【ネタバレ】映画『ランナー・ランナー』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.netflix.com/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ランナー・ランナー』あらすじを徹底解説!

エンタメ

64view

オンラインカジノの世界で実際に起きた詐欺事件を題材にした映画『ランナー・ランナー』は、レオナルド・ディカプリオが制作に携わったことでも話題になった作品です。この記事では映画『ランナー・ランナー』のキャストやあらすじ、見どころなどを紹介します。ハラハラできる面白い作品に出会いたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

映画『ランナー・ランナー』の作品情報


映画『ランナー・ランナー』は、2013年製作のアメリカ映画です。レオナルド・ディカプリオが制作に携わり、ブラッド・ファーマンが監督を務めました。アメリカギャンブル業界に衝撃の走ったオンラインカジノ不正事件を題材にしたものです。

オンラインポーカーサイトで起きた事件の実話?

映画『ランナー・ランナー』は、オンラインカジノで起きたポーカーの不正事件を元ネタにしたものですが、その背景にはアメリカ国内で2012年、日本に先駆けオンラインカジノが合法になったという事実があります。

映画の公式サイトでは「日本におけるカジノの未来」と題されたコラムも配されるなど、現在では日本においても他人事とはいえない題材を扱った映画であることがわかります。

元ネタになった事件は、2008年にオンラインポーカーサイト「アルティメットベット」で起こりました。経営関係者が内部告発し、FBIによる報道規制がなされているという噂もでるという一大詐欺事件であり、まさに映画のような出来事でした。

これから先、日本でも家事の合法化案が決議されることは十分に考えられます。それにあたり前もって整備しておかなくてはならない課題が多いことを、この映画は反面教師として教えてくれます。

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画10選!絶対見ておくべき人気作を紹介!

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画10選!絶対見ておくべき人気作を紹介!

レオナルド・ディカプリオのプロフィール 氏名 Leonardo Dicaprio/Leonardo Wilhelm Di…

映画『ランナー・ランナー』の主要キャスト

映画『ランナー・ランナー』には様々なキャストが登場します。ここからは、映画『ランナー・ランナー』に出演するキャストと、それぞれの演じる役柄をご紹介します。

キャスト①ジャスティン・ティンバーレイク/リッチー・ファースト役

リッチー・ファーストを演じるのはジャスティン・ティンバーレイクです。11歳でオーディション番組に出演したのを機に芸能活動をスタートし、1998年には「*NSYNC(イン・シンク)」というグループでアルバムデビューしています。

2002年にはソロとしてデビューし、2004年からは俳優としての活動も始めました。アニメ「トロールズ」では、声優と音楽プロデュースに携わり、自身の歌う主題歌「Can’t Stop The Feeling!」は第89回アカデミー主題歌賞にノミネートされました。

キャスト②ベン・アフレック/アイヴァン・ブロック役

アイヴァン・ブロックを演じたのはベン・アフレックです。1997年『チェイシング・エイミー』で台頭し、マット・デイモンと共に脚本を手がけ出演もした『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で世界的に有名になります。

1998年『アルマゲドン』、2000年『レインディア・ゲーム』、2001年『パール・ハーバー』と数々の大作で主演を務め、2007年には『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で長編監督としての活動を始めています。

キャスト③ジェマ・アータートン/レベッカ・シャフラン役

レベッカ・シャフランを演じたのはジェマ・アータートンです。2007年、王立演劇アカデミーを卒業すると共に「聖トリニアンズ女学院」で映画デビューしました。2008年、「007 慰めの報酬」にてボンドガールに選ばれ、話題になります。

その後アクション映画を中心にヒロインとして活躍し、ヒューマンコメディーやSF、スリラーなどあらゆるジャンルで人気を博すようになります。

近年では、2016年のドラマ「人生はシネマティック!」で主演を務めたほか、2020年「キングスマン ファースト・エージェント」にも出演しています。

キャスト④アンソニー・マッキー/シェイバース捜査官役

シェイバース捜査官を演じたのはアンソニー・マッキーです。舞台役者としてデビューし、ラッパーのエミネムによる自伝映画「8 Mile」でスクリーンデビューしています。

その後スパイク・リー監督『セレブの種』、クリント・イーストウッド監督『ミリオンダラー・ベイビー』、ジョナサン・デミ監督作『クライシス・オブ・アメリカ』など数々の話題作に出演しています。

キャスト⑤ジョン・ハード/ハリー・フュルスト役

ハリー・フュルストを演じたのはジョン・ハードです。『ホーム・アローン』で主人公ケビンの父親役を演じた俳優として知られ、『ビッグ』ではトム・ハンクスの同僚役を演じています。

また、テレビドラマ「CSI:マイアミ」「プリズン・ブレイク」「バトルスター・ギャラクティカ」などに出演しています。2017年7月、カリフォルニア州のホテルで亡くなっているのが発見されました。

マット・デイモン出演映画を徹底解説!代表作の人気作品をご紹介!

マット・デイモン出演映画を徹底解説!代表作の人気作品をご紹介!

マット・デイモンのプロフィール マット・デイモンは、アメリカ合衆国の俳優です。1970年10月08日、アメリカ・マサチュ…

映画『ランナー・ランナー』のネタバレあらすじ

キャスト情報をチェックしたところで、いよいよ映画『ランナー・ランナー』のネタバレを含めたあらすじをご紹介します。起承転結の4パートに分けてまとめるので、ぜひ参考にしてみてください。

ネタバレ①起

オンラインカジノのアフィリエイトをしていたリッチーは、学部長から「やめなければ退学」と言われてしまいます。リッチーは全財産の1万7000ドルをオンラインカジノに全額注ぎ込み、5万ドルを手に入れました。

しかしその後負けを経験し、ポーカーは実力と関係ないことを悟ります。不正が行われていると思った彼は、サイトのオーナーのブロックに会うことにします。そして彼は4年ぶりにギャンブラーの親父に会うのでした。

ブロックに会う方法を聞く彼でしたが、父にはツテがないようで、リッチーはコスタリカに自ら赴くことにします。そこでブロックが主催する大会に向かった彼は、ブロックの相棒のレベッカに明日開催されるパーティーに参加させてくれと言います。

ネタバレ②承

リッチーはパーティー会場に赴き、監視カメラにブロック宛のメッセージを送り、彼と会えることになります。リッチーは不正の証拠をまとめたものを渡して報告しますが、ブロックは何も言わずリッチーは帰らされてしまいます。

次の日、リッチーはブロックの部下によりブロックの元へ連れて行かれます。そこでクルーザーに乗せられ、不正について細かに話すように言われます。ブロックは会社の意図ではないと言い、リッチーに勇気を出して話してくれたことを感謝します。

そして、ギャンブルでかけたお金と残りの学費を口座に振り込んでくれたのでした。リッチーの才能を見出したブロックは彼をスカウトします。リッチーはものの3ヶ月ほどで一躍会社のトップに躍り出るのでした。

ネタバレ③転

リッチーはブロックの開いたパーティーでレベッカと良いムードになっていました。そんな時、ブロックから呼び出しがかかり、敏腕アフィリエイターのシェッキーと契約を取ってくるように言われます。

ある日、シェイバースの率いるFBIチームに拉致されたリッチーは、無理やりブロックのスパイとして働くように命じられます。リッチーはすぐさまブロックに相談しますが、彼はどうするか自分で選択しろと言います。

シェッキーと会ったリッチーは、給料を少し上げるようにと言われますが、ブロックから絶対に応じないようにと言われ、強引に契約をする形となります。なんとか契約を取った彼は、部下と飲みに行き、レベッカと踊り一夜を共にするのでした。

ブロックから命じられたリッチーは、ギャンブル界を牛耳っているエレーラ宛に賄賂を運びます。しかしその金が足りないと言われ、リッチーはエレーラの部下たちから暴行を受けるのでした。

このことをすぐさまブロックに報告したリッチーでしたが、却って怒鳴られてしまったので、コスタリカから抜け出そうと空港へ行きます。しかし麻薬所持の疑いがかかって捕まり、またもやジェイバースからブロックのスパイになるようオファーが来るのでした。

ネタバレ④結

リッチーが仕事に向かうと、部下からブロックの行っている不正について報告がありますが、当のブロックから呼び出されたのでその続きを詳しく聞けませんでした。リッチーは、ブロックから監視カメラの映像を見せられます。

そこには、偽札を使ってギャンブルの金を盗み出す父の姿が写っていました。リッチーが父に聞くと、危険な人物の借金を肩代わりしたのだと言います。そこへ、部下から不正の証拠が集まったと電話があります。

急ぎ帰ろうとしたリッチーですが、ブロックの部下に連行されタルコレス川に着きます。そこは、ブロックがエレーラを拷問する場でした。リッチーは急いで部下のところへ向かいますが、そこには部下の姿はありませんでした。

そこに現れたレベッカから、彼女はブロックが詐欺を働いていたことを知っていたこと、その罪を押し付けるためリッチーが雇われたことを聞かされます。また、1週間後にはブロックがアンティグアに逃亡しようとしていることを話します。

レベッカの協力が会社の裏金を盗んだリッチーは、部下が詐欺の証拠を集めたUSBを発見します。FBIがオフィスに突入したとき、ブロックとレベッカはすでにプライベートジェットに乗り込んでいたのでした。

リッチーは父と飛行機に乗り込みます。一方、着陸したブロックがプライベートジェットを降りると、そこはアメリカのプエルトリコで、リッチーが目の前に現れます。ブロックはFBIに逮捕され、リッチーとレベッカはプライベートジェットで飛び立つのでした。

『ランナー・ランナー』の見どころ

『ランナー・ランナー』の見どころは、ギャンブルを経営している側の視点で描かれているところです。これは今までのギャンブル映画にはない新しい視点であり、同様の題材の映画を観たことのある方でも新たな気持ちで楽しめるでしょう。

映画『ランナー・ランナー』の口コミ・評価

映画『ランナー・ランナー』には、実際に鑑賞した方からたくさんの口コミが寄せられています。映画を観た方がどのような感想を抱いたのか気になる方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

良い口コミ

演出が魅力的だった。学生のたまり場、コスタリカのパーティーの様子、貧富を映し出す街並みなど、ロケ場所に魅力があり、楽園で繰り広げられる、デンジャラスだが魅惑的なカジノビジネスの実態とうまくマッチしていた。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

純粋に楽しめた。ベンアフレックの、ずる賢いビジネスマンぶりは見応えがあった。地味だが秀作だと思う。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

テンポよく進んだので予想より良かった。だけどサスペンス要素が薄く、盛り上がりに欠けるのが残念。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

泥臭くないので、物足りないと思う人も多いと思うけど、自分は楽しめた。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

テンポはいいが、サスペンスいうほどのドキドキハラハラはない。あまり感情移入できなかった。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

カジノやギャンブルの映画はスリリングで楽しいですが、この映画ではオンライン・カジノなので肝心のギャンブル・シーンがほとんど無いのが致命的。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

『ランナー・ランナー』はスリリングな展開を楽しめる映画

新しい視点からギャンブルの世界を描いた『ランナー・ランナー』は、映画として楽しめるのはもちろん、ギャンブルの合法化について考えさせられる作品でもあります。この記事を読んで内容が気になった方は、ぜひ一度鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

映画「レインディア・ゲーム」のネタバレ・あらすじは?ハラハラのクライムサスペンス!

映画「レインディア・ゲーム」のネタバレ・あらすじは?ハラハラのクライムサスペンス!

映画「レインディア・ゲーム」のあらすじ https://www.youtube.com/watch?v=_YJyInWw…


【ネタバレ】映画『ラッシュアワー3』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ラッシュアワー3』あらすじを徹底解説!

映画『ラッシュアワー3』の作品情報 映画『ラッシュアワー3』は、2007年に公開されたアメリカの映画です。監督はブレット…