【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選! アイキャッチ画像
記事作成日:

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

エンタメ

1353view

映画を観る時間があっても、映画を観る気持ちを作れずにスマホで時間をつぶす方は多いでしょう。しかし、話題を呼んだ名作映画を観ることで、暇な空き時間は有意義な時間になり心も満たされるのです。

今回は、人生で一度は観ておきたい洋画の名作をランキング形式で紹介します。洋画は各ジャンルたくさんの名作が揃っているので、ぜひ気になる作品はチェックしてみましょう!

洋画の名作映画は数多い!

洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。洋画を見ていると現実逃避できる理由は、日本以外の日常と離れた世界に入り込めるからでしょう。その中でも洋画の名作は、ストーリーも面白い上に、大切なことを教えてくれる作品が多くあります

名作が多い洋画には、各ジャンルそれぞれに面白い作品が揃っているので、ストレス社会を頑張って生きる日本人の方は好きなジャンルの洋画で非日常を楽しむべきなのです。日常から離れることで、普段だと気づかない大切なことに気づくきっかけをくれるかもしれません。

映画【インターステラー】を徹底解説!ネタバレ注意!

映画【インターステラー】を徹底解説!ネタバレ注意!

映画【インターステラー】とは リアル志向の「クリストファー・ノーラン」監督作品 『インターステラー』を手掛けているのは、…

一度は見ておきたい名作映画!おすすめランキング25【洋画編】

さっそくランキング形式で人生で一度は観ておきたい洋画の名作を紹介します。今回は数多い洋画の名作の中からジャンルを問わず25作品を厳選したので、気になる作品はぜひ観てみましょう。

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…

おすすめ名作洋画【1位】ショーシャンクの空に

名作洋画ランキング第1位は1995年に公開されたフランク・ダラボン監督が手掛ける『ショーシャンクの空に』です。主人公で銀行員のアンディは、妻と愛人を射殺した疑いで刑務所に拘束されてしまいました。

アンディは実際の犯人ではなく、全く身に覚えのない事件で捕まっている冤罪なのですが、その後20年刑務所の中で過ごすことになるのです。

刑務所の中にはすさんだ受刑者ばかりで初めはなじめずにいるアンディですが、刑務所内を有益な環境に整えようと様々な工夫をするアンディの姿を見て、他の受刑者たちも感化され始めます。そして、20年の月日が経った頃、アンディの冤罪を晴らす情報を掴むのですが、さらに大きな問題が待っているのでした。

『ショーシャンクの空に』は、どんな環境でも希望を持ち続けるアンディに、希望を持つことの大切さや、人生を諦めない事の大切さを教えてくれる作品です。自分の可能性を勝手に決めてしまっている方や、人生に希望を持てない方に良いきっかけを与えてくれる作品でしょう。

おすすめ名作洋画【2位】最強のふたり

名作洋画ランキング第2位は2012年公開されたエリック・トレダノ監督とオリビエ・ナカシュ監督が共同で手掛ける実話を元に製作された『最強のふたり』です。

パラグライダーで事故に遭い、首から下が動かない大金持ちのフィリップは、介護士を雇いますが、強情な性格と神経質なせいで、どの介護士も長く続きませんでした。

そんな中で会ったのが、出所したばかりで介護士免許すら持たない黒人の青年ドリスです。ドリスは失業手当を貰いたいがために、フィリップの介護士の面接を受け、不採用証明書をもらう狙いでしたが、恐いもの知らずな性格を気に入ったフィリップはドリフを採用します。

やがて、二人はぶつかり合いながらも、最高の友人として絆を築いていくことになるのでした。『最強のふたり』は、境遇も年齢も国籍も違うふたりが、仲を深め合うハッピーなストーリーです。

介護の資格を持っていないドリフですが、フィリップを障害者扱いしずにサポートしながら、楽しい事や悪いことも共にします。お金はあっても孤独だったフィリップは最高の親友を手に入れ、無職のドリフは職を持ちウィンウィンの関係が築けている二人はまさに最強のふたりでしょう。

おすすめ名作洋画【3位】フォレスト・ガンプ 一期一会

名作洋画ランキング第3位は、1995年に公開されたロバート・ゼメキススティーブ・スターキー監督が共同で手掛ける『フォレスト・ガンプ 一期一会』です。主人公のフォレストは矯正器具を付けなければ歩くことができず、知能指数も標準より下回り養護学校を勧められるほどでした。

それでも、フォレストの母親は、他の子と同じ教育をさせたいと普通の学校へ入学させてあげます。しかし、フォレストをバカにする周囲の視線は変わることなく、いじめを受ける日々を過ごしました。そんなある日、いじめっ子から逃げていると、走っている途中に矯正器具が外れてしまいます。

ところが矯正器具を付けなくてもフォレストは走り続けられました。しかも、誰よりも早く走れているのです。この足の速さが開花したことで、フォレストの人生が大きく変化し、フォレストと関わる人達を救うことになるのでした。

『フォレスト・ガンプ 一期一会』は1950年代~1980年代の米国史とうまく絡ませたストーリーが魅力で、フォレストともう一人のキーパーソンであるジェニーがアメリカの光と闇を体現しています。最初のスタートラインが人より怠っていても、諦めなければ成功することを教えてくれる作品でしょう。

おすすめ名作洋画【4位】グリーンマイル

名作洋画ランキング第4位は2000年に公開された『グリーンマイル』です。『グリーンマイル』は大恐慌時代の刑務所の死刑囚棟を舞台にした作品となります。看守長のポールが務める死刑院に、少女二人を殺害した疑いで黒人の大男ジョンが連れられてきました。

発見された現場でジョンは、少女二人を脇に抱え「もう少しで助けられたのに」と意味不明な発言し泣いていたのです。さらに、少女二人をレイプし、殺害したとは思えないほど優しい性格のジョンに、ポールは彼が本当に殺人犯なのか不思議に思い始めます。

後に、ジョンの不思議な力を目の当たりにするポールでしたが、ジョンの正体は何者なのでしょうか。『グリーンマイル』はとにかくジョンが可哀そうな内容です。心優しきジョンが報われるラストではないですが、確実に感動する作品でしょう。

おすすめ名作洋画【5位】レ・ミゼラブル

名作洋画ランキング第5位は世界各国で大ヒットした名作ミュージカルを2012年に豪華キャストで映画化した『レ・ミゼラブル』です。主人公のジャン・バルジャンは一つのパンを盗んだことで19年もの間刑務所の中にいました。

仮釈放されても、長い間刑務所の中にいたバルジャンは心がすさみ再度盗みをしてしまいますが、司教と出会ったことで改心するのです。その後、出会ったファンテーヌから愛娘コゼットを託されたバルジャンは、警察から逃げながらコゼットを育てました。

『レ・ミゼラブル』は、登場する人物それぞれが苦しみと戦いながら生きています。ひとつの作品で罪人からの公正や、親子愛、恋愛と様々なテーマがあるので、見ごたえがある作品と言えるでしょう。

おすすめ名作洋画【6位】ラ・ラ・ランド

名作洋画ランキング第6位は、2017年に公開されたイミアン・チャゼル監督が手掛ける『ラ・ラ・ランド』です。女優の卵であるミアとジャズ・ピアニストのセバスチャンは偶然の出会いが度重なり、恋に落ちました。

やがてそれそれへの夢に近づいていく二人でしたが、セバスチャンはジャズの世界ではなくバンドを組んでいます。ジャズをしたい彼の本心を知っているミアは、ジャズを続けることを勧めますが二人は口論になるのでした。

『ラ・ラ・ランド』は夢見る二人が年月を重ねることで、それぞれの道へと進んでいくストーリーとなります。境遇は違えど、誰にでも大人になることで恋人とすれ違い、別れを選んだ経験はあるでしょう。

『ラ・ラ・ランド』はそんな誰もが経験する恋愛をロマンチックに描いているので気になる方はチェックしてみて下さい。

おすすめ名作洋画【7位】プラダを着た悪魔

名作洋画ランキング第7位は、2006年に公開されたデヴィッド・フランケル監督が手掛ける『プラダを着た悪魔』です。ジャーナリストを夢見るアンディはNYで仕事を探します。

アンディはファッションへの興味が皆無な真面目な女性でしたが、数多くの書類選考の中で採用された会社は、女性なら誰もが憧れるファッション誌のランウェイだったのです。

ファッションへ興味がないアンディですが、ジャーナリストになるために経験を積もうとランウェイの鬼編集長であるミランダの元で働き始めます。多大なる努力をし完璧に仕事をこなすバリバリのキャリアウーマンとして成長したアンディは、ミランダの右腕となるのでした。

『プラダを着た悪魔』はアンディに着目されがちですが、悪者のような扱いのミランダも生き方を一貫しているかっこいい女性です。現代では仕事に生きる女性も多いですし、共感するポイントも多くあるので、まだ観たことのない方はぜひ観てもらいたい作品となります。

おすすめ名作洋画【8位】ボヘミアン・ラプソディ

名作洋画ランキング第8位は、2018年に公開されたブライアン・シンガー監督とデクスター・フレッチャー監督が手掛ける『ボヘミアン・ラプソディ』です。1970年のロンドンで、フレディ・マーキュリー(ファルーク・バルサラ)はつまらない仕事をしていました。

彼は暇さえあれば曲を書いていましたが、その曲を披露することはありません。ある夜ライブハウスへ行くと、演奏していたスマイルと言うバンドに心を奪われます。

その日タイミングよくボーカル兼ベーシストのメンバーを失ったスマイルは、フレディ・マーキュリーを加入させ、あの伝説のバンドクイーンが誕生したのでした。

『ボヘミアン・ラプソティ』は伝説のバンドクイーンの誕生や、フレディ・マーキュリーの人生を知ることができる映画です。また、劇中でかかるボヘミアン・ラプソディが最高にかっこいいのでぜひ観てみましょう。

おすすめ名作洋画【9位】レオン 完全版

名作洋画ランキング第9位は、1994年に公開されたリュック・ベッソン監督が手掛ける『レオン 完全版』です。家族全員を殺された少女のマチルダは自分も殺されること悟り、隣に住む殺し屋のレオンに助けを求めました。

父親から虐待を受けていたマチルダでしたが、唯一心を開いて接していた4歳の弟も殺されたことで悲しみに暮れています。レオンはそんなマチルダを励ましながらも、一緒には居られないと突き放しました。

ところが、私も殺し屋になって弟の仇を討ちをしたいと驚愕の発言をし、拳銃で窓を打ったマチルダを気に入ったレオンは、マチルダに殺し屋としてのスキルを身に付けさせるのでした。

『レオン 完全版』は殺し屋の悪党であるレオンと少女マチルダが絆を描いています。また、少女で殺し屋のマチルダは12歳には到底思えない大人の色気を醸し出しており、いつしかレオンに恋愛感情まで抱く驚きのキャラクターなので、気になる方はチェックしてみましょう。

おすすめ名作洋画【10位】イエスタデイ

名作洋画ランキング第10位は、2019年に公開されたダニー・ボイル監督が手掛ける『イエスタデイ』です。イギリスのシンガーソングライターのジャックは幼馴染のエリーから熱心なサポートを受けますが、まったく売れませんでした。

そんなある日、世界規模の謎の停電が発生し、ジャックは交通事故に遭い意識不明の重体となります。その後、ジャックは意識を取り戻しますが、伝説のバンド ザ・ビートルズのことを誰も知らない世の中へ変わっていたのです。

『イエスタデイ』は、劇中で数々のザ・ビートルズの名曲が流れます。ビートルズの名曲と共にコメディを楽しみたい方に おすすめの作品です。

おすすめ名作洋画【11位】タイタニック

名作洋画ランキング第11位は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督が手掛ける『タイタニック』です。画家志望の青年ジャックは、賭けで勝ちチケットを手に入れたことで、豪華客船のタイタニック号に乗り込みました。

タイタニック号の優雅な空間を楽しむジャックでしたが、上流階級のアメリカ人であるローズが海に身を投げようとしている現場に遭遇します。

ジャックがローズの自殺を止めたことをきっかけに、二人は仲を深めていき自然と惹かれ合いました。身分の違いから叶わない恋だとわかっていても愛し合う二人でしたが、壮絶な運命が待っていたのです。

『タイタニック』は20世紀最大の海難事故と壮大なラブストーリーを掛け合わせた感動作品となります。短い期間で一生忘れられない恋愛をするジャックとローズの切ないラブストーリーに涙すること間違いないでしょう。

おすすめ名作洋画【12位】きみに読む物語

名作洋画ランキング第12位は、2005年に公開されたニック・カサベテス監督が手掛ける『君に読む物語』です。

介護療養型医療施設では認知症のおばあさん(アリー)に読み聞かせをするおじいさん(デューク)がいました。読み聞かせでいる内容は、裕福なお嬢様と材木屋で働く青年のラブストーリーです。お嬢様と青年は恋に落ち交際しますが、身分の違いから周囲の人々がそれを許しませんでした。

離れ離れになり、お嬢様は別の人と結婚しますが、少年は何年会えなくても、戦争から帰ってきてもお嬢様を想い続けるのです。この物語にはどんな意味があるのか、全ての意味を知ったとき愛の素晴らしさを再確認するでしょう。

おすすめ名作洋画【13位】ノッティングヒルの恋人

名作洋画ランキング第13位は、1999年に公開されたロジャー・ミッシェル監督が手掛ける『ノッティングヒルの恋人』です。ノッティングヒルで旅行書専門店を経営しているウィリアム・タッカーはバツイチの平凡な男性でした。

ある日、ウィリアムの本屋に、ハリウッドスターのアナ・スコットが本を買いに来店したのです。このことがきっかけで、大スター女優と平凡な男性は恋に落ち、ロマンチックなラブストーリーは繰り広げられるのでした。

『ノッティングヒルの恋人』は誰もが一度は憧れる大スターと一般庶民の恋愛を描いています。ただ甘いだけのストーリーではなく、すれ違いが起こりもどかしい気持ちにさせるシーンもあるラブストーリー好きには堪らない内容です。昔ながらのロマンチックなラブストーリーが好きな方は観てみましょう。

おすすめ名作洋画【14位】アバウト・タイム 愛おしい時間について

名作洋画ランキング第14位は、2014年に公開されたリチャード・カーティス監督が手掛ける『アバウト・タイム 愛おしい時間について』です。主人公のティム・レイクは21歳の誕生日を機にタイムトラベル能力があることに気づきました。大人になり弁護士になったティムは、メアリーと出会い惹かれます。

ところが、ティムは今までの人生で恋愛が上手くいったことがありません。そこで、メアリーとの恋愛を成就させるために、自身の持つタイムトラベルの能力を使うことを決めたのでした。『アバウト・タイム 愛おしい時間について』は、人生の素晴らしさを教えてくれる作品です。

忙しい日々を送っていると、周りの人たちの大切さを見失ってしまうこともあるでしょう。自分に余裕がない時こそ『アバウト・タイム 愛おしい時間について』を観て、日常の幸せを再確認してみて下さい。

おすすめ名作洋画【15位】キャッチミー・イフ・ユー・キャン

名作邦画ランキング第15位は、2003年に公開されたスティーブン・スピルバーグが手掛ける『キャッチミー・イフ・ユー・キャン』です。主人公ののフランク・W・アバグネイルは両親に大切に育てられ家族が大好きでした。

ところが、高校生になると、両親が離婚することを知り、ショックで家を飛び出してしまいます。職もなくお金もないフランクは一か八かで詐欺をしますが、成功してしまうのです。

味を占めたフランクは最悪の詐欺師となっていきますが、FBI捜査官カール・ハンラティによって、彼の人生は大きく変化するのでした。

『キャッチミー・イフ・ユー・キャン』は孤独な詐欺師フランクとFBI捜査官カール・ハンラティの警察と犯人とは一味違う関係性が魅力の作品です。また、若い頃のレオナルド・ディカプリオが観れる映画なのでディカプリオファンの方もぜひ観てみましょう。

おすすめ名作洋画【16位】バック・トゥ・ザ・フューチャー

名作洋画ランキング第16位は、1985年に公開されたロバート・ゼメキス監督が手掛ける『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。変わり者の発明家であるドク・ブラウンが、デロリアンを改造してタイムマシンを完成させました。

実験を手伝うマーティ・マクフライはデロリアン完成の報告を受け、デロリアンに乗り込むと誤作動が起きます。すると、本当に1955年にタイムスリップしてしまい、さらにデロリアンは燃料切れで現代に戻れなくなってしまうのでした。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は世界的に大ヒットした名作で、1985年と古い作品ですが現代の視聴者が観てもわくわくする作品となります。昔ならではの演出も面白いので気になる方はチェックしてみましょう。

おすすめ名作洋画【17位】ライフ・イズ・ビューティフル

名作洋画ランキング第17位は、1999年に公開されたロベルト・ベニーニ監督が手掛ける『ライフ・イズ・ビューティフル』です。グイドは叔父を頼りに田舎からトスカーナ地方へ出てきました。グイドは旅の途中で出会った教師のドーラに一目ぼれし、二人はやがて結婚します。

その後、息子のジョズエを授かり幸せに暮らしていた一家でしたが、社会はだんだんとユダヤ人に対しての差別がひどくなっていくのでした。『ライフ・イズ・ビューティフル』は、ヒトラーにより起きたユダヤ人差別を描いた作品です。

幸せな一家はユダヤ人であったことから、収容所に拘束されてしまいます。しかし、グイドは息子に心配させないように収容所のなかでも楽しませるのです。ユダヤ人差別は昔の出来事ですが、未だに根深い人種差別や、他の差別について考えさせられる作品なので、眼を背けずに観てみましょう。

おすすめ名作洋画【18位】スタンド・バイ・ミー

名作洋画ランキング第18位は、1987年に公開されたロブ・ライナー監督が手掛ける『スタンド・バイ・ミー』です。田舎に暮らす12歳の少年4人はそれぞれ個性は違いますが仲良しでした。ある日、4人の一人であるバーンが兄たちの話を聞き、死体を探す旅をしようと他の3人に持ち掛けます。

その死体を見つけられれば英雄になり新聞にも載れると意気込んだ4人は死体探しの旅に出るのでした。『スタンド・バイ・ミー』は子供と大人の狭間にいる、難しい年ごろの少年たちの心情をうまく表現している作品なので、大人はどこか懐かしさも感じるのではないでしょうか。

おすすめ名作洋画【19位】オデッセイ

名作洋画ランキング第19位は、2016年に公開されたリドリー・スコット監督が手掛ける『オデッセイ』です。火星の有人探査計画が開始されるや否や、巨大な嵐が襲い計画は早々に中止されました。

ところが、調査中だった植物学者のマークが不慮の事故により撤退失敗してしまったことから、チームの仲間たちは切望します。誰もがマークの生存を諦めていた頃、驚くことにマークは生きていました。

無事だったものの地球への連絡手段がないマークは、地球人が来る次のミッションまでの4年間を、何もない火星で過ごす決意をするのです。『オデッセイ』は、究極のサバイバル作品となります。

何もない火星で取り残されれば誰でも絶望し生きることを諦めるでしょう。しかし、マークは諦めず、ジャガイモの栽培を始めたりと持ち前の知識を活かして行動します。壮大なSF作なので、気になる方は観てみましょう。

おすすめ名作洋画【20位】アメリカン・スナイパー

名作洋画ランキング第20位は、2015年に公開されたクリント・イーストウッド監督が手掛ける『アメリカン・スナイパー』です。米海軍特殊部隊の隊員であるクリス・カイルは名スナイパーで、イラク戦争では160人以上を射殺した英雄と讃えられていました。

ところが、敵にもクリスの腕は話題となり、賞金首をかけられ危機的状況に立ちます。クリスはアメリカにいる妻子を想いながら4度のイラク遠征を経験することになるのです。『アメリカン・スナイパー』は実話で、主人公クリスの苦悩を細かく描いています。

過酷なクリスの人生はノンフィクションでドキュメンタリーにも近いことから、フィクションとは違う受け取り方ができる作品でしょう。

おすすめ名作洋画【21位】グリーン・ブック

名作洋画ランキング第21位は、2019年に公開されたピーター・ファレリー監督が手掛ける『グリーンブック』です。高級クラブで用心棒をしているトニー・リップは、黒人ピアニストのドクター・シャーリーの運転手を依頼されます。

ピアニストであるシャーリーは、黒人差別がひどいアメリカ南部でツアーを計画していたことから、二人はグリーンブックを 元にツアーに向けて南へ旅立つのでした。『グリーンブック』は、実話をもとに作られています。

グリーンブックとは、まだ黒人差別がひどい時代に、黒人が旅行で困らないように作られた黒人のための旅行書です。白人のリップと黒人のシャーリーは序盤ではいがみ合う程相性が最悪でしたが、物語が進むにつれて最高の関係へと変化します。国境を越えた友情が素晴らしい作品なのでぜひ観てみましょう。

おすすめ名作洋画【22位】スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

名作洋画ランキング第22位は、1978年に公開されたジョージ・ルーカス監督が手掛ける『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』です。銀河帝国設立から19年後、レイア姫がダース・ベイダーがいる帝国軍に捕まってしまいました

レイア姫の危機を知らされたルークは、オビ=ワン・ケノービとハン・ソロ、チューバッカを仲間にし、反乱軍の闘いに参加することを決意したのです。『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』は昔の作品とは思えない表現力を持ち、スター・ウォーズシリーズでも特に名作と言える作品でしょう。

おすすめ名作洋画【23位】E.T.

洋画名作ランキング第23位は、1982年に公開されたスティーブン・スピルバーグの代表作でもある『E.T.』です。アメリカの森に地球調査に来ていた宇宙人たちは、地球人に見つかったことで早々と撤退しました。ところが、一匹の宇宙人だけ取り残されてしまい元の星に帰れなくなったのです。

森の近くに住むエリオットは宇宙人がいることを発見すると誰にも見つからないよう家にかくまいます。宇宙人はE.T.と名付けられ、エリオットとE.T.は次第に友情を築き上げていきました。

『E.T.』は英語の教科書に載るくらい有名な作品で、子供たちの優しさにも感動します。大人が最初にE.T.に出会わなかったことでE.T.は助かりますし、エリオットたちも偏見の目を向けず純粋に接しているので友情関係が築けたのでしょう。心温まる作品なのでぜひ観てみて下さい。

おすすめ名作洋画【24位】戦場のピアニスト

名作洋画ランキング第24位は、2003年に公開されたロマン・ポランスキー監督が手掛ける『戦場のピアニスト』です。舞台は1939年、ナチスドイツがポーランドを攻めていた頃、ピアニストのシュピルマンは放送局で演奏をしていました

ユダヤ人差別がひどくなると、ユダヤ人たちは飢えや無差別殺人に怯える日々を過ごします。そして、シュビルマンも大切なピアノまで売るほど状況は悪化し続けるのです。

その後、ユダヤ人収容所に多くのユダヤ人が拘束されるようになり、シュビルマンの必死に逃げますが、とうとうドイツ人将校に見つかってしまうのでした。『戦場のピアニスト』は、ユダヤ人差別の惨さを表している作品です。

かなり心臓に悪いシーンが登場しますが、『戦場のピアニスト』を観ることで二度とこのような悲劇を繰り返してはいけないと再確認できるでしょう。

おすすめ名作洋画【25位】羊たちの沈黙

名作洋画ランキング第25位は、2001年に公開されたジョナサン・デミ監督が手掛ける『羊たちの沈黙』です。主人公のクラリスは優柔なFBIアカデミーの訓練生でした。ある日、クラリスは女性を誘拐して皮を剥ぐ惨い連続殺人事件の捜査スタッフに選ばれます。

クラリスは捜査のために、事件のキーパーソンであろう天才的精神科医のレクターと面会しました。精神科医のレクターは天才なだけではなく、自身の患者を次々と殺したサイコパスなのです。ところがレクターは何故かクラリスを気に入り事件のヒントを与えるようになりました。

『羊たちの沈黙』の魅力は、レクタ―の不気味さにあるでしょう。レクタ―は優秀な精神科医だからこそ、一言話すだけで心が見破られてしまう恐ろしいキャラクターです。サイコサスペンスが好きな方はぜひチェックしてみましょう。

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…

洋画を選ぶのに困ったら?

次に、洋画のおすすめの選び方を紹介します。洋画の名作はたくさんある為、いざ映画を観ようと思っても、何を観れば悩む方は多いでしょう。おすすめする選び方を実践してもらうと、映画が選びやすくなるので試してみて下さい。

おすすめの洋画の選び方①ジャンル

まずは自分が好きなジャンルの洋画から見ると良いでしょう。洋画は、サスペンスからヒューマンドラマ、コメディ、ラブストーリーまで、どのジャンルでも名作が揃っています。中でも、洋画のSF作品やアクション作品はスケールが大きいので、日本とは違う見ごたえがあるでしょう。

おすすめの洋画の選び方②監督や俳優

出演している監督や俳優で映画を選ぶこともおすすめします。邦画の名作の中には、現在大スターの俳優たちの若き頃の作品もある為、また違った楽しみ方ができるのです。

さらに、現在でも別の話題作を生み出している監督の昔の名作を観ることで、今と昔の作品の作り方の違いなども気づけておもしろいでしょう。

おすすめの洋画の選び方③受賞歴や評判

受賞作品の中からや、口コミなどの評価が高い作品から、観たい映画を探すと間違いありません。中でもアカデミー賞やゴールデングローブ賞に選ばれた作品は興行収入も高く、多くの方から評価を得ているので、選ぶときに参考にしてみて下さい。

また、プロの感性とは違う素人目線の一般のレビューはかなり参考になります。よくある映画のレビューサイトなどをチェックすると気になる作品が見つけやすいでしょう。

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…

ご紹介の映画を参考に名作を鑑賞してください

今回は人生で一度は観ておきたい洋画の名作ランキングを紹介しました。紹介したランキングはジャンル問わずに厳選したので、あなたの好きなジャンルの作品をみつけられるでしょう。どの作品も充実した映画TIMEが過ごせる名作ばかりなので、気になる作品はぜひチェックしてみて下さい!

おすすめ名作洋画その他の関連記事はこちらから

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

【洋画編】一度は見ておきたい名作映画おすすめランキング25選!

洋画の名作映画は数多い! 洋画の魅力はなんと言っても、日本以外の考え方やライフスタイルを味わえることではないでしょうか。…

サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラー映画おすすめ18選!人間の狂気にゾッとする作品をご紹介!

サイコホラーとは サイコホラーとは、サイコロジカル(心理的)・ホラーの略で、理性を失った人間やサイコパスを描いた作品のこ…

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

ラストの大どんでん返しが面白い映画の選び方 大どんでん返しの映画を楽しむには、自分の好みにあう作品を選ぶのも大切です。映…