メイクはいつ落とすのが良い?クレンジングや洗顔のタイミング・順番を徹底解説! アイキャッチ画像
記事作成日:

メイクはいつ落とすのが良い?クレンジングや洗顔のタイミング・順番を徹底解説!

洗顔

250view

毎日のクレンジングや洗顔ですが、タイミングが重要であることをご存知でしょうか。特にクレンジングは、スキンケアの中でも肌負担が大きいので、クレンジング剤を厳選するとともに、タイミングを良く考えて行いましょう。この記事を参考に、ベストなタイミングや順番について見直してみてください。

クレンジングや洗顔のタイミングはいつ?

毎日のクレンジングや洗顔ですが、日常生活のどのタイミングで行っているでしょうか。人によって、また仕事や生活習慣によってまちまちかと思われます。

メイクは油性の汚れなので、時間の経過ととも酸化します。肌にとってとても良くない影響を与えますので、メイクを落とさずに寝てしまうのは絶対に避けましょう。

仕事から帰宅するなど、メイクをしている必要がなくなった時点でクレンジングをしてメイクを落とすのが理想ですが、クレンジングや洗顔をする行為そのものも、肌に負担をかけていることを忘れないようにしてください。

クレンジングや洗顔のタイミングを考慮することで肌への負担を軽減することができますので、ぜひ実践してみてください。

クレンジングのタイミング別のメリットやデメリット

日常生活の中でメイクをクレンジングするタイミングはいくつかありますが、各タイミングによって肌へのメリット・デメリットがあります。

代表的な4つのタイミング、帰宅直後、お風呂に入る前、入浴中、入浴後に分けてメリット・デメリットをご紹介しますので、自分がどのタイミングに当てはまるか、そしてそのタイミングのデメリットについて見直しを検討してみてください。

タイミング①帰宅直後

メイクや皮脂などの油性汚れは6~7時間程度で酸化し、シミやシワの要因となることもあると言われています。また、外出すると空気中のチリやホコリ、花粉などの汚れが顔に付着しますので、できるだけ早くクレンジングして汚れを落とすべきなのでは?と考える方も多いかと思います。

敏感肌の方であればまずは早く汚れを落とすことが大切ですが、敏感肌でなければ帰宅してすぐにクレンジングと洗顔をして、入浴のときにまた洗顔、ということになると、顔を洗う回数が増えて肌に負担となってしまう可能性もあるのです。

帰宅してから入浴までの時間がそれほど開かないときは、帰宅してすぐにクレンジングすることは避け、入浴時に行うがほうが良いかもしれません。

タイミング②お風呂前

入浴前に洗面所などでクレンジングするメリットは、乾いた手で作業できることです。濡れた手で使えないタイプのクレンジング剤も使えるので、自分に合ったクレンジング剤を選ぶことができます。

ですが、その後続けて洗顔してから髪や身体を洗ったり、浴槽に浸かったりしていると、その間に洗顔後水分が失われた肌が乾燥してしまいます

また、髪を洗うシャンプーにはほぼ必ず界面活性剤が使用されています。シャンプーを洗い流す際に顔の肌に界面活性剤が含まれた汚れが付着してしまうと、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの要因となる場合があります。

こういったケースを避けるには、入浴前はクレンジングでメイクを落とすことにとどめ、シャンプーや身体を洗う作業が終わってから洗顔するのがおすすめです。

プチプラ♡クレンジングオイルおすすめ人気15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

プチプラ♡クレンジングオイルおすすめ人気15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

プチプラクレンジングオイルの特徴 クレンジングは毎日利用するものなので、良い商品を少しでも安い料金で購入できた方が良いで…

タイミング③入浴中

浴槽につかって温まっていると、顔の毛穴が開いてくるのが分かります。汗とともに皮脂や汚れが毛穴から浮き出て排出されやすくなっているので、このタイミングでクレンジングすると、毛穴の奥の汚れも取り去ることができます。

毛穴の奥の汚れが除去できれば、その後使用する化粧水や乳液、クリーム、美容液などの浸透が良くなり、美容効果が高まることが期待できます。

デメリットとしては、お風呂場に入ってすぐにクレンジングや洗顔をしてしまうと、髪や身体を洗ったり浴槽で温まったりしている間に肌が乾燥してしまう可能性があることです。

入浴中にクレンジングをするのであれば、お風呂から出る直前にクレンジングや洗顔を行い、上がったらすぐに肌を保湿するのが理想的です。

タイミング④入浴後

小さなお子さんと一緒の入浴など、慌ただしい状況でクレンジングや洗顔を行うと、どうしても洗い残しが出てしまう可能性があります。もしそんな状況であれば、入浴後にあらためてクレンジングや洗顔を行なったほうが良い場合もあります。

お風呂から上がって時間が開いていなければ、まだ毛穴が開いた状態なので汚れも落ちやすいですし、肌の汚れをしっかりと落とすことが何よりも重要なので、慌てずにゆっくりとていねいにケアできるタイミングで行うことが一番のメリットです。

クレンジングや洗顔のやり方や正しい順番は?

クレンジングや洗顔のやり方や順番にも正しい方法があります。今まで無意識に行っていた、という方はこの記事を参考にしてクレンジングや洗顔のやり方や順番を見直してみてください。

ささいなことに思えますがクレンジングや洗顔は毎日繰り返し行う行為ですので、正しいやり方や順番を覚えることで肌への負担が大きく軽減されることでしょう。

クレンジングはポイントメイクから落とす

マスカラやアイシャドー、リップなどのポイントメイクは落ちにくいので、顔全体のクレンジングをする前に、まずはポイントメイクを落とします。専用のクレンジング剤を使ってていねいに落としましょう。

その後あらためてクレンジング剤を手に取り、皮脂汚れが多いおでこと鼻にかけてのTゾーンからクレンジングします。円を描くようにメイクとクレンジング剤をなじませ、Tゾーンから頬を洗います。

皮膚が薄くデリケートな目や口の周りは、特に優しく洗うようにしましょう。クレンジング剤が長く肌の上に乗っている状態は乾燥や肌荒れの原因になりますので、できるだけ短時間で洗い上げるようにします。

入浴中の順番にも注意

顔の肌を守るためには、お風呂でどんな順番で身体や髪を洗うかも重要になってきます。お風呂場に入ってすぐにクレンジングや洗顔を行ってしまうと、身体や髪を洗ったり、浴槽で温まったりしている間に顔の肌は乾燥してしまいます。

また、顔を洗ったあとに髪を洗うと、シャンプーなどのすすぎ残し汚れが顔に付着してしまう恐れがあります。せっかく顔を洗ったのに再度汚れが付いてしまっては元も子もありません。

これを防ぐためには入浴時にどんな順番で身体の各部位を洗うか、順番を決めましょう。濃い汚れから落とし始め、軽い汚れへ。身体の上から始め、下へ、と覚えてください。以下の順番がおすすめです。

  1. 専用クレンジング剤でポイントメイクを落とす
  2. 髪を洗う
  3. 身体を洗う
  4. 浴槽で温まりながら顔の毛穴を開く
  5. クレンジング剤でメイクなど顔の油性汚れを落とす
  6. 洗顔して、顔の水性汚れを落とす

浴槽に浸かる前にクレンジングを済ませたい場合は、以下の順番がおすすめです。乾燥を防ぐために、洗顔後保湿してから浴槽で温まりましょう。

  1. 専用クレンジング剤でポイントメイクを落とす
  2. 髪を洗う
  3. 身体を洗う
  4. クレンジング剤でメイクなど顔の油性汚れを落とす
  5. 洗顔して、顔の水性汚れを落とす
  6. 化粧水などで顔を保湿する
  7. 浴槽で温まる
乾燥した肌に化粧水が入らないのはなぜ?正しいスキンケア方法をご紹介!

乾燥した肌に化粧水が入らないのはなぜ?正しいスキンケア方法をご紹介!

肌の乾燥状態とは 乾燥した肌とは、肌の水分が不足した状態を指します。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮…

クレンジングや洗顔後はすぐに保湿する

温められた肌の熱が冷めるときに肌から水分が蒸発してしまうので、お風呂上りやクレンジング・洗顔をしたあとの肌は非常に乾燥しやすい状態になっています。

また、肌表面の角質には水分の蒸発を防ぐ「皮脂膜」や、水分保持役を担う「NMF(天然保湿因子)」などが存在していますが、角質がクレンジングと洗顔で除去されている状態の肌は、水分保持ができなくなっています。

洗顔後肌が水分を保持できるのは約10分だそうです。そのため、洗顔後にゆっくりと浴槽に浸かるのはNGです。顔を洗った瞬間からどんどん水分が肌表面から蒸発し、乾燥してしまうことを頭に入れて、洗顔後はできるだけ早く肌を保湿してあげるようにしてください。

顔に角栓はなぜできる?丁寧な洗顔で角栓だらけの顔を卒業!

顔に角栓はなぜできる?丁寧な洗顔で角栓だらけの顔を卒業!

顔に出来た黒いブツブツが角栓 顔に黒いブツブツもしくは白いブツブツがあれば、それが毛穴の角栓です。一見すると顔が汚れてい…

クレンジングや洗顔をせずに寝たらどうなる?

クレンジングをせず、メイクをしたまま寝てしまうと、その行為1回で約10日分老けてしまうと言われています。ですので、疲れてベッドに倒れこんでそのまま寝てしまう、お酒を飲み過ぎてメイクをしたまま寝てしまうなどをしないように注意しましょう。

万が一メイクをしたまま寝てしまったら、翌朝急いででお手入れをしてください。可能であればお風呂に入って、血行を良くしてからお手入れをするのが理想です。

ていねいにクレンジングと洗顔をして、すぐに化粧水や乳液でたっぷり保湿します。シートマスクやコットンパックを使うのもおすすめです。大きな負担をかけてしまった肌を優しく、しっかりと労わってあげてください。

クレンジングや洗顔のタイミングや順番を意識しよう

メイクを落とさずに寝てしまうなど、お手入れを怠ることは肌にとって最もよくありませんが、お手入れをする場合も肌のメカニズムを頭に入れた上でタイミングや順番を意識して行うことが重要です。

クレンジングはスキンケアの中でも肌に負担のかかる行程ですが、汚れを落とし、角質のターンオーバーを促すためにも欠かせないお手入れです。自分の肌に合ったクレンジング剤を選ぶことはもちろんですが、お手入れのタイミングや順番も肌の状態に影響します。

肌は手をかけてあげればあげるだけ調子がよくなり、その努力に応えてくれますので、ぜひ、クレンジングや洗顔のタイミングや順番を見直して肌を労わってあげてください。

その他の関連記事はこちらから

ダブル洗顔不要クレンジングおすすめ15選!時短かつコスパ良し◎

ダブル洗顔不要クレンジングおすすめ15選!時短かつコスパ良し◎

ダブル洗顔不要のクレンジングとは 「ダブル洗顔不要のクレンジング」」とは、1回の洗顔で「油分等のメイク汚れ」と「ほこりや…

プチプラ♡クレンジングバームおすすめ15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

プチプラ♡クレンジングバームおすすめ15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

クレンジングバームとは クレンジングバームとはオイルを固めたもので、肌に乗せると体温でトロリとオイル状にとけるクレンジン…

クレンジングジェルおすすめ人気20選!選び方のポイントは?

クレンジングジェルおすすめ人気20選!選び方のポイントは?

クレンジングジェルとは? 様々な種類のクレンジング商品が発売されていますが、中でもジェルタイプのクレンジングは程よい洗浄…