シルバージュエリー最高峰「クロムハーツ」5大モチーフやコラボアイテムをご紹介! アイキャッチ画像
記事作成日:

シルバージュエリー最高峰「クロムハーツ」5大モチーフやコラボアイテムをご紹介!

アクセサリー

624view

世界最高峰のシルバーアクセサリーブランドとして名を馳せている「Chrome Hearts」は、日本でも性別・世代を問わず幅広い方々に人気を得ています。今回は「Chrome Hearts」の知られざる魅力についてたっぷりみていきましょう。「Chrome Hearts」を代表する定番の5大モチーフや過去の人気ブランドコラボアイテムなども併せてご紹介しているので、是非最後までご覧ください。

クロムハーツ(Chrome Hearts)とは

世界最高峰のシルバーアクセサリーブランドとして知られている「クロムハーツ(Chrome Hearts)」のアクセサリーは、性別や世代問わず多くの人々から愛されています。アイテムの特徴は、何と言ってもその存在感のある独特なデザインと繊細で洗練された質の高さです。

現在では世界を代表するシルバーアクセサリーブランドとしての地位を確立している「Chrome Hearts」ですが、そこに至るまでには実に様々な出来事が起こっています。

今回は、そんな不思議な魅力で世界中の人々の心を掴んで離さない「Chrome Hearts」の魅力についてたっぷりとご紹介していきます。

成り立ち

「Chrome Hearts」は現在のデザイナー兼オーナーでもあるリチャード・スタークによって1988年にアメリカで創設されたブランドです。

レザー製品に使用する部分用のパーツとして製作していたシルバーアイテムが評価され、その後シルバーアクセサリーを中心としたジュエリーをメインに扱う一流ブランドへと成長を遂げました。

そう、つまり、現在ではシルバーアクセサリーブランドのイメージが強い「Chrome Hearts」ですが、ブランドの始まりはレザープロダクトにあったのです。

創設者のリチャード・スタークは元々アメリカで革製品のセールスを行なっており、毎日愛車のハーレーに乗って全米を駆け巡りながら仕事をする中で「自分の納得がいく、バイク乗りのためのレザーアイテムを作りたい」と考えるようになります。

歴史

リチャード・スタークはブランドを立ち上げ、様々なレザーアイテムの製作に勤しみました。その際、シルバー製品もレザーウェアのボタンや金具などの部品の一部として製作していました。

元々はレザーアイテムをメインに展開していましたが、このシルバー製品の性能の良さが次第に人々の間で評価されるようになります。そうした背景があり、ついにブランドからシルバー素材のアイテムを単独商品として発売するに至ります。

その後、アメリカ・ファッション・デザイナーズ協会(CFDA)アクセサリー部門最優秀賞を受賞し、それがきっかけとなった「Chrome Hearts」のシルバーアクセサリーはアメリカのセレブ層を中心に一気に人気が広がっていくのです。

クロムハーツの転換点

今では世界的に名の知れたジュエリーブランドとしての地位を確立している「Chrome Hearts」ですが、ここに至るまでには様々な転換期がありました。

【映画「チョッパー・チップス・イン・ゾンビー・タウン」の公開】

1つは1989年に公開した「チョッパー・チップス・イン・ゾンビー・タウン(Chopper Chips In Zombie Town)」という映画です。この映画はリチャードの友人が監督を務めていた映画で、彼はこの作品で衣装協力をすることになったのです。

当時まだ無名に近かった「Chrome Hearts」ですが、この映画にブランドのオリジナルアイテムであるレザーライダースが登場したことでファッション界で徐々に注目されていくことになります。

「Chrome Hearts」の上質なレザージャケットと付属部品であるシルバー製品は、映画を見たバイカーたちの間で大きな話題となり、それが次第にその後のブランド確立に重要なロックミュージシャンたちとの出会いへつながっていくのです。

【ロックミュージシャンたちとの出会い】

「Chrome Hearts」のシルバーアクセサリーがこれほどまで知名度を上げたのには、世界的なロックスターたちとの出会いがあったからこそだと言われています。

のちにリチャードは初めて「Chrome Hearts」のアイテムを身につけてくれたロックスターは、Sex Pistolsのスティ-ブ・ジョーンズだったと語っています。その後、彼に続くようにして世界的ロックバンドであるGuns&Rosesのアクセル・ローズやスラッシュなどが愛用し始めました。

このような背景から、現在でも「Chrome Hearts」と聞くとロックファッションやロックスターとの関わりを強くイメージする人が多いのだと言われています。

【CFDA受賞でより広い層へ広がる】

その後、アメリカファッションデザイナーズ協会(CFDA)のアクセサリー部門で最優秀賞を受賞したことをきっかけに、「Chrome Hearts」のアイテムはロックスターのみならず様々な層の人々から人気を集めることになりました。

また、アメリカ国内のみならず世界的な知名度を獲得し始めたのもこのころと言われています。日本のユナイテッドアローズで商品が取り扱われるようになったりと、「Chrome Hearts」のアクセサリーは世界各国へ飛び出していきました。

芸能人も愛用してるエルメス【シェーヌダンクル】の魅力を徹底紹介!

芸能人も愛用してるエルメス【シェーヌダンクル】の魅力を徹底紹介!

シェーヌダンクルとは? まずは、エルメスが築いてきたこれまでの歴史や、シェーヌダンクルの登場、込められた意味について詳し…

クロムハーツを支えた3人のデザイナー

「Chrome Hearts」を語る上で外すことのできない人物が3人います。それは、デザイナー兼創設者であるリチャード・スタークと、同じくデザイナーのレナード・カムホート、ジョン・バウアンです。

デザイナー①リチャード・スターク

言わずとも知れた「Chrome Hearts」の創設さhであり、現ブランドのオーナー兼デザイナーとして活躍しているのがこのリチャード・スタークです。彼は「Chrome Hearts」を愛するファンたちからはレジェンドとして讃えられるほどの存在なのです。

「Chrome Hearts」を立ち上げる前は父親の経営している輸入会社で皮革製品のセールスマンをしていたリチャードでしたが、幼い頃からものづくりの才能に溢れており、高校卒業後は木工職人に弟子入りして職人としての経歴も積んでいました。

セールスを行う中で自身の手で作った理想の皮革製品を販売することを夢見たリチャードは、仲間たちとともに「Chrome Hearts」を立ち上げることを決意するのです。

「Chrome Hearts」の製品の中にはリチャード自身が手がけている商品や家具なども多数展開されており、一流アパレルブランドとして確立した今もなおリチャードのものづくりに対する熱い想いが伝わってきます。

デザイナー②レナード・カムホート

「Chrome Hearts」を代表するシルバーアクセサリー作りに欠かせない存在だったのが、このレナード・カムホートです。彼の持つ技術は天才彫刻師と言われるほどでした。作品には大胆かつ繊細なデザインが多く、「Chrome Hearts」で扱われている多くのシルバーアクセサリーに彼が関わっています。

中でもレナードがデザインしたキーパーリングやフローラルクロスリングは、「Chrome Hearts」には欠かせない代名詞とも言える人気アイテムとして知られています。あまりの人気の高さから、ブランドファンの間でもレナード期とその後のデザインには多くの賛否が飛び交っているほどです。

レナードは1994年まで「Chrome Hearts」のシルバーアクセサリーをデザインしていたので、彼の作品が見たいという方は製造年をチェックして探してみましょう。

デザイナー③ジョン・バウマン

3人目のキーパーソンは、ジョン・バウマンです。彼こそ、リチャードにブランド開業のきっかけを与えた人物であり、また「Chrome Hearts」のレザー製品の第一人者です。

ジョンはリチャードが商品をうりさばきながら全米中を渡り歩いていた時に出会った皮革製品のセールスマン兼クラフトマンでした。リチャードは彼の作るレザー製品のすばらしさに感銘を受け、ブランド創設の誘いを送ったと言われています。

現在発売されている「Chrome Hearts」のレザー製品にもジョンの残した皮革製品に対する情熱が宿っており、ファンの間では絶えることのない称賛の声が飛び交っているスペシャリトです。

クロムハーツの5大モチーフ

「Chrome Hearts」のアイテムには5大モチーフと呼ばれる、普遍的なシンボルが存在します。このモチーフアイテムは「Chrome Hearts」の代名詞的存在とも言え、時代や場所を問わず多くのファンから愛され続けています。

モチーフ①クロス

「Chrome Hearts」の5大モチーフの中でも最も有名なブランドのメインシンボルでもあるのがこのクロスです。クロスには「災いから身を守る」という意味があり、生きていく上で力の源となってくれるようなパワーが込められています。

また、クロスの持つ形から「交差する・交わる・交流する」という意味も含まれており、これは様々なカルチャーや価値観が交わって作られている「Chrome Hearts」のブランドイメージを強調する意味合いもあると言われています。

モチーフ②フローラル

美術や工芸作品のモチーフとしても親しまれているフローラルのモチーフも「Chrome Hearts」を代表する形です。生命力の象徴であるとも言われており、華やかで繊細なデザインが存在感を発揮してくれます。様々なファッションに合わせやすく、男女問わず人気の高いモチーフでしょう。

フローラルモチーフのアイテムは特にリングとして人気が高く、1つ着用するだけで手元が華やかになり、コーディネートを洗練された印象に引き上げてくれます。また、普遍的なデザインでもあるのでファッションのスタイルやテイスト問わず広く合わせやすいモチーフでもあります。

モチーフ③ダガー

中世の短剣をイメージしてデザインされたこのモチーフはタガーというものです。このタガーは「お守り」としての意味合いが強いモチーフとなっており、そのため贈り物やちょっとしたプレゼントなどにも利用されることが多くなっています。

「Chrome Hearts」のモチーフの中でも高い人気を誇っているので、ピアスやネックレス・イヤリングなど様々なアイテムで多く展開されています。

モチーフ④BSフレア

フレアとは百合の花のことを指し、フランス王家のシンボルマークとして使われてきた由緒あるモチーフです。権力や威厳を象徴すると同時に、人傑や清純といった意味も含まれており、非常に荘厳的な印象を与えます。

一方、アメリカではこのフレアのマークはボーイスカウトのシンボルマークとして使用されてきた背景があり、「Chrome Hearts」ではこのボーイスカウトの頭文字をとってBSフレアという名前で商品を展開しています。

モチーフ⑤ハート

心臓をイメージしたハートのモチーフには、生命の象徴という意味の他にも愛情や真実の愛などの意味も込められています。ハートと聞くと可愛らしいキュートな印象を持つアイテムが多いですが、「Chrome Hearts」のハートモチーフは少し異なります。

ハートの周りにいばらのツルが巻きつけられているようなデザインは、むき出しの感情と強い意志を表していると言われています。可愛すぎず、キュートすぎないデザインなため女性だけでなく男性でも持ちやすいモチーフになっているのが特徴です。

ハイブランドで人気のピアスは?プレゼントにもおすすめの商品を徹底紹介! 

ハイブランドで人気のピアスは?プレゼントにもおすすめの商品を徹底紹介! 

おしゃれでかわいいハイブランドピアスの魅力 ハイブランドのジュエリーは身に着けるだけでより一層女性を輝かせ、魅力的にみせ…

クロムハーツの人気コラボ

「Chrome Hearts」はこれまでに数々の人気ブランドや著名人などとコラボアイテムを発表しています。今回はその中でも特に過去人気が高かったコラボレーションをご紹介いたします。

コラボ①オフホワイト

世界的にも有名なストリートファッションブランドである「オフホワイト」とは2016年・2018年とこれまでに2回に渡りコラボ商品を発表しています。どちらの商品も非常に高い人気を誇り、コラボアイテムが発売されると世界中で話題を呼びました。

ストリートファッションの要素に「Chrome Hearts」の持つ存在感溢れるモチーフが印象的だったコラボ商品は、今後第3弾の発表が期待されています。

コラボ②ドレイク

「Chrome Hearts」は過去に、歌手のドレイクが手がけるライフスタイルブランドである「OVO(October’s Very Own)」とのコラボ商品も展開しています。

ドレイクのアルバム「Certified Lover Boy」の発売に合わせて企画されたこのコラボ商品は、アメリカマイアミでの限定発売というだけあって非常に希少価値の高い人気商品となりました。

カラフルなフーディーヤボトムスなどに印字された「Chrome Hearts」のクロスモチーフが印象的なアイテムは、発売から月日が経った現在でもオークションサイトなどでは高値で取引されています。

コラボ③ロレックス

高級腕時計の頂点に立つといっても過言ではない超人気ブランド「ロレックス」とのコラボ商品も忘れてはいけません。それぞれのジャンルで世界最高峰と言われているブランド同士の異色のコラボレーションは、発表当時多くの人々をざわつかせました。

これまで「ロレックス」では様々なブランドとのコラボ商品やダブルネームアイテムを発売してきましたが、そのほとんどが「ロレックス」メインのコラボデザインとなっており、双方のぶブランドの対等なコラボ企画というのはあまり見られません。

しかし、この「Chrome Hearts」とのコラボ商品だけは別格です。腕時計を見れば双方のブランドのモチーフがすぐに目に止まるデザインとなっており、お互いのブランドに対する敬意と情熱が感じられるアイテムに仕上がっています。

コラボ④ドーバーストリートマーケットギンザ

コムデギャルソンの創設者である川久保玲が手がけた「ドーバーストリートマーケット」とは、2004年にロンドンの高級住宅街メイフェアのドーバーストリート沿いで誕生したコンセプトショップです。

ロンドンを始め、銀座、ニューヨーク、シンガポール、北京、ロサンゼルス、パリと世界の大都市に続々とオープンしており、今回ご紹介するのはその中でも東京にある「ドーバーストリートマーケットギンザ」と「Chrome Hearts」とのコラボレーションです。

テイスト・レディース・メンズ関係なくファッションの垣根を超えた様々なブランドをセレクトし、新たな価値観が生まれる場所として話題を集めている「ドーバーストリートマーケット」とのコラボ商品には既存のアイテムにさらにエッジを効かせて制作し直した特別なアイテムが揃っています。

コラボ⑤コムデギャルソン

「コムデギャルソン」とのコラボは、「Chrome Hearts」におけるブランドコラボアイテムの始まりとも言われています。

「Chrome Hearts」が現在のように脚光をあびる前より古い親交のあったブランド同士であり、実は日本で初めて業務提携をしたと言われているユナイテッドアローズよりも先に「Chrome Hearts」を国内に上陸させていたのがこの「コムデギャルソン」です。

古くからの盟友ブランド同士であるこのコラボレーションは、毎回双方のファンの間でも大きな盛り上がりを見せ、発売のたびに話題となっています。

コラボ⑥マットボーイ

LAの若き新人アーティストであるMatt DiGiacomoとのコラボレーションは、今最も熱い「Chrome Hearts」のコラボ作品でしょう。

彼の描くイラストは絵の具やマジックペンなどを使用したユニークでラフなデザインが特徴です。自由で大胆なメッセージの込められたカラフルな世界観に、パンチの効いた「Chrome Hearts」のデザインがマッチし、独特なファッションアイテムを発表しています。

コラボ⑦ケイト・ハドソン

女優のケイト・ハドソンとのコラボレーション商品は「Chrome Hearts」のファン層をより拡大するきっかけにもなっています。

これまで強めなデザインのアイテムが多いために男性ファンやロック好きのファンが多かった「Chrome Hearts」ですが、彼女のデザインしたシリーズ「CH+KH」は、「Chrome Hearts」の持つ存在感はそのままでより女性に受け入れられやすい新しいスタイルとなっています。

繊細な細工や質の高いシルバー製品は保ったまま、普段使いにも馴染みやすい華奢なモチーフのアクセサリーを発売したことで女性ファンが一気に増えたと言われています。

有名人のクロムハーツコーデ

世界各国で名だたる著名人たちからラブコールを受けている「Chrome Hearts」のアイテムは、セレブたちの様々なファッションスタイルで見かけることができます。

中でもラグジュアリーブランドを代表する「シャネル」や「フェンディ」のデザイナーとして活躍していたカール・ラガーフェルドは、「Chrome Hearts」の古参ファンとして広く知られています。

モードファッションを牽引する存在として一目置かれていたカールは、とにかく大の「Chrome Hearts」好きです。これまでに発売された「Chrome Hearts」のリングは全て持っているという逸話が囁かれるほど、彼のファッションにはよく「Chrome Hearts」のアイテムが登場しています。

近年日本でも流行しているK-POP界のレジェンドとして世界中にファンを持つBIGBANGのG-DORAGONは、「Chrome Hearts」創設者のリチャード・スタークと古くから親交のある人物として知られており、彼もまたブランドのファンであることを公言しています。

G-DORAGONのMVでは「Chrome Hearts」の長い歴史の中でも唯一スポンサーとして協賛協力をしたと言われており、そこからも2人の親交の厚さが伺えます。また、G-DORAGONのInstagramでは彼とリチャードスターク一家との交流が垣間見れる写真なども時折アップされています。

他にも、R&Bシンガーとして名を馳せている「ザ・ウィークエンド」も「Chrome Hearts」の古くからのファンであると言われています。プライベートではもちろん、撮影などの仕事場でも「Chrome Hearts」のアクセサリーなどを着用している姿がよくキャッチされています。

クロムハーツは1つ持っておきたいジュエリーブランド

いかがでしたか?今回は、世界最高峰とまで言われているシルバーアクセサリーの代表ブランド「Chrome Hearts」の知られざる魅力についてたっぷりご紹介させていただきました。参考にはなったでしょうか?

1988年に誕生し長い歴史を持つ「Chrome Hearts」は、元々製作していたレザー製品の一部としていたシルバー製品の質の高さが評価され、世界を代表するシルバーアクセサリーのブランドとして成長しました。存在感のある個性的なモチーフは今では性別・世代を問わず多くの人々に愛されています。

「Chrome Hearts」ではアクセサリーのみならず、アパレルアイテムやインテリアなどの商品も多数発売されています。気になった方は是非これを機に「Chrome Hearts」の魅力ある商品をチェックしてみてください。

その他の関連記事はこちらから

再ブーム!ティファニー(TIFFANY&Co.)オープンハートの魅力を徹底解説!

再ブーム!ティファニー(TIFFANY&Co.)オープンハートの魅力を徹底解説!

ティファニーのオープンハートとは? 「ティファニーと言えばオープンハート」と言われるほどその存在は大きなものであり、代表…

キーケースの使い方を種類別に解説!おすすめのアイテムを厳選紹介!

キーケースの使い方を種類別に解説!おすすめのアイテムを厳選紹介!

キーケースってキーホルダーとは違うの? 家や車のカギを何もつけないそのままの状態で持っている方は意外と少ないかもしれませ…

シルバージュエリー最高峰「クロムハーツ」5大モチーフやコラボアイテムをご紹介!

シルバージュエリー最高峰「クロムハーツ」5大モチーフやコラボアイテムをご紹介!

クロムハーツ(Chrome Hearts)とは 世界最高峰のシルバーアクセサリーブランドとして知られている「クロムハーツ…