映画『ショーシャンクの空に』名言集!現代社会に疲れた人に希望を与える名ゼリフ アイキャッチ画像 https://eiga.com/
記事作成日:

映画『ショーシャンクの空に』名言集!現代社会に疲れた人に希望を与える名ゼリフ

エンタメ

805view

名作として名高い映画『ショーシャンクの空に』を観たことがある、あるいはこれから観るという方もいるでしょう。『ショーシャンクの空に』には現代社会に疲れた人々に希望を感じさせる名ゼリフがそろっています。そこで今回は劇中でチェックしておきたいセリフについてご紹介します。

映画『ショーシャンクの空に』とは?

映画『ショーシャンクの空に』は、スティーヴン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」を原作に1994年に製作された映画です。フランク・ダラボン監督の初監督作品としても知られています。

フランク・ダラボンは1987年にスティーヴン・キングより映画化権を得たものの、実際に映画化するために着手したのはその5年後、さらに脚本を書くのに約8週間という時間をかけています。撮影はオハイオ州立少年院跡で行われました。

『ショーシャンクの空に』のあらすじ

『ショーシャンクの空に』のストーリーについてチェックしてみましょう。妻とその愛人を射殺したという濡れ衣を着せられ、ショーシャンク刑務所へ投獄されてしまった有能な銀行員のアンディは、逆境にもめげずに刑務所内でも仲間を作り始めます。

さまざまな背景を持つ刑務所仲間との交流を通じて、アンディは人としてさらに成長し、理不尽な仕打ちに負けることなく、あらゆる知恵を絞って自身、そして刑務所仲間たちの人生をより充実したものになるよう努力していきます。

アンディは刑務所生活の中で何を得たのか、果たして冤罪を証明できるのか、刑務所の仲間たちはどうなっていくのか、ラストまで目が離せません。

アンディを演じたティム・ロビンスを始め、レッドを熱演したモーガン・フリーマンの演技は高評価を得ていました。2人の俳優にとって、この作品は俳優人生の中で大きなターニングポイントの一つになったと言えるでしょう。映画を観るときは、ぜひ2人の演技にも着目してみてください。

『ショーシャンクの空に』の名言集【アンディ編】

『ショーシャンクの空に』には現代人の心に染みる名言がたくさんあります。ここで主人公アンディによる名言をご紹介します。同作品をこれから観るという方は、以下のセリフがどの場面で登場するのか、意識しながら観てみるとより楽しめるかもしれません。

アンディの名言①刑務所の時間はゆっくりと流れる。

「刑務所の時間はゆっくりと流れる。」というのは、毎日同じことを繰り返す刑務所内での生活を現した言葉です。囚人たちは毎日同じような生活の繰り返しの中で楽しみが見つけられず、欝々とした時間を過ごしていました。

そんな刑務所に入所したアンディは、最初は囚人たちに乱暴をされたり、理不尽なことをされたりするものの、次第に少しでも毎日を充実させようと行動を起こします。図書館の蔵書をより充実させ、囚人たちに勉強を教えて刑務所での退屈でゆっくりとした時間が有意義なものになるよう尽力するのです。

アンディの名言②災難は誰かの頭上に舞い降りる。今回は私だった。

アンディが自身に降りかかった災難の真実を知り、レッドに語る場面のセリフです。「災難は誰かの頭上に舞い降りる。今回は私だった。」というのは、人生は理不尽なことが起こるのが常であり、たまたま今回自分の人生に降りかかってしまったというニュアンスのセリフです。

投獄された当初は、アンディは周りから罪名について聞かれると「無実だ」と答えており、当時のアンディの中では「冤罪」という言葉がずっと引っかかていました。しかしやっとその運命を受け入れ、自分の中で消化したゆえのセリフともいえます。

アンディの名言③必死に生きるか、必死に死ぬか

アンディは自身が無実であることを証明できないがために、刑務所での生活を仕方なく受け入れていました。しかしある日、窃盗を犯して入所したトミーがアンディの妻とその愛人を殺した真犯人を知っていると分かると、アンディはトミーを証人にして自身の冤罪を晴らそうと所長に訴えます。

しかし所長の闇金の秘密を知るアンディを出所させたくない所長は、トミーを陥れ暗殺します。その事実を知ったアンディが放つセリフが「必死に生きるか、必死に死ぬか」なのです。これを聞かされたレッドは、てっきりアンディが後者の「死」を選ぶのではと不安に駆られます。

アンディの名言④希望は良いもの、多分最上のものだ。そして、良いものは決して消えることがない

冤罪を晴らして正門から出所するという希望を絶たれたアンディは、ある日脱獄します。そして脱獄後、以前からレッドに話していた場所に置き手紙とお金を残すします。仮釈放後、アンディとの約束を思い出したレッドはその場所へ向かいます。

そして置手紙を開くと、中には「希望は良いもの、多分最上のものだ。そして、良いものは決して消えることがない」という文章が記されているのです。刑務所内で希望を持つことに否定的な態度を示していたレッドに訴えかけるセリフです。

実際に諦めずに希望を持ち続けた結果、脱獄に成功したアンディだからこそ説得力があったのでしょう。読みながらレッドは希望の言葉をかみしめるのです。

【ネタバレ】映画『愚行録』あらすじや隠された謎を徹底解説!

【ネタバレ】映画『愚行録』あらすじや隠された謎を徹底解説!

映画『愚行録』とは 石川慶監督長編映画デビュー作品 『愚行録』は2017年に公開された石川慶監督の長編映画デビュー作品で…

『ショーシャンクの空に』の名言集【レッド編】

アンディの名言はレッドが放つ名セリフと見比べてみると、よりその内容を深く感じます。アンディの名言は希望が感じられるものが多いのに比べ、レッドのそれはどこか諦めや喪失感のあるセリフが目立ちます。ここではレッドによる名言集についてご紹介します。劇中でチェックしてみてください。

レッドの名言①希望は危険だぞ。希望は人を狂わせる。塀の中では禁物だ。

『ショーシャンクの空に』では、常に「希望」がテーマにあります。このセリフは、懲罰房から戻ってきたアンディが食堂で希望について仲間たちと話しているときに、レッドがそれをたしなめるかのように発したものです。

長い間刑務所で生活をしてきたレッドだからこそ、刑務所内で希望を持つことの怖さを知っているのだといえます。どんな状況にあっても希望を持とうとするアンディと、希望に対して否定的な態度のレッドの違いがよくわかるくだりです。映画を観るときはぜひ意識してチェックしてほしい場面の一つです。

レッドの名言②正直仮釈放などどうでもいい。

この名言は、レッドの仮保釈についての審判をする場面で出てきます。これまで何度も審判を受けてきたものの、毎回「不可」のハンコを貰っていたレッドですが、この日初めて彼は自身の罪の意識について述べています。

新しい所長から「更生したか?」と聞かれ、「更生ね、どういう意味だか」と語り始めたレッドは「後悔しない日などない。罪を犯したその日からだ。」と自身の本音について明かし「正直、仮釈放などどうでもいい。」という言葉で締めくくっています。

レッドの名言③アンディーは最初から皆と違っていた。

劇中では、レッドが刑務所での生活を回顧する形で時折セリフが流れます。そのうちの一つがこの「アンディーは最初から皆と違っていた。」です。アンディはその優しそうな風貌とは違い、中身は芯の通ったメンタルの強い人物ということが映画を観ていると分かってきます。

アンディたちが屋根の修復作業をしているときに、刑務官が兄からの相続による税金をどうしたらよいのか、仲間に愚痴をこぼしているのを耳にします。そこでアンディは突如刑務官に「奥さんを愛していますか?」と問いかけ、税金をゼロにできる方法を刑務官にアドバイスするのです。

その書類を作る報酬として、アンディは刑務官からレッドを始めとしたアンディの仲間にビールを渡すよう提案し、受け入れられます。おいしそうにビールを飲む仲間を眺めながら不思議なほほえみを浮かべたアンディは、「お酒はやめたから」といい、自分は決してビールを飲もうとはしません。

屋外でビールを飲んでひとときの自由を満喫している仲間を見て、アンディも幸せを感じていたのでしょう。そんなアンディを見て、レッドはアンディはほかの囚人とどこか違うと感じるのです。そしてその違いをレッドは好ましく思っていました。

【ネタバレ】映画『アバウト・タイム』あらすじや見どころを徹底解説!

【ネタバレ】映画『アバウト・タイム』あらすじや見どころを徹底解説!

映画『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』とは 映画『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』は、2014年に公…

『ショーシャンクの空に』の名言集【ブルックス編】

刑務所内の図書係として仕事をしていたブルックスは、囚人の中でも一番の古株で、刑務所内でそれなりに安定した生活を送っていました。ここではそのブルックスの名言に注目してみます。

ブルックスの名言①一人より仲間がいたほうが良いよ。

ある日アンディはそれまで担当していた洗濯係から図書係になるよう所長から命令されます。図書館での仕事はブルックス一人でも十分にできる内容なの、なぜアンディが配属されたのか2人は首をかしげます。

しかしブルックスは「一人より仲間がいた方が良いよ。」と笑みを浮かべながらつぶやき、作業を始めるのです。

アンディは所長のたくらみにより図書館に配属され、そこで刑務官たちの確定申告書作りに手を貸すことになります。アンディにとっては自身の知識を活かせるポジションということで、しばらくは刑務所内で刑務官からも頼られる穏やかな日が続くのです。

ブルックスの名言②私などが死んでも迷惑はかからんだろう

老囚人のブルックスは、塀の外よりも塀の中で過ごした年月の方が長く、かねてより仮釈放を恐れていました。

レッドたちと話すことはあっても、刑務所内では基本的に一人でいることが多く、雛のときに助けたカラスのジェイクを相棒としていました。そんなブルックスはある日仮釈放が決まり、堀の外へ出ていきます。

釈放前にカラスのジェイクを放ち、永遠の別れを告げます。堀の外ではスーパーで袋詰めの仕事をしながらも、孤独にさいなまれたブルックスは最終的に自死してしまうのです。

そのブルックスが死ぬ前に綴った手紙の中に「私などが死んでも迷惑はかからんだろう」という一文がありました。外の世界では時代の変化や職場になじめなかったブルックスは、ジェイクのような「友」もいない状態で孤独の中亡くなったのです。彼の死は、アンディやレッドの心の中に深く刻まれました。

『ショーシャンクの空に』を名言と共に見返してみよう

今回は映画『ショーシャンクの空に』についてご紹介しましたが、いかがでしたか?ティム・ロビンス演じるアンディが、どんな困難にあっても希望を失わず、前向きに生きる姿に学べることがたくさんあります。

人によってはレッドやブルックスの生き方に共感を覚える方もいるでしょう。ぜひ今回の記事を参考にして、映画『ショーシャンクの空に』をたっぷりと楽しんでみてください。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『シックスセンス』あらすじや衝撃のラストに繋がる伏線を解説!

【ネタバレ】映画『シックスセンス』あらすじや衝撃のラストに繋がる伏線を解説!

映画シックスセンスってどんなの? 引用:Amazon 『シックスセンス』は、1999年に公開されました。数あるホラーやミ…

【ネタバレ】映画『レ・ミゼラブル』あらすじや豪華キャストを徹底解説!

【ネタバレ】映画『レ・ミゼラブル』あらすじや豪華キャストを徹底解説!

映画『レ・ミゼラブル』についておさらい 『レ・ミゼラブル』は2012年に公開されたイギリスとアメリカで合作されたミュージ…

【ネタバレ】映画『僕だけがいない街』あらすじや原作漫画との違いを解説!

【ネタバレ】映画『僕だけがいない街』あらすじや原作漫画との違いを解説!

映画『僕だけがいない街』とは? 『僕だけがいない街』は、三部けい原作の大ヒットコミックを藤原竜也&有村架純共演で2016…