『耳をすませば 』天沢聖司は実はやばい奴だった?!真相を徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.ghibli.jp/
記事作成日:

『耳をすませば 』天沢聖司は実はやばい奴だった?!真相を徹底解説!

映画・ドラマ

264view

ジブリを代表する作品の一つである『耳をすませば』は、ほかのジブリ作品とは一味違った魅力にあふれています。子供だけでなく大人が見ても感慨深いものが詰まっているこの作品をより楽しむために、今回は主要登場人物の人地である天沢聖司にスポットを当ててみます。

『耳をすませば 』の作品情報

『耳をすませば』をまだ見たことがないという方、もしくは一度だけ見たことがあるけれど忘れてしまった、という方のために、ここでは作品情報についてご紹介します。視聴する前の予備知識として心に留めておくと、より作品の世界観を身近に感じられるかもしれません。

『耳をすませば 』のあらすじ

主人公である中学3年生の月島雫は読書好きの女の子です。ある日、図書館で借りた本に入っていた図書カードを見ると、そこには「天沢聖司」という名前が自分の名前の前に記されていました。

本を借りるたびに図書カードに記載されている「天沢聖司」という名を見るたびに、どんな男の子なのか気になり、月島雫は想像を膨らませていきます。そんなある日、月島雫は借りたいと思った本に、「天澤」という蔵書印があることに気が付きます。

月島雫は親友である夕子に頼まれ、楽曲「カントリーロード」の日本語訳を頼まれ、翻訳します。同時に冗談で作った「コンクリートロード」の歌詞を読み、2人で笑います。

その後、その「コンクリートロード」の歌詞を本と一緒にベンチに忘れた月島雫ですが、取りに戻ると知らない男の子が本を手にしており、声を掛けようとしたところ「コンクリートロードはやめた方がいい」と言われてしまいます。

すっかり気分を害した月島雫は、その名も知らぬ男の子に対して嫌な感情を抱くのです。そして夏休みのある日、月島雫は図書館勤務をしている父親が忘れたお弁当を届けるため、電車に乗ったところ、車内に猫がいるのに気が付きます。

たまたま猫と同じ駅で降りた月島雫は、そのまま猫の後を追いかけ、アンティークショップ「地球屋」へと足を踏み入れるのです。そこでは西 司郎というオーナーのおじいさんと出会います。

その後、父親へお弁当を届けるために店を出た月島雫は、父親の勤務先の図書館に着いたときに、あの嫌な男の子から呼び止められ、地球屋に忘れたはずの弁当を手渡されるのです。

ストーリーが展開するにつれ、この嫌な男の子が、実は月島雫がずっと気になっていた「天沢聖司」ということが明らかになり、中学生らしい2人の恋心が交錯していきます。物語の後半、天沢聖司はバイオリンを作る職人になるため、その夢を実現させようとイタリア留学を目指します。

天沢聖司は無事にイタリアへ留学できるのか、そしてバイオリン職人になるという夢をかなえるのか、注目したいところです。そして月島雫との関係はどう発展していくのか、このアニメでは描き切れていない「その後」が気になっている視聴者も少なくありません。

『耳をすませば 』の声優キャスト


アニメ映画『耳をすませば』の声優キャストが気になる方も多いでしょう。劇中では主人公、月島雫の声を本名陽子が演じています。本名陽子は、ジブリ作品の『おもひでぽろぽろ』で、小学5年生の岡島タエ子の声を担当しています。

『耳をすませば』と縁の深い作品『猫の恩返し』では、チカの声を好演しています。『猫の恩返し』をみるときに、ぜひチェックしてみてください。そして気になる天沢聖司の声を務めているのが、当時はまだ無名俳優に近かった高橋一生です。

今となってはドラマや映画で主役をはることも多い高橋一生がヒロインの相手役の声を担当したということで、ある意味貴重な作品でもあります。高橋一生ファンにとって『耳をすませば』はぜひ一度は視聴しておくべき映画です。

『耳をすませば 』のキャラクター・雫&聖司

『耳をすませば』にはいろいろな登場人物がいますが、中でも特に外せないのが主人公、月島雫と、準主役ともいえる天沢聖司です。ここでは2人の性格や背景などについて詳しく解説していきます。作品を視聴する前に一読すると、より映画が楽しめることでしょう。

読書が好きな「月島雫」

月島雫は、図書館勤務をしている父親に似たのか、無類の読書好きとして知られています。夏休みには20冊の本を読破するほどの本好きです。

性格は明るくて快活で、友達が多いものの、家では無口で反抗心をむき出しにすることもあります。本人は意識していませんが、実は男子から告白されるなどモテキャラという一面も持っています。

物語が始まることを期待して、電車内で見つけた猫の後を追うなど、好奇心に任せて少し無謀な行動に出ることもあります。天沢聖司と出会い、彼が夢に向かって突き進んでいる姿を見て刺激を受け、自分だけの物語を書こうと決心します。

そしてこの月島雫の書いた物語というのが、後に映画化された『猫の恩返し』であるというオチもあるので、意識しながら見てみると、より面白く感じるかもしれません。

バイオリン職人を目指す「天沢聖司」

天沢聖司は天沢家の末っ子で、月島雫と同じ中学に通う3年生です。『地球屋』のオーナーである西司朗の孫でもあり、月島雫は西司朗との交流がきっかけで、嫌な男の子が実は探していた天沢聖司だということを知ります。

天沢聖司はイタリアで修業を積んでバイオリン職人になることが夢と語っており、劇中では実際にイタリアへ渡り、バイオリン職人になれるのかどうか、短期留学もしています。

実は以前から月島雫のことが気になっており、彼女の前に自分の名前を図書カードに記入するため、必死で借りていた事実も明かしています。

『耳をすませば 』の原作は少女マンガ?!気になるその後は?

『耳をすませば 』の原作は少女マンガ?!気になるその後は?

『耳をすませば 』は少女マンガが原作! まず初めに、『耳をすませば』の原作である、同名少女マンガについて紹介します。少女…

かっこいいは間違い?天沢聖司のやばさを検証!

劇中では、天沢聖司のかっこよさに心を奪われる視聴者も少なくありません。ここでは、かっこいいという単純な言葉では片付けられない、天沢聖司のやばさについて検証していきます。一体どの点がやばいのか、チェックしてみましょう。

天沢聖司のやばさ①雫が読みそうな本を先に借りている


月島雫が図書室で本を借りると、必ずと言ってよいほど、その図書カードには天沢聖司の名前があります。さすがの天沢聖司も、図書室の本全てを借りているわけではないでしょう。つまり、月島雫が借りそうな本を選んで、先に借りているということになります。

仲の良い友達ならまだしも、最初、月島雫は天沢聖司の姿と名前が一致していないほど、2人の間には距離があったことが分かります。にもかかわらず、月島雫の好きそうな本を把握しているというのは、少し怖いかもしれません。

天沢聖司のやばさ②なぜかタイミングよく登場する

アニメだけでなく普通のドラマや映画でもよくある話ですが、『耳をすませば』の中でも、天沢聖司がいつもタイミングよく登場することに疑問の声が挙がっています。恋愛ストーリーにはあるあるの設定ですが、ここぞというときに天沢聖司が必ず姿を現します。

そのことから、視聴者の中には天沢聖司は月島雫を陰から見守っているか、ストーキングしているのではという声も上がっています。あまりにも登場するタイミングが良すぎると、過剰に感じてしまうので、ほどほどが良いようです。

天沢聖司のやばさ③学校ではすれ違っても無視


天沢聖司は月島雫の前に絶妙なタイミングで毎回姿を現すものの、なぜか学校内ではすれ違っても月島雫のことを見ようともせず、無視を決め込んでいます。お互いにすでに知り合っている仲なのに、すれ違っても挨拶をしないのは不自然です。

そのツンデレぶりに、月島雫は心惹かれてしまったのかもしれません。ある意味、天沢聖司の心理作戦に月島雫はぴったりとはまってしまったとも言えます。実際の恋愛でも、こういったテクニックを応用してみたいものです。

天沢聖司のやばさ④完璧すぎる「カントリーロード」の演奏

劇中では、天沢聖司が月島雫の前で即興で「カントリーロード」をバイオリンで弾く場面があります。バイオリン向けの曲はほかにもあるものの、なぜかあえて「カントリーロード」を選んだ天沢聖司に視聴者からは「完璧すぎる」という声も上がっています。

最初に月島雫がベンチに忘れた「コンクリートロード」の歌詞を見たときから、きっと陰でこっそりと練習していたのでしょう。いつか披露する日のために陰で練習し、披露するときは、まるで前から弾けていますと言わんばかりにさらっと演奏した天沢聖司に、月島雫も心を動かされていました。

天沢聖司のやばさ⑤雫の家を特定して待ち伏せ

物語の最後の方で、天沢聖司はイタリアへ2カ月間、バイオリン職人になるための準備のためにイタリアへ行っています。そして月島雫に会いたいがために、予定していた帰国日を一日早めて、早朝に月島雫の家に行き、彼女の部屋の窓の下で待ち伏せしていたのです。

まず、それまで訪れたことがない月島雫の家を特定している段階で少しびっくりします。さらに月島雫の部屋がどこにあるのかもめどをつけ、無言で自転車にまたがり外で待ち伏せしている時点で、ストーカー的な怪しさを感じます。

明け方、ふと目が覚めた月島雫は、なんとなく窓の外を見ます。するとそこには、まだイタリアにいるはずの天沢聖司がいて、2人は運命を感じるのです。一見するとストーカー的行為も、ハンサムで向上心のある天沢聖司がすることにより、どこか怪しさが忘れ去られた印象です。

『耳をすませば 』のキャラクター声優をまとめて紹介!意外な声優も?!

『耳をすませば 』のキャラクター声優をまとめて紹介!意外な声優も?!

映画「耳をすませば 」の作品概要 『耳をすませば』は1995年に公開された近藤喜文監督によるジブリ作品です。原作は柊あお…

『耳をすませば 』はジブリのオリジナル作品ではない?

ジブリ作品の多くは、ジブリのオリジナル作品となっていますが、『耳をすませば』はそうではありません。原作は少女漫画家の柊あおいの同名作品です。ジブリには珍しく恋愛系のストーリーということで注目を浴びました。

『耳をすませば 』の聖司は恋愛戦略のプロかも!

今回は『耳をすませば』の登場人物の中でも、特に天沢聖司にスポットを当ててみましたが、いかがでしたか?劇中でもイケメン的要素の強い天沢聖司ですが、ぜひ彼のツンデレぶり満載の恋愛テクニックをお手本にして、自身の恋愛に役立ててみてください。

その他の関連記事はこちらから

【崖の上のポニョ】あらすじ・登場人物を徹底解説!有名な都市伝説を紹介!

【崖の上のポニョ】あらすじ・登場人物を徹底解説!有名な都市伝説を紹介!

映画『崖の上のポニョ』の作品情報 『崖の上のポニョ』は、2008年に公開されたジブリ作品で、宮崎駿監督が4年ぶりに長編ア…

【ネタバレ】映画『タイタニック』あらすじや衝撃の真実をご紹介!

【ネタバレ】映画『タイタニック』あらすじや衝撃の真実をご紹介!

映画『タイタニック』とは 『タイタニック』は、1997年に公開されたロマンス作品です。北大西洋上で氷山に衝突したことで、…

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

どんでん返しのある映画の楽しみ方!ポイントを解説 どんでん返しが醍醐味の映画の大敵は、なんと言ってもネタバレでしょう。ネ…