オードリー・ヘップバーン出演のおすすめ映画10選!色褪せない人気作をご紹介! アイキャッチ画像 https://www.vogue.co.uk/
記事作成日:

オードリー・ヘップバーン出演のおすすめ映画10選!色褪せない人気作をご紹介!

エンタメ

134view

ファッションアイコンとして語り継がれる名優のオードリー・ヘップバーンのおすすめ作品をご紹介します。オードリー・ヘップバーンは、映画史に残る数々の名作に出演しています。この記事を読めば、オードリー・ヘップバーンについて詳しくなれるのはもちろん、名作映画を一挙にチェックすることもできるでしょう。

女優・オードリー・ヘップバーンとは

女優として有名なオードリー・ヘップバーンとは、どんな人物なのでしょうか。彼女について「ローマの休日に出演している」くらいの曖昧な知識しかないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、まずはオードリー・ヘップバーンの基本的なプロフィールと生い立ちに迫ります。

オードリー・ヘップバーンのプロフィール

オードリー・ヘップバーンは、本名をオードリー・キャスリーン・ヘプバーン=ラストンと言います。1929年5月4日にベルギー・ブリュッセル・イクセルにて誕生しました。国籍はイギリスです。

女優として輝かしい半生を送ったオードリー・ヘップバーンですが、1993年1月20日、スイス、ヴォー州にて63歳で息を引き取りました。身長は170cmで、主に映画に出演する女優として活躍を見せました。

彼女が芸能界にて活動をしていたのは、1948年から1989年の間です。一生のうちに二度の結婚を経験しており、一度目の配偶者はメル・ファーラーで1954年から1968年の間婚姻関係にありました。二度目の結婚の相手はアンドレア・ドッティで、1969年から1982年の間婚姻関係を結びました。

オードリー・ヘップバーンの生い立ち

オードリー・ヘップバーンの父は、アイルランド系イギリス人です。そして、ナチス黒シャツ党の幹部という立場にありました。母はオランダの男爵家の出身です。5歳からイギリスで暮らしていたオードリー・ヘップバーンですが、9歳の時に両親が離婚したのを機にオランダのアルンヘムへ移住しました。

しかし、この頃のオランダでは第二次世界大戦が勃発しており、1940年にはナチスがオランダへ侵攻を始めます。この時、オランダにいたユダヤ人は悉くナチスの標的となりました。ナチスのフランス侵攻は、第二次世界大戦中、ドイツ軍を筆頭にした枢軸国軍と連合国軍との戦闘でした。

ヘップバーンが住んでいたオランダのアルンヘムでも激しいナチスへの抵抗運動が展開されており、当時11歳だった彼女もスパイに手紙を渡すなど、抵抗運動に協力していたようです。しかし、反ナチス運動の連絡係をしていたことが明るみになってしまい、異父兄弟も強制収容所送りにされてしまいます。

ヘップバーンも捕らえられ、食事もまともに与えられず栄養失調に陥りました。壮絶な幼少期を送ったヘップバーンですが、この頃の体験が元となりスパイ疑惑として世間で噂になったのです。

オードリー・ヘップバーン出演のおすすめ映画10選

ここからは、オードリー・ヘップバーンが出演している映画の中でも特におすすめの作品をご紹介します。映画史に残る名作がたくさん登場しますので、彼女のファンのみならず映画ファンなら要チェックです。

おすすめ映画①ローマの休日


オードリー・ヘップバーンの代表作としてまず第一に名が挙がる、ローマの休日です。この映画で、オードリー・ヘップバーンはアメリカ映画初出演を飾りました。当時から名優として名を馳せていたグレゴリー・ペックが共演しています。

ロマンティックコメディの名作として、今も語り継がれる作品です。1953年にアメリカで製作され、54年に日本にて公開されました。その後何度もリバイバル公開が決定するほど日本国内でもその人気は凄まじく、2003年には製作50周年を記念しデジタル・ニューマスター版が公開されました。

さらに、2020年8月には人気声優を起用した名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES」にて、新たな吹き替え版が製作、公開されました。主演のオードリー・ヘップバーンを南條愛乃が、グレゴリー・ペックを堀内賢雄が、それぞれ担当しています。

あらすじ・見どころ

主人公のアン王女は、ヨーロッパ最古の伝統ある王室の王位継承者であるため、日々公務に追われていました。欧州各国を親善旅行で訪れたアンは、あまりの多忙ぶりに疲れきってしまいます。精神的な疲弊も溜まり、主治医から鎮静剤を投与されるのでした。

しかし、それでも彼女の気持ちは収まらず、ついに夜のローマの街へこっそりと出かけることを決意します。そこで待っていたのは、運命の男性との出会いでした。恋に落ちた彼女は、これまでの王室での退屈な日々とは違う外の世界での様々な刺激に心躍らせます。

ですが、そんな日々も長くは続かず、彼女の本来いるべき場所へ戻る時が来るのでした。愛し合いながらも異なる世界を生きる二人の切ない恋を描いた物語です。見どころは、美しいローマの街並みと、オードリー・ヘプバーンのフレッシュな演技です。

真実の口やトレヴィの泉など、今日でもなおローマの観光スポットとして知られる名所が多数登場しますし、イタリアならではのジェラートを食べるシーンなどもみられます。まるで世界旅行をしているような気持ちになれる映画です。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート/ハーコート・ウィリアムズ/マーガレット・ローリングス/パオロ・カルリーニ/トゥリオ・カルミナティ/ハートリー・パワー/アルフレッド・リゾ

【ネタバレ】映画『ローマの休日』あらすじや見どころを徹底解説!

【ネタバレ】映画『ローマの休日』あらすじや見どころを徹底解説!

映画『ローマの休日』の作品情報 1953年に公開された映画「ローマの休日」は、公開当初から話題になり世界中でヒットした作…

 

おすすめ映画②麗しのサブリナ


1954年に公開された映画「麗しのサブリナ」です。サミュエル・テイラーの同名戯曲を、ビリー・ワイルダーが映画化したものであり、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」に次ぐヒット作としても知られています。

あらすじ・見どころ

大富豪ララビー家で運転手として働く男の娘、サブリナは、ララビー家の次男デイヴィッドに恋心を寄せます。しかし、サブリナの父はそれを身分違いの禁忌の恋であるとして、彼を忘れさせるために娘をパリへと送ります。

その2年後、サブリナはパリで揉まれ、洗練された姿で戻ってきます。すると、そんな彼女をみたデイヴィッドはサブリナにすっかり夢中になってしまうのでした。

一方、長男のライナスは婚約中の弟を心配します。しかし、ライナスは実は自分こそがサブリナに恋していることに気がつくのでした。

この映画の見どころは、そのキャストの豪華さにあります。ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデンなど名だたる名優が揃い踏みしています。

また、オードリーの華麗なファッションにも注目です。モードなドレスやサブリナパンツを着こなすオードリーの姿には、ファッションアイコンとしての魅力が感じられます。

キャスト

ハンフリー・ボガート/オードリー・ヘプバーン/ウィリアム・ホールデン/ジョン・ウィリアムズ/ウォルター・ハンデン/マーサ・ハイヤー/ジョーン・ヴォーズ/マルセル・ダリオ/マルセル・ヒレール/フランシス・X・ブッシュマン/ケイ・リール/エレン・コービー/マージョリー・ベネット

おすすめ映画③戦争と平和


1956年公開の映画「戦争と平和」です。文豪トルストイの同名小説はこれまでに何度も映像化されていますが、主演にオードリー・ヘプバーンを起用した今作は映画界に残る名作として知られています。

また、ニーノ・ロータによる格調高い音楽が、この貴族の恋愛ストーリーをさらに奥深いものへと仕上げています。見終えた後、深い余韻に浸ることのできる名作です。

あらすじ・見どころ

舞台は19世紀のモスクワで、当時ナポレオン率いるフランス軍の侵攻が懸念されていました。そんな中、ベズコフ伯爵の息子のピエールは、ロストフ伯爵の娘であるナターシャに恋心を寄せていました。ある時、ピエールは親友アンドレイより父の危篤を知らされます。

急ぎ病床へ駆けつけたピエールは、父の最後を見届け、その莫大な遺産を手にしました。そこへ、財産を狙う貴族令嬢のへレーネが近づき、やがて二人は婚姻するのでした。一方、アンドレイは妊娠中の妻を残し戦場へと赴きます。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/ヘンリー・フォンダ/メル・ファーラー/ヴィットリオ・ガスマン

おすすめ映画④パリの恋人


1957年のアメリカ映画「パリの恋人」です。「雨に唄えば」などで知られるタンリー・ドーネン監督が手がけたシンデレラ・ラブストーリーで、オードリー・ヘプバーンとフレッド・アステアが共演しました。

あらすじ・見どころ

ニューヨークのファッション誌「クオリティ」の編集長より、新人モデルを探すように言われたカメラマンのディックは、古本屋の店員ジョーをスカウトします。彼女は、自らが崇拝する哲学者のフロストルがいるパリに訪れたい一心でモデルの仕事を引き受けることにするのでした。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/フレッド・アステア/ケイ・トンプソン/ミシェル・オークレール/ロバート・フレミング/ドヴィマ/ヴァージニア・ギブソン/ルータ・リー/アレックス・ゲリー/イフィジェニー・カスティグリオニ

おすすめ映画⑤昼下りの情事


1957年公開のアメリカ映画「昼下りの情事」です。原作はクロード・アネの小説「アリアーヌ」です。ビリー・ワイルダーが監督を務めた作品にオードリーが出演するのは、『麗しのサブリナ』に続き今作が2作品目となりました。

あらすじ・見どころ

私立探偵として働くクロードの娘、アリアーネは、父のファイルにあったアメリカの富豪フラナガンに関する資料をこっそり読んだことで、彼に恋をします。ある時、アリアーネはフラナガンに会う機会を掴み、プレイガールに扮装して彼へ接近を図るのでした。

キャスト

ゲイリー・クーパー/オードリー・ヘプバーン/モーリス・シュヴァリ/ジョン・マッギーバー/ヴァン・ドゥード/リーズ・ブールダン/ギューラ・コカス/ミシェル・コカス/ジョージ・コカス/ヴィクター・ガゾッリ

おすすめ映画⑥ティファニーで朝食を


1961年公開の映画「ティファニーで朝食を」です。トルーマン・カポーティによる同名小説をもとにしたラブストーリーを、トルーマン・カポーティ監督が映画化しました。

あらすじ・見どころ

ニューヨークのアパートで猫と暮らす娼婦のホリーは、ジュエリーショップのティファニーの店前でパンを食べるのを日課にしていました。そんな彼女の住むアパートに、ある日作家志望の青年ポールが引っ越してきます。

ポールは、自由でミステリアスな魅力を持つホリーの姿に心惹かれるのでした。しかしそんなある日、テキサスからホリーの夫が訪れ、彼女を連れ戻しにやってきます。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/ジョージ・ペパード/パトリシア・ニール/バディ・イブセン/ミッキー・ルーニー/マーティン・バルサム/ホセ・ルイス・デ・ヴィラロンガ/ドロシー・ホイットニー/アラン・リード/ジョン・マッギーヴァー

おすすめ映画⑦シャレード

1963年の映画「シャレード」です。「雨に唄えば」で知られる巨匠、スタンリー・ドーネンが手がけた作品です。コミカルな映画なので、明るい気分になりたい時におすすめです。

あらすじ・見どころ

主人公のレジーナは、友人とのスキー旅行の最中、夫と離婚することを決めます。しかし、彼女が旅行から家に帰ると、なんと夫は亡くなっていたのでした。

さらに、戦時中に夫が3人の男たちと軍資金を横領したこと、また仲間を騙していたことが明らかになります。レジーナは共謀した男性3人から脅迫を受けることとなり、旅行中に知り合ったピーターという男性に助けを求めるのでした。

キャスト

ケーリー・グラント/オードリー・ヘプバーン/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コバーン/ジョージ・ケネディ/ネッド・グラス/ドミニク・ミノット/トーマス・チェリムスキー/ジャック・マラン

オードリー・ヘップバーンのファッションコーデ特集♡スタイル別に徹底紹介!

オードリー・ヘップバーンのファッションコーデ特集♡スタイル別に徹底紹介!

オードリー・ヘップバーンの基本情報 始めに、オードリー・ヘップバーンがどのような人物だったのかをご紹介します。ファッショ…

 

おすすめ映画⑧マイ・フェア・レディ


1964年、アカデミー賞主要8部門を受賞したミュージカル映画「マイ・フェア・レディ」です。アイルランドの劇作家、ジョージ・バーナード・ショウの戯曲「ピグマリオン」を原作とした同名ブロードウェイミュージカルを、ジョージ・キューカー監督が映画化しました。

あらすじ・見どころ

イライザはロンドンで花を売り歩く仕事をしていました。彼女はある日、言語学の教授ヒギンズに「下品な言葉遣いを正せば一流のレディになれる」と言われます。そして、教授から礼儀作法を教わることにしたのでした。

勉強を重ねてレディへと変身を遂げたイライザは、華やかな社交界にデビューします。しかし、実は教授は彼女を巡り、友人のピカリング大佐と賭けていたのでした。その事実を知ったイライザは、ショックのあまり教授の元を飛び出してしまいます。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/レックス・ハリソン/スタンリー・ホロウェイ/ウィルフリッド・ハイド=ホワイト/グラディス・クーパー/ジェレミー・ブレット/セオドア・ビケル

おすすめ映画⑨おしゃれ泥棒


1966年の映画「おしゃれ泥棒」です。原作を手がけたのは、ジョージ・ブラッドショウです。「ピラミッド」を手がけた監督ハリ・カーニッツが脚色し、「コレクター」などで知られるウィリアム・ワイラーが演出を手掛けました。

あらすじ・見どころ

美術蒐集家として名を知られるシャルル・ボネは、実は贋作画家として高い腕を持っていました。彼は自分で作った偽の美術作品を競売にかけていたのです。

娘のニコルは父が逮捕されるのではないかと懸念しますが、シャルルにやめる気はありません。その頃、美術賞のソルネはシャルルに疑いを持ち、美術鑑定のカリスマ、探偵のデルモットに調査を依頼します。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/ピーター・オトゥール/イーライ・ウォラック/ヒュー・グリフィス/シャルル・ボワイエ/フェルナン・グラヴェ/マルセル・ダリオ/ジャック・マラン/ムスターシュ

おすすめ映画⑩暗くなるまで待って


1968年公開の映画「暗くなるまで待って」です。この映画で、オードリーはアカデミー主演女優賞にノミネートされました。ブロードウェイの同名舞台劇が原作となっており、「007」シリーズのテレンス・ヤング監督が手がけています。

あらすじ・見どころ

目の不自由な女性、スージーの夫サムは、カナダからニューヨークへ戻る途中、ある女性から人形を預かります。その人形にはヘロインが隠されていたのでした。ヘロインを探す犯罪グループの男たちは、やがてサムの家を突き止めます。

そして留守の間に侵入しますが、人形は見つかりませんでした。しかし彼らはスージーの目が見えないことに気がつき、小芝居をしてスージーから人形のあるところを聞こうとするのでした。

キャスト

オードリー・ヘプバーン/アラン・アーキン/リチャード・クレンナ/エフレム・ジンバリスト・Jr/ジャック・ウェストン/サマンサ・ジョーンズ

今も人気のオードリー ヘップバーンの映画を観よう

オードリー・ヘップバーンが出演する映画は、今も語り継がれる名作ばかりです。モノクロ映画だからと敬遠することなく、ぜひそのストーリーの美しさに酔いしれながら鑑賞してみてください。

その他の関連記事はこちらから

オードリー・ヘップバーンの晩年の活動や死因について調査!

オードリー・ヘップバーンの晩年の活動や死因について調査!

オードリー・ヘップバーンの基本情報 映画だけでなく、劇中での上品で優雅なたたずまいから、現在もファッションアイコンとして…

オードリー・ヘップバーンの美貌を受け継ぐ孫娘【エマ・ファーラー】について♡

オードリー・ヘップバーンの美貌を受け継ぐ孫娘【エマ・ファーラー】について♡

オードリー・ヘップバーンとは オードリー・ヘップバーンの孫娘、エマ・ファーラーについて紹介する前に、まずはオードリー・ヘ…