【ネタバレ】映画『ローマの休日』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 引用:https://eiga.com/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ローマの休日』あらすじを徹底解説!

エンタメ

76view

映画『ローマの休日』は、不朽の名作です。有名なオードリー・ヘップバーンが主演を演じています。しかし、まだ本作を鑑賞していないという方も多くいらっしゃることでしょう。この記事では映画『ローマの休日』のあらすじを解説します。詳しい内容を解説しますので、ご都合に合わせてご覧ください。

映画『ローマの休日』の基本データ

引用:映画.com

映画『ローマの休日』は1953年に製作され、翌年の1954年に日本で公開されました。ロマンティックコメディ映画に分類される本作は、オードリー・ヘップバーンのアメリカ映画デビュー作品です。

王女のアン(オードリー・ヘップバーン)は、常に護衛がつきまう生活が嫌になっていました。「自分らしく、自由でありたい」と思ったアンは、滞在していたローマ大使館を抜け出します。ローマでアン王女は新聞記者のジョーと出会い、1日のみの恋愛をしました。

2022年時点で約70年前の作品ですが、現在も不朽の名作と評判高い作品です。日本でも現在に至るまで、リバイバル上演も何度も繰り返しました。2020年には、人気声優によって吹き替えられた本作が公開されています。

監督は映画界の巨匠・ウィリアム・ワイラーです。アカデミー賞で3部門を受賞しており、主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞しました。

映画『ローマの休日』の主要キャスト

映画『ローマの休日』の主要キャスト陣を紹介します。作品の知識を深めるためにも、ぜひお役立てください。

主要キャスト①グレゴリー・ペック:ジョー・ブラッドレー

引用:映画.com

グレゴリー・ペックは、ジョー・ブラッドレーを演じました。アメリカン・ニュース・サービスのローマ支社に勤めるジョーは、寝ているアンを発見します。アンが街中のベンチで寝ていたため、酔っぱらっているのだと思い込みます。

アンを放っておけなかったジョーは、仕方なく彼女を自宅に運びました。アンから「自由な1日を過ごしたい」と聞いたジョーは、共にローマで過ごします。

演じているグレゴリー・ペックは、アメリカのカリフォルニア州出身の俳優です。『ローマの休日』の時点で経験豊富な俳優だったグレゴリーは、アメリカ映画に初挑戦だったオードリー・ヘップバーンの才能をいち早く見抜きます。

主要キャスト②オードリー・ヘプバーン:アン王女

引用:映画.com

オードリー・ヘップバーンは、アン王女を演じました。アン王女は伝統と格式を重んじるヨーロッパの王女です。次の王位継承権があるため、常に護衛によって守られています。

アン王女は、人目が常にある自由のない生活にストレスを感じていました。積もったストレスが爆発したアン王女は、鎮静剤を打たれてしまいます。しかし効き目が現れる前に失踪を遂げました。

演じているオードリー・ヘップバーンは、ベルギーのブリュッセル出身の女優です。本作でアカデミー主演女優賞を受賞して、一気にスター女優となりました。

以後出演した『麗しのサブリナ』『尼僧物語』『ティファニーで朝食を』などの作品も大ヒットを記録します。映画界だけでなく、流行ファッションにも影響を与えました。

オードリー・ヘップバーン出演のおすすめ映画10選!色褪せない人気作をご紹介!

オードリー・ヘップバーン出演のおすすめ映画10選!色褪せない人気作をご紹介!

女優・オードリー・ヘップバーンとは 女優として有名なオードリー・ヘップバーンとは、どんな人物なのでしょうか。彼女について…

主要キャスト③エディ・アルバート:アーヴィング・ラドビッチ

引用:Amazon

エディ・アルバートは、アーヴィング・ラドビッチを演じました。アーヴィング・ラドビッチは、ジョーと親交の深いカメラマンです。

ジョーを通じてアンに会ったときには、王女だと指摘しようとします。演じているエディ・アルバートは、アメリカのイリノイ州出身の俳優です。

主要キャスト④パオロ・カルリーニ:マリオ・デラーニ

パオロ・カルリーニは、マリオ・デラーニを演じました。マリオ・デラーニは、美容師です。アンのロングヘアをカットするのを躊躇い何度も確認しますが、仕上がりの美しさに惚れ惚れとします。

演じているパオロ・カルリーニは、イタリアの俳優です。『ローマの休日』の名脇役として、知名度を上げました。イタリアの舞台やテレビ、映画などで幅広く活躍していました。

映画『ローマの休日』のネタバレあらすじ

引用:映画.com

ここからは、映画『ローマの休日』の詳しいあらすじを解説いたします。内容の根幹に関わる部分なので、ご都合に合わせてご覧ください。

ネタバレあらすじ①ローマを訪問中に宮殿を抜け出すアン王女

引用:映画.com

アン王女は、王室の一員として忙しい毎日を送っていました。多くの人と会い笑顔で挨拶をしたり、夜は舞踏会に出席するなど、昼も夜も人目がない時間がありませんでした。

ぎっしりと詰まったスケジュールのなかで、アン王女は疲労とストレスを感じています。忙しい公務をこなして夜になり、ようやく休息の時間になりました。宮殿の外は宴会の楽しそうな声が聞こえており、羨ましさを感じています。

明日の予定を聞いている最中に、アン王女は不自由さで蓄積された疲労に思わず泣いてしまいました。主治医が睡眠薬を処方しましたが、アン王女は宮殿を抜け出します。

ネタバレあらすじ②街中で眠るアン王女を助けるジョー

引用:映画.com

主治医の睡眠薬は、アン王女が宮殿の外へ出てしばらくしてから効き目を発揮しました。眠気を感じてしまったアン王女は、広場にあったベンチで寝てしまいます。

偶然通りかかった新聞記者のジョーは、ベンチで寝ているアン王女を心配して、起こそうとしました。しかし何度起こしても意識が朦朧としていたため、アン王女を自宅で休ませることにします。

宮殿はアン王女の不在に気付き、パニック状態でした。よりによって、明日は記者会見の予定が入っています。翌朝、王女の記者会見へ行く予定だったジョーは寝過ごしてしまい、上司に会見は行ったと嘘をつきました。

しかし、新聞に「アン王女が高熱を発症したため、本日の記者会見は中止」と掲載されていたため、ジョーの嘘は見破られてしまいます。ジョーは新聞に掲載されていたアン王女の写真を見て、さらに驚きました。

ジョーが自室に戻っても、アン王女は目覚めていません。スクープのチャンスだと感じたジョーは、上司に「アン王女の独占取材を取り付けてみせる」と宣言しました。ジョーは急いでカメラマンのアーヴィングに連絡します。

ネタバレあらすじ③ローマで自由な時間を満喫するアン王女

引用:映画.com

ジョーの部屋で目覚めたアン王女は、ジョーに「ここは一体どこですか?」と尋ねました。宮殿へ帰ろうと急ぐアン王女にジョーは紳士的に接して、帰るための交通費渡します。

1人で街へ出たアン王女は、ジョーからもらったお金で靴を購入し、美容院へ行きました。ショートヘアを褒めてもらい、とてもご機嫌になってます。ジェラートを食べながら、美しいローマの風景を楽しんでいました。

ジョーは家を出てからのアン王女をずっとつけていましたが、偶然を装って再度アン王女の前に現れます。アン王女もジョーも、自分の正体がバレないようにお互い嘘をつきました。

カメラマンのアーヴィングも合流して、アン王女のローマ観光とジョーの独占取材が同時に始まります。ローマの名所を巡るなかで、バイクの2人乗りをしました。好奇心に溢れるアン王女は、後ろからハンドルを持ってバイクがコントロールを失います。

暴走運転を警官に止められてしまいましたが、嘘をついて乗り切りました。興味を持ったものに突き進んでしまうアン王女に振り回されてしまいますが、ジョーもアン王女との楽しみます。

ネタバレあらすじ④お互い惹かれ合うもアン王女は宮殿に戻る

引用:映画.com

宮殿からアン王女を探してに来ていた護衛たちが夜になってからアン王女の存在に気付きました。ジョーはアン王女を守るために、2人で逃げます。

人目のない場所でお互いの様子を見て笑い、キスしました。お互いに惹かれ合う気持ちに気付いた瞬間です。ジョーが愛を言葉にしようとした時、アン王女はそれを遮りました。

アン王女は行先を告げず、ジョーの前から姿を消します。2人はお互いの正体を明かしませんでした。アン王女は自分で王宮へ戻り、何事もなかったかのように王女らしい威厳ある振る舞いをします。

ネタバレあらすじ⑤ジョーは記事を書かずアン王女の記者会見へ

引用:映画.com

ジョーは上司にアン王女の独占取材について、問い詰められます。カメラマンのアーヴィングがアン王女の写真を見せようとしますが、ジョーが写真を処分しました。翌日に延期が続いていた記者会見が行われます。

ジョーとアーヴィングも、取材のために参加しました。アン王女はローマについて、思い出深い場所だと記者たちの前で語ります。2度目になる本当のお別れの際にアン王女は笑顔を見せましたが、涙の跡が見えました。

映画『ローマの休日』の口コミ・評価

引用:映画.com

最後に『ローマの休日』を実際に鑑賞した方の口コミを紹介します。既に鑑賞した方はご自身の感想と比べてみてください。

良い口コミ

雰囲気に浸りたいやっぱり名作です

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

数々の喜劇的なシーンも全て良かったが、その中でも髪をショートにしたシーンは最強に可愛かった。(当時、日本でもあの髪型が流行ったらしいが、納得出来る)

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

きっと何万という作品がこれをオマージュしてきたんだろうなぁ。そしてそのオマージュ側を何度も目にしてきたせいか新鮮味は感じられなかった。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

ディズニーが好きなら楽しめると思う。よく言えば見やすく、悪く言えばありきたり。決して想像は超えてこない。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

古典的な名作でありオードリー・ヘプバーンは確かに美しく気品があって魅力的。でも私にとってはただそれだけの印象で、一度観れば充分。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

オードリー・ヘップバーンが、お人形さんのように可愛い。なぜに人気なのかは、ちょっとわからない。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

『ローマの休日』のアン王女の髪型が日本で大流行

引用:映画.com

日本で『ローマの休日』が上映された年は、ヘップバーンカットが大流行しました。ヘップバーンカットの特徴は、毛先の跳ね上がりです。一見すると無造作に見えますが、ウェーブをシャギーを入れて美しく見えるように計算されています。

ヘップバーンカットの元は、『ローマの休日』の作中でアン王女がショートカットした演出です。ロングヘアを一気に短くしたアン王女ですが、ずっと人目に縛られて生きてきたアン王女が初めて自分の意志で自由に決めた象徴でもあります。

オードリー・ヘップバーンのファッションコーデ特集♡スタイル別に徹底紹介!

オードリー・ヘップバーンのファッションコーデ特集♡スタイル別に徹底紹介!

オードリー・ヘップバーンの基本情報 始めに、オードリー・ヘップバーンがどのような人物だったのかをご紹介します。ファッショ…

不朽の名作『ローマの休日』を観よう!

この記事では映画『ローマの休日』をご紹介しました。アン王女を演じるオードリー・ヘップバーンの美しさはもちろん、世界観や人間模様といった面でも楽しめる映画です。ぜひ鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『クロコダイル・ダンディー』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『クロコダイル・ダンディー』あらすじを徹底解説!

映画『クロコダイル・ダンディー』の基本データ 映画『クロコダイル・ダンディー』は、1986年製作のアメリカ映画です。オー…

【ネタバレ】映画『インビジブル』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『インビジブル』あらすじを徹底解説!

映画『インビジブル』の作品情報 映画『インビジブル』は、2000年に製作された映画です。上映時間は112分で、ジャンルは…

【ネタバレ】映画『レジェンド・オブ・ゾロ』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『レジェンド・オブ・ゾロ』あらすじを徹底解説!

映画『レジェンド・オブ・ゾロ』の基本データ 映画『レジェンド・オブ・ゾロ』は、2005年製作のアメリカ映画です。上映時間…