【ネタバレ】映画『コンフィデンス』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.primevideo.com/
記事更新日:

【ネタバレ】映画『コンフィデンス』あらすじを徹底解説!

エンタメ

48view

映画『コンフィデンス』は、詐欺師集団の奔走を描いたサスペンス作品です。ハラハラする展開はもちろんのこと、人々の想いが錯綜し合うヒューマンドラマの一面も楽しむことができるので、次に観る作品を探している方はぜひこの記事をチェックしてみてください。あらすじやキャストの情報、見どころや評価などをまとめます。

映画『コンフィデンス』の基本情報


映画『コンフィデンス』は2003年に製作されたサスペンスおよびヒューマンドラマ映画です。監督はジェームズ・フォーリーが務めました。上映時間は97分です。

若い詐欺師が大金強奪をする羽目になり、いろいろな考えを持つ人々と関わりを持ちながら実行に移す様子をスリル満点かつユーモアたっぷりに描きます。

無料トライアルあり!動画配信サービスで映画・ドラマが見放題

映画やドラマ、アニメ作品をたくさん視聴したい方には動画配信サービスがおすすめです。パソコンやスマホなどあらゆるデバイスに対応しているため、わざわざレンタル店に行く必要はありません。いつでもどこでも簡単に視聴可能です!

さらに無料トライアルがある動画配信サービスを厳選して紹介します。気になる作品がある方は、まずは無料トライアルから始めてみるのをおすすめします!

おすすめ動画配信サービス 公式サイト
【作品数が魅力!】U-NEXT
・25万本以上の圧倒的作品数
月額2,189円(税込)
・31日間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
日テレドラマ 【オリジナル作品・国内ドラマ充実!】hulu
・10万本以上の映画・ドラマ等が見放題
月額1,026円(税込)
・2週間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
【圧倒的コスパ!】Amazonプライムビデオ
・値段の安さが特徴
月額500円or年会費4,900円(税込)
・30日間無料体験あり
公式サイトをチェック

映画『コンフィデンス』のあらすじ【ネタバレあり】

ここからは、ネタバレを含めながら映画『コンフィデンス』のあらすじを順にまとめます。映画の展開を知りたい方や、視聴に際して先に大まかな流れを追っておきたい方などは、ぜひこちらを参考にしてください。

コンフィデンスのネタバレあらすじ①詐欺師ジェイク

天才詐欺師のジェイクは、その事実を誇りに思っています。ある日、ジェイクは詐欺師仲間のリリー、ゴドー、マイルズ、アルたちと共に、会計士のライオネルから金を騙し取ることに成功しました。彼らは警官たちも賄賂で買収しており、計画は完璧かに思われました。

しかし直後にアルが殺されてしまいます。なんと、ジェイクたちの盗んだ金は暗黒街の大物であるウィンストン・キングのものだったのです。彼らはキングのことをすっかり怒らせてしまったのでした。

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【洋画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

ラストの大どんでん返しが面白い映画の選び方 大どんでん返しの映画を楽しむには、自分の好みにあう作品を選ぶのも大切です。映…

コンフィデンスのネタバレあらすじ②無謀な計画

2000ドルを盗んだ人物を探すため、キングは5年もの月日を費やすほど執着を燃やす男でした。ジェイクはキングの元まで警官に送ってもらいます。大きな詐欺の仕事をして数倍にして帰るので水に流して欲しいと訴え、キングはジェイクの思惑を汲み取ろうとします。

しかしジェイクが表情を変えることはありませんでした。キングは自身をはめたモーガン・プライスをはめるようにと言います。ジェイクはプライスの名を聞いて大物であるが故に断ろうとしますが、無理に引き受けさせられてしまいます。

キングの手下のルーパスがジェイクの見張りをすることになりました。ジェイクはクラブでスリを働いていた女、リリーに声をかけて詐欺仲間に勧誘します。彼女はそれを拒もうとするも、あまりにしつこいジェイクを見て考えておくと言い立ち去ります。

ジェイクはリリーとルーパスをゴドーたちに紹介し、プライスをターゲットにすると言います。プライスの父はマフィアの弁護士で、父が亡くなってからプライスは家督を継いでおり、資金洗浄と法人詐欺の総合商社を建てていました。

ジェイクはプライスの銀行で働く工員に近づいて500万ドルを騙し取ろうとしていたのです。この話を聞いたマイルスは無謀だと思い、マイルストゴドーは結論を出せないままです。しかしリリーがやると言ったので、計画は遂行されることになりました。

コンフィデンスのネタバレあらすじ③お金の行方

信託銀行の部長・グラントに接近したジェイクとリリーは、IT企業を立ち上げると話し、協力してもらったら代わりに謝礼を払うと仄めかします。グラントはこれを引き受け、銀行の金を一時別の口座に移しました。この金を、ジェイクはゴドーに引き出させます。

FBIの捜査員ビュターンは、ジェイクらのこの一連の行動を終始監視していました。ビュターンと警察はゴドーを追跡します。ゴドーは金を入れたバッグを空港に持ち込みますが、そこへ襲いかかったキングの部下で殺し屋のハーリンによってバッグを強奪されてしまいます。

コンフィデンスのネタバレあらすじ④結末

ビュターンから連絡を受けていたFBIは、キングの部下を逮捕します。そして車で来ていたキングと、ジェイクに買収されていた警官たちも共に捕まることになりました。バッグを開けると、そこには金は入っておらず、代わりにヘロインが入っていました。

一方、ルーパスはジェイクをはめたことで気持ちが昂っており、アルを殺害したことについて口を滑らせてしまいます。ジェイクはルーパスに殴りかかり、ルーパスはジェイクに銃を突き付けます。そこへジェイクを探していたトラヴィスがやってきて、ルーパスを射殺しました。

ジェイクはトラヴィスとリリーに捕らえられ、トラヴィスから金の在り処について聞かれます。ジェイクはおそらく連邦政府に押収されたと話します。トラヴィスはこれを聞いてジェイクを撃とうとしますが、リリーががジェイクを射殺します。

トラヴィスとリリーは遺体を置き去りにそこから逃げるのでした。しばらくしてビュターンが現れ、ジェイクに声をかけると彼が生きていることがわかります。ビュターンを買収できていないというのは嘘で、詐欺の仕事を手伝ってもらう友人にまでなっていたのでした。

ピュターンは自身の分前を抜いてカバンをジェイクに渡して去っていきます。ジェイクはゴドーの運転する車で、リリーとマイルスと共に去っていくのでした。

映画『コンフィデンス』の見どころ

映画『コンフィデンス』はどのようなところに注目してみるべき作品なのでしょうか。ここからは、映画『コンフィデンス』の見どころポイントをご紹介します。鑑賞する際の参考にしてみてください。

一流俳優女優の競演

映画『コンフィデンス』では、一流俳優・女優が競演しています。大物から脅されても動じない一流の詐欺師であり集団のリーダーを演じるのはエドワード・バーンズです。

そして、彼と愛し合う仲になるのはレイチェル・ワイズ、仲間にはポール・ジアマッティとブライアン・ヴァン・ホルト、ダスティン・ホフマン演じるキングの部下にはフランキー・G、実は仲間だったとのちに発覚する特別捜査官にはアンディ・ガルシアなどが揃い踏みします。

ダスティン・ホフマンは裏社会のボスを個性たっぷりに熱演しますし、そのライバルで悪党の銀行家はロバート・フォスター、部下にモリス・チェストナット、主人公とタッグを組む刑事にはルイス・ガスマンとドナル・ローグがいます。

さらに主人公の仲間にルイス・ロンバルディ、銀行員にはジョン・キャロル・リンチ、キングの部下にタイニー・リスターJr.、会計士にリーランド・オーサーの姿が見られます。

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

【邦画編】大どんでん返しがある映画おすすめ25選!衝撃の展開に釘付け!

どんでん返しのある映画の楽しみ方!ポイントを解説 どんでん返しが醍醐味の映画の大敵は、なんと言ってもネタバレでしょう。ネ…

映画『コンフィデンス』のキャスト

次に、豪華であると話題の映画『コンフィデンス』に出演するキャストをご紹介します。主要な人物をどのような俳優が演じているのか、こちらでチェックしてみてください。

コンフィデンスのキャスト①エドワード・バーンズ

エドワード・バーンズは、ニューヨーク生まれロングアイランド育ちの俳優です。実の兄弟のブライアンと製作会社「Irish Twins」を立ち上げています。ハンター大学で映画製作を学んだのち、テレビ番組のスタッフとして働きながら短編映画の制作をしていました。

1995年には自身で監督・脚本・主演を務めた「マクマレン兄弟」でサンダンス映画祭審査員大賞を受賞しました。この作品には彼の友人や親戚などが多く出演しています。

この映画を制作する資金のため、父から退職金を提供してもらったと言います。その後、ニューヨークを中心として継続的に作品を発表し続けています。

コンフィデンスのキャスト②レイチェル・ワイズ

レイチェル・ワイズは14歳よりモデルとして活動しており、ケンブリッジ大学に進んでからは劇団を立ち上げて舞台を中心に活躍していました。1994年、映画「デスマシーン」でスクリーンデビューを飾り、96年「チェーン・リアクション」でハリウッドに進出します。

2005年の映画「ナイロビの蜂」ではアカデミー助演女優賞を受賞しました。2015年「ロブスター」や2018年「女王陛下のお気に入り」など、近年もめざましい活躍を見せています。

コンフィデンスのキャスト③ポール・ジアマッティ

ポール・ジアマッティはブロードウェイ作品で主演を務めたのち、映画やドラマに出演するようになり、98年には「プライベート・ライアン」、2001年には「PLANET OF THE APES 猿の惑星」など大作に起用されています。

2003年には主演を務めたた「アメリカン・スプレンダー」でサンダンス映画祭の審査員グランプリを受賞しています。2005年には「シンデレラマン」でアカデミー助演男優賞に初ノミネートされました。

コンフィデンスのキャスト④ダスティン・ホフマン

ダスティン・ホフマンはロサンゼルス出身の俳優です。大学時代演劇に興味を持ち、パサデナ・プレイハウスの演目に参加します。

のちにニューヨークへ移り、アクターズ・スタジオに演技を学びました。オフブロードウェイで活動していたところ、映画監督マイク・ニコルズに見出され67年の映画「卒業」に抜擢されます。その後映画出演2作品目にしてアカデミー主演男優賞にノミネートされました。

映画『コンフィデンス』の評価

ここでは、映画『コンフィデンス』に寄せられた口コミをまとめます。まずは高評価の口コミからです。展開が面白く、どんでん返しが楽しめたとのことで、意表をつくようなストーリーが高評価の元となっているようです。

詐欺師の話、コンフィデンスマンJPからコメディを抜いたのようなどんでん返し的な展開、詐欺師とマフィアと捜査官の三つ巴の展開が面白い。かっこいい映画だった。
引用元:https://filmarks.com/

次に、あまり良くないクチコミをご紹介します。よくある話だと思ってしまったという意見です。前半は面白かったとのことで、類似した作品と並列しなければ純粋に楽しめたという評価です。

うーん・・・詐欺師達の話だし、ジャケの謳い文句とかガイ・リッチー風味もあって前半は良かったけど、何かパンチ力にかけたかも。他のこの手の作品よりは下かなという感じ。ダスティン・ホフマンやアンディ・ガルシアがいいスパイスにはなってただけに残念!
引用元:https://filmarks.com/

映画『コンフィデンス』を見てスカッとしよう!

映画『コンフィデンス』は、観ていると爽快な気分になれるような作品です。これを機会に視聴して、その展開や演出を楽しんでみてください。あらすじやキャスト、見どころなどの情報を踏まえた上で鑑賞すると、よりストレートに演出を楽しめるでしょう。

その他の関連記事はこちらから

スカッとする!サクセスストーリー映画25選!気分を上げたい時に見る作品はコレ!

スカッとする!サクセスストーリー映画25選!気分を上げたい時に見る作品はコレ!

スカッとするサクセスストーリーの映画とは サクセスストーリーとは、個人や事業の成功に至るまでの物語を言います。サクセスス…


クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンスとは? クライムとは、英語の「crime(犯罪)」という意味です。そのため、クライムサスペンスとは様々…