【ネタバレ】映画『ラッキーナンバー7』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://play.google.com/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ラッキーナンバー7』あらすじを徹底解説!

エンタメ

54view

どんでん返しが楽しめる映画『ラッキーナンバー7』は、映画ファンの間で隠れた名作として人気の高い作品です。ブルース・ウィリスやモーガン・フリーマンなど、豪華なキャスト陣による完成度の高い子の名作を味わってみませんか。この記事では、『ラッキーナンバー7』のあらすじやキャスト、口コミなどの情報をまとめます。

映画『ラッキーナンバー7』の基本データ


映画『ラッキーナンバー7』は、2005年製作のアメリカ映画です。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンなど豪華俳優陣が共演を果たしました。ギャングの登場するクライムサスペンスで、R15指定となっています。

映画『ラッキーナンバー7』の主要キャスト

ここでは、映画『ラッキーナンバー7』に出演するキャストの情報をまとめます。主要な役をどのような俳優が演じているのかをチェックしておくと、より映画を楽しむことができるでしょう。

キャスト①ジョシュ・ハートネット:スレヴィン

スレヴィンを演じたのはジョシュ・ハートネットです。サンフランシスコ出身のジョシュ・ハートネットは、アメフト選手として高校時代を過ごしました。しかし怪我をしたことで俳優を志すことになり、1998年「ハロウィンH20」でスクリーンデビューします。

同年「パラサイト」に出演し注目を集め、それからも「ヴァージン・スーサイズ」、「パール・ハーバー」など数々の話題作に出演しました。また、2001年にはリドリー・スコットによる戦争映画の大作「ブラック・ホーク・ダウン」にて主演を務めます。

2017年の平柳敦子監督による「オー・ルーシー!」では、寺島しのぶ演じる主人公が想いを寄せる英会話教室の外国人講師、ジョン役を演じました。近年も数多くの作品に出演しており、自身が製作・主演を担当した「マイナス21℃」、ガイ・リッチーによる「キャッシュトラック」などがあります。

キャスト②ブルース・ウィリス:グッドキャット

グッドキャットを演じたのはブルース・ウィリスです。アメリカ軍人の父の元、ドイツに生まれた彼は出生後間もなく渡米し、高校を卒業したのちはニューヨークにてバーテンダーとして働いていました。その傍らで音楽や演技の勉強を重ね、オフブロードウェイや映画の端役で下積み生活を経験します。

彼が注目を浴びることになったのは1987年から放送されたドラマ「こちらブルームーン探偵社」でのことでした。そして1988年、「ダイ・ハード」に出演したことで一挙にアクションスターとしての名をほしいままとしました。

以後はクエンティン・タランティーノの「パルプ・フィクション」、リュック・ベッソンの「フィフス・エレメント」、ナイト・シャマランの「シックス・センス」など、あらゆるジャンルの名作に果敢に挑戦します。

「ダイ・ハード」シリーズにおいては、2013年の「ダイ・ハード ラスト・デイ」に至るまで全5作で主演を務めています。

キャスト③ルーシー・リュー:リンジー

リンジーを演じたのはルーシー・リューです。中国人の両親の元に生まれ、ニューヨークに育ちました。ミシンガン大学卒業後、女優を志してロサンゼルスに移り住みます。1991年にドラマ「ビバリーヒルズ白書」でデビューを飾り、92年「Rhythm of Destiny」でスクリーンデビューしました。

98年から開始したラブコメシリーズ「アリー・myラブ」で人気を博し、「チャーリーズ・エンジェル」ではキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアと共演、続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」では主演を務めました。

クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」2部作では、暗殺者コットンマウスを演じています。

アニメ映画「カンフー・パンダ」シリーズでは声優として出演したほか、現代版シャーロック・ホームと言える作品「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」では相棒の女医ワトソン役を演じています。

キャスト④モーガン・フリーマン:ボス

ボス役を演じたのはモーガン・フリーマンです。メンフィス出身で、兵役後サンフランシスコの劇団に入りました。ニューヨークのオフブロードウェイで経験を重ねた後、1980年「ブルベイカー」でスクリーンデビューを果たします。

「NYストリート・スマート」ではアカデミー助演男優賞にノミネートされ、「ドライビングMissデイジー」では主演男優賞にノミネートされました。「許されざる者」、「ショーシャンクの空に」、「セブン」など、90年代の名作に立て続けに出演したことで、その地位は動かぬものとなります。

2005年、イーストウッド監督とのタッグによる「ミリオンダラー・ベイビー」ではアカデミー助演男優賞を受賞し、の「インビクタス 負けざる者たち」ではネルソン・マンデラ大統領を演じアカデミー主演男優賞に3度目のノミネートとなりました。

映画『ラッキーナンバー7』のネタバレあらすじ

いよいよ映画『ラッキーナンバー7』のあらすじをご紹介します。ネタバレを含んでいるので、初めて鑑賞される方は途中までチェックすることをお勧めします。先にあらすじを見ておきたい方や、映画の内容だけを知りたい方は参考になさってください。

ネタバレあらすじ①車椅子に乗った男グッドキャット

空港の待合室で、ある青年の前にグッドキャットと名乗る車椅子の男が表れ、彼に話しかけます。「ある昔、ニューヨークの競馬で興奮剤を用いて八百長していた男がいた。そのことを耳にしたマックスという男はその馬に大金をかけるも、ゴール寸前で転倒し大損する羽目になってしまった。」

「借金を負ったマックスは、ギャングに息子を拐われた上妻を殺され、自身も殺された。」この話を終えるや否や、「シャッフルには遺体が必要だ」と言いながら、グッドキャットは青年を殺してしまいました。

同じ頃、ニューヨークにスレヴィンという青年がやってきます。仕事を解雇されてしまった彼は、友人のニックの家を訪ねてきたのです。しかしその途中、街のゴロツキに絡まれ荷物を剥奪されてしまいました。

スレヴィンはニックが留守にしている家に勝手に上がり込みます。するとそこへ、佐藤を借りたいと隣に住むリンジーが現れました。リンジーはスレヴィンに、ニックを探すことを提案します。

ネタバレあらすじ②間違えられて誘拐されるスレヴィン

そこへニックを訪ねてギャングがやってきます。そこにいたスレヴィンをニックと勘違いしたギャングは、彼を誘拐してしまいます。ギャングのボスのところへ連れて行かれたスレヴィンは、ニックのしている多額の借金を今すぐに払うようにと言われます。

ただし、敵対するギャングのリーダー、ラビの息子を殺せば借金を帳消しにするというのでした。ラビはボスの息子を殺した相手だったのです。ボスはスレヴィンの他に、殺し屋グッドキャットにも仕事を頼んでいました。

スレヴィンがニックの家に戻ると、次はラビの手下のギャングに誘拐されてしまいます。そしてラビの元へ引き出されたところ、ニックがラビの組からも借金していたことを知ります。しかしラビはスレヴィンがニックではないと気づいていました。

そこへグッドキャットが現れます。ボスの殺しをラビに依頼されていたグッドキャットは、スレヴィンに貸しがあるのだと言います。

ネタバレあらすじ③ラビの息子の暗殺

スレヴィンがボスのところへ行き息子の暗殺を引き受けると、そこへグッドキャットが現れます。ブリコウスキー刑事は、彼らのことを不審に思い目をつけていました。一方リンジーも事件を追っていました。

スレヴィンはリンジーにディナーに誘われ、レストランへ出かけます。そこでラビの息子を見つけ、彼がゲイであることを利用して会う約束をしました。ブリコウスキーもこの現場を目撃します。その夜、スレヴィンとリンジーは一夜を共にしました。

ブリコウスキーはスレヴィンを捕まえますが、ニックを知っているため、スレヴィンに誰なのかと聞きます。スレヴィンがラビの息子の家を訪れ、そこで彼を銃殺してしまいました。そこへグッドキャットが空港で殺した青年の死体を持って現れ、ラビの息子の死体と交換しました。

グッドキャットがボスの元を、スレヴィンはラビの元を訪れます。そして、スレヴィンとグッドキャットは、ボスとラビを同時に拉致しました。

ネタバレあらすじ④スレヴィンとグッドキャットの計画

拘束されるボスとラビの元へ、スレヴィンが表れます。この状況はスレヴィンとグッドキャットの思惑通りでした。ボスの息子を殺したのはスレヴィンたちだったのです。検死官リンジーの元へ、ラビの息子の家で発見された遺体が届きます。

遺体にはスレヴィンの腕時計が嵌められていました。これを見たリンジーのところへグッドキャットが現れ、リンジーに発砲します。実はボスとラビは元々仲間同士で、マックスが八百長競馬に大金をかけた時の親だったのです。

ボスとラビは八百長を見つけ、グッドキャットに依頼し家族を皆殺しにしました。しかし、グッドキャットはマックスの息子を殺さずにいました。その息子こそがスレヴィンだったのです。スレヴィンは、家族の復讐を遂げるため二人に接近したのです。

スレヴィンはボスとラビを殺し、妻を殺したブリコウスキーも殺します。空港に行った彼の前へ、リンジーが現れます。スレヴィンはリンジーを好きになり、グッドキャットが彼女を狙っていると伝えていたのです。グッドキャットが二人の前に現れますが、何もせずに立ち去っていくのでした。

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

ラストの大どんでん返しが面白い映画の選び方 大どんでん返しの映画を楽しむには、自分の好みにあう作品を選ぶのも大切です。映…

映画『ラッキーナンバー7』の口コミ・評価

映画『ラッキーナンバー7』に寄せられたさまざまな口コミをご紹介します。良い口コミから悪い口コミまで、それぞれの評価の段階に分けてまとめるので参考にしてください。

良い口コミ

これは隠れた当たりだと思います。題名からしてハズレ感が半端ないですが、いざ観てみたらまさかの良作。面白いどんでん返しもので鑑賞後は満足感でいっぱいでした。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

大どんでん返しとまではいきませんが、謎が残ったまま話しが展開されていって、伏線がどんどん回収されていきます。最期に全て明らかになるというよく出来た映画だと思いました。見てよかったです。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

簡単に言えば主人公の過去の復讐劇ですが、色々と絡み合うので注意深く見ないと面白くないです。しっかり観れば面白いです。緊張感が保たれたままラストへと続きます。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

クライマックスの種明かしどんでん返し展開が面白かったのは確かですが、そこに行き着くまでのシナリオ展開がさほど盛り上がらなくて惜しいです。どんでん返しが好きならおすすめです。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

評価がいいから半分見るまで我慢したけど限界でした。退屈極まりないです。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

つまらないので見るのを止めようかと思いましたが、検索してみると評価が高いので最後まで見たもののつまらなかったです。始まって20分経っても面白くない作品は最後まで見ても面白くないと思います。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

どんでん返しのある映画の楽しみ方!ポイントを解説 どんでん返しが醍醐味の映画の大敵は、なんと言ってもネタバレでしょう。ネ…

映画『ラッキーナンバー7』が見れる配信サービス

映画『ラッキーナンバー7』は、U-NEXT、WATCHAに加入すると見放題で楽しむことができます。単体でレンタルしたい場合は、music.jp、GYAO!ストアで鑑賞できます。

豪華キャストが大集結『ラッキーナンバー7』を堪能しよう

『ラッキーナンバー7』は、豪華なキャスト陣が集結した面白い映画です。どんでん返しものが好きなら、きっと楽しめるでしょう。隠れた名作とも言われるこの作品を、ぜひ鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『シックスセンス』あらすじや衝撃のラストに繋がる伏線を解説!

【ネタバレ】映画『シックスセンス』あらすじや衝撃のラストに繋がる伏線を解説!

映画シックスセンスってどんなの? 引用:Amazon 『シックスセンス』は、1999年に公開されました。数あるホラーやミ…


【ネタバレ】映画『セブン』あらすじや残された謎を徹底解説!

【ネタバレ】映画『セブン』あらすじや残された謎を徹底解説!

映画『セブン』とは 映画『セブン』は、 1996年1月27日に日本公開されたミステリー・スリラー作品です。「ベンジャミン…