【ネタバレ】映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.amazon.co.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』あらすじを徹底解説!

エンタメ

41view

ドタバタ青春コメディ映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は、70年代の田舎を舞台にした作品です。思い切り笑えて最後には感動できるようなあらすじで、元気がもらえるようなこの作品について、この記事ではあらすじやキャスト、見どころに口コミなどの情報をまとめます。鑑賞の際はぜひ参考にしてみてください。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の作品情報


映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は、2008年に製作された作品です。上映時間は110分で、原作はブログ小説です。7人の男子高校生たちと駐在さんにより展開される、ユニークで奇天烈なイタズラ合戦の様子が描かれます。

舞台は70年台の田舎で、日々仲間で連んでイタズラを楽しむ“ママチャリ”ら7人のグループが街の駐在さんから大目玉を食らうところにはじまります。ママチャリたちは仕返しに新たなイタズラを考えますが、なんと駐在さんもイタズラによる反撃を繰り出してくるのでした。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の主要キャスト

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』に出演する主なキャストをご紹介します。それぞれのキャストがどのような役を演じるのかをチェックしておくことで、映画鑑賞時にあらすじを追いやすくなるでしょう。

主要キャスト①市原隼人:ママチャリ


ママチャリを演じたのは、市原隼人です。2001年、「リリイ・シュシュのすべて」の主演を務め華々しいデビューを飾ったのち、2003年「偶然にも最悪な少年」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

翌年のドラマ「ウォーターボーイズ2」でブレイクし、2005年にも「あいくるしい」で主演を務め人気を博します。この後は主に映画を舞台に活躍を続け、2008年ドラマ「ROOKIES」が大ヒットしたことで、一躍スターとなりました。

主要キャスト②佐々木蔵之介:駐在さん

駐在さんの役を演じたのは佐々木蔵之介です。京都の酒屋に生まれ育った彼は、神戸大学在学中、劇団での活動をスタートさせ、卒業後は広告代理店に勤めながら舞台に出演する日々を送っていました。

勤務3年ほどで退職して俳優業に打ち込むこととなり、演劇を中心に活動します。2000年に連続テレビ小説「オードリー」へ出演したことで世間に知られることとなり、2002年には映画に初出演します。

2014年の映画「超高速!参勤交代」では第38回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、2019年の「空母いぶき」では第43回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞するなど、近年の活躍もめざましいものがあります。

主要キャスト③麻生久美子:加奈子


駐在さんの奥さん、加奈子を演じたのは麻生久美子です。1994年に三菱電機のCMに出演したことを機にデビューし、95年には「週刊ヤングジャンプ」の「全国女子高生制服コレクション」でグランプリに輝いています。

映画デビューはあいかわ翔の初監督作「BAD GUY BEACH」でのことで、98年には「カンゾー先生」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しています。その後邦画を中心に活動を続け、2008年にはイラン人監督アボルファズル・ジャリリの「ハーフェズ ペルシャの詩」で海外進出しています。

主要キャスト④石田卓也:西条

西条を演じたのは石田卓也です。2002年、第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞を受賞したことがきっかけでデビューを飾り、2005年ドラマ「青春の門・筑豊編」に出演したことで俳優として活動を始めます。

映画初出演作であった「蝉しぐれ」ではキネマ旬報新人賞を受賞し、2006年のアニメ映画「時をかける少女」では声優としての演技を見せました。以後、ドラマや映画など幅広く活躍を続けています。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』のネタバレあらすじ

ここからは、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』のあらすじを、ネタバレを交えつつご紹介します。起承転結の4パートに分けてまとめるので、気になる箇所のみをチェックするなど、お好きにご活用ください。

ネタバレあらすじ①起

イタズラ好きの少年”ママチャリ”は、仲間達と悪さをしては面白がるという日々を送っていました。いたずらの中身は、例えば「バーバー」の文字を改変して「ババー」にしたり、クマの着ぐるみに入って人を驚かせるなど子供じみたものです。

しかし彼らはれっきとした「いたずら小僧」として、街ではちょっとした有名人でした。後からこの時のことを振り返ったママチャリが「受験とか大きな壁から逃げたかったというのもあるけれど、単純にいたずらが好きだったんだと思う」と話すほど、彼らは生粋のいたずら好き少年だったのでした。

ある日、彼らに事件が起きます。それは仲間の西条が原付のスピード違反で停学処分となったことでした。西条は自分が捕まった時のことを「街の駐在さんが獲物がかかるのを待ち構えるかのように、スピードの出やすい坂の下で潜伏していたからだ」と言及します。

そして、そんな駐在さんのことを「卑怯だ」と騒ぐのでした。こうして、7人組たちによる駐在さんへの復讐がスタートします。まずママチャリが思い付いたのは『嵐のチャリンコライダー』作戦でした。

自転車で猛スピードを出し、ネズミ捕りをする駐在さんを邪魔しようと、彼らは全速力で自転車を漕ぎます。しかし自転車も軽車両であることから、彼らは駐在さんにあっさり捕まってしまいます。

エモい映画おすすめ20選!ジブリ・洋画・邦画・アニメ一挙紹介!

エモい映画おすすめ20選!ジブリ・洋画・邦画・アニメ一挙紹介!

エモいとは? まず初めに、「エモい」の意味を紹介します。エモいとは若者の間で使われている俗語で、心を突き動かす出来事が起…

ネタバレあらすじ②承

次に彼らは歩いて妨害することにします。シンバルや鉄琴などを手にネズミ捕りをする駐在さんの前を歩きますが、「警察を舐めるな!」と怒鳴られてしまい、仕事の妨害をしないように言われてしまいます。

次に彼らは、覆面で自転車二人乗りをし、追ってくる駐在さんにロケット花火を発射します。怒った駐在さんはママチャリの母を呼び出し、彼は大目玉を喰らいます。

ある日、いつもママチャリたちの集い場となっていた仲間の井上の両親に苦言を呈されたことで、彼らは喫茶店に活動拠点を移します。そこで西条は新しい作戦を思いつきます。それは、駐在所にエロ本を置いて困らせるというものでした。

そこへ、喫茶店の店員がコーヒーを運んできます。大人の魅力に溢れるその女性店員・加奈子に釘付けになった彼らは、その日以降彼女目当てに連日のように喫茶店に通うことになるのでした。

そしてママチャリは駐在さんにイタズラを仕掛けて成功したら、彼女に告白しようと決心します。そしてエロ本を片手に駐在所に忍び込みますが、そこに加奈子がやってきます。なんと彼女は駐在さんの妻だったのです。

ママチャリの初恋は散ってしまい、それと同時に辱めまで受けることになりました。そんなある時、駐在さんが若い女性とイチャイチャしているのを目撃したママチャリは、怒り心頭で彼を殴ろうとします。

しかし彼女は加奈子の妹だったのです。その妹の美貌に夢中になったママチャリたちは、今度は彼女に憧れを寄せます。そんな彼らが次に思いついたのは『人が倒れています作戦』です。

倒れているふりをし、市民に駐在さんを呼びに行ってもらい、落とし穴に落とすという作戦で、駐在さんはまんまと罠にかかります。怒った駐在さんは、ママチャリたちの行きつけの焼きそば屋に先回りし、胡椒を大量にかけた焼きそばを出して仕返しをするのでした。

ママチャリたちは全面戦争を決意し、原付バイクの講習にきた駐在さんのバイクのサドルにトリモチを塗り、サドルから立てないようにします。

しかしこれに気づいた駐在さんが代わりのバイクを用意したことで、作戦は失敗に終わり、西条がトリモチを塗ったバイクに乗ることになってしまったのでした。

ネタバレあらすじ③転


なんとかして駐在さんを懲らしめたい7人でしたが、ある日下心が引き起こした事故で入院していた西条が夏祭りに使う花火を盗むことを思いつきます。それを聞いた仲間たちは立派な犯罪行為だと思い、次々に離脱します。

ママチャリは、本当は優しいはずの西条の言い出したこの案に違和感を覚えます。そして西条の病室に財布を忘れた彼が引き返すと、「ここから花火なんて見えない」と落ち込む病気の女の子に「絶対に見せる」と約束する西条の姿がありました。

これを見たママチャリは花火を盗むことを決め、取材のふりをして花火職人に近づき、花火を手に入れます。仲間たちも次々に戻り、ようやく花火を打ち上げられるところまで来ました。しかしここで、駐在さんが現れます。

なんとしても打ち上げると言い張るママチャリに、駐在さんは「お前がそんなことをする必要はない」と言って宥めますが、彼の決意は曲げられません。

そして仲間の助けもあり、やっと花火を打ち上げることに成功するのでした。西条は病室から打ち上げられている花火を見ますが、駐在さんと手錠に繋がれたママチャリたちを見てやるせなくなります。

ネタバレあらすじ④結


その時、全ての花火を打ち上げたはずなのに、病室の窓の向こうに花火が上がります。驚く彼らでしたが、この花火は駐在さんが自腹を切って職人に打ち上げてもらったものだったのでした。そして、花火職人から花火代は受け取っているという連絡を受けたと言って、駐在さんは手錠を外してくれます。

駐在さんの優しさに感激する一同でしたが、その後も彼らが改心することはなく、まだまだイタズラは続くのでした。

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の見どころ

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の見どころは、大人気なくも笑える駐在さんのいたずらによる仕返しです。また、くだらないことに全力を出す7人組の姿も愉快です。他に、舞台が70年台ということで、セットがレトロで懐かしさを感じさせるようなものに仕上がっているのも見どころです。

夏休みに見たい映画おすすめ25選!夏の冒険や切ない思い出など一挙紹介!

夏休みに見たい映画おすすめ25選!夏の冒険や切ない思い出など一挙紹介!

夏休みに見たいおすすめの映画【邦画】 ここからは、夏休みに見たいおすすめの邦画を見ていきましょう。涙なしでは見られない感…

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の口コミ・評価


映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』には、実際に鑑賞した方から様々な口コミが寄せられています。ここでは、この作品に寄せられた感想を評価の段階別に分けてご紹介します。

良い口コミ

大人になって忘れてた物を思い出させてくれる。そんな恥ずかしい事も平気で言える位、青春を思い出させてくれて熱い気持ちになれる!
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

終始面白くて元気がもらえる。青春そのもので、ストレスが溜まった時に癒やしで観たい映画です。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

双方ともバカに見えて、今一つ感情移入できなかった。全体にコメディタッチになっているところは割とおもしろいから、あまり真面目に考えずに見ればいいと思う。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

大人向けではないが、コメディとして退屈しない仕上がりにはなっている。屈託の無いまっすぐ作品。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

友情を盾に感動っぽく仕上げてるが、結局は不良が協力して犯罪をするストーリー。なんだかイライラしてしまった。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

ノリについていけず、途中で観るのやめました。苦手なタイプの映画でした。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

人気ブログ原作の『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』を楽しもう


青春コメディ『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は、疲れている時に見ると元気がもらえるような作品です。笑える映画や楽しい気分になれるコメディをお探しの方は、ぜひこの機会に鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

【邦画編】青春映画おすすめ25選!恋愛・友情・思春期の葛藤など一挙紹介!

【邦画編】青春映画おすすめ25選!恋愛・友情・思春期の葛藤など一挙紹介!

邦画でおすすめ!感動の日本青春映画【部活】 まず初めに、部活動を通して青春をするおすすめの青春映画を紹介します。学生なら…


夏休みをノスタルジックに描いた映画おすすめ12選を厳選紹介!

夏休みをノスタルジックに描いた映画おすすめ12選を厳選紹介!

夏休みをノスタルジックに描いたおすすめ映画【邦画】 しみじみと郷愁を誘う日本の風景と共に描かれた、とある夏休みをテーマに…