ヘアバンドが似合わない人には特徴がある!似合わせヘアアレンジをご紹介♡ アイキャッチ画像
記事作成日:

ヘアバンドが似合わない人には特徴がある!似合わせヘアアレンジをご紹介♡

ファッション

113view

ヘアバンドに興味はあるけれど、自分には似合わないからと諦めていませんか?しかし、たとえ似合わない輪郭だとしても、アレンジ次第で誰でもおしゃれに仕上げることができます。そこで今回は、顔の形や髪の長さに合ったアレンジ方法や、おすすめのヘアアレンジをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ヘアバンドやカチューシャが似合わない人の特徴

まずは、ヘアバンドやカチューシャが似合わない人の特徴を見ていきましょう。万が一以下で挙げた中に自分の当てはまる項目があったとしても、似合うようにする付け方や工夫の仕方も合わせてご紹介しますので、参考にしながらアレンジを加えてみて下さい。

ヘアバンドが似合わない人の特徴①顔の形が面長

顔が面長の方は、ヘアバンドをすると余計顔の形が強調され、バランスが悪く見えてしまうことがあります。特に、ヘアバンドで髪全体を上げておでこや輪郭をハッキリと見せてしまうと逆効果です。

面長さんがヘアバンドをつける際は、前髪をおろして極力おでこを隠したり、サイドの髪を少し出してみると、バランス良くまとまるでしょう。

ヘアバンドが似合わない人の特徴②エラが張っている

顔の形は関係なく、エラが少しでも張っていると、どうしても隠したいと思うのが女性の本音です。ヘアバンドは基本的に髪をスッキリまとめる目的で使用する方が多いのですが、エラの張っている方は髪を入れすぎるとエラが強調されてしまいます

この場合、できるだけサイドの髪を残しながらアレンジすると、エラが目立たなくて綺麗にまとまるでしょう。耳下までの髪と、耳から後ろの髪の中央にヘアバンドを通すイメージで着用するのがポイントです。

しかし、髪が長いと少し重たく見えてしまうため、髪型は肩ぐらいまでの長さにするか、顎下くらいまでのボブヘアがおすすめです。

ヘアバンドが似合わない人の特徴③ファッションと合ってない

ヘアバンドは基本的に太めで存在感があるので、ファッションとの相性も大切です。その日のコーディネートも考えながら組み合わせないと、かえって邪魔な存在に見えてしまう可能性もあるため、注意しましょう。

例えば、フォーマルな服装やパーティーシーンなどでのドレススタイルには基本的にあまり合いません。また、柄モノのトップスやパンツを着用している時は、ヘアバンドの柄を合わせるか無地のものを身につけるのが良いでしょう。

他にも、カジュアルコーデやきれいめコーデなど、ファッションの系統によっても合うデザインは大きく変わるため、色味や素材に統一感を出しながら、相性の良いアイテムを選ぶのがおすすめです。

ヘアバンドが似合わない人の特徴④肌の色に合ってない

これは、一概に人によって合わない色があるというわけではありませんが、肌の色と統一感を持たせることで、より肌に馴染みやすく外見の印象もアップするでしょう。というのも、最近ではファション分野でも良く耳にする「ブルーベース」と「イエローベース」の違いがあるのです。

ブルベ、イエベなどとも言われ、服の色も自身の肌色に合ったアイテムにこだわる女性が増えています。日本人はイエローベースの割合が高いのですが、具体的にはイエベ春・秋、ブルベ夏・冬と4つの種類に分けることができ、それぞれ似合う色が異なってきます。

特に、ヘアバンドで髪をアップにするという方は、肌の露出度も高くなるため、自分の肌色に合ったアイテムを選ぶと良いでしょう。

基本的にイエローベースの方は、レッドやピンク、オレンジ、イエローなど、発色がよく明るい色が似合うと言われており、ホワイトを選ぶ場合は、真っ白ではなくアイボリーなど少々黄みがかった白がおすすめです。

ブルーベースの方は、ブラウンやバーガンディ、モスグリーンなどの落ち着いた深みのある色味が似合う傾向にあるほか、爽やか系ならばローズピンクやスカイブルーなど涼しげで透明感のあるカラーがおすすめです。

レトロで個性的なレディースファッションブランド人気10選をご紹介!

レトロで個性的なレディースファッションブランド人気10選をご紹介!

レトロで個性的なレディースファッションブランド人気10選 50年代~90年代に流行したファッションや小物を現代風にコーデ…

ヘアバンドやカチューシャが似合う人の特徴

続いて、ヘアバンドやカチューシャが似合う人の特徴を見ていきます。以下のポイントに当てはまる場合は、ヘアバンドとの相性が非常に良いため、どんどんコーディネートに取り入れてみて下さい。

ヘアバンドが似合う人の特徴①顔の形が丸顔

ヘアバンドの似合う顔の形として、まず挙げられるのが丸顔の方です。極端な話、丸顔であれば比較的どのようなヘアアレンジでも似合います

例えば、面長の方は前髪をおろしたり、エラの張った方はサイドを残したりと似合うための工夫が必要ですが、丸顔の方は髪を全て入れ込んで後ろにまとめても、前髪やサイドの毛を少し出しても似合うので、様々なアレンジが楽しめるでしょう。

ヘアバンドが似合う人の特徴②後頭部が突き出ている

前方から見る分にはあまり関係ありませんが、サイドから見た時に後頭部が丸く突き出ている方のほうが、よりバランスよく立体的に見えてヘアバンドが似合います。また、後頭部が出ていると、付けているうちにヘアバンドがどんどん上がってきてしまうという事態も防ぐことができます。

しかし、日本人は絶壁の方が多いと言われているため、ショートの方はレイヤーを入れて絶壁をカバーできるようなヘアスタイルにしてもらったり、ロングの方は結わえてからヘアバンドを付けたりと工夫しながらヘアセットをしてみると良いでしょう。

ヘアバンドが似合う人の特徴③顔が大きい

意外にも、顔が大きい人にはヘアバンドが非常におすすめです。ヘアバンドは太めで面積が広く、存在感もあるので、顔のサイズ感を強調させずに、頭から顔までの全体をバランス良く見せてくれます

さらに小顔効果も期待できるのがポイントです。顔の大きさが気になるという方は、できるだけ太めのヘアバンドを選び、一度試してみると良いでしょう。

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ18選を厳選紹介!

普段使いにおすすめ♡ルイヴィトンの人気バッグ18選を厳選紹介!

ルイヴィトンとは 1854年にフランスで誕生した世界的なファッションブランドで、スーツケース職人であったルイ・ヴィトンに…

ヘアバンドの正しい付け方

ヘアバンドを初めてつけるという方は、どの位置につけたら良いのか、どのようなヘアスタイルに合わせたら良いのか迷うでしょう。また、実際に普段からヘアバンドを付けている方でも、時間が経つと上に上がってきてしまうのが気になるという方も多いです。

そこで、ヘアバンドのおすすめの付け方や上がってきてしまうのを防ぐ装着の仕方を解説しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  1. まずは髪を整える
    髪がボサボサだったり癖が強すぎたりすると、せっかくのヘアバンドも上手に付けられず、台無しになってしまいます。髪はしっかり整えてから、軽くブローやカールを入れたり程よくセットしておきましょう。
  2. ロングヘアは結ぶのがおすすめ
    肩より長いロングヘアの方は、後ろで一つにまとめたりお団子にするなど、結んでおいたほうがスッキリと見えるのでおすすめです。また、ヘアバンドを結び目の下に固定すれば、上にズレてくるのを防ぐこともできます。
  3. ヘアバンドを広げて首まで通す
    よくヘアバンドを所定の位置にいきなり付けてしまう方がいるのですが、せっかく整えたヘアアレンジが崩れたりして失敗する可能性が高くなるので、まずはしっかり広げて首まで通します
  4. 装着する時は耳の上にかけるのがポイント
    続いて首から頭へゆっくり移動させ、装着します。この時に、耳の上部にヘアバンドがかかるようにして付けると、ズレにくくなります。耳の後ろ側まで通してしまうと、時間とともに上がっていってしまうことがあるので、注意しましょう。
  5. 最後の一工夫でこなれ感を出そう
    ヘアバンドを付けられたら、最後に少し髪を出したりバームやワックスで無造作感を出すなど工夫し、こなれ感を出すことで、よりオシャレに仕上がります

ヘアバンドを使ったヘアアレンジ【ショート編】

ここからはヘアバンドを使ったおすすめのヘアアレンジを、髪の長さ別にご紹介していきます。ショートヘアは髪を結んだりアップにすることが難しいため、ヘアバンドを使用してメリハリを付けると、よりオシャレが楽しめるでしょう。

アレンジ①ヘアバンド × 髪をちょい出し

ショートヘアの方はヘアバンドを付ける前にブローをしておいたり、ワックスやヘアバームを使って、ある程度セットしておきましょう。できるだけボリューム感を出しておけば、ヘアバンドが自然と馴染みやすくなります。

付けたあとは、顔周りの毛や前髪を少し出してあげると、顔を強調しすぎずに程よいアクセントとなるでしょう。耳より前に来るサイドの毛をゆるく巻くのも、小顔効果が期待できるのでおすすめです。

アレンジ②ヘアバンド × 低めポニテ

ショートヘアの中でもボブ程度の長さがあったり、毛量の多い方は低めのポニーテールも可能でしょう。小さくポニーテールを作ってからヘアバンドを付けると、可愛らしく爽やかな印象となります。

また、ショートヘアの場合どうしてもヘアバンドが上にズレてしまうという悩みを持っている方が多いのですが、髪を結べればズレもある程度防ぐことができます。

できるだけサイドの髪は入れずに出しておき、最後にコテやアイロンを使って動きを出してあげると、ふんわりと抜け感のあるヘアスタイルを演出できるでしょう。

アレンジ③ヘアバンド × 前髪重め

ヘアバンドを付けると、髪の毛の見える面積がどうしても少なくなりがちなショートヘアの場合、前髪を全て出して重めにセットするとヘアバンドのアクセサリー感が強くなり、個性的でオシャレな印象に仕上げることができます。

前髪は軽く内巻きにするとガーリーなイメージとなり、バームやヘアオイルなどで束感を出しながら少し隙間を作ったり分けたりすると、大人っぽいイメージになります。

ヘアバンドは髪の毛と同じような配色のものを選んでしまうと、かえって重たくなりすぎたりコントラストが付きづらくなるので、思い切って明るい色味や柄モノのアイテムを使用するのがポイントです。

ヘアバンドを使ったヘアアレンジ【ミディアム編】

続いてミディアムヘアの方におすすめのアレンジをご紹介します。普段はボブスタイルやハーフアップなど、落ち着いた髪型の多い方でもヘアバンドを付けるだけで一気にオシャレ度がアップするでしょう。

アレンジ①ヘアバンド × デコ出し

程よく髪の長さを出せてバランスも取りやすいミディアムヘアの方は、デコ出しアレンジにヘアバンドをプラスするのがおすすめです。おでこを出すのに抵抗があるという方でも、ヘアバンドの存在感で視線を自然と上にずらすことができるため、そこまで気になりません。

また、前髪を伸ばし途中で、中途半端に長くて行き場に困っているという場合も、ヘアバンドで固定できるため邪魔にならず、コーディネートのアクセントにもなって一石二鳥でしょう。

アレンジ②ヘアバンド × 抜け感をプラス

ボブヘアなどで全体的に落ち着いたヘアスタイルにしていたり、ボリューム感を減らすために毛量を減らしている方は、ヘアバンドをするとそちらの主張ばかり強くなってバランスが悪くなることが良くあります。

その場合は、コテやアイロンでトップにふんわりと動きを出したり、毛先を外ハネにしてみたりなどのアレンジを加えると、よりヘアバンドを引き立たせることができ、抜け感がプラスされるでしょう。

可愛くておしゃれな服が買える激安通販サイトまとめ!500円以下もたくさん!

可愛くておしゃれな服が買える激安通販サイトまとめ!500円以下もたくさん!

500円以下商品も!安い!レディースファッション激安通販①神戸レタス 神戸レタスは、カジュアルベースのレディース服を取り…

ヘアバンドを使ったヘアアレンジ【ロング編】

最後に、ヘアバンドを使ったロングヘアのおすすめヘアアレンジをご紹介します。髪の長い方は下ろして巻いたり、アップスタイルにしたり、編み込んだりと様々なアレンジが楽しめるため、ヘアバンドと組み合わせることで、より凝ったスタイルが完成するでしょう。

アレンジ①ヘアバンド × おだんご

まずは、王道とも言えるお団子アレンジです。お団子はロングヘアの方しかできない髪型なので、十分に生かして女性らしくアクティブなアップスタイルを楽しみましょう。

ミディアムヘアの方がお団子を作ろうとすると、どうしても長さが足りずに低い位置になってしまいますが、ロングヘアなら高い位置で作れるため、どの角度からも強調することができておすすめです。

また、ヘアバンドを組み合わせることによって、お団子を作った際の気になるアホ毛や後れ毛を隠すことができ、ヘアバンドが上にずれることも防げるので、相性抜群だと言えるでしょう。

アレンジ②ヘアバンド × 三つ編み

三編みや編み込みアレンジにヘアバンドを合わせると、ガーリーで可愛らしいイメージになります。また、簡単な三編みでも凝っている感が出せるため、オシャレな印象を与えられるでしょう。

三編みはツインテールや、後ろや斜めで一つ縛りにする形など様々なアレンジが楽しめるので、その日によって変化を付けられます。崩れたりしやすいサイドの部分もヘアバンドで程よくカバーできるので、簡単にまとめることができるのもメリットだと言えます。

時間のある時は、頭の上部を編み込みにして毛先に向かって三編みにするという、三編みと編み込みを組み合わせたアレンジもおすすめです。三編み部分は崩しながらルーズ感を出すと、こなれ感を演出できます。

アレンジ③ヘアバンド × ゆる巻き

時間のない日は、コテやアイロンでゆるく巻くだけのアレンジで済ませているという方も多いでしょう。そんな時は、ヘアバンドをプラスするだけで印象がガラリと変わります

ボリューム感が出やすく、巻いても外側にボワッと広がりがちだという方でも、ヘアバンドで簡単に抑えることができ時短ヘアとしても人気のアレンジとなっています。カール感が崩れないか心配の方は、最後にスプレーでセットすると良いでしょう。

また、ゆる巻きはふわっとした印象になり男ウケも抜群なので、髪を下ろしたい気分の日やデートの日などにもおすすめです。

ヘアバンドが似合わないと思ってる人でもアレンジ次第!

ヘアバンドは顔や輪郭が目立ってしまうので抵抗がある、そもそも自分には似合わないと思っている方でも、アレンジ次第で誰でもおしゃれなスタイルに仕上げることができます。髪の長さによって様々なアレンジを加えながら、ヘアバンドを使用してトレンド感を生かしたヘアスタイルを楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから

安い!可愛い♡韓国服の韓国通販おすすめサイトをご紹介!

安い!可愛い♡韓国服の韓国通販おすすめサイトをご紹介!

韓国服の韓国通販サイトの魅力 最近、10代から20代の若い世代の方々を中心に新たなトレンドとなりつつある"韓国ファッショ…

女子高生(JK)に人気のかっこいい服を扱うファッションブランド10選!

女子高生(JK)に人気のかっこいい服を扱うファッションブランド10選!

女子高生(JK)に人気のかっこいいファッションブランド10選 全体的に女性らしさが増してきているものの、まだまだ年相応の…

プチプラアクセサリーブランド人気10選!安いのに高見えするアイテムをご紹介!

プチプラアクセサリーブランド人気10選!安いのに高見えするアイテムをご紹介!

安いプチプラアクセサリーブランド人気10選 今回は安くて使い回し力も抜群なのに高見えしてくれるオススメのプチプラアクセサ…