伏線回収がスゴい映画おすすめ18選!ストーリー展開が気持ち良い作品をご紹介! アイキャッチ画像
記事更新日:

伏線回収がスゴい映画おすすめ18選!ストーリー展開が気持ち良い作品をご紹介!

エンタメ

96view

おもしろい作品に出合うと、多くの人が観た後に伏線を調べるでしょう。伏線に気づくと、また違った目線で作品を楽しむことができます。

今回は、おすすめの伏線回収がすごい映画を紹介していきます。すでに観たことのある映画でも、伏線を知ってから観ると新たな発見ができるのでぜひ参考にしてみてください!

伏線回収のストーリーとは?

伏線とは「隠されているキーポイント」のことで、作者が作品の至る所にヒントを散りばめています。そして、作中ですべての伏線の意味を明らかにすることを伏線回収と言います。

最初に映画を観る時は、伏線などはあまり意識されて観ないでしょう。しかし、気に言った作品を何度も観ていくうちに、伏線を見つけたりと、作者から与えられているヒントを発見でき、楽しみ方が広がるのです。

スカッとする!サクセスストーリー映画25選!気分を上げたい時に見る作品はコレ!

スカッとする!サクセスストーリー映画25選!気分を上げたい時に見る作品はコレ!

スカッとするサクセスストーリーの映画とは サクセスストーリーとは、個人や事業の成功に至るまでの物語を言います。サクセスス…

伏線回収がスゴい映画おすすめ18選

次に、おすすめの伏線回収がすごい映画を紹介していきます。すでに観たことのある作品も、伏線を知ってから観ると、違った面白さがあります。各作品の伏線を知り、違った視点で映画を楽しみましょう!

おすすめの伏線回収の映画①シックス・センス

『シックス・センス』は1999年に公開されたサスペンススリラー映画です。死者の姿が見える少年と彼を担当する小児精神科医の交流を衝撃的な展開で描いており、M・ナイト・シャマラン監督の出世作となりました。

シックス・センスのあらすじや見どころ

小児精神科医マルコムは、自宅に突然襲撃してきた元担当患者のビンセントに銃撃されました。銃撃事件から1年後、マルコムは8歳の少年コールのカウンセリングを担当することになります。コールは周囲に心を閉ざしていましたが、マルコムと打ち解けていくうちに、誰にも言えない秘密を告げたのです。

シックスセンスは、所謂「叙述トリック」を使った作品です。物語を観ていくと、少し引っかかる場面がいくつも出てきます。そこには単なる勘違いではなく、隠れた伏線が存在しているので、注意深く見てみましょう。

シックス・センスのキャスト

マルコム・クロウ役は、「ダイ・ハード」シリーズなどでお馴染みのブルース・ウィルスが演じています。幽霊の見えるマルコムの担当患者の少年コール・シアー役は、「フォレスト・ガンプ 一期一会」でトム・ハンクスの息子役でスクリーンデビューを飾ったハーレイ・ジョエル・オスメントが務めました。

おすすめの伏線回収の映画②サーチ

『サーチ』は、2018年に製作されたスリラー映画です。物語の全てがパソコンやテレビの画面上で進行するという異色の展開による新感覚シチュエーション・スリラーとなっています。

サーチのあらすじや見どころ

父親と2人暮らしの16歳の女子高校生が突然失踪してしまうところから物語は始まります。行方不明事件として捜査が開始され、家出なのか、誘拐なのかわからないまま37時間が経過する頃、父親のデビッドは、彼女のPCにログインしSNSにアクセスを試みるのです。

サーチの伏線は至る所に散りばめられており、アイテムや場所など細かくて、とにかく多いです。ネットで調べてもおもしろいですし、自力で発見しても楽しめるでしょう。

サーチのキャスト

父親のデビッド・キムは「アメリカン・パイ」で注目されたジョン・チョウ、娘のマーゴットはミシェル・ラー、ヴィック捜査官はデブラ・メッシングが演じています。

おすすめの伏線回収の映画③ バタフライエフェクト

『バタフライエフェクト』は、2004年に公開されたサスペンス・スリラー映画です。エリック・ブレス監督が手がけた緻密に作り込まれている伏線が魅力となっています。

バタフライエフェクトのあらすじや見どころ

舞台は1998年のアメリカから始まります。主人公のエヴァンは子供の頃に性的虐待を経験したことから、ストレスが高まると意識が無くなり、短時間の記憶を失う症状に悩まされていました。大学生になったエヴァンは、昔の自分が付けていた日記を読むことで過去へ戻れることに気付くのです。

バタフライエフェクトは、何度も過去に戻るタイムリープ系の映画で、「バタフライ効果」が起きていきます。エヴァンの各ルートの人生に伏線が存在しており、気持ちの良いほど伏線回収がされていくので期待を裏切らない作品でしょう。

バタフライエフェクトのキャスト

エヴァン役は、TVシリーズ「ザット’70sショー」で人気になったアシュトン・カッチャーが演じています。幼馴染のケイリー役は、エイミー・スマートが務めました。

おすすめの伏線回収の映画④ゲット・アウト

『ゲット・アウト』は、2017年に公開されたホラー映画です。「パラノーマル・アクティビティ」や「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作しています。

ゲット・アウトのあらすじや見どころ

アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待され過剰なまでの歓迎を受けのに、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えました。

その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティでは出席者全員が白人で、ひとりだけ黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向けるのです。

ゲット・アウトはオープニングで流れている曲から伏線が始まります。また、タイトルにもオマージュが隠されているなど仕掛けがたくさんあり、映画のネタバレを隠喩している伏線もあるので探してみましょう。

ゲット・アウトのキャスト

クリス・ワシントン役は、「ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償」ではアカデミー助演男優賞を受賞したダニエル・カルーヤ、彼女のローズ・アーミテージ役はアリソン・ウィリアムズが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑤ミスト

『ミスト』は2008年に公開されたSFホラー映画です。「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を手掛けたフランク・ダラボン監督が、映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ意欲作となっています。

ミストのあらすじや見どころ

激しい嵐が過ぎ去った町は、突如現れた謎の霧に覆いつくされていきます。住民たちは身動きが取れなくなってしまい、主人公のデヴィットと息子のビリーもスーパーの中から出ることができません。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が人々を襲いはじめ追い詰めていくのです。

ミストは伏線がいくつかありますが、冒頭のシーンでデイビッドが描いていたヒーローの絵がすべてを物語っているのではないでしょうか。気になる方はぜひチェックしてください。

ミストのキャスト

デヴィッド・ドレイトン役はトーマス・ジェーン、ビリーが通う小学校の教師であるアマンダ・ダンフリー役は『ウォーキング・デッド』にも出演しているローリー・ホールデン、ビリー・ドレイトン役は『イルカと少年』で主演を務めたネイサン・ギャンブルなどが出演しています。

おすすめの伏線回収の映画⑥ヘレディタリー 継承

『ヘレディタリー 継承』は2018年に公開されたホラー映画です。本作で長編監督デビューを果たしたアリ・アスターが監督、脚本を務めています。

ヘレディタリー 継承のあらすじや見どころ

祖母エレンが亡くなったグラハム家は、葬儀を終えてから奇妙な出来事が頻発するようになります。亡くなった祖母のエレンから忌まわしいものを受け継いでしまった家族は、数々の恐怖に飲み込まれていくのです。

ヘレディタリー 継承は、細部まで計算された伏線が見どころでしょう。不可解な現象がポイントなので注意深く考察しながら観ることをおすすめします。

ヘレディタリー 継承のキャスト

アニー・グラハム役は「マイ・ベスト・フレンド」や「マダムのおかしな晩餐会」で主演を演じたトニ・コレット、ピーター・グラハム役はアレックス・ウルフ、チャーリー・グラハム役はミリー・シャピロが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑦スパイダーマン・スパイダーバース

『スパイダーマン・スパイダーバース』は2018年に公開されたアクション映画です。日本語吹替版では、中学生マイルス・モラレス役を小野賢章、ピーター・パーカー役を宮野真守、女性スパイダーマンのグウェン・ステイシー役を悠木碧が担当しています。

スパイダーマン・スパイダーバースのあらすじや見どころ

ニューヨークのブルックリンで名門私立中学校に通うスパイダーマンのマイルス・モラレスは、自分の能力をコントロールできませんでした。ある日、時空が歪められた衝撃で異なる次元にいたスパイダーマンたちが集結するのです。

スパイダーマン・スパイダーバースの一番の伏線は、主人公の叔父との会話にあります。クライマックスの決戦の結果に関わる重要なセリフを言うので、注目して観てみましょう。

スパイダーマン・スパイダーバースのキャスト

主人公のマイルス・モラレス役はシャメイク・ムーア、ピーター・P・パーカー役は「ジュラシック・ワールド」にも出演しているジェイク・ジョンソン、スパイダーマン・ノワール役はニコラス・ケイジなどが出演しています。

おすすめの伏線回収の映画⑧ファイト・クラブ

『ファイト・クラブ』は1999年に公開されたヒューマンサスペンス映画です。「セブン」のデヴィッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットコンビが再びタッグを組んでいます。

ファイト・クラブのあらすじや見どころ

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男に導かれ秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになります。ファイト・クラブは鍛え抜かれた男たちの拳のみを武器にし戦いを繰り広げる危険な空間だったのです。

『ファイト・クラブ』には、周到に張り巡らされた伏線やトリックが至る所に仕組まれています。一番最初のオープニングタイトルから伏線が仕掛けられているので注目してみましょう。

ファイト・クラブのキャスト

主人公「僕」役は『アメリカン・ヒストリーX』や『バードマン』のエドワード・ノートン、タイラー・ダーデン役は『マネーボール』など数々の映画に出演しているブラッド・ピットが出演しています。

おすすめの伏線回収の映画⑨ソウ

『ソウ』は2004年に公開されたシチュエーション・スリラー映画です。密室で足を鎖でつながれた2人の男が直面する究極の選択と苦悩を描いた作品となっています。

ソウのあらすじや見どころ

互いに面識のない2人の男は老朽化した巨大なバスルームで目覚めます。「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」というゲームを強要され、究極の選択を迫られてしまうのです。

ソウは最初から最後まで伏線ばかりの作品で、謎解き感覚で観ていくことができる作品でしょう。また、綺麗に伏線回収もされていくので伏線回収が好きな方におすすめの作品です。

ソウのキャスト

ローレンス・ゴードン役は『ツイスター』や『ニュー・イヤーズ・イヴ』に出演しているケイリー・エルウィス、アダム・フォークナー役は俳優、脚本家、映画プロデューサーとしても活躍しているリー・ワネルが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑩エスター

『エスター』は2009年に公開されたサスペンスホラー映画です。ジャウム・コレット=セラ監督が手掛けた、アレックス・メイスの小説を映画化した作品となっています。

エスターのあらすじや見どころ

赤ん坊を死産で失い、悲しみに暮れていた夫婦ケイトとジョンは養子を迎えることにしました。孤児院で出会ったエスターを引き取ることになりますが、エスターの奇妙な言動にケイトは不安を覚え始めるのです。

エスターは、エスターが身に付けているものや、行動一つ一つに正体に繋がる伏線があります。ラストを観てから、もう一度見直すとすべてが繋がりエスターの謎な行動に納得できるでしょう。

エスターのキャスト

エスター役は『ハンガー・ゲーム』や『Cell(原題)』でお馴染みのイザベル・ファーマン、ケイト・コールマン役は『死霊館』や『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に出演しているヴェラ・ファーミガが演じました。

おすすめの伏線回収の映画⑪メッセージ

『メッセージ』は2016年に公開されたSFヒューマンストーリーです。テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基に映画化しました。

メッセージのあらすじや見どころ

ある日、宇宙から飛来した巨大な宇宙船が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続けます。アメリカ軍の要請を受けた言語学者の女性が、地球外生命体からのメッセージの解読に取りかかり、全てが謎だった巨大な宇宙船から思いがけない真実を知っていくのです。

メッセージはループ構造になっており、いつの時代の話なのか登場人物のセリフで把握していきます。ラストシーンで伏線がひとつにまとまる瞬間は、納得と感動を与えるでしょう。

メッセージのキャスト

ルイーズ・バンクス役は『魔法にかけられて』の主人公ジゼル姫役でお馴染みのエイミー・アダムス、イアン・ドネリー役は『アベンジャーズ』のホークアイも務めているジェレミー・レナーが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑫パッセンジャー

『パッセンジャー』は2017年の作品で、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』のジョン・スパイツが脚本を手がけています。

パッセンジャーのあらすじや見どころ

新たなる居住地を目指し、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にしました。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまい、絶望的な状況で激しい恋に落ちる二人ですが、予期せぬ出来事が運命を狂わせていくのです。

ジムに起こされてしまうオーロラという名前は、童話「眠り姫」の主人公オーロラと同じであり、眠り姫をモチーフにしたキャラクターであることが示唆されています。

パッセンジャーのキャスト

オーロラ・レーン役は『アメリカン・ハッスル』『ハンガー・ゲーム』に出演しているジェニファー・ローレンス、ジム・プレストン役はクリス・プラットが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑬MAMA

『MAMA』は2013年に公開されたサスペンスホラー映画です。アンドレス・ムシェッティ監督が、自身の短編作品を長編化した作品となっています。

MAMAのあらすじや見どころ

妻を殺害したジェフは娘の幼いヴィクトリアとリリーを連れて逃亡しますが、スリップ事故により森の中の空き家に身を隠します。その中で何者かに襲われジェフが死亡してしまい幼い娘2人だけになってしまいました。

その5年後ジェフの弟のルーカスが二人を発見しますが、空白の5年間どうやって彼女たちは生き延びたのでしょうか。オープニングクレジットのイラストにも伏線が隠されているので、着目して観てみましょう。

MAMAのキャスト

アナベル役は『スノーホワイト氷の王国』に出演しているジェシカ・チャステイン、ヴィクトリア役はミーガン・シャルパンティエ、リリー役はイザベル・ネリッセが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑭花束みたいな恋をした

『花束みたいな恋をした』は2021年に公開のラブストーリーです。『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『カルテット』など数々のヒットドラマを手がけてきた坂元裕二のオリジナル脚本を映画化しました。

花束みたいな恋をしたのあらすじや見どころ

麦と絹は大学卒業後フリーターをしながら同棲をスタートさせます。日々変化する環境の中で日常を共有しながら大切に過ごしていきますが、大人になり社会に揉まれていく中でいつしかすれ違うようになるのです。

花束みたいな恋をしたは、たくさんの伏線があります。例えば、絹のネイルが信号機カラーになっていることです。ネイルのカラーはふたりの関係性を表しています。他にも細かい伏線があるのでチェックしてみましょう。

花束みたいな恋をしたのキャスト

山音麦役は『溺れるナイフ』『あゝ、荒野』などでお馴染み菅田将暉、八谷絹役は『映画 ビリギャル』『ひよっこ』に出演している有村架純が演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑮ルームメイト

『ルームメイト』は2013年に製作されたサスペンスホラー映画です。『オトシモノ』『Another アナザー』の古澤健監督が手がけています。

ルームメイトのあらすじや見どころ

派遣社員として働く萩尾春海は、交通事故で頭を打ち片足を骨折し入院することになりました。看護師の西村麗子がよく気にかけてくれたことで二人は意気投合し友人となります。

春海の退院をきっかけに二人はルームシェアをすることになるのですが、春海の周りで不可解な事件が起きはじめていくのです。すべてのシーンに意味があり、それをよく考えてみると真実にたどり着けるという構成がゾッとしますが楽しめるでしょう。

ルームメイトのキャスト

萩野春海役は『謎解きはディナーのあとで』『HERO』に出演している北川景子、西川麗子役は『下妻物語』『ヤッターマン』でお馴染みの深田恭子が演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑯女神の見えざる手

『女神の見えざる手』は2017年に公開されたジョン・マッデン監督が手掛ける銃規制法案に着目したアメリカ合衆国の社会派サスペンスとなっています。

女神の見えざる手のあらすじや見どころ

大手ロビー会社の花形ロビイストとして活躍してきたエリザベス・スローンは、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍しました。

銃規制法案を巡って対立する両陣営の熾烈な駆け引きが行われるのです。エリザベスは最後まで必殺の切り札を隠しており、切り札の伏線が至る所に隠されているので探し見てみましょう。

女神の見えざる手のキャスト

エリザベス・スローン役は『スノーホワイト氷の王国』などに出演しているジェシカ・チャステイン、ロドルフォ・シュミット役は『キングスマン』シリーズでお馴染みのマーク・ストロングが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑰バイオハザード

『バイオハザード』は2002年に製作されたSFアクション作品です。カプコンの大ヒットゲーム『バイオハザード』が実写映画化されました。

バイオハザードのあらすじや見どころ

巨大企業アンブレラ社が地中深くに作り上げた秘密研究所ハイブで開発されたウィルスが、何者かの手によって空気中に漏洩してしまいます。アンブレラ社は特殊部隊を派遣しますが、ウィルスがもたらした戦慄すべき光景に驚愕するのでした。

バイオハザードはシリーズ化されており、バイオハザードザ・ファイナルではすべての謎が解明されてスッキリするので、全シリーズ観ることをおすすめします。

バイオハザードのキャスト

アリス役はスーパーモデル出身の女優であるミラ・ジョボビッチ、レイン役は『S.W.A.T.』『アバター』に出演しているミシェル・ロドリゲス、マット役はエリック・メビウスが演じています。

おすすめの伏線回収の映画⑱インターステラー

『インターステラー』は2014年に公開されたクリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品です。最先端VFXで壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写は圧倒されます。

インターステラーのあらすじや見どころ

世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫ろうとしていました。居住可能な惑星を求めて宇宙の彼方に調査隊を送り込むことになり、その一人として主人公の元宇宙飛行士のクーパーが選ばれます。調査隊は家族のため、人類のために過酷なミッションに挑むのです。

インターステラーは、超常現象などの劇中に組み込まれた伏線が多くあり、空間と時間を超えて最後には綺麗に伏線回収がされていく構成が魅力と言えるでしょう。

インターステラーのキャスト

クーパー役は『ダラス・バイヤーズクラブ』や『リンカーン弁護士』でお馴染みのマシュー・マコノヒー、ブランド役は『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが演じています。

タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

タイムリープ・タイムトラベル系映画おすすめ15選!名作SF映画をご紹介!

時間移動するタイムリープ・タイムトラベル系映画とは? タイムリープやタイムトラベルは同義語なのでしょうか?正確に言えば、…

大ドンデン返しが面白い!

今回はおすすめの伏線回収がすごい映画を紹介しました。作中に散りばめられている伏線に気づくと、より深く映画の内容が理解できます。伏線に着目し、新たな視点を見つけ映画を楽しんでみましょう!

その他の関連記事はこちらから

【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ25選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ25選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

日本の感動で泣ける映画おすすめ25選【2021年最新】 まず初めに2021年最新版の日本のおすすめの感動で泣ける映画・邦…

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

【ネタバレ】ジブリ映画『ハウルの動く城』あらすじや原作との違いを解説!

ジブリの名作『ハウルの動く城』とは ハウルの動く城は2004年11月に日本で初めて公開されたジブリアニメーションですが、…

映画『インセプション』謎が残るラストシーンを徹底考察!あらすじや見どころは?

映画『インセプション』謎が残るラストシーンを徹底考察!あらすじや見どころは?

映画『インセプション』とは 2010年公開のアメリカ映画「インセプション」は、主演のレオナルドディカプリオを始め、ジョセ…