【ネタバレ】映画『ハンニバル』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.imdb.com/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ハンニバル』あらすじを徹底解説!

エンタメ

30view

映画史に残る伝説の悪役・ハンニバルレクター博士を中心に据えたシリーズの2作目である映画『ハンニバル』は、アンソニー・ホプキンスの怪演が光る名作です。この記事では、映画『ハンニバル』のあらすじやキャスト、レビューなどの情報をまとめます。面白い洋画をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

『羊たちの沈黙』の続編『ハンニバル』の基本データ

『ハンニバル』は『羊たちの沈黙』の続編にあたる作品です。前作の『羊たちの沈黙』は、アカデミー賞を受賞している名作映画として知られます。トマス・ハリスによる同名の小説を映画化したもので、全世界でヒットを巻き起こしました。

この続編である「ハンニバル」は、2001年に製作されました。全米を恐怖に陥れたバッファロー・ビル事件から10年後の世界を舞台にしており、レクター博士からアドバイスを受けて見事に犯人を逮捕したクラリスは、FBIでベテラン捜査官として名を知らしめるようになっていました。

しかしある時、麻薬密売人のイベルダを逮捕しようとして、激しい銃撃戦の末彼女はイベルダを射殺してしまいます。この一件でクラリスは、マスコミから集中砲火を受けFBI内でも厳しい目を向けられることとなったのでした。

一方のレクター博士はイタリアにわたっており、フェル博士としてフィレンツェの名家で蔵書を管理する仕事をしていました。前作に引き続き、レクター博士はアンソニー・ホプキンスが演じています。

クラリス役には新たにジュリアン・ムーアが抜擢され、新たな物語を紡ぎました。監督は「ブレードランナー」「エイリアン」で知られるリドリー・スコットです。

映画『ハンニバル』の主要キャスト

映画『ハンニバル』に登場する人物と、それぞれを演じたキャストをご紹介します。映画鑑賞前にチェックしておくことで、より作品を楽しめることでしょう。

主要キャスト①アンソニー・ホプキンス:ハンニバル・レクター

ハンニバル・レクターを演じたのはアンソニー・ホプキンスです。王立ウェールズ音楽演劇大学と王立演劇学校で演技を学んだ彼は、卒業後兵役に就いた後ナショナル・シアターにて人気を博します。

スクリーンデビューしたのは68年「冬のライオン」でのことで、74年にアメリカへ進出します。以後イギリス・アメリカにてキャリアを重ね、「羊たちの沈黙」ではアカデミー主演男優賞を受賞することとなりました。

90年代には「日の名残り」、「ニクソン」、「アミスタッド」にてアカデミー賞にノミネートされています。また、近年の活躍もめざましく、2019年にはネットフリックスオリジナル映画「2人のローマ教皇」でローマ教皇ベネディクト16世を熱演しています。

同作では第92回アカデミー助演男優賞にノミネートされることとなりました。さらに、翌年には「ファーザー」で認知症の父親役を演じたことによ李、二度目となるアカデミー主演男優賞を受賞しています。なお83歳での受賞となったことで、最高齢受賞記録を更新しています。

主要キャスト②ジュリアン・ムーア:クラリス・スターリング

クラリス・スターリングを演じたのはジュリアン・ムーアです。ボストン大学卒業後、オフブロードウェイを拠点に活動しており、90年「フロム・ザ・ダーク・サイド ザ・ムービー 3つの闇の物語」に出演したことで映画デビューを果たしました。

95年には「SAFE」で初主演を務め、97年「ブギーナイツ」ではアカデミー助演女優賞、99年「ことの終わり」では主演女優賞にノミネートされています。2002年には「エデンより彼方に」で主演女優賞、「めぐりあう時間たち」で助演賞の二部門に同時ノミネートを果たしています。

14年「マップ・トゥ・ザ・スターズ」でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞したことで、世界3大映画祭の女優賞を制覇するに至りました。2014年には「アリスのままで」で若年性アルツハイマーの女性を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞しています。

ジュリアン・ムーアの若い頃の画像・出演作まとめ!インスタが超人気!

ジュリアン・ムーアの若い頃の画像・出演作まとめ!インスタが超人気!

ジュリアン・ムーアのプロフィール   この投稿をInstagramで見る   Julianne Mo…

主要キャスト③レイ・リオッタ:ポール・クレンドラ

ポール・クレンドラを演じたのはレイ・リオッタです。マイアミ大学で演技を学んだのち、学生劇に多く出演します。卒業後には「Another World」などテレビシリーズで活躍を見せるようになり、83年「The Lonely Lady」で映画デビューを果たします。

90年にはマーティン・スコセッシ監督作「グッドフェローズ」で主人公を演じ、「不法侵入」や「乱気流 タービュランス」では凶悪殺人者を見事に演じました。

94年「ER 緊急救命室」ではエミー賞ドラマシリーズ部門のゲスト男優賞を受賞しています。そのほかの出演作に「リボルバー」(05)、「ジャッキー・コーガン」(12)など。

主要キャスト④ゲイリー・オールドマン:メイソン・ヴァージャー

メイソン・ヴァージャーを演じたのはゲイリー・オールドマンです。イギリスロンドンの演劇学校を卒業し、1979年から舞台俳優として活動を始めます。86年の「シド・アンド・ナンシー」でスクリーンデビューし、「セックス・ピストルズ」のシド・ビシャス役を熱演しました。

「JFK」、「ドラキュラ」、「エアフォース・ワン」などのハリウッド大作に出演しているほか、リュック・ベッソン監督の「レオン」「フィフス・エレメント」では個性的な悪役を見事に演じきっています。

「ハリー・ポッター」シリーズではシリウス・ブラック役を、「ダークナイト」3部作ではジム・ゴードン役を演じ人気を博しています。2020年、デビッド・フィンチャー監督作「Mank マンク」にて、脚本家ハーマン・J・マンキウィッツを演じアカデミー主演男優賞にノミネートされました。

映画『ハンニバル』のネタバレあらすじ

キャスト情報を押さえたところで、次は映画『ハンニバル』のあらすじを見ていきましょう。ネタバレを交えてまとめますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

ネタバレあらすじ①起

かつて世間を震撼させたバッファロー・ビルを捕まえるため、クラリスは囚人ハンニバル・レクターに助けを求めます。天才精神科医と大量食人殺人犯という二つの顔を持つハンニバルは、彼女にアドバイスをして事件を解決に導いた一方で、混乱に乗じて刑務所から逃亡してしまいました。

10年の月日が経ったある頃、ハンニバルに恨みを抱くメイスンという男が動き始めます。ハンニバルの手から逃れ生き残った唯一の男であったメイスンですが、彼によって負わされた傷は未だ残ったままでした。

また、バッファロー・ビル事件の当時は若手だったクラリスも、この頃にはベテランFBI捜査官に成長していました。しかし、上司の犯したミスを押し付けられピンチの最中だったのです。メイスンはクラリスに「FBIが指名する十大凶悪犯にレクターを加えろ」と命じます。

さらに、別件を調査していたクラリスをレクター捜査に戻そうと画策するのでした。しかし、当のレクターはバッファロービル事件以来、行方をくらませたままでした。

【ネタバレ】映画『羊たちの沈黙』あらすじやモデルになった人物をご紹介!

【ネタバレ】映画『羊たちの沈黙』あらすじやモデルになった人物をご紹介!

映画『羊たちの沈黙』の作品情報 映画「羊たちの沈黙」は、ジョナサン・デミ監督によるサイコサスペンスムービーです。日本では…

ネタバレあらすじ②承

フィレンツェで気ままな生活を送っていたレクターは、フェルという偽名で司書として働いていました。そこへパッツィという警官が訪れ、レクターの前任者が行方をくらましているので手がかりはないか探していると話します。

一方クラリスはレクターから「そろそろ殺人を再開する」という内容の手紙を受け取ります。その香りからレクターが日本かヨーロッパにいると判断したクラリスは、防犯カメラに映る彼の姿を見つけます。

その頃パッツィはレクターが懸賞首であることを知ります。その金をかけていたのはメイソンでした。パッツィはレクターの指紋を証拠として求められ、スリ師を雇って彼と接触させます。スリ師は殺されますが、パッツィはレクターの指紋を手に入れることに成功しました。

ネタバレあらすじ③転

いよいよレクターの居場所を突き止めたメイソンが動き出そうとします。一方のパッツィはレクターに自身の行動が悟られていないとたかを括っていましたが、全てを見通していたレクターに腹部を切り裂いて殺されてしまいます。

メイソンはクラリスを免職処分にし、レクターを追い詰めようとします。落ち込むクラリスにレクターが接触を図り、彼女もまたレクターを追います。

さらにそんな二人をメイソンが追いかけます。メイソンは部下にレクターを拉致させ、顔にマスクをつけて十字架にかけます。メイソンは凶暴な豚を大量に用意して、生きたまま豚にレクターを食わせようと画策していたのでした。

ネタバレあらすじ④結

そこへクラリスが突入します。メイソンの部下たちを倒した彼女でしたが、肩に銃弾を受けて気絶します。しかし部下の流した血の匂いに惹きつけられた豚たちは、男たちに群がります。レクターはメイソンの部下を仲間に引き入れ、メイソンを豚の群れに突き落とさせます。

レクターは気絶したクラリスを連れてその場を後にしました。クラリスが目を覚ますとそこはレクターの隠れ家でした。隙を見て彼に襲いかかり、手錠をはめます。しかしレクターは刃物で自分の手を切り落とし、クラリスをその場に置き去りにしてまた行方をくらませてしまうのでした。

映画『ハンニバル』の口コミ・評価

映画『ハンニバル』には数々の口コミが寄せられています。ここではその口コミを、良い評価から悪い評価まで段階別に分けてご紹介します。

良い口コミ

ドキドキハラハラしておもしろかった。レクター博士の万能天才ぶりが健在で見ていて気持ちよかった。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

アンソニーの渾身の「猟奇な演技」には、満点をつけざるを得ない。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

印象的なシーン以外はほとんど覚えていなかったが、引き込まれて視聴できるので良い。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

前作のような芸術性はあまり無く、残虐なスリラーに徹していました。諸事情があって原作とは全然違うストーリーになっています。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

原作読んでハンニバルの原作を読んだ者からするとぜんぜん別物です。クラリスがジョディ・フォスターじゃないのが嫌すぎる。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

グロテスクなシーンなどはやりすぎで、ギャグに感じられた。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

映画『ハンニバル』シリーズは全部で4作品

映画『ハンニバル』シリーズは全部で4作品あります。時系列で一番初めに来るのはシリーズ4作目『ハンニバル・ライジング』です。

次にシリーズ3作目の『レッド・ドラゴン』、1作目『羊たちの沈黙』、2作目『ハンニバル』と続きます。公開順にチェックするのももちろん良いですが、時系列順に視聴しても楽しめるでしょう。

ホプキンスの怪演に引き込まれる『ハンニバル』を観てみよう

『ハンニバル』は、前作同様ホプキンスの怪演が楽しめる作品です。映画史に残る悪役・レクター博士を知るためにも、ぜひチェックしてみてください。きっとその独特の世界観にハマってしまうこと間違いなしです。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『レッドドラゴン』あらすじやシリーズ作品を徹底解説!

【ネタバレ】映画『レッドドラゴン』あらすじやシリーズ作品を徹底解説!

映画『レッドドラゴン』の作品情報 「レッドドラゴン」は、2002年に公開されたアメリカ映画です。原作はトマス・ハリスによ…


サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラーとは サイコホラーとは、サイコロジカル(心理的)・ホラーの略で、理性を失った人間やサイコパスを描いた作品のこ…