謎が多い【センチネル族】とは?やらせの噂やドローン撮影の動画をご紹介! アイキャッチ画像
記事更新日:

謎が多い【センチネル族】とは?やらせの噂やドローン撮影の動画をご紹介!

エンタメ

5view

世界中には多くの先住民族がいます。彼らは独自の文化的慣習を持ち、工芸品などは世界中で販売されるほど人気があります。しかし世界には未だに現代の文明との接触を拒む、未接触部族と呼ばれる人々も存在しているのです。今回は北センチネル島の未接触部族、センチネル族について詳しくご紹介していきます。

そもそもセンチネル族とは?

そもそもセンチネル族とはどのような民族なのでしょうか。外部との接触を頑なに拒むため、その真相は未だに謎に包まれています。まずは、そんな不思議なセンチネル族と、住んでいる北センチネル島について解説していきます。外部との接触を拒んできた背景にはどのような歴史があるのでしょうか?

センチネル族は北センチネル島の原住民

センチネル族はインド洋東部・アンダマン諸島に浮かぶ北センチネル島の原住民です。センチネル語を話し、独自の文化を築いてきました。食生活は、浜辺の浅瀬で見つけることが出来るココナッツや魚を主食としているようです。

肉類は北センチネル島に生息する亀や小型の鳥類を食すなど、狩猟生活を主な活動としており「石器時代の生活を維持する世界で唯一の民族」と評されています。地元政府によると、最も古い見積もりでは彼らセンチネル族は6万年以上前からこの島に住んでいたと言われています。

18世紀にイギリス人がこの島を発見し、そこから何度か接触を試みるもどれも失敗に終わりました。島に近づいた者に矢で攻撃する凶暴な民族としても知られており、不用意に島に近づくのは非常に危険です。

北センチネル島とは

北センチネル島の面積は約59平方キロメートルで、日本の三宅島(約55平方キロメートル)より少し大きな島です。

北センチネル島はインド領ではありますが、現在に至るまでインド政府は北センチネル島の人々と条約を結んでおらず、北センチネル島民が主権を握っている状態です。島に近づけず、正確な調査を行うことはできないので、人口などの細かい情報は未だに分かっていません。

【フレディマーキュリー】は晩年に足を切断していた?真相を調査!

【フレディマーキュリー】は晩年に足を切断していた?真相を調査!

フレディマーキュリー(Freddie Mercury)とは フレディ・マーキュリーは有名ですが、詳しく彼について知ってい…

センチネル族が起こしたとされる驚愕の事件

北センチネル島では、島に近づいた人間がセンチネル族によって殺害される事件が複数起こっています。この事件は世界中で報道され、大きな注目を浴びました。同時に北センチネル島が恐怖の島であるという印象が人々の中で広がり、今では絶対に行ってはいけない危険な場所の一つとして有名です。

事件①脱走犯の殺害

かつてインドがイギリスの事実上の植民地だった19世紀頃、インドの領地であるアンダマン諸島は、流刑地として刑務所が置かれていました。

1896年にその刑務所からの脱獄に成功した1人の囚人が近くの北センチネル島に逃げ込みました。捜索隊がすぐさま後を追いましたが、囚人は、弓矢で追われ喉を切り裂かれた無残な遺体で見つかりました。

事件②地元漁師の殺害

 

2006年、カニの密猟をしていたインド人2人が寝ていたところ、ボートが流され北センチネル島へ漂着してしまいました。その後2人は帰ってこなかったため、北センチネル島民によって殺害されたと考えられています。

インド政府は遺体を回収するためにヘリコプターを派遣しましたが、センチネル族によって攻撃され、遺体の回収は断念されました。

事件③宣教師の殺害

2018年、中国系アメリカ人の宣教師のジョン・アレン・チャウ氏が北センチネル島へキリスト教の布教のために上陸しようとしたところ、北センチネル島民によって殺害されました。

地元漁師達が、遺体を埋めているセンチネル族の姿を確認したようです。宣教師は、キリスト教布教のために2018年以前も2度北センチネル島を訪れていたと言われています。宣教師の行動は一方的なアプローチで、北センチネル島民の権利を侵すものであったと批判を受けていたようです。

事件④映画クルーへの襲撃

1974年には、ドキュメンタリー映画を撮ろうと考えたナショナルジオグラフィックの撮影グループが、小型ボートで島への接近を試みました。しかしセンチネル族からの矢の攻撃を受け、監督の足に2m以上の矢が突き刺さったため敢えなく撤退しました。

上陸せずに島に接近しただけで攻撃を仕掛けるセンチネル族の行動から、島外の人間に対する強い警戒心が伺えます。

F1レーサー【トム・プライス】レース中の事故死の原因はマーシャルだった⁈

F1レーサー【トム・プライス】レース中の事故死の原因はマーシャルだった⁈

トム・プライスとは F1レーサーとして名を馳せたトム・プライスとはどんな人物なのか、ここでそのプロフィールについてチェッ…

センチネル族がやらせだと言われる理由

さまざまな不可解な噂があるセンチネル族ですが、実はやらせではないかという疑いが出ているのです。ここからはセンチネル族がやらせだと言われる理由を徹底解説します。

やらせ疑惑①インド政府による立ち入り制限

現在センチネル島は直轄するインド政府によって管理され、立ち入り禁止の状態となっています。やらせを隠すためなのか、単にセンチネル族の攻撃の危険から守るためなのか理由は定かではありません。

近づくことができなければ真実かどうか確認することができないので、やらせだと疑われてしまうのは仕方がないでしょう。

やらせ疑惑②他民族の文明化

世界中には民族がたくさんいますが、現在はほとんどの民族が現代の文明と接触しています。そのため、科学技術が高度に発達した現代社会で、外界を完全シャットアウトしたコミュニティが存在できるのかという疑念が挙げられます。

実際にマサイ族で太陽光充電のスマホが普及していたり、アマゾンのスルイ族が今では熱帯雨林保護のためにGoogle Earthを活用していることなどの事例から、文明化は避けられないのではないかと考えられています。

やらせ疑惑③遺体が見つかっていない

先ほどセンチネル族によって行われたいくつかの殺害事件を紹介しましたが、その事件はいずれも未だ遺体は発見されていません。

政府は島に入るのが危険で遺体を回収できないと言われていますが、センチネル族とインド政府が一緒になって行ったやらせである可能性も十分にあり得るでしょう。いずれにせよ、遺体が見つからない以上は確固たる証拠がない状態なので真実は分かりません。

フレディ・マーキュリー最後の恋人【ジム・ハットン】の死因や遺産を巡る確執

フレディ・マーキュリー最後の恋人【ジム・ハットン】の死因や遺産を巡る確執

ジム・ハットン(Jim Hutton)とは 世界的ロックスターであるフレディ・マーキュリーの最後に愛した人物であるジム・…

センチネル族の現在は?

ではセンチネル族は現在どのような生活をしているのでしょうか?近年、北センチネル島のドローン撮影にも成功しており、センチネル族の生活の様子が明らかになりました。以下で動画でも紹介していますのでぜひご覧ください。

日本で芸能人をしている?

日本からはるか遠い北センチネル島は、誰もが日本とは関係ない話だと感じてしまうでしょう。しかしあるYoutuberが北センチネル島付近は元々、日本軍が統治していたと言われている地域と関係していると話しています。

また松本伊代さんのデビュー曲センチメンタル・ジャーニーとセンチネル族が似ていることから、何らかの関係があると分析をしているYoutuberもいるようです。Youtuber独自の見解なので信憑性は低いですが、もし本当なら非常に興味深い話だと言えるでしょう。

ドローン撮影に成功

センチネル族に関する動画がYoutubeで見つけられています。こちらの動画はセンチネル島をドローンによって上空から撮影した動画で、全身に赤い塗料を塗ったセンチネル族の様子が確認できます。

ドローンに気付き、弓を構えて警戒している様子も見て取れます。藁のような素材でできた家も見つけることができたため、独自の文化を築いていることもお分かりいただけるでしょう。センチネル族の実態をぜひ動画で確認してみて下さい!

現在は観光できる?

外部との接触を拒絶してきたこの島の存在は現在、インターネット社会を通じて広く知られるようになりました。2018年に起きた宣教師の殺害事件が島を有名にさせる原因となったとも言われています。インドの島々は現在リゾート化が進んでおり日本からも多くの観光客が訪れています。

観光の際に北センチネル島に近づきたいと申し出る観光客もいるようですが、自治州政府はこの島が観光資源にならないよう警備を強化しているようです。しかし観光客が漁民に高額を払い、北センチネル島の近くまで連れて行ってもらうことも少なからずあると言われています。

インド政府は、北センチネル島5キロ以内に接近することや島の住民に接触すること自体を刑罰の対象とし、法律で禁止しています。危険なので興味本位では絶対に近づかないようにしましょう。

センチネル族のやらせ疑惑は未解決のままだった

センチネル族のさまざまなエピソードを紹介してきましたが、まだ解き明かされてない謎が多く隠された民族であることがお分かりいただけたでしょう。センチネル族がこれからも接触を拒み、独自の文化を守っていくのか、他国の文明を受け入れ発展していくのかは、まだ誰にも分かりません。

センチネル族の意思を尊重し、互いが平和に暮らしていける世の中になってほしいものです。いつか平穏な形で平和的な交流が行われることを願いましょう。

その他の関連記事はこちらから

韓国女優【チョ・ヨジョン】熱愛情報や結婚について徹底調査!

韓国女優【チョ・ヨジョン】熱愛情報や結婚について徹底調査!

韓国人女優チョ・ヨジョンとは 韓国人女優チョ・ヨジョンは色白で優しそうな顔立ちでありながらも、どこか芯の強さを感じさせる…

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ【ザ・シンプソンズ】の予言がすごい!有名なエピソードをご紹介!

人気アニメ「ザ・シンプソンズ」とは? FOXテレビで1989年に放送を開始した「シンプソンズ」は、現在60ヶ国以上の国と…

映画IT恐怖の殺人ピエロ【ペニーワイズ】の正体を徹底調査!

映画IT恐怖の殺人ピエロ【ペニーワイズ】の正体を徹底調査!

そもそもペニーワイズとは? ではそもそもペニーワイズとは一体何者なのでしょうか?人々を恐怖に陥れるその姿は、ただの映画の…