【ネタバレ】映画『万引き家族』あらすじや家族構成を徹底解説! アイキャッチ画像 https://eiga.com
記事更新日:

【ネタバレ】映画『万引き家族』あらすじや家族構成を徹底解説!

エンタメ

1450view

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、一躍話題となった是枝監督による映画「万引き家族」。アットホームながら日本社会のリアルな問題などが描かれ、日本のみならず世界中で映画を観た方の心を打っています。ここでは、そんな映画「万引き家族」のあらすじや家族構成を徹底解説していきます。"家族を超えた絆”を描く衝撃の感動作となっているので、是非チェックしてみて下さい!

映画 万引き家族の概要

『万引き家族』は、2018年6月8日に公開された日本映画です。「三度目の殺人」「そして父になる」を手掛けた是枝裕和監督の作品で、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、日本のリアルな社会問題や人と人との繋がりを描いたヒューマンドラマとなっています。

キャストには是枝監督と何度もタッグを組んできたリリー・フランキー、樹木希林をはじめ、安藤サクラ、松岡茉優、オーディションで選出された子役の城桧吏、佐々木みゆらが名を連ねています。

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞受賞

『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞し、大きな話題となりました。世界最高峰の映画祭において最高賞にあたる同賞は、1997年の第50回カンヌ国際映画祭にて今村昌平監督作品「うなぎ」が受賞して以来21年振りの快挙となります。

海外メディアからも非常に高い評価を得ており、日本のみならず世界的に大ヒット!中国では実写邦画歴代1位、フランス・パリでは初登場1位、全米では興行収入200万ドルを越え、2018年公開の邦画、外国映画で1位となるなど、世界中で旋風を巻き起こしました。

無料トライアルあり!動画配信サービスで映画・ドラマが見放題

映画やドラマ、アニメ作品をたくさん視聴したい方には動画配信サービスがおすすめです。パソコンやスマホなどあらゆるデバイスに対応しているため、わざわざレンタル店に行く必要はありません。いつでもどこでも簡単に視聴可能です!

さらに無料トライアルがある動画配信サービスを厳選して紹介します。気になる作品がある方は、まずは無料トライアルから始めてみるのをおすすめします!

おすすめ動画配信サービス 公式サイト
【作品数が魅力!】U-NEXT
・25万本以上の圧倒的作品数
月額2,189円(税込)
・31日間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
日テレドラマ 【オリジナル作品・国内ドラマ充実!】hulu
・10万本以上の映画・ドラマ等が見放題
月額1,026円(税込)
・2週間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
【圧倒的コスパ!】Amazonプライムビデオ
・値段の安さが特徴
月額500円or年会費4,900円(税込)
・30日間無料体験あり
公式サイトをチェック

映画 万引き家族のあらすじをネタバレ!

ここからは、映画『万引き家族』のあらすじをご紹介していきます。ネタバレが含まれているので、まだ映画を観ていない方は注意して下さい。カンヌ映画祭、最高賞のパルムドールを受賞した作品とはどのような内容なのでしょうか。早速見ていきましょう!

万引き家族のネタバレ①貧しい柴田家

東京・下町、高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、5人の家族が暮らしています。父・柴田治(リリー・フランキー)、母・信代(安藤サクラ)、息子・祥太(城桧吏)、風俗店で働く信代の妹・亜紀(松岡茉優)、そして家主である祖母・初枝(樹木希林)です。

皆、初枝の年金目当てに共に暮らしていますが、貧しいながらもいつも笑いが絶えず、口は悪くも皆で仲良く過ごしています。どこにでもいるような普通の家族に見えますが、実はこの一家、初枝の年金で足りない生活費は「万引き」で稼ぐという手段をとっているのです。

この日もいつものように、父・治と息子の祥太がスーパーに訪れ、目と目で合図をしながら手慣れた様子で、次々の店の商品をリュックの中に入れ、万引きを繰り返していました。

凍えるような冬の夜、万引きを終えた2人が大量の商品を持って家路に着きますが、ふと、とあるアパートの1階角部屋のバルコニーで震えているに小さな女の子を見つけます。中からは男女の言い争う声が聞こえ、見かねた2人は可哀想に思い女の子を家に連れて帰ります。

家には、祖母の初枝の他に、妻の信代、信代の妹、亜紀が2人の帰りを待っていました。初枝が女の子に名を訪ねると「ゆり」と名乗り、腕には火傷、他にも傷があることに気付きます。信代と亜紀は、ゆりを早く家に戻すように言いながらも世話を焼き、結局その日は初枝と一緒に眠りにつくのでした。

翌日、治はゆりをおんぶして、信代と共に連れて帰ったアパートに送り届けようとしますが、部屋の中からは昨日と同じように、またもや両親の争う声が聞こえます。その隙に治はベランダにゆりを戻そうとしますが、母親と思われる女性の声で「産みたくて産んだんじゃない」と言う声を耳にするのです。

信代はそれを聞き「連れて帰ろう」と言い、2人は再びゆりを連れて自宅に戻ります。ゆりも家には帰りたがらず、「脅迫も身代金要求もしていないんだから誘拐じゃない」と言う治の言葉で、ゆりは柴田家の子供としてそのまま一緒に暮らし始めます。

万引き家族のネタバレ②凛

信代は勤めているクリーニング店で、客がポケットに入れっぱなしのアクセサリーをくすねる、亜紀は、女子高生のコスプレや下着になってポーズをする性風俗店で働く、これが柴田家のいつもの生活でした。

ゆりが来てからも家族はそれぞれいつも通りに過ごし、月日が経っていきます。祥太はゆりを連れて近所をうろついては、駄菓子屋やスーパーで万引きを繰り返す日々を過ごしていました。

ある日、治が松葉杖をついて帰ってきました。仕事現場で脚を骨折してしまったのです。「事故だから労災保険が降りる。働けなくても大丈夫」という治でしたが、結果労災は下りず生活はどんどん困窮していきます。

そんな時、少女が行方不明で両親が2ヶ月間も捜索願いを出していなかったというニュースが流れ、世間を騒がします。人々は少女の両親に疑いの目を向け、家には報道陣が押し寄せていました。それは冬の夜にゆりを見つけた、あのアパートでした。

テレビにはゆりの顔写真が大きく写し出され、治たちはそこで初めてその少女がゆりではなく「じゅり」と言う名であることを知ります。

両親から虐待を受けていることを確信している一家は、後ろめたさを感じつつも、じゅりであることをバレないよう、長い髪を短く切り「凛」と名付けます。「似合うよ」と皆に褒められて笑顔を見せる凛、凛はもうすっかり柴田家の一員になっていたのです。

万引き家族のネタバレ③初枝の死

クリーニング店で働く信代でしたが、不況の煽りを受けて信代ともう1人、どちらかが辞めなければいけない状況に陥ってしまいます。

2人とも譲りませんでしたが、もう1人の女性から「ニュースで報道されていた女の子のこと知ってる」と脅されます。信代は「そのことを喋ったら殺す」と言い残し、自ら去っていくのでした。

年金の他、パチンコ店で他の客の玉を盗むこと以外収入がないはずの初枝でしたが、「慰謝料」と呼ぶ謎の収入がありました。初枝には離婚歴があり、昔初枝を捨てて別の女性と家庭を持ちました。

元夫もその後妻も亡くなった今、元夫の月命日に後妻との間にできた息子夫婦の元に訪れ、定期的にお金をもらっていたのです。そしてこの息子夫婦は、亜紀の実の両親であることが、ここで明かされます。

ある夏の日、一家は海に行き、泳いだり波際で皆でジャンプしたりと楽しんでいます。その仲睦まじい姿を目を細めながら眺め「ありがとうございました…」と呟きます。

その翌日、眠っていた初枝が目を覚ましません。眠ったまま亡くなったことに気付き、初枝に懐いていた亜紀は激しく動揺します。初枝は1人暮らしをしていることになっている、死亡すると年金がもらえない、そして凛のこともあって葬式ができない、これらの理由がら死亡届は出さず、治は家の床下を掘って遺体を埋めるのでした。

万引き家族のネタバレ④家族ばらばらに

ある日、祥太は凛を連れて駄菓子屋に行き、いつものように万引きをします。すると、店の主人に呼び止められ、「妹にはさせるなよ」とゼリーを2つ手渡されます。この件で、祥太は万引きに対して疑問を抱くようになります。

そしてついに事件が起こります。祥太が万引きしようとしたスーパーで、凛が見よう見真似でお菓子を盗もうとしてしまうのです。祥太はとっさに囮となってミカンを盗み逃げ出しますが、追いかけてきた店員に捕まりそうになり、橋の上から飛び降りケガをして病院に運ばれます。

このままでは全てがバレてしまう…と思った治は、一家で夜逃げをしようとしますが、結局警察に捕まってしまいます。家族はそれぞれ警察から事情聴取を受けることになりますが、ここで衝撃の事実が次々と明らかになりました。

夫の裏切りで独り身となった初枝、ホステスだった信代とその客だった治、初枝の元旦那と後妻の息子夫婦の娘の亜紀、そして祥太は凛と同じように、両親の育児放棄から拾ってきた子でした。一家は凛だけでなく、誰一人血縁関係がなかったのです。

また、信代は昔DV夫を殺害し埋めていたことも判明、治も共犯者でした。警察から全てを聞かされた亜紀は動揺し、家に初枝が埋められていることも話してしまいます。信代は自ら全ての罪を被って懲役5年、治は執行猶予付きの判決が下りました。

万引き家族のネタバレ⑤翔太と治の別れ

祥太は退院後、施設暮らしとなり、そこから学校にも通えるようになりました。釈放された治は、祥太を連れて信代の面会に訪れます。お互いの近況報告をした後、信代は祥太に、松戸のパチンコ店で車に放置された祥太を連れ去ったこと、車の車種や色など、誘拐した時の状況を伝えます。

そして「その気になれば両親を探せる」と残し、面会室を後にするのでした。その日は1人暮らしを始めた治の家に泊まり、夜、治は入院中の祥太を置いて夜逃げしようとしたことを告白します。そして「父ではなくおじさんに戻る」と伝えます。

翌朝、祥太は施設に戻るためバスに乗ろうしますが、別れ際に「自分はわざと捕まった」と打ち明けます。走り出すバス、治は思わず祥太の名前を叫びながら追いかけますが、治を切なそうに見つめる祥太を乗せたまま走り去るのでした。

一方亜紀は、初枝が亜紀の家族からお金をもらっていたと知り、自分と一緒にいたのはお金の為だったのか…と苦悩するようになります。しかし、初枝が亡くなった今、確かめるすべもありません。皆で楽しく過ごした家に行ってみるも、もう誰もいるはずもなく、空虚をただただ見つめるだけなのでした。

気になる凛ですが、実の両親の元に返され「じゅり」としての生活に戻りました。しかし、柴田家の皆のようにかまってくれるわけでもなく、ベランダに追いやられてしまいます。そして踏み台に乗り、まるでまた誰かが迎えに来ることを待っているかのように、ベランダから外を眺めるシーンで物語は幕を閉じました。

映画『人魚の眠る家』のあらすじは?キャストや相関図をご紹介!

映画『人魚の眠る家』のあらすじは?キャストや相関図をご紹介!

「人魚の眠る家」はどんな作品? 大人気ミステリー作家である東野圭吾の30周年記念作品として刊行された同名小説「人魚の眠る…

映画 万引き家族の家族構成とキャスト

  • 初枝(樹木希林) : 身寄りのない独り身
  • 治(リリー・フランキー) : 初枝の実の息子の名前
  • 信代(安藤サクラ) : 初枝の実の息子の嫁の名前
  • 亜紀(松岡茉優) : 初枝の亡くなった元旦那と後妻の息子夫婦の娘
  • 祥太(城桧吏) : 治の本名”榎勝太”の”しょうた”
  • 凛(佐々木みゆ) : 信代の小さい頃の親友の名前

柴田家は、互いの孤独を埋めるための初枝を中心とした疑似家族で、名前も本名ではありませんでした。名前の由来を見ても、初枝の願望や欲求が垣間見れるでしょう。

映画 万引き家族の家族構成

『万引き家族』は、血縁関係のない6人の家族を中心にストーリーが展開していきます。続いては、柴田家の家族構成とその家族を取り巻く登場人物をご紹介します。

万引き家族の家族構成①柴田初枝(樹木希林)

柴田家の軸となっているのが祖母・初枝です。昔夫に裏切られ離婚、息子がいますが嫁との仲が悪くなり、今は疎遠となっています。収入源は、年金とパチンコ店での他の客の玉を盗むことで、東京の下町に住んでいます。

初枝を演じたのは、樹木希林さんです。2018年9月、アカデミー賞授賞式の約半年前にこの世を去りました。映画の中で、柴田家が海水浴に行き、皆が仲良く遊んでいる姿を後ろから眺めて呟くシーンは、樹木希林さんのアドリブだったそうです。

万引き家族の家族構成②柴田治(リリー・フランキー)

本作の主人公でもある、柴田初枝の息子・柴田治です。本名は榎勝太で、「治」は初枝の本当の息子の名前です。昔ホステスだった信子と不倫関係になり、信子のDV夫の殺害・遺棄の共犯者でもあります。柴田家では、日雇い労働を収入源としながら、息子と万引きを繰り返しています。

そんな治を演じたのが、過去に是枝監督と共演経験のあるリリー・フランキーさんです。是枝監督が治役をリリーさんにオファーしたのは、「そして父になる」で演じた、子煩悩で味のある電気屋のオヤジ像がとても印象深かったと語っています。

万引き家族の家族構成③柴田信代(安藤サクラ)

治の妻、信代です。信代と言う名は、初枝の実の息子の嫁の名で、本名は田辺由布子です。ホステス時代に治(榎勝太)と不倫関係にあり、治と共謀しDV夫を殺害・遺棄した過去を持っています。クリーニング店工場のパート従業員として働いていますが、衣服に入っていたアクセサリーを盗んだりしています。

信代役は、個性派女優として人気の安藤サクラさんが演じています。女優としての演技は素晴らしく、特に本作の終盤の演技は高く評価され、是枝監督も「あんな泣き方をする女優を初めて見た」と絶賛しています。

万引き家族の家族構成④柴田亜紀(松岡茉優)

信代の妹として柴田家の同居する亜紀です。しかし、実際は初枝の元旦那と後妻の息子夫婦の娘で、家族に愛されていないと感じ家出をしました。風俗店に勤めており、源氏名は「さやか」。さやかは、亜紀の実の妹の名前になります。

亜紀を演じたのは松岡茉優さんです。女子高生の格好をして風俗店で働く役柄を担ぎ、是枝監督や共演者の池松壮亮と一緒に、風俗店に見学に行き、勉強になったと語っています。

万引き家族の家族構成⑤柴田祥太(城桧吏)

治と信代の長男・祥太です。学校へも行かず、治と一緒に万引きをして暮らしています。実際は実の息子ではなく、治がパチンコ店で車上荒らしをしようとした際、車の中に放置されていた子供です。名前は、治の本名「榎勝太」から付けられました。

祥太役は、オーディションで是枝監督に大抜擢された11歳の城桧吏君が演じています。父親から教わった万引きを繰り返す息子・祥太の心の奥に潜む葛藤と成長を見事に演じきっています。

万引き家族の家族構成⑥ゆり/りん/北条じゅり(佐々木みゆ)

治が誘拐した凛です。実の両親からネグレスト受け、ベランダに放置されているところを治が助け連れて帰りました。最初は”ゆり”と名乗りますが、行方不明で捜査されている子供”北条じゅり”だと明らかになったことで、髪を切り”凛”という名前で柴田家で暮らしています。

物語のキーパーソンともなる少女・凛を演じたのは、オーディションで大抜擢された6歳の佐々木みゆちゃんです。是枝監督が起用した理由について、「彼女のまとう雰囲気が最大の決め手」と語っています。万引き家族の演技が高く評価され、その後多くの作品に出演しています。

万引き家族の家族構成⑦柴田譲(緒形直人)

柴田譲は初枝の元旦那と後妻の間に生まれた息子で、亜紀の父親でもあります。父の前妻である初枝の訪問をたびたび受け、その度にお金(3万円)を渡しています。2人の娘のうち、姉の亜紀は行方不明となっており、実は初枝の家に住んでいることは知りません。譲を演じたのは緒形直人さんです。

万引き家族の家族構成⑧柴田葉子(森口瑤子)

柴田葉子は譲の妻、亜紀の母親です。譲の父の前妻である初枝が、血縁関係がないにもかかわらず度々家を訪れることに不満を抱いています。譲と同様、亜紀は海外留学をしているということにしており、初枝と同居していることは知りません。葉子を演じたのは、森口瑤子さんです。

万引き家族の家族構成⑨柴田さやか(蒔田彩珠)

高校2年生・柴田さやかは譲と葉子の次女、亜紀の妹です。風俗店で働く亜紀の源氏名は彼女からとっています。登場シーンは少ないですが、両親の愛情が全てさやかに向いたと感じて家出をした亜紀にとっては、重要な人物と言えるでしょう。さやか役は是枝監督と共演歴もある蒔田彩珠さんが演じています。

万引き家族の家族構成⑩4番さん(池松壮亮)

4番さんは、風俗店で働く亜紀の元を頻繁に訪れる客です。発達障害がありうまく言葉を発せられませんが、亜紀が密かに心を通わせる相手です。4番さんもまた、亜紀に抱きしめられて勇気づけられます。4番さんを演じたのは、池松壮亮さんです。

カップルで見たい映画おすすめ18選!おうちデートでハズさない作品はコレ!

カップルで見たい映画おすすめ18選!おうちデートでハズさない作品はコレ!

カップルでおうちデート!映画観よう! おうちデートで映画鑑賞をするとお互いの好みや価値観など新しく発見できる部分もあるで…

映画 万引き家族監督 是枝裕和

是枝裕和監督は1962年東京都生まれ、「誰も知らない」「そして父になる」「海街diary」「三度目の殺人」など、数々の話題作を世に送り出した、国内外で高い評価を受ける映画監督です。『万引き家族』は、是枝監督が「10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作となっています。

是枝裕和監督独自の映画作成手法

万引き家族は、脚本だけでなくキャスト陣の演技も世界的に高い評価を受けました。これは、是枝監督独特の映画作成手法で、役者の演技を上手に引き出しているのです。

是枝監督はこれまでの作品でも、子役には脚本を渡さず、そのシーンごとにセリフを口頭で伝えたり、シチュエーションだけを大まかに伝えて自由に動いてもらうという方法をとっています。こうすることで、子役が事前に台本を覚えてくることを避け、演技を演技に見せない自然な振る舞いを魅せることができます。

また、是枝監督は”裏と表”がある作品が多いです。「一見幸せそうな家族に見えても、見えていない部分にも真実がある」普段目にしている部分がいかに一面的なのかということに気付きます。『万引き家族』でも表と裏が表現されていますが、この手法は是枝監督が得意としている描写の1つと言えるでしょう。

実力派俳優の演技に見どころいっぱい!

貧困・児童虐待・犯罪などの社会問題をリアルに描かれたこの作品は、人と人との関係が希薄な今の時代に、真の”つながり”とは何かを問う心揺さぶる衝撃作です。本物の家族のように楽しそうに暮らす一家の日常を見て、血の繋がり以上の「絆」について考えさせられるでしょう。

日本映画界を代表する俳優、急成長中の子役たちの演技は見どころ・見応えたっぷりです。日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作『万引き家族』を是非ご鑑賞下さい!

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『樹海村』は実在する村の話⁈あらすじや都市伝説をご紹介!

【ネタバレ】映画『樹海村』は実在する村の話⁈あらすじや都市伝説をご紹介!

映画『樹海村』とは 『樹海村』は2021年2月5日に公開された日本映画です。『犬鳴村』に続く「実録!恐怖の村シリーズ」第…

伏線回収がスゴい映画おすすめ18選!ストーリー展開が気持ち良い作品をご紹介!

伏線回収がスゴい映画おすすめ18選!ストーリー展開が気持ち良い作品をご紹介!

伏線回収のストーリーとは? 伏線とは「隠されているキーポイント」のことで、作者が作品の至る所にヒントを散りばめています。…

後味の悪いバッドエンド映画20選!胸糞なのにクセになる⁈

後味の悪いバッドエンド映画20選!胸糞なのにクセになる⁈

胸糞の悪くなりそうな映画の面白さ バッドエンドの映画は、観終わった後に良い気分ではないでしょう。しかし、ハッピーエンドの…