普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ18選を厳選紹介! アイキャッチ画像
記事作成日:

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ18選を厳選紹介!

ファッション

163view

ルイヴィトンのバッグは、バリエーションが非常に豊富で、実際に店頭に足を運ぶとどれが良いか決められないという方も多いでしょう。そこで今回は、普段使いとしてもおすすめの、ルイヴィトンのバッグを厳選してご紹介します。大きさや収納力、バッグの種類も様々なので、ぜひ用途にあったアイテムをチェックしてみてください。

ルイヴィトンとは

1854年にフランスで誕生した世界的なファッションブランドで、スーツケース職人であったルイ・ヴィトンによって創業されました。当初は旅行用トランク(スーツケース)専門の販売店としてオープンし、国内では一流の職人として認められていました。

しかし、ルイヴィトンというブランドが世界中で認知されたのは、創始者であるルイが亡くなり、彼の息子であるジョルジュ・ヴィトンがブランドを受け継いでからでした。ジョルジュは、ヴィトンの製品を世界中へ発信し、新たなコレクションも次々と発表していったのです。

現在では、バッグや財布などの革製品の他にも、プレタポルテコレクションには他ブランドでも活躍するトップデザイナーを入れ、ファッションアイテム全般を展開するラグジュアリーブランドとして、その地位を確立しています。

ルイヴィトン【ジェロニモス】の人気の理由は?徹底紹介!

ルイヴィトン【ジェロニモス】の人気の理由は?徹底紹介!

ルイヴィトン【ジェロニモス】とは? ルイヴィトンのジェロニモスとはどのようなバッグなのか、簡単に解説するとともに、多くの…

ルイヴィトンのバッグの特徴

ルイヴィトンのバッグと言えば、デザインももちろんのこと、素材のバリエーションが豊かな点も魅力だと言えるでしょう。定番となった「モノグラム」や「ダミエ」には、キャンバス素材にPVC加工を施した「トアル地」という素材を採用し、高い耐水性や耐久性を実現しています。

他にも、カーフスキンにエナメル加工を施した「ヴェルニ」や、厚手の牛革を鞣し、型押しした「エピ」など様々ですが、どれも全く異なった表情を楽しむことができます

普段使いにおすすめなルイヴィトンのバッグとは

ルイヴィトンのバッグと言っても種類が様々で、シーンやファッションによって合うアイテムも変わってきます。まずは種類別に普段使いとしておすすめのバッグを簡単にご紹介しますので、参考にしてみてください。

【ショルダーバッグ】

最小限の荷物でコンパクトに持ち歩きたいという方は、ミニサイズながらもマチが広めで、ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使用できる「アルマBB」や、出し入れがしやすいスクエア型で、フロントのタッセルが可愛らしい「サントンジュ」などがおすすめです。

【トートバッグ】

ビジネスや小旅行など、ある程度の容量が欲しいという方はトートバッグが良いでしょう。定番の「ネヴァーフルMM」は、肩にかけやすいハンドルと十分な容量を備え、サイドレースでマチの調整も可能です。

個性を出したい場合は、クラシカルで高級感のある「オンザゴー」もおすすめです。ジャイアントモノグラムが存在感を放ち、持ちやすいハンドルと高い収納力で実用性も高いモデルとなっています。

【バックパック】

バックパックのバリエーションも豊富なので、両手をフリーにしアクティブに持ち歩きたい方にピッタリでしょう。バックルタイプの可愛らしさと高級感を兼ね備えた「モンスリ」は、上品で女性らしい印象です。

シックに合わせたい時は、LVのツイストロックがアクセントとなった「ロックミー」のバックパックがおすすめです。シンプルかつクールな雰囲気を放ち、カジュアルやモード系ファッションにも合わせやすいデザインが特徴となっています。

イタリア発の人気ブランド18選!ハイブランドから個性派ブランドまでご紹介!

イタリア発の人気ブランド18選!ハイブランドから個性派ブランドまでご紹介!

イタリアブランドの特徴 イタリアブランドは、上質なイタリアのレザーや美しいシルエットが特徴となります。まず、イタリアは世…

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ【ショルダーバッグ】

ここからは普段使いとしてもおすすめの、ルイヴィトンの人気バッグを厳選しています。まずは定番で、コンパクトに持ち運びができるショルダーバッグからご紹介しましょう。

ルイヴィトンバッグ①2WAY アルマ BB モノグラム

1934年に発売されたルイヴィトンのアイコンバッグ「アルマ」のデザインを受け継ぎつつ、コンパクトサイズにしたモデルです。定番でもあるモノグラムキャンバスに、ゴールドカラーのパドロックとキーがアクセントとなっています。

丸みを帯びたトロンハンドルが備えられ、ショルダーバッグとしても、ストラップを外してハンドバッグとしても活躍します。ミニサイズではありますが、底に十分なマチが設けられているため、外見以上の収納力を発揮するでしょう。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ②サントンジュ ノワール

上質なカーフレザーにモノグラムの型押しを施した、モノグラム・アンプラントレザーが魅力となった、ショルダーバッグです。遊び心のあるオシャレなタッセルを中央にあしらい、艷やかなゴールドメタルが高級感を醸し出します。

コンパクトなサイズ感ですが、マチが広めなので必要最低限の荷物は問題なく収納可能でしょう。トップハンドルも備えられているため、手持ちでも持ち歩くことができます。デイリーにも使用しやすいデザインで、幅広いシーンで合わせられます。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ③フェリシー

様々なシーンでスタイリッシュに持ち運べる「ポシェット・フェリシー」から着想を得た、クロスボディタイプのモデルです。

メインのポーチにはスマートフォンや財布、ミニポーチなどの必需品を収納することができ、ストラップに取り付けられたミニポーチには、ICカードや非接触型カードなどを入れておくと便利でしょう。

LOUIS VUITTONの文字が大きくあしらわれた太めのストラップがカジュアルな印象で、ボディバッグのように身体に密着させて持ち運ぶこともできるため、アクティブなシーンにも最適です。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ④ネオノエ

1932年に3代目当主のガストン-ルイ・ヴィトンがデザインし、誕生した「ノエ」を再解釈して発表されたモデルです。

ノエは、もともとシャンパンボトルを運ぶためのバッグとして作られたので、縦長で堅牢な設計になっているのが大きな特徴でしょう。アイコニックなモノグラムキャンバスに調節可能なストラップが設置され、肩がけのトートバッグとしても、ショルダーバッグとしても使用できます。

内部は大容量のスペースがありますが、中央にファスナー付きのポケットが備えられているため、小物類の収納にも困りません。大きめの荷物をスタイリッシュに持ち運びたいという時にピッタリのバッグとなっています。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑤ナノ・ノエ

こちらも1932年発売の「ノエ」が前身となっている、コンパクトなクロスボディタイプのモデルです。ノエをそのままミニチュアサイズに仕立てた外見で、可愛らしくポーチのような感覚で気軽に持ち運べるのが魅力でしょう。

財布やスマートフォン、キーケースなどの必需品を収納するのに適しているため、必要最低限の荷物で外出する際にはピッタリのバッグです。定番のモノグラム・キャンバスで、どのようなファッションにも合わせやすく、様々なシーンで活躍します。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑥オデオン

2020年秋冬コレクションで登場した、機能的でスタイリッシュなモデルです。モノグラム・キャンバスと補強用のコーナー部分、ヌメ革のネームタグなどでレトロ感がプラスされ、個性的でオシャレな外見が魅力となっています。

レザーストラップは調節可能なので、クロスボディとしてもショルダーバッグとしても使用できます。一見薄型に見えますが、中央から底にかけてマチが作られているため収納力に優れ、ダブルファスナーで実用性も高いでしょう。

販売サイトをチェック

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ【トートバッグ】

続いて、実用性の高い人気のトートバッグをご紹介します。ルイヴィトンのトートは、同じモデルの中でもサイズのバリエーションが豊富なので、シーンや用途に合わせて容量やデザインを選ぶと良いでしょう。

ルイヴィトンバッグ⑦ダミエ ネヴァーフルGM

エレガントなダミエ・キャンバスにヌメ革のトリミングをあしらった、タイムレスなデザインの大容量トートバッグです。十分な荷物を収納できる容量があるので、1泊程度の旅行や出張にも活躍するでしょう。

サイドレースが施されており、締めることでクラシカルで洗練された印象に、緩めるとカジュアルでラフな印象となります。肩がけしやすいハンドルで無理なく持ち運ぶことができ、カラフルなライニングはさりげない存在感を放ちます。

取外し可能なポーチも付属されているため、小物類の収納に便利なほか、クラッチやバッグのポケットとして別で使用するのもおすすめです。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑧ネヴァーフルPM

タイムレスなデザインと伝統的なディティールが融合した「ネヴァーフル」のコンパクトなモデルです。前述したネヴァーフルGMより大幅にサイズダウンしており、ビジネスやちょっとしたショッピングなどにも手軽に持ち歩けるデザインとなっています。

こちらはモノグラム・キャンバスとヌメ革のトリミングで仕上げられ、ハンドバッグとしても肩がけバッグとしても使用できます。女性らしいピンクのライニングと、取外し可能なファスナー付きポーチも付属し、実用性の高いアイテムとして不動の人気を誇ります。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑨オンザゴー

個性的でインパクトのある外見と機能性を兼ね備えた、大容量のトートバッグです。最大の特徴は、ジャイアント・モノグラムで仕立てられた表面と、モノグラム・リバースパターンをあしらった両サイドとハンドル部分の切り替えデザインでしょう。

配色とスケール感を部分的に大きく変化させ、スタイリッシュなコントラストを描いた唯一無二の表情を楽しむことができます。収納力にも優れ、ハンドルは短めのトロンハンドルの他にロングタイプのハンドルも2つ備えられているため、肩がけトートとしての使用も可能です。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑩ツイストトート エピ

ルイヴィトンの人気素材であるエピレザーを使用し、洗練された高級感のある印象に仕上げたトートバッグです。ブランドの新たなシグネチャーであるLVツイストロックが、アクセントとなっています。

サイドにはマチを調整できるベルトが設置されているため、荷物の量やシーンに合わせて幅広い装いを演出してくれるでしょう。ショルダーストラップも付属し、手持ちだけでなくショルダーバッグとしても使用することができます。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑪パラス

アイコニックなモノグラム・キャンバスに染色されたしなやかなカーフレザーを組み合わせた、コンパクトなトートバッグです。フロント部分に施されたレザーのVシェイプが、さりげなくメゾンの個性を引き立たせます。

日常の必需品を収納するのに最適なサイズ感で、取外し可能なストラップを取り付ければショルダーバッグとしても活躍する、実用性の高いアイテムとなっています。シーンを選ばないクラシカルなデザインも魅力でしょう。

販売サイトをチェック

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ【リュック】

ルイヴィトンはリュックサックの展開も幅広く、様々なデザインのアイテムを楽しむことができます。可愛らしいミニリュックもあるので、両手をフリーにしたい時やアクティブなデートの日などにおすすめです。

ルイヴィトンバッグ⑫モンスリ

1994年に、ルイヴィトンとしては珍しいリュックサックタイプのモデルとして発売された「モンスリ」を、エンボス加工を施したモノグラム・アンプラントレザーでアップデートしたアイテムです。

巾着型の開口部にアンティーク調のバックルを設置し、存在感のあるLVチャームでアクセントをプラスしています。2本のレザーストラップは調節が可能なので、好みのスタイルで背負うことができるでしょう。アクティブながらも女性らしく、デートにもピッタリです。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑬パームスプリングス

実用性とデザイン性を兼ね備え、デイリーユースにも適したトレンディなバックパックモデルです。スポーティーな印象も受けますが、アイコニックなモノグラム・キャンバスでメゾンの伝統や高級感もしっかり醸し出します。

たっぷりとした容量と収納力を持ち合わせており、キルティング加工を施したストラップはクッション性も高いため、長時間の移動でも快適に使用できるでしょう。レザーのトリミングとゴールドカラーの金具部分がアクセントになっています。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑭クラプトン・バックパック

クラシカルなダミエ・キャンバスにカラフルなレザーを組み合わせた、カジュアルなバックパックです。ゴールド金具の差し込み式ロックは、ルイヴィトンの伝統的なアイテムでもあるトランクから着想を得たもので、レトロで可愛らしい印象を与えます。

ストラップは調節や取り外しも可能となっており、トップハンドルも備えられているため、バックパックとしてだけでなくハンドバッグになるもこのアイテムの魅力でしょう。

ルイヴィトンバッグ⑮タイニー・バックパック

2021年夏に発表された「バイ・ザ・プール」コレクションのアイテムです。定番のモノグラム・キャンバスを、夏らしく明るいカラーグラデーションで染め上げた、個性的なデザインが魅力となっています。

非常にコンパクトなサイズ感で、スマートフォンや財布などの必需品を持ち運ぶバックとして使用できます。2本のストラップは長さ調節や取り外しも可能となっており、様々な持ち方を楽しめるでしょう。

販売サイトをチェック

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ【クラッチ・チェーンバック】

最後に、クラッチやチェーンタイプのコンパクトなバッグをご紹介します。上品かつエレガントな印象で、パーティーシーンにもおすすめです。

ルイヴィトンバッグ⑯フェリシー GM

モノグラムパターンのエンボス加工を施した、モノグラム・アンプラントレザーを使用しているポシェットタイプのバッグです。シックなエンベロープ型のフラップがアクセントとなり、必要最低限の収納力を備えます。

内部には、取外し可能なファスナー付きポケットとカード用ポケットが付属しているため、小物類の整理にも便利でしょう。ゴールドカラーのチェーンでサラッと斜めがけにしたり、チェーンを外してクラッチバッグとして合わせたり、様々なシーンで活躍します。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑰アクセソワール

カジュアル、スポーティー、エレガントなど、どのような装いにもマルチに合わせられる、クロスボディタイプのバッグです。「ポシェット・アクセソワール」、「ミニ・ポシェット・アクセソワール」、「ポルトモネ・ロン」を組み合わせたアイテムとなっています。

外見はコンパクトですが、3つのポシェットに収納できるため実用性も高くデイリー使いとして最適でしょう。ゴールドカラーチェーンとジャガード生地の太めストラップはどちらも取り外しが可能なので、ファッションに合わせて別々に使用するのもおすすめです。

販売サイトをチェック

ルイヴィトンバッグ⑱ポシェット・ルイーズ GM

ブラックスムースレザーの程よい艶と、LVのゴールドロゴ、ゴールドチェーンの高級感がエレガントな印象のポシェットです。上質な素材の質感を存分に生かしたクラシカルなデザインで、大人の余裕と上品さを演出してくれるでしょう。

チェーンストラップは取り外しが可能なので、ショルダーバッグ、クロスボディ、クラッチバッグなど多用途で使用することができます。

ルイヴィトンのバッグは普段使いにもおすすめ

デザイン性が高く高級感があるので、特別なシーンで使用するイメージを持つ方も多いルイヴィトンのバッグですが、デイリーシーンでも非常におすすめです。耐久性にこだわった素材と、外見以上の収納力を誇るため、普段用としても長く使い続けられるでしょう。

その他の関連記事はこちらから

どんなブランドがハイブランド?ハイブランドの人気商品を徹底解説!

どんなブランドがハイブランド?ハイブランドの人気商品を徹底解説!

憧れのレディースハイブランドとは まずは、女性ならば誰もが憧れるであろうハイブランドについて、その定義や魅力について解説…

ロエベ(LOEWE)が人気の年齢層は?おすすめアイテムをご紹介!

ロエベ(LOEWE)が人気の年齢層は?おすすめアイテムをご紹介!

ロエベ(LOEWE)とは? ロエベ(LOEWE)は、1872年に設立されたウェアや皮革製品を扱うスペインのファッションブ…

セリーヌ(CELINE)が似合う年齢層は?年代別おすすめバッグをご紹介!

セリーヌ(CELINE)が似合う年齢層は?年代別おすすめバッグをご紹介!

セリーヌ(CELINE)とは? 日本では、バッグや財布、靴などのファッション小物が特に有名なセリーヌは、シャネルやグッチ…