上品な馬革(ホースレザー)の魅力を徹底調査!人気の商品は? アイキャッチ画像
記事更新日:

上品な馬革(ホースレザー)の魅力を徹底調査!人気の商品は?

バッグ

106view

馬革(ホースレザー)は軽くて丈夫なのに上品な使い心地で人気を集めています。本記事では、馬革(ホースレザー)には、多様な種類や特徴があるのか、長く使う為のお手入れ方法などを解説します。また、どういった商品が人気なのか合わせてご紹介いたします。

上品な馬革(ホースレザー)とは

馬は、運動量が多いので体格から分かるように引き締まった体をしていて余分な脂肪を持ちません。そのため馬革は、軽くて薄い特長があります。しなやかで強度があるため日常使いをする財布やウェアに多く使用されています。

馬革と牛革との違い

馬革と牛革の大きな違いは、革の強さです。一般的に革と聞く牛革を思い浮かべると思います。あまり知られていませんが、馬革も身近に使われています。馬革は、牛革に比べると薄く、しなやかなのに強度があります。

レディースやメンズ製品など様々な所で使用されいます。牛革は、一般的な革製品として多いですが高価なので、馬革の方が価格を抑えられます。

エルメスのバーキンとは?特徴からケリーとの違いまで徹底解説!

エルメスのバーキンとは?特徴からケリーとの違いまで徹底解説!

エルメスのバーキンとは? エルメスのバーキンの名前をよく耳にするものの、実際にどんな特徴や魅力があるのか、はっきりとは知…

馬革(ホースレザー)の種類と特徴

馬革の種類は、馬の体の革を取る場所から異なってきます。また、限定された馬から取る革もあるので、とても希少価値が高いものもあります。それぞれの種類と特徴についてご紹介します。

種類①コードバン

コードバンは、農耕用馬の臀部(おしり)から採れる皮革のことです。主に革靴や鞄、財布などに使用され、昨今では小物用素材としても普及しています。臀部以外の比較的柔らかい部分は靴の内革に多く使用されています。

ヨーロッパ地方で食肉用としてごく少数生産されている農耕馬とラバの尻の部分とサラブレッドとシマウマから採ることが多いですが、とても貴重で高価な革です。

種類②ホースハイド

ホースハイドは大きな馬から取ることのできる革です。特徴として大きな面積を取れるため、インテリア用品や衣類などに使用されます。

ホースハイドは、柔らかく、他の馬革にない艶があり、比較的低価格で手に入れることができます。ちなみに衣類に使用される部分は、前足から馬の首周りの革で、この部分のことをフロントクォーターといいます。

ブランド品の偽物の見分け方とは?本物を安全に購入する方法を徹底解説!

ブランド品の偽物の見分け方とは?本物を安全に購入する方法を徹底解説!

ブランド品の偽物とは? 近年、オンラインショッピングモールやフリマアプリなどの通販サイトが身近な存在となり、多くの場所で…

種類③ホースフロント

「ホースフロント」とは、馬の首の部分にあたる革のことです。背中よりも首の皮膚のほうがキメ細かい為、区分されています。

若い馬の革が使われることが多く特徴があり、なめらかで肌触りも良いですが、強度や耐摩擦抵抗が低い為、革財布などには適していません。レザーなどの衣類に使われることが多い革です。

種類④ポニーレザー

ポーニーは、肩までの高さが147cm以下の馬のことで、特定の品種を指すわけではありません。 同じ面積の牛革と比較すると約半分の重量しかなく、柔らかく、軽い革になり、価値が高いレザーです。

種類⑤ホースヌメ

「ホースヌメ半裁」は名前の通り、染色などの加工を何も施していない「馬」の革です。馬は運動量が豊富で脂肪が少ないため、牛革に比べると厚みも薄く軽いという特徴を持っています。

それぞれのキズやシワの見た目の違い、質感、触り心地など革の個性がありますので、気に入った製品を見つけるといいでしょう。

ホースヌメの最大の魅力は、なんといってもエイジングです。エイジングとは、長年使っている内に「姿」が変わっていくことですが、使い続けると、使い始めとはひと味違う革に育てることができます。長く革の個性とエイジングを存分にお楽しみください。

人気の馬革(ホースレザー)商品おすすめ3選

インテリアや衣料品、普段使いのできる小物入れやバッグなど様々な物に馬革が使用されているとご紹介しましたが、いったい人気な商品はどんな物なのでしょうか。人気の馬革商品のおすすめ3選をご紹介します。

おすすめ①パッカパッカ 馬革 長財布

使い込むほどに味のでる馬革の長財布です。天然皮革には人工的には作り出せない優れた吸湿性や放湿性を持っています。

この製品は『地球に優しい』をコンセプトに、革の風合いを出すため必要以上の染色や排水加工を施しておりません。そのため、ソフトで滑らかな触り心地を実感していただけます。使えば使うほど味のでる馬革の良さをお楽しみください。

お財布を開けると広々スペース。カードやお札はもちろん、ちょっとした小物ならスムーズに入れられますラウンドファスナーになっているので、中のものが落ちる心配がありません。スマートながら収納力がよく、開口部も大きいので使いやすさも魅力的です。

販売サイトをチェック

おすすめ②ワイズリー トートバッグ 最高級軽量ホースレザー(馬革)

この製品は馬革の表面には馬本来が持つ肌のシワやキズ・血筋などが残され、独特な模様を作り出しており、どれ一つとして同じものはありません。

その表情は貴重な天然素材である馬革本来の透明感やエイジングを楽しむために顔料を一切使用せず、100%染料のみで仕上げている証となります。

日本国内で職人が1つ1つ加工・縫製している製品です。素材が本来持つ風合いを活かしながら、使用する革の部位や製造する季節により、製品の色合いなど若干の違いがありますが、それも馬革製品の良いところです。

シンプルなデザインで男女共にご使用可能なバッグです。A4サイズ収納可能なので開口部分が大きく開き、物が出しやすい作りになのでビジネスでもお使いいただけます。

デザインのアクセントにもなっている外側のジップファスナーポケットには、使用頻度の高いスマホ、パスケースなどのアイテムを収納するのに大変便利です。

中側には、ファスナー付きのポケットが1つ、名刺やスマートフォンの出し入れがしやすいポケットが2つ付いていますので、バッグの中を常にすっきり整頓できます。

底板を敷いているので、荷物を沢山いれても型崩れしにくくなっていて、底部分には鋲が付いているので、バッグの底も痛めることなくお使いいただけます。

 

販売サイトをチェック

おすすめ③アートフィアー リュック 豊岡鞄 馬革

革本体に滑らかな銀面を持つホースレザーを使用した贅沢なダレスリュックです。美しい艶とソフトな質感、なめらかさを装い上品な仕上がりです。

オールレザーのダレスリュックなので、A4サイズが数冊入る収納力があり、物を沢山入れたい方へおすすめです。大きく開き、収納物が一目瞭然で、デザインのポイントにもなっているドイツホックはワンタッチオープンで簡単に開閉できます。

両手の空くリュックは、使い勝手が良く自転車通勤にも活躍します。また、馬革は沢山荷物を入れてもバッグ自体は軽いので負担になりません。

内装にはタブレットが収納できるクッション材入りのマルチポケットが付属していて、13インチノートPCも収納可能。※PCのサイズによっては収まらない場合がございます。

メッシュタイプのファスナーポケットも完備していて、その内側には小物収納に便利なメッシュポケットが付いています。また、背面のポケットにはリュックベルトが収納できます。リュックベルト収納以外時は、冊子や薄手の雑誌を入れて置くことができます。

 

販売サイトをチェック

馬革(ホースレザー)のお手入れ方法

初めて馬革製品を使う方は、革製品の手入れに関してどうしたら良いのか分からないかもしれません。ここでは、馬革製品を長く使用するには、どういった手入れが必要なのかご紹介します。

お手入れ方法①普段のお手入れ

ホースレザーは薄い革ですが、強度があるので常的なお手入れは乾いた布で拭く程度で良いでしょう。布の代わりに山羊毛ブラシや馬毛ブラシを使うのもおすすめです。強くこすらず、優しく撫でるようにするのがお手入れのポイントです。

お手入れ方法②乾燥サインが出た際のお手入れ

馬革は、そのままお手入れせずに置いておくと、だんだん乾燥してきます。革が乾燥してきたと感じた時にしっかりとお手入れするといいでしょう。目安としては、半年~1年ごとにお手入れします。

  • 乾いているように見える
  • しっとり潤っている手触がなくなってきた
  • 艶がない
  • 細かい割れ目のような筋が増えてきた

上記の乾燥サインが出てきたら、オイルなどを使用してお手入れをしてください。乾燥を放置しすぎると、手遅れになってプロに修理してもらう必要があるので気をつけましょう。

馬革(ホースレザー)使用時の注意点

革製品を使ったことがある方はお分かりかもしれせんが、馬革(ホースレザー)水にとても弱い性質です。濡れてしまった場合は、すぐに乾いたタオルで拭き取りましょう。バッグなどは雨の日に使用しない方がいいかもしれません。

水に濡れたままにして置くとシミになるので、事前に防水スプレーなどで対策しておくと安心です。また、乾かす際にドライヤーなどを使用するのもやめておきましょう。馬革は熱に弱く、熱風で革が乾燥し硬くなってしまいますの要注意です。

馬革(ホースレザー)は経年変化が魅力の一つ

馬革は、素材そのものの色合い、手触り、シワや血筋の見た目を楽しめる製品です。しかも、長く使えば使うほど経年変化(エイジング)を楽しめ、使い始めとはひと味、ふた味と違う製品に育てることができます。

使いがってが良くなり、どんどん馴染んでいき愛着が沸く製品になるので、ぜひ、馬革の経年変化(エイジング)を楽しみながらお使いください。

その他の関連記事はこちらから

ロエベ買取おすすめ業者5選!買取店はどう選ぶ?

ロエベ買取おすすめ業者5選!買取店はどう選ぶ?

ロエベの魅力とは ロエベはスペイン王室ご用達ブランドとして世界的に名を馳せている一流ブランドです。その起源は1846年に…

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグ人気10選!選び方のポイントは?

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグ人気10選!選び方のポイントは?

大人気!TUMIのビジネスバッグの特徴 ビジネスシーンの定番ともいえるべくTUMIのバッグ。具体的にどのような特徴や魅力…

エルメスの大人気カラー【エトゥープ】ってどんなカラー?魅力を徹底調査!

エルメスの大人気カラー【エトゥープ】ってどんなカラー?魅力を徹底調査!

エルメスのエトゥープ(Etoupe)とは? エルメスのカラーバリエーションは大変豊富で200色以上ある、と言われています…