【ネタバレ】映画『ホテル・ムンバイ』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 引用:https://eiga.com/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ホテル・ムンバイ』あらすじを徹底解説!

エンタメ

47view

映画『ホテル・ムンバイ』は、2008年のインド・ムンバイ同時多発テロが題材です。タージマハル・ホテルでの人質救出劇が描かれました。この記事では、映画『ホテル・ムンバイ』の登場人物や主要キャスト、ネタバレを含むあらすじを紹介します。実際に鑑賞した方の評価も紹介しますので、参考にしてみてください!

映画『ホテル・ムンバイ』の作品情報

引用:映画.com

映画『ホテル・ムンバイ』は、2018年に公開されました。監督は、多くの短編映画を手掛けてきたアンソニー・マラス監督です。本作ではテロ事件の人質救出が描かれました。大きな特徴は、2008年に起きたムンバイ同時多発テロが題材になっている点です。

インドの五つ星ホテルであるタージマハル・ホテルで人質となった宿泊客とテロに屈しないホテルマンたちの戦いが描かれています。実際に起きたテロの恐怖がリアリティ溢れるタッチで表現されました。

ムンバイで起きた事件の実話

インドはパキスタンとの領土問題をめぐって、対立していました。そのような問題のなかで、2008年にイスラム過激派によるテロが起こります。

インドを代表する五つ星ホテルであるタージマハル・ホテルに侵入したテロリスト達は、無慈悲な殺戮を繰り返しました。ホテル従業員は、宿泊客を守るために果敢に立ち向かいます。

本作で取り上げられたのは、実際に起きて多くの犠牲者を出したテロ事件です。後に「ムンバイ同時多発テロ」と呼ばれるようになりました。

映画『ホテル・ムンバイ』の登場人物・キャスト

ここでは、映画『ホテル・ムンバイ』の登場人物と演じたキャストを紹介します。名前を確認してみましょう。

登場人物・キャスト①アルジェン(デヴ・パテル)

アルジュンは、主人公です。イギリス出身の俳優のデヴ・パテルが演じました。2008年に公開された『スラムドッグ$ミリオネア』で主演でスラム出身の若者を熱演して、有名俳優になります。

プライベートでは、『スラムドッグ$ミリオネア』で共演したフリーダ・ピントーと交際していました。『ホテル・ムンバイ』の他にも、2011年の『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』や2015年の『チャッピー』など、多くの有名作品に出演しています。

人気コメディ映画25選!本当に笑える作品を洋画も邦画も一挙ご紹介!

人気コメディ映画25選!本当に笑える作品を洋画も邦画も一挙ご紹介!

コメディ映画とは? 大人から子供まで誰もが夢中になるコメディ映画には世界的に愛されている名作が数多く存在しています。そも…

登場人物・キャスト②デヴィッド(アーミー・ハマー)

デヴィッドは、アメリカ人の建築家です。内縁の妻との間に子どもがいます。デヴィッドを演じたのは、アメリカ・ロサンゼルス出身のアーミー・ハマーです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校やパサデナシティ・カレッジで、演技を学びました。2010年に公開された『ソーシャル・ネットワーク』で双子を1人2役を演じたのをきっかけに、人気俳優の地位を確立します。

近年の作品だと2016年の『ALONE アローン』や2018年の『ビリーブ 未来への大逆転』に出演しました。

登場人物・キャスト③ザーラ(ナザニン・ボニアディ)

ザーラは、デヴィッドの妻です。夫と自身の子を愛しています。イラン出身の女優であるナザニン・ボニアディが演じました。イラン革命をきっかけに、ロンドンへ移住しています。ロンドンで演劇を学びました。

女優として活躍しながらもイラン人の人権問題にも向き合う国際活動家です。2010年の『スリーデイズ』や2016年の『ベン・ハー』に出演しています。

登場人物・キャスト④ワシリー(ジェイソン・アイザックス)

ワシリーは、気難しい雰囲気の宿泊客です。イングランド出身の俳優であるジェイソン・アイザックスが演じました。1998年の『アルマゲドン』や2001年の『ブラックホーク・ダウン』などに出演しています。

登場人物・キャスト⑤サリー(ティルダ・コバン=ハーヴィー)

サリーは、デヴィッドとザーラの子どもの面倒を見るベビーシッターです。オーストラリア出身の女優であるティルダ・コバン=ハーヴィーが演じました。女優だけでなく、監督しても活動をしています。

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ【ネタバレあり】

引用:映画.com

ここからは、詳しいあらすじを紹介します。内容の根幹関わる部分も紹介するので、ご都合に合わせてご覧ください。

ネタバレあらすじ①起

引用:映画.com

2008年11月26日、タージマハル・ホテルにウェイターとして勤務するアルジュンは、いつものように出勤しました。タージマハル・ホテルは、セレブが宿泊に来るほどの高級ホテルです。スタッフへの教育も厳しい内容でした。

料理長オベロイもストイックな人物です。アルジュンは身だしなみと遅刻を指摘されてクビになりかけますが、どうにか仕事に移りました。テレビでは、CST駅でのテロ発生が報じられています。100名以上の乗客と駅員が犠牲になっていました。

テロから逃げてきた避難者がタージマハル・ホテルに到着します。しかし、テロリストも混じっていたためタージマハル・ホテル内でも殺戮が繰り広げられます。アルジュンは驚きながらも、宿泊客の身を守るために床に伏せるように指示を出しました。

テロリスト達はルームサービスを装って、宿泊客を皆殺しにします。デヴィッド達が宿泊するスイートルームにもやってきましたが、身を隠してやり過ごしました。アルジュンは警察に連絡しましたが、ムンバイでは同時多発テロが起きていて、警察も混乱状態です。

ネタバレあらすじ②承

引用:映画.com

デヴィッドは、ベビーシッターのサリーと合流するチャンスを伺ってました。しかし、ホテルは完全にテロリスト達に制圧されています。巡回しているテロリストに見つかれば、射殺は免れません。結果、デヴィッドは見張りの目をかいくぐって、サリーと合流します。

ムンバイ警察は対テロ訓練を受けてないため、ニューデリーの特殊部隊の到着を何時間も待つ必要がありました。動いてはいけないという指示もありましたが、人質の救出を優先したい何名かの警察官が部下を従えて向かいます。

ホテルの料理長オベロイは、テロリスト達に知られていない通用階段から、宿泊客の避難を優先させようと考えました。アルジュンを含む従業員達は、宿泊客の命を重視するオベロイの考えに基づく行動を開始します。

一方、ホテルへ潜入した数名の警察官がテロリスト達と銃撃を始めていました。ホテルだけでなく、ムンバイの至る場所で銃撃戦が繰り広げられています。

避難場所に宿泊客達を集められたアルジュン達でしたが、被弾した女性に気付きました。ホテルに居ては危険だと思った従業員達は怪我人だけは、ホテルの外へ逃がそうと考えます。

ネタバレあらすじ③転

引用:映画.com

サリーと自身の子どもと合流できたデヴィッドが避難場所へ向かう頃、アルジュンは怪我人を抱えて外へ向かっていました。アルジュンの抱える怪我人は、途中で重篤な状態に陥ります。そこで、パニック状態に陥っていた警官と鉢合わせました。警官はアルジュンに警備室へ案内するよう脅します。

アルジュンが警官に気を取られた際に、怪我人が射殺されました。テロリストが怪我人を確認しようとした時、デヴィッドも発見します。サリーと子どもは無事です。

アルジュンと警官が警備室に到着した時、爆発音がしました。一方、避難場所では救助隊を名乗る人物が訪れます。オベロイは警察署長と直接連絡を取っていましたが、本物の救助隊かわかりませんでした。

警備室のモニターから様子を見ていたアルジュンは、避難場所に来た人物がテロリストだと気付きます。オベロイに連絡しようとしますが、携帯の電池が切れました。避難場所で銃撃戦が始まります。警備室に居た2人の警官がテロリストの捕縛に向かいました。

襲撃から9時間が経過した時、ザーラはデヴィッドに手紙を書きます。デヴィッドに会いたいザーラは外へ出ようとしました。VIPルームにいたワシリーも加わって、6名が避難場所から離れます。しかし、単独行動を行ったザーラが犯人に生け捕りにされました。

ザーラが監禁された場所は、既にデヴィッドが拘束されています。夜明けが近くなると、ムンバイの一般市民がテロリストが潜伏場所に襲撃をしかけました。1人は銃殺されて、1人は捕縛されます。犯人は洗脳されていたと判明しました。

ネタバレあらすじ④結

引用:映画.com

ニューデリーの特殊部隊が到着します。しかし、テロ指導者からの指示で、ホテルが爆破され続けました。宿泊客は爆発で恐慌状態に陥ります。警備室から見ていたアルジュンは、テロリスト達が向かってくる方向とは逆に宿泊客を誘導しました。

テロリスト達は爆破だけでなく、放火も始めます。さらに、テロ指導者は現場のテロリストに人質の殺害を命令しました。抵抗し続けていたワシリーとデヴィッドも、射殺されました。ザーラだけがイスラム教徒の信仰歌を歌って窮地を脱します。

引用:映画.com

アルジュンを先頭に、宿泊客達が逃走を続けていました。一方、ホテルの裏口から特殊部隊が突入します。テロリスト達は降伏せず、抵抗をつづけました。最終的に特殊部隊の爆弾で死亡します。

無事避難できた人達のなかにオベロイを見つけたアルジュンは、ようやく安心しました。ザーラも窓から救出されます。テロ発生から3日後、テロリスト10名のうち9名が殺害されました。パキスタンのテロ指導者は、現在も捕まっていません。

タージマハル・ホテルで起きたテロの犠牲者の半分は、宿泊客を守った従業員です。甚大な被害を受けたホテルの建造物は、21カ月後に再建されました。現在のホテル・ムンバイで働く従業員の多くがテロに屈しなかった戦士です。

映画『ホテル・ムンバイ』の評価や感想

引用:映画.com

ここでは、映画『ホテル・ムンバイ』の評価や感想を紹介します。鑑賞を迷っている方は、実際に映画を観た方の口コミを参考にしてみましょう。

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…

良い口コミ

監督はこれが長編映画初監督だそうだが、そうとは思えないほど成熟した作りになっている。リアリズムに徹した演出も見事。大変見応えある作品だ。

引用元:https://eiga.com/

信心深く、無垢で無知な少年兵。残して来た家族を想い、指導者を信じて死んでいく様子は、教育の重要性を改めて考えさせられました。

引用元:https://eiga.com/

中立的な口コミ

実話ベースの話が好きなので視聴。緊張感・臨場感があり、飽きずに視聴できました。

引用元:https://eiga.com/

最後まで見終わって、宗教の価値観の違いって怖い。と、改めて思い知らされた作品。

引用元:https://eiga.com/

悪い口コミ

主人公側がとことんまで追い詰められていく様は辛いものがある。

引用元:https://eiga.com/

観ていてゲンナリしてくるし、とにかく終始緊迫感に苛まれるため、ノドもカラカラになり、かなり体力が削られる。

引用元:https://eiga.com/

実際に起こったテロ事件をもとにした映画

この記事では、映画『ホテル・ムンバイ』の登場人物や主要キャスト、ネタバレを含むあらすじを紹介しました。テロの恐ろしさがリアルなタッチで描かれています。平和や教育の重要性が表現された作品を鑑賞してみましょう!

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』あらすじを徹底解説!

映画『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』の作品情報 映画『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』は、2003…

【ネタバレ】映画『アウト・オブ・サイト』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『アウト・オブ・サイト』あらすじを徹底解説!

映画『アウト・オブ・サイト』の作品情報 映画『アウト・オブ・サイト』は、1998年製作のアメリカ映画です。エルモア・レナ…

【ネタバレ】映画『ランナー・ランナー』あらすじを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ランナー・ランナー』あらすじを徹底解説!

映画『ランナー・ランナー』の作品情報 映画『ランナー・ランナー』は、2013年製作のアメリカ映画です。レオナルド・ディカ…