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」などに出演するなど、テレビでも活躍しています。10歳の子供だけれど、学校の女子相手にプレイボーイぶりも発揮している凪をうまく表現していました。

須賀圭介/小栗旬

須賀圭介は小さな事務所、有限会社K&Aプランニングを経営し、「ムー」などの雑誌へ記事を寄稿して生計を立てている冴えない中年男性です。フェリーの中で帆高と出会い、上京した帆高は仕事が見つからず、最終的にこの須賀圭介を頼ることになります。

事務所に帆高を寝泊りさせながら薄給で仕事をさせるものの、その根っこは困っていた帆高を見捨てられない情の深さも垣間見えます。妻亡き後、義母に引き取られた娘になかなか合わせてもらえず、プライベートでは四苦八苦しています。

どこかだらしなく投げやりな雰囲気を身にまとった須賀圭介の声は、言わずと知れた有名俳優、小栗旬が熱演しています。どこか力の抜けた疲れた中年男性の雰囲気を見事に声で演じ切っていました。

須賀夏美/本田翼

須賀夏美は有限会社K&Aプランニングにて須賀圭介のアシスタントとして働いている若い女性で、帆高はずっと須賀圭介の「愛人」だと勘違いをしています。しかし実は須賀圭介の姪で、事務所で働きながら就職活動をしているものの思うよな仕事が見つからずに悪戦苦闘している人物です。

声を演じているのは女優の本田翼で、2018年7月放送のドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」でヒロインを務めたり、2019年4月より放送の「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」でキャラクターの声を務めたりするなど、女優だけでなく声の仕事も経験豊富です。明るく前向きでどこかざっくばらんとしたキャラである須賀夏美を好演していました。

映画「天気の子」にカメオ出演したキャラ

映画「天気の子」には、実はカメオ出演出演しているキャラがいるのをご存じでしょうか。ここでは劇中でどんなキャラが見つけられるのか、確認してみます。

カメオ出演①前作「君の名は。」の登場人物

新海誠監督の前回の作品「君の名は。」より、5人のキャラクターが「天気の子」に登場しています。順番にチェックしてみましょう。まず、「お天気お届サービス」の依頼で訪れた、昔ながらの一軒家に住むおばあちゃんの孫が「君の名は。」の主人公、立花瀧です。

大人になった瀧君ですが、髪形も雰囲気も変わらずそのままだったので、比較的わかりやすかったといわれています。そしてヒロインの宮水三葉は、帆高が陽菜への誕生日プレゼントを探していたアクセサリーコーナーの店員として登場しています。

一見わかりにくいですが、胸元には「Miyamizu」と書かれた名札を付けているほか、髪に赤いヒモを付けているので見つけやすいです。ほかに「お天気お届けサービス」で訪れたフリーマーケット会場に勅使河原克彦と名取早耶香の姿があります。

陽菜が人柱として空へ旅立った後、久しぶりの青空に喜んでいる人々の姿が映し出されますが、青空を見上げてはしゃぐ女子高生3人組の手前に宮水四葉がいます。ツインテール姿の女の子を探してみてください。

カメオ出演②白戸家のお父さん

「天気の子」がコラボしている会社がソフトバンクということで、ソフトバンクお馴染みの白戸家のお父さん、こと白い犬が黄色い雨合羽を着て登場しています。お話の冒頭で帆高が泊まっていた漫画喫茶の前の通りと、中盤で須賀圭介が娘と遊んでいる公園のシーンに注目です。

2回目の公演のシーンは見落としてしまいがちなのですが、須賀夏美が遅れて登場するシーンで須賀夏美の後ろの方で白戸家のお父さんが散歩していることがわかります。

カメオ出演③初代プリキュア

劇中には実は初代プリキュアへのオマージュも見られます。これは新海誠監督がプリキュアの好きなキャラクターを劇中に登場させたいということで、叶えたシーンです。

気になる登場場面はコスプレイヤーが夏コミの日を晴れにしてほしいという依頼をしたところで、願いがかなった依頼者2人が当日初代プリキュアのキュアホワイトとキュアブラックのコスプレをして登場しています。

ちなみに「天気の子」は東宝映画で、プリキュアは東映なので、本来であれば使用不可のキャラクターではありますが、新海誠監督自ら東映に掛け合って登場させたとの話をラジオ番組で語っていたことがあります。

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

ジブリの名作『ハウルの動く城』とは ハウルの動く城は2004年11月に日本で初めて公開されたジブリアニメーションですが、…

映画「天気の子」実際に存在する【ネタバレ】設定

「天気の子」は話の中に多くのメディアが登場します。そしてそれらは実際に存在しており、一部ファンの間で大きく注目を浴びました。映画を観た後に改めてチェックしてみるとその演出が面白く思えるかもしれません。

【ネタバレ】設定①SNSでのつぶやき

劇中に登場した「みんな、いそいで てるてる坊主つくって!!!」というSNSでのつぶやきが、ツイッターにて「結衣@yui_tanaka0611」名義のアカウントで登場しています。まだ存在しているので、気になる方は探してみてください。

【ネタバレ】設定②Webサイト「お天気ガール」

帆高と陽菜の2人が開設したサイト「お天気ガール」も実はWeb上に存在しています。ただしパソコンでは見れず、スマホ限定となっています。。現在もサイトは開設されたままではあるものの、掲載されている情報は2020年時点のものなので、勘違いしないように気を付けましょう。

映画「天気の子」のカギとなる謎を【ネタバレ考察】

「天気の子」を見ているといろいろな謎が気になってくるかもしれません。ここで物語のカギを握るなぞについて考察していきます。映画を観る前に意識しておくと、より深く作品が楽しめることでしょう。

【ネタバレ考察】①帆高はなぜ銃を拾ったのか

物語の最初の方で帆高は偶然ゴミ箱の中に入っていた銃を拾い、自分のカバンの中へ入れてしまいます。ここから銃の持ち主とのやり取りがあるのであれば、銃を拾った理由についても納得がいく方も多いと思われますが、それはありませんでした。

最後まで帆高が銃を手に入れる場面は必要だったのか、疑問に思われる方も多いでしょう。どこかとってつけたような出来事に感じる方もいるようですが、帆高は銃を手にすることにより2度窮地を逃れています。

つまり、銃という「力」を手にした帆高は、そのせいで警察から追われてしまうものの、帆高の周りの世界を変える「力」を持っていると解釈できます。無力な16歳の家出少年に「力」を持たせるには、あの銃はやはり必須だったのです。

【ネタバレ考察】②圭介はなぜ廃墟ビルにいたのか

後半で逃走した帆高が廃墟ビルへ向かうと、すでに圭介がそこにいて「どうして?」と思われた視聴者も多かったようです。その理由についてはオフィシャルには公表されていませんが、陽菜が人柱として天に昇った日、多くの人が陽菜が廃墟ビルの上から天へ昇る夢を見ています。

実際に陽菜と接点があった圭介が同じ夢を見ていても違和感はありません。また、その職業柄、圭介は常日頃からあの廃墟ビルの存在を知っていたということも考えられます。警察署から逃げた帆高があのビルに向かうのを想像するのは圭介にとって難しくないはずです。

【ネタバレ考察】③帆高はなぜ陽菜のいる空に行けたのか

陽菜に逢いたいと強く願いながら帆高は廃墟ビルの屋上の鳥居をくぐります。結果として帆高は陽菜がいる空の島へとたどり着くことができ、陽菜を地上へと連れ戻すことができました。

帆高が鳥居をくぐった後、龍神に遭遇しています。龍神は雨の神なので、帆高は雨を操る「天気の子」になったと考えられます。陽菜は「晴れ女」、そして帆高は「雨男」になったと推測できます。

天気を操る2人の子の話ということで、映画のタイトルが「天気の子」であるとも言えます。そもそも陽菜だけのストーリーであれば「晴れ女」や「天気の娘」でもよかったわけです。あえて性別を設けない「子」を使っているところに意図があるのかもしれません。

【ネタバレ考察】④陽菜はなぜ助かったのか

陽菜は雨を止ませるための人柱として天に昇ったものの、結局助かりました。しかし陽菜が地上に戻った途端、再び雨が降り続くようになります。3年にわたり雨が降り続き、東京の一部は浸水してしまいます。

この事実から、陽菜が人柱をやめ地上に戻る代償として「雨が止まなくなった」と捉えることができます。しかし帆高にとっては「雨が止むこと」よりも雨続きの東京で「陽菜と一緒にいること」の方が大切なのです。

【ネタバレ考察】⑤陽菜は映画のラストシーンで何を祈っていたのか

映画のラストシーンで、再び上京した帆高が陽菜に逢いに行くと、陽菜が道端で空に向かって祈っている場面に遭遇します。このとき陽菜は晴れ女としての力を失ってもなお、晴れるように祈っていたと考えられます。と同時に、帆高に再会したい、一緒にいたいという願いを込めて祈っていたのでしょう。

映画「天気の子」は見るたびに魅力が増していく映画

「天気の子」を初めて観ると、その映像の美しさに圧倒される方も多いようです。2回目以降は劇中に仕掛けられた様々なネタに注目してみると、さらに映画の魅力が増していくことでしょう。今回の記事を参考にして、「天気の子」を楽しんでみてください。

その他の関連記事はこちらから

タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

時間移動するタイムリープ・タイムトラベル系映画とは? タイムリープやタイムトラベルは同義語なのでしょうか?正確に言えば、…

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

『もののけ姫』はいつの時代のお話?時代背景や物語について徹底考察!

もののけ姫とは? もののけ姫は1997年にスタジオジブリから、宮崎駿監督作品として全国の映画館で上映されました。自然の強…

映画『エイリアン』シリーズ全6作品の時系列は?どの順番で見るのがおすすめ?

映画『エイリアン』シリーズ全6作品の時系列は?どの順番で見るのがおすすめ?

シリーズ化されたSFホラー映画『エイリアン』 映画『エイリアン』シリーズの記念すべき第一作は1979年に公開されました。…