【ネタバレ】映画『僕だけがいない街』あらすじや原作漫画との違いを解説! アイキャッチ画像 https://eiga.com/
記事更新日:

【ネタバレ】映画『僕だけがいない街』あらすじや原作漫画との違いを解説!

エンタメ

654view

三部けいによるミステリー漫画を映画化した『僕だけがいない街』。ここでは、そのストーリーやキャスト紹介、原作漫画との違いを解説します。映画と漫画とでは全く異なる結末を迎えるので、漫画とはまた違った楽しみ方ができるでしょう。作品自体知らない方はもちろん、漫画しか読んでいない方も是非チェックしてみて下さい!

映画『僕だけがいない街』とは?

『僕だけがいない街』は、三部けい原作の大ヒットコミックを藤原竜也&有村架純共演で2016年に実写化された、ミステリー・サスペンス映画です。

“リバイバル”という不思議な現象に巻き込まれた青年が、未来を変えるために現在と小学生時代を行き来しながら連続誘拐殺人事件の回避と、真犯人の特定に奔走するさまをスリリングに描いています。 主演は藤原竜也さんが務め、有村架純さんと初共演を果たしたことでも大きな話題となりました。

僕だけがいない街の原作は三部けいの漫画

『僕だけがいない街』の原作は、三部けいによる漫画です。2012年より「ヤングエース」で連載され人気に火が付き、コミックス累計部数(全9巻)400万部を突破し大ヒットを記録しました。その人気の高さから実写化映画にとどまらず、アニメ・ドラマ化もされており、三部けいを一躍有名にした作品です。

【邦画編】恋愛系の泣ける映画おすすめ24選!感動傑作をご紹介!

【邦画編】恋愛系の泣ける映画おすすめ24選!感動傑作をご紹介!

恋愛系泣ける映画(邦画)おすすめの感動傑作【笑いあり】 まず初めに笑いありの泣ける恋愛映画を紹介していきます。コメディ要…

僕だけがいない街のあらすじ【ネタバレなし】

29歳の売れない漫画家・藤沼悟は、ピザ屋の宅配アルバイトで生計を立てています。実は悟には、「リバイバル」という本人が呼ぶ特殊能力がありました。それは、悪いことが起こる前の瞬間に戻ることができ、その原因を取り除くまでその場面を繰り返す”ループ能力”でした。

何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され、悟は突如18年前に戻ります。小学生の頃に起きた女児連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていきます。

無料トライアルあり!動画配信サービスで映画・ドラマが見放題

映画やドラマ、アニメ作品をたくさん視聴したい方には動画配信サービスがおすすめです。パソコンやスマホなどあらゆるデバイスに対応しているため、わざわざレンタル店に行く必要はありません。いつでもどこでも簡単に視聴可能です!

さらに無料トライアルがある動画配信サービスを厳選して紹介します。気になる作品がある方は、まずは無料トライアルから始めてみるのをおすすめします!

おすすめ動画配信サービス 公式サイト
【作品数が魅力!】U-NEXT
・25万本以上の圧倒的作品数
月額2,189円(税込)
・31日間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
日テレドラマ 【オリジナル作品・国内ドラマ充実!】hulu
・10万本以上の映画・ドラマ等が見放題
月額1,026円(税込)
・2週間の無料トライアルあり
公式サイトをチェック
【圧倒的コスパ!】Amazonプライムビデオ
・値段の安さが特徴
月額500円or年会費4,900円(税込)
・30日間無料体験あり
公式サイトをチェック

僕だけがいない街のあらすじ【ネタバレあり】

ここからは、ストーリーを更に掘り下げて詳しく解説していきます。ネタバレありの内容になっているので、まだ観ていない方は注意して下さい。10歳の頃に戻った彼は、事件を未然に防ぎ、大切な人を救うことができるのでしょうか?!

ネタバレありあらすじ①リバイバル

ピザ屋の宅配アルバイトで生計を立てている悟。同じアルバイト仲間の片桐愛梨は、友達も恋人もいない悟を気にかけて話しかけますが、悟はいつもそっけない態度でした。

ある日、バイクでピザを配達していた悟に「リバイバル」が起こります。無事に子供を事故から回避させますが、代わりに自分が車にはねられ入院を余儀なくされます。目を覚ますとそこには愛梨がいて、明るく前向きな彼女に心を開き始めます。

退院して自宅に戻ると、母・佐知子が北海道から上京していました。翌日、悟は佐知子と一緒に買い物に行きますが、そこでリバイバルが起こります。しかし、周りを見渡すも特に変わった様子はありません。

その時佐知子は、男が少女を車に乗せようとするのを目撃します。視線に気付いた男は少女を乗せずに去り、誘拐を未然に防ぎますが、佐知子はその男にある疑惑の目を向けます。

それは1988年に起きた女児連続誘拐殺人事件でした。白鳥潤という青年が捕まりましたが、白鳥は悟とも仲が良かった子供に優しい青年で、当時の悟は白鳥が犯人ではないと訴えていました。

後日悟が自宅に帰ると、そこには包丁で刺され殺されている佐知子の姿が…。ベランダから逃げる犯人を目撃した悟は、後を追いますが逃げられ、母親殺しの犯人と疑われてしまいます。警察に捕まりそうになった時”リバイバル”が起こり、なんと悟は小学生の身体になっていました。

ネタバレありあらすじ②救えなかった少女

戻ったのは1988年、同級生だった雛月加代が殺された女児連続誘拐殺人事件が発生した年でした。母の死と過去の事件の繋がりに気付いた悟は、加代を救えば母も助かると信じ、リバイバルを成功させると決意します。

小学生の悟は加代に自分の誕生日会に招待します。悟と加代は同じ誕生日で、その日は加代が誘拐され殺される日でもありました。

加代と仲良くなろうと積極的に声を掛ける悟、そんなある日、誕生会を前に加代の自宅にいった悟は、痣だらけでぐったりしている加代の姿を発見します。加代は両親から酷い虐待を受けていたのです。

子供の悟はどうすることもできず、クラス担任の八代学に打ち明けます。八代は虐待の事実を知りつつも、「児童相談所がなかなか動いてくれない」と…。

3月2日、いよいよ加代が殺される日、2人は悟の友達も一緒に誕生会を開きます。楽しい時を過ごし、加代を自宅まで送り届けたことで安心する悟でしたが、翌日加代は学校に来ることはありませんでした…。

加代を救うことができず現代に戻った悟。殺人容疑の疑いをかけられ身動きがとれない中、愛梨は自宅にかくまってくれました。

1988年に発生した女児誘拐殺人事件を調べていると、加代が殺された日付が変わっていることに気が付きます。変えることができたのは日付だけで、犯人は白鳥のもまま、被害者も変わっていませんでした。

そんな時、愛梨の家が火事になり事件に巻き込んでしまいます。事件の手がかりを掴むため、佐知子の元同僚の記者、澤田に会いに行きます。澤田は、佐知子と愛梨は犯人を見たことで狙われたと推測します。

悟と河原で落ち合った愛梨は、西園と言う人物が怪しいと伝えます。しかしその時、警察が来て悟は逮捕されてしまいました。パトカーに乗ろうとしたその時、またリバイバルが起き18年前に…。

ネタバレありあらすじ③大切な人を守るために

戻った先は、1988年の誕生日会前日でした。今度こそ加代を救うことを誓った悟は、友人の賢也に協力してもらい、加代を誘拐し使われていないバスにかくまいます。しかし、バスの中に加代が殺された時に使用された道具があり、危険を感じた悟は自分の家に連れて帰りました。

翌日、加代を自宅まで送っていくと、そこに八代と児童相談所のスタッフがやって来て、無事に引き渡すことに成功しました。

しかし、加代を救えたのに現代に戻りません。そんな時、加代の件で八代が児童相談所に連絡していなかったことを知ります。「児童相談所がなかなか動いてくれない」と言う八代の言葉は嘘だったのです。悟は八代を疑い始めます。

八代が、いつもクラスで1人でいる少女をホッケーの観戦に誘っていたことが気になり悟は後を追いました。少女を見張っていた悟ですが、途中で会場を出ていってしまい見失ってしまいます。

そこに丁度、1988年に捕まった白鳥の車が出てきました。悟は八代に頼んで白鳥の車を追いかけます。車の中で悟は八代に、これまでの事件を並べ「犯人じゃないよね?」と尋ねると、八代は本性を現し犯人であることを認めるのでした。

白鳥の車はただ父親が乗っているだけで、ターゲットと思っていた少女はもう自宅に帰っていることが分かります。全て悟を連れ出す為の罠だったのです。八代は、”1人ぼっちの子供を孤独から救う為に殺す”という、歪んだ正義感で殺人を繰り返していました。

車は橋の上に止まり、「これ以上僕の計画を邪魔される訳にはいかないからね」と八代は言い、悟を橋から突き落とします。しかし悟は橋から落ちた瞬間リバイバルが終わり現在へ…。

ネタバレありあらすじ④結末

悟が目を覚ますとそこは病室でした。バイクでピザを配達していた時に事故に遭い、入院した日に戻っていたのです。目の前には愛梨ではなく、大人になった加代がいました。自宅に帰ると、元気な姿の母・佐知子の姿があり、リバイバルが成功したのだと安心します。

以前愛梨と別れた河原にやってきた悟は、偶然愛梨と再会しますが愛梨には悟の記憶はありません。それでも、何か通じ合うものを感じた2人は、一緒に空を見上げ、これからの未来に希望を抱くのでした。

悟は八代と決着をつける為に、弁護士のなった友人の賢也の協力を得て今どこで何をしているのか探ります。八代は結婚して姓が”西園”に変わり、市会議員に。その傍ら、昔と変わらず誘拐殺人を起こしており、この18年間大勢の小学生が殺されていました。

自首を進める悟ですが、八代(西園)は受け入れず、ナイフを自分の首にあて自殺を図ろうと…。止める悟と揉み合いになり、悟の首が切れてしまいます。その時、賢也が警察を連れて来て西園は捕まりますが、悟は倒れたまま空を見上げ、息を引き取るのでした。

それから時は流れ、悟の墓に母・佐知子、友人、澤田、白鳥が集まります。加代は、あの場所から連れ出してくれた悟に感謝しました。

一方愛梨は、夢だったカメラマンの夢を叶え、鞄の中には悟が描いた1冊の漫画が…。愛梨は悟の漫画を励みに希望と勇気を得ていたのです。悟が亡くなっても、生きていた証は間違いなくそこに残っていました。

クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンス映画おすすめ25選!スリルたっぷりの作品をご紹介!

クライムサスペンスとは? クライムとは、英語の「crime(犯罪)」という意味です。そのため、クライムサスペンスとは様々…

僕だけがいない街のキャストみんなの

ここからは『僕だけがいない街』に出演した豪華キャスト陣を一挙ご紹介します。名俳優陣もさることながら、子役達の超ストイックな役作りは必見!ストーリーの鍵を握る天才子役達の演技も映画の見どころの1つと言って良いでしょう。

僕だけがいない街のキャスト①藤原竜也

主人公・藤沼悟を演じたのは、演技派俳優として名高い藤原竜也さんです。事件などに遭遇すると、その原因となった時点に時を遡ってしまう”リバイバル”という能力を持っており、少年時代に起こった女児連続誘拐殺人事件の真相に迫ります。

物語の始まりの内気な性格から、勇敢に犯人を追い詰めている心情の変化を見事に演じでおり、絶叫しているシーンは藤原竜也ワールド全開で迫真の演技を魅せてくれています。

僕だけがいない街のキャスト②有村架純

ヒロイン・片桐愛梨を演じたのは人気女優の有村架純さんです。明るくいつも前向きで、心を閉ざした悟に希望をもたらし、成長するきっかけを作った女性でもあります。しかし実は、父親が万引きの冤罪で捕まり、そのことで両親が離婚するという悲しい過去を持っています。

有村架純さんは、愛梨の明るく悟を支える姿を上手く演技に落とし込んでいました。自分が演じたヒロインについて「愛梨は親が離婚して寂しさや痛みを経験しているから、悟の孤独な部分を感じ取ることができたのでは」と語っています。

僕だけがいない街のキャスト③石田ゆり子

悟の母・藤沼佐知子を演じたのは、女優の石田ゆり子さんです。佐知子は、誘拐事件の犯人を目撃したことで殺されてしまいます。おっとりしているように見えますが、鋭い洞察力があり、物語ではいち早く犯人に疑いの目を向ける人物です。

少年時代の悟が加代を助けようと奮闘する姿を、優しく見守る母を丁寧に演じています。石田さんが演じる、佐知子の可愛らしい北海道弁にも注目です。

僕だけがいない街のキャスト④及川光博

悟の小学生時代の担任教師・八代学を演じたのは、個性派俳優の及川光博さんです。児童たちから好かれている教師ですが、裏の顔は女児連続誘拐殺人事件の真犯人という重要な役どころです。

「1人ぼっちの子どもを孤独から救うために殺す」という歪んだ正義感を持っており、温厚で優しい担任教師から冷酷な殺人犯に変る姿を見事に演じています。

僕だけがいない街のキャスト⑤鈴木梨央

両親の虐待を受け、尚且つ女児連続殺人事件の被害者となる少女・雛月加代は、天才子役の鈴木梨央さんが演じています。物語のキーパーソンとなると少女で、両親から虐待を受けているという難しい役どころを、ベテラン女優顔負けの演技力で観ている人を惹きつけました。

僕だけがいない街のキャスト⑥中川翼

小学生時代の悟を演じたのは、オーディションで300人の競争を勝ち抜いた中川翼さんです。当時11才であり、悟の少年時代の年齢と同じです。小学生の外見ながら28歳の心を持つという難しい役柄を見事に演じ、全く違和感を感じさせないさりげない演技が高く評価されました。

【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ36選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

【邦画編】絶対泣ける映画おすすめ36選!ハンカチ必須の感動作品をご紹介!

【邦画】感動で泣けるおすすめ映画【2022年最新】 まず初めに2021年最新版の日本のおすすめの感動で泣ける映画・邦画を…

僕だけがいない街の原作と映画の違い

『僕だけがいない街』、実は結末を含め、原作と映画では結末を含め異なるところがあります。映画は”悟の死”という残念な結末でしたが、映画が作られていたのが原作がまだ雑誌連載中ということもあり、結末が違うのは分かっていました。原作と映画の違いをチェックしてみましょう。

原作と映画の違い①八代学の過去

女児連続誘拐殺人事件の真犯人”八代学”ですが、映画では孤独な子供を救う為に殺人を繰り返しているという設定のみで、あまり過去に触れられていません。原作では、八代が何故このような歪んだ感情を持つようになったのか、そのきっかけとなる過去の出来事が詳しく描かれています。

少年時代、兄に虐待を受けておりその兄を殺したこと、仲間の屍の上に立ってでも生き延びたハムスターにスパイスと名付けて飼育したこと、そして人間の頭上に”蜘蛛の糸”が見えるようになったこと…。

様々な要因が重なった結果、「他者の死とその死に抗う姿」に生の喜びを見出すようになり、それを得るために数々の事件を起こしていたのです。

原作と映画の違い②悟が植物状態に

映画では、八代の犯行に気付いた悟は橋から落とされ、その瞬間リバイバルが起こり、ピザを配達していた時に事故に遭い入院していた日に戻ります。これは、映画オリジナルの展開であり、原作は大きく異なります。

原作では悟は八代に湖に落とされ、植物状態となります。そしてそのまま15年間眠り続けた後に目を覚まし、八代と決着をつけに行くことになります。

原作と映画の違い③結末・悟が死なない

映画では、悟が死ぬという悲しい結末でした。原作では、植物状態から目覚めた悟は、決着をつける為に八代に会いに行きます。八代に向かってタックルする悟。2人とも吊り橋から落ちてしまいますが、賢也と澤田が池のボートで待機しており悟を救出、八代を取り押さえます。

それから7年、八代は犯行を洗いざらい自供し、確定死刑囚となっていました。悟は漫画家として成功しアニメ化も決定、順風満帆な人生を送っています。そしてラストは、河川敷で愛梨と出会い…。ここで物語は完結します。原作では悟は死なず、映画と違って、ハッピーエンドでした。

原作と映画の違い④タイトルの意味

映画と原作とでは、内容が異なることでタイトルの意味まで解釈が変わってきます。映画では、悟が亡くなっても関わった人達の中には悟の生きた証が残されており、自分がいない中でも前向きに生きて欲しい”といった、悟の想いが込められていると考察できます。

一方原作の悟は植物状態となり、15年間の空白が生まれました。その間、世の中は”僕だけがいなかった街”になったのです。悟が目覚めることができたのは周りの支えによるものなので、“僕がいない街で皆がここまでしてくれたことに感謝する”といった意味が込められているのかもしれません。

僕だけがいない街は感動できるサスペンス映画

映画『僕だけがいない街』のあらすじや原作漫画との違いを解説しました。展開をドキドキさせるサスペンスでありながら、必死に大切な人を守ろうとする悟の姿には感動すること間違いありません!

『僕たちのいない街』は、原作の漫画、映画以外にもドラマやアニメ化もされています。それぞれ違った楽しみ方ができるので、是非見比べてみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

【ネタバレ】映画『万引き家族』あらすじや家族構成を徹底解説!

【ネタバレ】映画『万引き家族』あらすじや家族構成を徹底解説!

映画 万引き家族の概要 『万引き家族』は、2018年6月8日に公開された日本映画です。「三度目の殺人」「そして父になる」…

【ネタバレ】映画『樹海村』は実在する村の話⁈あらすじや都市伝説をご紹介!

【ネタバレ】映画『樹海村』は実在する村の話⁈あらすじや都市伝説をご紹介!

映画『樹海村』とは 『樹海村』は2021年2月5日に公開された日本映画です。『犬鳴村』に続く「実録!恐怖の村シリーズ」第…

【ネタバレ】映画『蛇にピアス』話題の衝撃作が伝えたかったことは?

【ネタバレ】映画『蛇にピアス』話題の衝撃作が伝えたかったことは?

映画「蛇にピアス」のあらすじは? これが数年後に最愛で加瀬さんとりおになるんだよ😭😭&#…