ダブル洗顔不要クレンジングおすすめ15選!時短かつコスパ良し◎ アイキャッチ画像
記事作成日:

ダブル洗顔不要クレンジングおすすめ15選!時短かつコスパ良し◎

洗顔

432view

ダブル洗顔不要のクレンジングは種類が多く迷ってしまうの事もあるのではないでしょうか。今回はそんな方々に、時短かつコスパが良いおすすめクレンジング15個を厳選して紹介します。また、ダブル洗顔不要のクレンジングのメリットデメリットや選び方も書いているので、ぜひ参考にしてください。

ダブル洗顔不要のクレンジングとは

「ダブル洗顔不要のクレンジング」」とは、1回の洗顔で「油分等のメイク汚れ」と「ほこりや古い角質等の汚れ」を落とすクレンジングのことを指します。

ダブル洗顔不要のクレンジングは、通常では落としづらい水性の汚れを落とす力を備え、肌に汚れが残るのを防ぐため、さっぱりしたスベスベ感が得られるのが特徴です。

レンジングと洗顔が1度にできるので、乾燥が気になって肌に負担をかけたくない方や、忙しい方にもおすすめです。ダブル洗顔不要のクレンジングの種類は、クリーム、ジェル、バーム等があり、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリット

ダブル洗顔不要クレンジングのメリットは、大きく分けて4つあります。1つめは、「洗顔による肌の乾燥を防げる」点となり、2つめは「洗顔による摩擦が減らせる」部分です。

そして3つめは、「スキンケアの手間が省けて時短になる」、4つめは「コスパが良い」と言った事です。1度の洗顔により摩擦の回数が減ると乾燥を防ぐことができ、その分スキンケアの手間が省略でき時短にもつながります。

結果的に肌ケア面においてもメリットが多く、コスパ的にも見てもダブル洗顔不要のクレンジングは、今ドキ女子にとても便利なアイテムなのです。

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリット

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリットは、3つあります。1つめは、「クレンジングの後のヌルつきが気になる時がある」こと、2つめは「濃いめのメイクは落ちない場合もある」、3つめは「メイクや汚れが落とされているのかわかりにくい」と言った点です。

ダブル洗顔不要のクレンジング商品によっては、保湿成分やテクスチャーにこだわっているために、きちんと洗浄できているかと不安になってしまい、強い力でゴシゴシ洗うことがあります。そうすると肌に負担がかかってしまい、トラブルの原因にもなるので避けたいところです。

ダブル洗顔不要のクレンジングの選び方

まずは、ダブル洗顔不要クレンジングの選び方について、「テクスチャー」「成分」「価格帯」とジャンルを分けて解説していきます。

選び方①テクスチャーのタイプから選ぶ

ダブル洗顔不要のクレンジングのタイプは、オイル、クリーム、ミルク、ジェル、フォーム、バーム、ローション、リキッド、シートのタイプがあります。ではそれぞれの特徴について解説していきます。

オイルタイプ

オイルタイプは、手に取るとサラサラしていて、濃いメイクも油分の力で浮かせて落とせるのが特徴です。洗浄力が非常に高く、肌の上でもスルッとなじむので、ゴシゴシせず必要最低限の摩擦で落とすことができます。

オイルタイプは、毎日しっかりメイクする人や、脂性肌の人におすすめです。洗い上がり後は、他のタイプに比べ乾燥しやすいので、乾燥肌や敏感肌の人が使うときは、即保湿すると良いでしょう。

クリームタイプ

クリームタイプは、配合されている油分と水分のバランスが良く、肌の上でもすべりやすいので、摩擦が起こりにくいテクスチャです。肌に必要な油分や水分を残してくれるため、しっとりとした洗い上がりになるのが特徴です。クリームタイプは、敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。

ミルクタイプ

ミルクタイプは、乳液のようにやわらかく、なめらかなテクスチャが特徴です。オイルの配合量が比較的少ないため、マイルドな洗浄力です。そのため、うるおいを残してしっとりとした洗い上がりになります。ミルクタイプは、ナチュラルメイクをよくする人や、乾燥肌・敏感肌の方にピッタリです。

ジェルタイプ

ジェルタイプは、手に取るとプルプルしていて弾力があるテクスチャで、肌との摩擦が起こりにくいという特徴があります。ジェルタイプには水性と油性の2種類があり、油性の方が洗浄力が高めです。

また、水性にはオイルが入っているものと入っていないものがあります。どちらもナチュラルメイクをよくする人におすすめで、オイルが入っていないものは、「オイルフリー」と表示されています。

フォームタイプ

フォームタイプは、泡立てて使うので、泡が肌との間でクッションになり、摩擦が減らせます。泡が肌にとどまってくれるので、顔全体にしっかりと広げることができます。

洗い流すときは、泡がさっと落ちて、ベタつきもないので、とても使いやすいテクスチャです。クレンジングでつい力が入ってしまう人や、洗顔フォームで洗い慣れている方におすすめです。

バームタイプ

バームタイプは、手に取ったときに固形物のような感触ですが、そのまま手で温めると、オイルのようにトロっとするテクスチャが特徴です。

肌のうるおいキープしながらしっとりとした洗い上がりになるため、乾燥する方におすすめです。しっとりするのに、洗浄力が高いという強みもあるので、しっかりメイクする方も満足できます。

ローションタイプ

ローションタイプは、水のようにサラサラとしたテクスチャのため、ウォータータイプとも呼ばれています。肌の上ではベタつきがなく、オイル成分も少量のものがほとんどなので、さっぱりとした洗い上がりになります。

洗浄力はほどほどですが、コットンで拭き取る場合はしっかりメイクを落とすことができます。拭き取る際は、あまり強い力を入れずに肌への負担を避けましょう。テカりが気になるような脂性肌の方におすすめです。

リキッドタイプ

リキッドタイプは、主に水分をベースに作られているため、ローションタイプと似ていてオイルの配合量は少なめです。

ジェルよりはやわらかくサラっとしたテクスチャなのに、洗浄力が高くしっかりメイクも落とすことができます。全肌タイプに使用でき、サラサラ感とメイク落ちどちらも欲しい方はおすすめです。

シートタイプ

シートタイプは、クレンジング剤をシートに染み込ませたものでメイクを拭き取ります。疲れているときでも、寝ながら一拭きでクレンジングができます。

容器に入っていて持ち運びしやすいため、旅行や出張のときなどに重宝します。シートタイプは、肌をこすってしまい、クレンジングの中では肌への摩擦が大きいので注意しましょう。

コットンを使った拭き取りクレンジングのやり方を詳しく解説!

コットンを使った拭き取りクレンジングのやり方を詳しく解説!

コットンを使った拭き取りクレンジングのメリット クレンジング方法には様々なやり方がありますが、中でもコットンでの拭き取り…

選び方②成分から選ぶ

ダブル洗顔不要クレンジングに配合されている成分は、基本的に「洗浄成分」で、ほとんどの商品に保湿成分も含まれていることが多いです。

季節問わず、洗い上がりの肌が乾燥しないように成分をチェックするのもポイントです。また、マツエクや濡れた手でもOKと表記されているものも併せて見てみるのも良いでしょう。

選び方③価格帯から選ぶ

ダブル洗顔不要のクレンジングは、価格帯も様々なので、最終的には価格で決定するのが良いでしょう。メイクをする日は必ず使いますから、ずっと使い続けられる価格帯なのかを知る必要があります。

コスメ専門のレビューサイトやアプリでは、価格帯から絞り込み検索も可能なので、興味があればぜひチェックしてみてください。

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング【オイル】

それでは、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジングを紹介します。まずは、オイル編4つです。「シュウ ウエムラ」「スキンビル」「アテニア」「AHA」について紹介しています。

おすすめ①シュウ ウエムラ アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング オイル

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング1つめは、「シュウ ウエムラ アルティム8 スブリム ビューティ クレンジング オイル」です。

日本産の椿オイルを含む8つの植物オイル配合で、98%が自然由来成分です。べたつかないのにうるおいの膜ができ、つっぱり感のない洗いあがりです。

販売サイトをチェック

おすすめ②スキンビル ホットクレンジングオイル

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング2つめは、「スキンビル ホットクレンジングオイル」です。肌の上で温かく感じるオイルでメイクだけでなく古い角質や花粉などもオフでき、酵素が肌の状態を整えます。溶解成分が毛穴の汚れや角栓を吸着して溶かします

販売サイトをチェック

おすすめ③アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング3つめは、「アテニア  スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ」です。

珊瑚草オイルが糖化による肌ステインを分解し、肌を明るい印象の肌に見せてくれ、スピーディメルティング処方でメイクを瞬時に浮き上がらせてオフすることができます。

販売サイトをチェック

おすすめ④AHA クレンジングリサーチ リキッドCLオイルフリー

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング4つめは、「AHA クレンジングリサーチ リキッドCLオイルフリー」です。フルーツ酸配合で角質をケアしながらクレンジングできます。

肌にうるおいを与える数種類の保湿成分を配合し、無着色・オイルフリー・アルコールフリー・弱酸性です。

販売サイトをチェック

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング【バーム】

次に、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング、「デュオ」「インク」「エゴイプセ」「ココネ」のバーム編4つについて紹介していきます。

おすすめ⑤デュオ クレンジングバーム

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング5つめは、「デュオ クレンジングバーム」です。洗浄成分と美容成分を包み込んだ「毛穴クリアカプセル」が毛穴に入り込み、汚れを絡め取ります。

ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、セラミド3つの保湿成分を配合し、乾燥小ジワにもアプローチします。

販売サイトをチェック

おすすめ⑥インク クレンジングバーム

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング6つめは、「インク クレンジングバーム」です。サロン技術から生まれた商品で、良質な美容オイルとヒト型セラミドを配合しています。

肌に乗せると、生チョコのようにトロッととろけて、メイクにしっかりなじみ、溶かしながら落とします。

販売サイトをチェック

おすすめ⑦エゴイプセ クレンジングバーム

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング7つめは、「エゴイプセ クレンジングバーム」です。肌を引き締める6種類の植物由来エキスをはじめ、自然の力がたくさん入った25種類の植物由来エキスと、うるおい成分を95.4%も配合しています。

販売サイトをチェック

おすすめ⑧ココネ クレンジングバーム

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング8つめは、「ココネ クレンジングバーム」です。メイク汚れと一緒に毛穴や黒ずみをごっそり落とし、トリプルヒアルロン酸で肌にうるおいを与えます。

皮表角層水分量測定試験等の4つの試験をクリアし、クレンジング後もうるおいをキープできると認められています。高濃度ビタミンC誘導体も配合しているので、年齢を重ねた肌もモチモチ肌へ導きます。

販売サイトをチェック
プチプラ♡クレンジングバームおすすめ15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

プチプラ♡クレンジングバームおすすめ15選!安くて優秀な商品を厳選紹介!

クレンジングバームとは クレンジングバームとはオイルを固めたもので、肌に乗せると体温でトロリとオイル状にとけるクレンジン…

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング【ジェル】

続いて、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング「マナラ」「キールズ」のジェル編2つについて紹介していきます。

おすすめ⑨マナラ ホットクレンジングジェル

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング9つめは、「マナラ ホットクレンジングジェル」です。カプセル化パパイン酵素と温感ゲルで角質や毛穴をゆるめてからメイクや毛穴汚れを吸着して落とします。肌に負担をかけることなく黒ずみや汚れを落とせます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑩キールズ ディープクレンジング ジェル CL

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング10個目は、「キールズ ディープクレンジング ジェル CL」です。

肌本来のバリア機能をサポートしクレンジングとスキンケアが同時にできます。肌なじみがいいスクワランなどを配合しているので、美容オイルのような使い心地です。

販売サイトをチェック
クレンジングジェルおすすめ人気20選!選び方のポイントは?

クレンジングジェルおすすめ人気20選!選び方のポイントは?

クレンジングジェルとは? 様々な種類のクレンジング商品が発売されていますが、中でもジェルタイプのクレンジングは程よい洗浄…

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング【ミルク】

続いて、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング「ヴェレダ」「フィッツ」「チャントアチャーム」のミルク編3つについて紹介していきます。

おすすめ⑪ヴェレダ モイスチャー クレンジングミルク

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング11個目は、「ヴェレダ モイスチャー クレンジングミルク」です。ホホバ種子油とオリーブ果実油の2つのオーガニックオイルを配合しています。植物の力でクレンジングしながら肌を整えてスキンケアすることを実現しています。

販売サイトをチェック

おすすめ⑫フィッツ クレンジングミルク レイドロネトワヤン

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング12個目は、「フィッツ クレンジングミルク レイドロネトワヤン」です。

ヒマワリ油やヘーゼルナッツ油など、植物オイルとエッセンシャルオイルを使用している上に、100%天然成分でできています。パルマローザの優しい香りでリラックスできるので、朝でも夜でもどちらもおすすめです。

販売サイトをチェック

おすすめ⑬チャントアチャーム クレンジングミルク

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング13個目は、「チャントアチャーム クレンジングミルク」です。コメヌカ由来の植物性セラミドが、クレンジング後の乾燥しやすい肌に届き、バリア機能をサポートします。

ゼニアオイ花エキスやエキナセアなどの無農薬のハーブを使用していて、原料から徹底して厳選されています。

販売サイトをチェック

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング【シート】

最後に、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング「ビフェスタ」「KOSE」のシート編2つについて紹介していきます。

おすすめ⑭ビフェスタ うる落ち水クレンジングシートモイスト

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング14こめは、「ビフェスタ うる落ち水クレンジングシートモイスト」です。たっぷりのクレンジング液が染み込んだシートでメイクの汚れをしっかりオフできます。

シートながらメイクと馴染みやすく保湿性の高い洗浄成分を使用しているので、洗浄力と保湿の両立ができます。

販売サイトをチェック

おすすめ⑮KOSE コーセー ソフティモ メイク落としシート

 

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング15こめは、「KOSE コーセー ソフティモ メイク落としシート」です。

3層構造のマイクロファイバー配合のシートは、メイクをやさしくからめとり、肌への摩擦を減らしてきれいにメイクを落とすことができます。厚手なので拭き取りやすく、肌触りのいい天然素材を使用しています。

販売サイトをチェック

ダブル洗顔不要のクレンジングは忙しい方におすすめ!

いかがでしたか?今回は、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジングを、オイル・バーム・ジェル・ミルク・シートとタイプ別に紹介しました。ダブル洗顔不要のクレンジングのメリット、デメリットと選び方をぜひ参考にしていただき、時短とコスパを同時に叶えましょう

その他の関連記事はこちらから

化粧水・乳液・美容液の役割と塗る順番は?正しいスキンケアを解説!

化粧水・乳液・美容液の役割と塗る順番は?正しいスキンケアを解説!

【化粧水・乳液・美容液】それぞれの役割とは? 普段何気なく使っている化粧水、乳液、美容液のそれぞれの役割をご存知でしょう…

ニキビ肌におすすめのクレンジング人気15選!ニキビを悪化させない洗顔方法は?

ニキビ肌におすすめのクレンジング人気15選!ニキビを悪化させない洗顔方法は?

ニキビ肌ならクレンジングにこだわろう ニキビ肌は、過剰に分泌された皮脂や、メイク汚れ、毛穴づまりなどを落としきれていない…

水クレンジングおすすめ人気20選!どんな人に向いてる?特徴やメリットをご紹介!

水クレンジングおすすめ人気20選!どんな人に向いてる?特徴やメリットをご紹介!

水クレンジングはどんな人に向いてる? 水クレンジングとは、テクスチャーが水のようにさっぱりとしており、拭き取り化粧水のよ…