話が通じない人の特徴は?話すと怖い・疲れる人への対処法をご紹介! アイキャッチ画像
記事作成日:

話が通じない人の特徴は?話すと怖い・疲れる人への対処法をご紹介!

恋愛

367view

会話している相手に対して「話が通じなくて疲れた…」と感じたことはありませんか?人によっては「話が通じなさ過ぎて、怖い」と感じた方もいるかもしれません。この記事では男女ともに存在する話が通じない人の特徴だけでなく、話が通じない人への対処法もご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

話すと怖い・疲れる…話が通じない人とは?

話が通じない人でよくあるのが「例え話が通じない人」です。例え話は、話の内容をよりわかりやすくするためにするためにするのが大前提です。

しかし話が通じない人の場合、根本的に例え話をする意味がわからなくなって怒り出す場合があります。こうなってしまった場合、話し手にもストレスがかかるでしょう。

すると話は、不毛な争いに拗れてしまいます。このようになってしまう理由は、話の着地地点や注目する部分の違いや理解度の違いです。

例え話が通じないという流れも厄介ですが、話が通じない人のなかでも人格的に問題があるタイプが最も厄介になります。このタイプの話が通じない人と話してしまうと、本人が論点をズラしていることに気付いていないので、話し手に酷くストレスがかかってしまうことでしょう。

話が通じない男女の特徴

非常に厄介な「話が通じない人」ですが、一体どのような特徴を持ち合わせているのでしょうか?男女関係なく存在する話が通じない人の特徴を詳しく解説いたします。敵を知るにもまずは特徴を知ることが大事です。あなたの周りに話が通じない人がいないか確認してみましょう!

物欲がない人の心理とは?!メリット・デメリットもご紹介!

物欲がない人の心理とは?!メリット・デメリットもご紹介!

物欲がない人の心理とは? 多くの人が悩まされている物欲。しかし中には、物欲がないという人もいます。物欲がない人は、どうい…

話が通じない人の特徴①自分の意見を押し付ける

自分の意見を押し付ける話が通じない人は、自分の考えが人よりも勝っていると思いがちです。自分の意見が正しいと思っているため、周囲の話やアドバイスに全く耳を傾けません。

自分の意見を押し付けて話が通じない人の怖い特徴は、無自覚に自分の意見を押し付けることを正義としている点です。他の人が言ってることに関心がないだけでなく、本人は聞いているつもりでも周囲からすれば何も話が通じていないことも多々あります。

話が通じない人の特徴②否定的な意見が多い

否定的な意見が多いというのも話が通じない人の特徴です。間違いを指摘されたときだけでなく、誉め言葉すら受け入れません。話始めに「でも」や「だって」など、否定から始まる話し方をすることも特徴です。

「そうだけど」と言うこともありますが、話が通じない人の場合はまったく相手の話を理解せず言ってることもあります。周囲の意見に対して否定的に振る舞うわりには人目を気にする傾向もあり、常に言い訳しているような姿勢で話をするのも特徴です。

話が通じない人の特徴③思い込みが激しい

思い込みが激しい人は、自分の非を認めることを恥だと思っている場合が多いです。さらに自分中心で世界を見ているので、他の人の事情を考慮しません。思い込みが激しいタイプの怖いところは、自分に特別感を抱いているところです。

自分の意見だけが正しいと無自覚に思っている傾向もあります。異なる価値観を受け入れるキャパシティがないので、非常に頑固なことも多いです。思い込みから感情的に悪いことをしてしまっても「ムカムカしたからやってしまった」などと言って、自分の感情を正当化することもあり得ます。

話が通じない人の特徴④自己中心的

本来の「話をする」とは、言葉のキャッチボールと例えられます。この例えは双方が互いに話すことを例えていますが、自己中心的で人格に問題のある話が通じない人の場合だと、会話が一方的になる傾向も多いです。

話を合わせないといけない場面でも、自分の話を優先したり意見を無理やり押し通そうとしたりします。自分の意見が通ったり相手が自分の話を聞いてくれることに満足してしまうため、強引に一方通行で話をしようとしがちです。

自己中心的で話が通じない人は、基本的に人の話は聞かず、自分の言うことしか覚えていません。このタイプの話が通じない人は、そもそも自分の意見が通ることが最終目標なので、自分の意見ですらしばらくすると「そんなこと言ったっけ?」と言われることもあります。

話が通じない人の特徴⑤謝れない

人間は誰でもミスをします。しかしミスをした場合には謝ったり、その後に挽回できるような行動ができると、大きな問題でなくなる場合も多いです。話が通じない人は物事を考える視点が狭いため、謝れない方が多いのも特徴です。

もし自分が原因で他の人に迷惑をかけたとしても、言い訳を繰り返します。怖いところは、例え自分が悪かったとしても自分は正しいと主張し、他人のせいにしてしまう点です。指摘すると不機嫌になり、頑なに謝ろうとしません。

短絡的でその場を乗り切れれば良いと思っているので、謝れなくなっています。この一面を持つ話が通じない人が家族や恋人に居ると、ふとした時に「なんで謝ることができないの?」と詰め寄ってしまい、余計な争いをしてしまうことも多いようです。

話が通じない人の特徴⑥気が短く感情的

気が短く感情的な一面を持つ話が通じない人は、相手がどれだけ冷静に対応しても、客観的に物事を考えることができません。相手が掲示した結論だけを見て、納得がいかなければ感情に任せて一方的に話をぶつけます。

よって気が短く感情的な一面を持つ話が通じない人にとって、自分の納得いく結果が得られるかどうかが大事です。話をする側がそれでも話が通じない人を納得させるために論理的な話を繰り広げようものなら、理解が追い付かず一方的に怒りだすこともあり得ます。

さらに気が短く感情的な一面を持つ話が通じない人は、自分の意見を否定されることを嫌う傾向も多いです。議論がなりたたないタイプともいえるでしょう。

話が通じない人の特徴⑦価値観がずれている

価値観が大きくずれていると、話が通じないこともあります。特に生き方の根本や深く考え方に関わる常識的な部分だと、そもそも話し相手と深い話をするのが難しい場合もあることでしょう。

考え方や価値観があまりにも異なる場合には、自分の常識が相手にとっては非常にも捉えられることもあります。

話が通じない人の特徴⑧話の論点がずれる

話が通じない人には、話の論点がずれるという特徴もあります。怖いのは悪意なく、本人も迷惑をかけている実感がないまま行っている点です。最終的にはそもそも何の話をしていたのか分からなくなったり、気が付けば話の内容がすり替わっている場合も多々あるでしょう。

根本にあった話がスムーズに進まなくなれば、話し手も聴く側も話を把握するのが大変です。そうなれば思わぬ誤解をされてしまったり、話が通じない人にとって都合の良い結論に話をすり替えられたりします。また、なかなか会話がかみ合わないと感じることも特徴です。

話が通じない人の特徴⑨視野が狭い

話が通じない人は、視野が狭いことも特徴です。考え方の視野が狭いために、他の人の気持ちや意見を理解する能力を持ち合わせません。結果として話の通じない部分に繋がります。考える力や想像力が乏しいために、話を理解できないともいえることでしょう。

話が通じない人の特徴⑩せっかち

話が通じない人は、せっかちなことも特徴です。大体は自分中心で話を進めるため、相手のペースに合わせて何かをすることを苦手にしています。自分のペースを乱されると「自分がないがしろにされてる!」といった被害妄想じみた考えを持ってしまうことも多いです。

態度に示されやすいので、せっかちな部分はすぐにわかるでしょう。せっかちさゆえに、待たされることも酷く嫌がる傾向です。わかりやすく何かを待つだけでなく、やや長い説明していると結論を急かす場合もあります。そのため、いわゆる高圧的な印象を持たれやすいです。

話が通じない人の原因

次に話が通じない方の根本的な部分である原因を解説します。ここではいくつかの原因をご紹介しますが、複数の原因を持ち合わせる話が通じない人もいるようです。話が通じない人は非常に厄介な存在ですが、原因を知るとストレスが軽減されるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

怒らない人の心理とは?そんな彼氏でも怒るタイミングと上手に付き合う方法

怒らない人の心理とは?そんな彼氏でも怒るタイミングと上手に付き合う方法

怒らない(イライラ)しない人の心理とは? まずは、怒ったりイライラする事が少ない男性の心理について解説していきます。大き…

原因①理解力がない

話が通じない原因のひとつが理解力のなさです。話を聞いたとしても、理解できていないため話が通じません。

話している側からすれば不思議な問題ですが、会話中で出てくる重要な単語が理解できていなかったり、本人の理解度に合ってない話をスピーディーに話していたりと直接的な原因は様々です。

他の原因と絡みあって話が通じない場合には難しいですが、理解力がないという原因だけで話が通じない場合には丁寧に説明をしたりすると話が通じる場合もあります。

原因②プライドが高い

プライドが高いために話が通じないこともあります。プライドが高さゆえに、人の話に耳を貸せず話が通じない人は多いです。

自分に都合の悪い話を受け入れられないので、人の意見を受け入れる姿勢が取れません。論理的な話をしても反論や不都合な正論は受け入れず、感情論を展開させます。

プライドが高いことが原因で話が通じない場合には、絶対に過ちを認めないので話す側はストレスを感じることでしょう。職場の上司や明らかな上下関係が発生するビジネスシーンだけでなく、親子関係でみられることもある話の通じない原因です。

原因③語彙力がない

知っている言葉が少ないために、話が通じない場合もあります。語彙力が不足していることで、話が通じない結果に至りやすいのは難しい言葉が行き交うビジネスシーンです。極端な例では、違う言語を扱う方と話しているシーンでも起こりやすいでしょう。

原因④話す側の言い方がわかりにくい

話が通じない原因のひとつとして、相手に非がない場合も考えられます。つまり、話す側の説明がわかりにくいといった時です。話が通じない人が場の流れで、疑問に思ったことをそのままにした場合には、話す側は相手は理解したと思ってしまう場合もあります。

こちらの原因が起こりやすいのは、セールスマンとお客さんといったシーンです。思い違いから発展して厄介な問題に発展することも多いです。

原因⑤人の話を聞いていない

話が通じない原因は、そもそも人の話を聞いていないこともあり得ます。理由は様々ですが、根本的に傾聴力が不足している場合が多いようです。

こちらの原因で話が通じない人は重大で複雑な話が聞けないだけでなく、日常会話をしている時にも話を聞いてるふりをしながら他のことを考えたりして、実は話を全く聞いていないこともありえます。

人の話を聞いていないことが原因で話が通じない人は聞く力は不足しているのですが、自分の話はしたがる人も多いです。会話の主導権を握りたがり、終始自分の話をします。

思わせぶりな男の態度や心理とは?本音を見抜く方法は?

思わせぶりな男の態度や心理とは?本音を見抜く方法は?

思わせぶりな男の心理とは? 思わせぶりな態度をとる男性は、いったい何を考えているのか、その心理に迫ってみましょう。裏に隠…

話すと怖い・疲れる人への対処法

話すと怖かったり、疲れる人へ会話をするのは、気が進まなかったりネガティブになりがちです。ここでは、話が通じない人への対処法をご紹介します。

対処法①結論ファーストで話す

話が通じない人と会話しなければならないときには、限りなく内容を簡潔にしてみましょう。難しい話なら簡潔にするのも難しい部分があります。しかし、結論ファーストを意識すると内容が完結になる傾向です。

結論ファーストとは話の冒頭に結論を示す話し方であり、会話のゴールを予め提示することで話の全貌が整理されます。話し手側も内容の把握がしやすくなるだけでなく。結論ファーストで話すことで、相手も話の目的を理解しやすいです。

結局何が言いたいのかわからなくなってしまいがちだったり、会話の相手にそう言われたことがある人は心がけてみましょう。

対処法②理解度を確認しながら話す

話が通じない人と話す時には、話の理解度を確認しながら話すことも有効な対処法です。なるべく話を切り上げずに一気に伝えたい気持ちもあるかもしれませんが、話の区切り目などで理解できたかどうか確認すると、話を正確に伝える際に効果があります。

もし相手の理解が追い付きにくく感じる場合には言い回しを相手に合わせて変えてみたり、伝え方を見直すのも効果的です。特に専門用語などのわかりにくい単語は、丁寧に説明をするかわかりやすい言葉に変えてみましょう。

対処法③立場を変えて考えてもらう

立場を変えて考えてもらうことも、話が通じない場合の有効な対処法です。思い込みや理解力が乏しい場合には、こちらから立場を変える考え方をさりげなく促してみると打開できるかもしれません。

相手を否定するのではなく、相手の言葉で問題点を提示できれば理想です。立場を変える際には、具体的でわかりやすく伝えることが重要になります。

例えば期日を「できるだけ早く」と抽象的に指定しても、相手にもほかの業務があるので、期日が決まっている業務の後回しにされてしまうかもしれません。この場合、具体的な数字を使って伝えるようにしましょう。

対処法④具体的かつ端的に伝える

話が通じない人と話さざるを得ない時には、とにかくわかりやすさを重視します。要点は具体的が良いです。具体的な内容でありながらも、細やかさよりは簡潔なわかりやすさを優先します。

もし話が通じない人に何か頼み事をする場合には、優先順位を振り分けたタスクリストを渡すのもひとつの手です。データや紙を使って予めわかりやすくしておくのも良いでしょう。

対処法⑤否定的な言葉は控える

話が通じない人自身は否定的な言葉を頻繁に使用します。しかしこちらも否定的な言葉を使うと、収集がつかなくなるのでやめましょう。もしこちらが否定的な言葉を使ってしまうと、無駄に消耗するだけでなく、相手の思う壺になることも考えられます。

話が通じない人とも円滑にコミュニケーションをとろう

この記事では、話が通じない人の特徴や対処法をご紹介いたしました。話が通じない人と物理的に距離を置くことができれば一番ですが、現実的に難しい場合も多いことでしょう。身近にいると非常に厄介な話が通じない人ですが、特徴・原因・対処法を抑えると、ストレスが軽減されます。

対処法を上手く身に着けると間違いなく人生が充実しますので、ぜひ無理ない範囲で実践してみてください。この記事で紹介したことがお役に立てましたら幸いです。

その他の関連記事はこちらから

当てはまったら要注意!性格悪い女の特徴を大公開!

当てはまったら要注意!性格悪い女の特徴を大公開!

性格悪い女の特徴 まずは、性格の悪い女性の特徴を見ていきましょう。全てに当てはまらなくても、いくつか該当する女性が周りに…

【夢占い】殺されそうになる夢にはどんな意味がある?まつわる話まとめ!

【夢占い】殺されそうになる夢にはどんな意味がある?まつわる話まとめ!

殺されそうになる夢の意味 多くの方が恐れてしまいそうな「殺されそうになる夢」は、まさに、現在の状況から脱出し、良いスター…

地雷女の特徴とは?地雷女を卒業するにはどうすれば良い?

地雷女の特徴とは?地雷女を卒業するにはどうすれば良い?

地雷女とは? 地雷女とは、平均的もしくは平均以上の外見でありながらも、蓋を開けてみると非常に面倒な性格を持った女性のこと…