【ネタバレ】映画『アサルト13 要塞警察』あらすじを徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.tv-tokyo.co.jp/
記事作成日:

【ネタバレ】映画『アサルト13 要塞警察』あらすじを徹底解説!

エンタメ

29view

名作「要塞警察」をリメイクした映画『アサルト13 要塞警察』は、イーサン・ホークにローレンス・フィッシュバーンと豪華なキャストたちが贈るアクションムービーです。この記事では映画のあらすじやキャスト情報、口コミなどをまとめます。映画鑑賞前の予習や観賞後の振り返りにご活用いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

映画『アサルト13 要塞警察』は70年代の傑作映画をリメイク!


映画『アサルト13 要塞警察』は、ジョン・カーペンターの出世作である作品「要塞警察」をリメイクした映画です。鬼才と謳われるフランスの映画監督ジャン=フランソワ・リシェが、名作を現代に甦らせました。

2005年、アメリカで製作されたアクションムービーで、悪と戦う主人公、巡査部長役にはイーサン・ホーク、彼と共に戦う悪の大物にはローレンス・フィッシュバーンが配役されています。

映画『アサルト13 要塞警察』の主要キャスト

ここでは、映画『アサルト13 要塞警察』に登場する主要なキャラクターと、それぞれを演じたキャストをご紹介します。映画を鑑賞する前に登場する人物についてあらかじめチェックしておくことで、ストーリーの理解が進みます。

キャスト①ジェイク・ローニック/イーサン・ホーク

ジェイク・ローニックを演じたのはイーサン・ホークです。ジェイク・ローニックはデトロイト一古い警察署で巡査長をしている主人公です。元潜入捜査官であるジェイク・ローニックですが、現場に潜入している際正体がバレてしまい、同僚二人が殉職してしまいます。

それから8ヶ月経過してもその時の傷が癒えていません。この役を演じるイーサン・ホークは、脚本家としての活動も見せており、これまでにアカデミー賞に2度ノミネートされています。

イーサン・ホークの若い頃は超イケメン!出演作や2回の結婚・子供について

イーサン・ホークの若い頃は超イケメン!出演作や2回の結婚・子供について

イーサン・ホークのプロフィール 氏名 Ethan Hawke/本名:Ethan Green Hawke 生年月日 197…

キャスト②マリオン・ビショップ/ローレンス・フィッシュバーン

マリオン・ビショップを演じたのはローレンス・フィッシュバーンです。マリオン・ビショップは、刑事を殺して現行犯逮捕された裏社会の大物です。

他の犯罪人と護送者にのせられ、21分署に連行されましたが、大雪が降り道路が封鎖されたことで、緊急措置として13分署の留置書に入ります。そこでジェイク・ローニックと協力関係を結ぶことになります。

キャスト③アレックス・サビアン医師/マリア・ベロ

アレックス・サビアン医師を演じたのはマリア・ベロです。マリア・ベロは精神科医の女性で、同僚たちを死なせてしまったことで精神を蝕まれているジェイク・ローニックの治療を受け持っています。彼が常に鎮痛剤を使って酒に溺れているのをみて、主治医として叱ります。

映画『アサルト13 要塞警察』のネタバレあらすじ

キャストの情報についてチェックしたところで、次に映画『アサルト13 要塞警察』のあらすじをまとめます。ネタバレを含んでいるので、まだ視聴していない方はお気をつけください。起承転結の4パートに分けてまとめるため、気になる箇所だけチェックいただくことが可能です。

ネタバレあらすじ:起

アメリカはデトロイトで、ジェイク・ローニック巡査部長は同僚とともに潜入捜査をしていました。麻薬取引の捜査に当たっていた彼らでしたが、その途中売人のミロスに正体がバレてしまいます。銃撃戦が繰り広げられ、ローニックは負傷しつつもミロスを銃殺します。

しかし同僚の二人は帰らぬ人となってしまいました。それから8ヶ月が経ち、ローニックはデトロイト最古の警察署である13分署で内勤にあたっていました。2004年の大晦日の今日、年が終わるとともに、この13分署は閉鎖されることが決まっていました。

ローニックは同僚でベテランの巡査部長、ジャスパー・オシェアやケヴィン・キャプラたちと荷物を片付け、秘書のアイリス・フェリーは新年を迎えるためのパーティーの用意に取り掛かっていました。

同僚たちを死なせてしまったことで自責の念を抱いているローニックは、精神科医のアレックス・サビアンの診察を受けます。猛吹雪の中診療に訪れてくれたサビアンでしたが、ローニックは彼女の帰り際、持っていた診断所見を抜き取ります。

そしてパーティーが幕を開け、オシェアは退職するつもりでいることを打ち明けます。その頃、刑事殺しの行われた現場で逮捕された裏社会の大物、マリオン・ビショップは、新しい21分署に連れて行かれる最中でした。

組織犯罪対策班のマーカス・デュヴァル警部は、ビショップの保釈はしないということを部下のマイク・カハネに伝えます。

ビショップはドラッグ中毒の強盗ベックやコピーブランドの販売をしていたスマイリー、アンナなどの犯罪者たちと車で連行されることになりましたが、大雪で道路が封鎖されていたので、13分署に護送されるという緊急措置がとられます。

ネタバレあらすじ:承

ビショップたちは13分署に着き、留置場に入ります。そこへ車が壊れて戻ってきたアレックスがきて、ローニックが診断所見を盗んだことについて非難します。常に鎮静剤を使ったり酒に溺れるアレックスに対し、ローニックは人生から逃げているのだと厳しい目を向けます。

やがて2005年が訪れます。新年のお祝いをする13分署に、二人組が裏口より忍び込みます。ビショップについていた監視官のローゼンは殺されてしまい、護送車の運転をしていたギルも撃たれます。

アイリスはギルの手当てをし、病院に運ばなくてはならないとローニックに告げ、オシェアはビショップの手下の犯行であると推測します。それからすぐのこと、13分署は武装集団に取り囲まれます。

署内の電話の回線は切られており、無線も携帯電話もつながりません。武装集団は”ビショップ”と書かれているブロックを投げつけてきます。オシェアはビショップを相手に引き渡そうと言いますが、ローニックは刑事を殺したビショップを渡すのはいけないと反論します。

署内が停電したのを機に、ローニックは護送車で動いて助けを呼ぼうとしますが、車は走行できないようになっており、覆面の男に襲い掛かられます。ローニックは男を倒し、倒した男が警官バッジを持っていたことと、ビショップが殺害した刑事の部下だったことを知ります。

ローニックがビショップに尋問したところ彼は金を稼ぐためデュヴァルと組んでいたが、デュヴァルの欲深さから喧嘩に発展し、彼の部下の刑事を正当防衛の末に殺すことになった、裁判で証言すればデュヴァルと部下たちは皆有罪になると話します。

そのうちにギルの息の根は止まり、ローニックは次は自分たちも殺されてしまうだろうと考えて徹底抗戦することに決めます。

ネタバレあらすじ:転

デュヴァルは13分署を取り囲んでいる武装集団の指揮をしており、署内のビショップらを殲滅しろとカハネに命令します。ローニックは留置場にいる犯罪者たちに、武装集団は特殊部隊SWATであり、自分たちが全力を尽くしてここを守ると話します。

特殊部隊SWATは署内に入り込み、ローニックは止むを得ずベックたちを開放し、武器を持たせて共闘することにします。このようにして、13分署のメンバーたちとビショップたち犯罪者らは一時的に協力関係を結ぶことになりました。

そしてSWAT隊員を次々に倒しますが、オシェアはビショップらに武器を渡したことに憤慨します。夜も更け、デュヴァルはカハネにヘリコプターを呼ぶように命令します。そこへ、出かけていたキャプラが戻ってきました。

彼は銃で狙われますが、ローニックに助けられます。ベックはキャプラがデュヴァルの仲間なのではないかと訝しみますが、ローニックはキャプラに全幅の信頼を置いていたので、ビショップはベックに、ローニックに従えと命じます。

ビショップは警官の車両で救援を呼ぼうと考え、アンナとアレックスが早速動き始めますが、車の後部座席に何者かが隠れており、アンナは殺されてしまいます。その隙にベックとスマイリーは逃亡しますが、銃で撃ち殺されてしまいます。

アレックスはデュヴァルから署内にいる人間の数を数えろと言われますが、正直に答えず殺されてしまいます。デュヴァル一連のことは全てビショップのせいにしろとカハネに伝えます。

特殊部隊が活躍する映画おすすめ18選!極限の緊張を描いた傑作をご紹介!

特殊部隊が活躍する映画おすすめ18選!極限の緊張を描いた傑作をご紹介!

特殊作戦群が活躍する映画の楽しさ 一口に特殊作戦群が活躍する映画といっても、2種類に分けることができます。それは実話をも…

ネタバレあらすじ:結

ローニックは窮地に陥ってしまいますが、ビショップに「酒に逃げるか、乗り越えるかどちらだ」と言われ、戦うことを決めます。ビショップはキャプラが外にいる警官たちと話をしていたのではないかと考え締め上げようとしますが、そこへデュヴァルの要請した援軍が到着します。

ローニックは署に放火し、アイリス、キャプラ、ビショップと地下から下水道へ抜け出します。そしてマンホールから地上へ出ようとしますが、そこにはデュヴァル率いる隊員らが待ち構えていました。

オシェアは裏切り者で、実はデュヴァルと組んでいたということを、ここでローニックは知ることになりますビショップは撃たれかけ、発煙筒のピンを抜きオシェアのポケットへ入れ、奪った銃を発砲します。

アイリスとキャプラを車で逃したローニックは、デュヴァルらと激しく撃ち合います。一方カハネはアイリスとキャプラを狙いますが、アイリスの反撃に遭って殺されます。一方ビショップはデュヴァルに撃たれ、ローニックの居所を言えと脅されます。

そこへやってきたローニックにより、デュヴァルは射殺されます。逃げていくビショップに、ローニックは必ず捕まえると言い放ちました。

しばらくしてアイリスが消防隊を連れて助けに戻ります。ローニックは隊員から他に誰かいなかったかと聞かれます。しかし彼は自分とデュヴァルたちしかいなかったと答え、アイリスと立ち去るのでした。

映画『アサルト13 要塞警察』の評価・口コミ

映画『アサルト13 要塞警察』には、実際に鑑賞した方から様々な口コミが寄せられています。ここでは、映画『アサルト13 要塞警察』に寄せられた評価を段階別にまとめてご紹介します。

良い口コミ

テンポも良くて、娯楽作品としては絶品。シチュエーションが素晴らしく、正義と悪が逆転し、味方と敵が混同してしまう面白さがある。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

古い作品のリメイクということで、とても現代ではありえない話になってて、どう考えてもこれはないだろう設定と展開になってるんだけど、話自体は面白い。さらにはキャスティングも良い。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

中立的な口コミ

もう少し主役と脇役と敵方が良ければなあ。設定は良かったけど、襲ってくる敵が弱すぎる。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

B級映画として面白いと思う。人がバタバタ死ぬし、スリリング。ただ最後の方の展開が若干残念。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

悪い口コミ

ストーリーの無理がありすぎ。映画だから多少の無理は許せるがこれは限界超えてるし、その割に面白くない。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

わりとタイトルそのまま、内容も捻りなくストレートでした。新たな発見はなかった。
引用元:https://movies.yahoo.co.jp/

映画『アサルト13 要塞警察』の人間ドラマにも注目!

複雑な人間模様も見どころの一つである映画『アサルト13 要塞警察』は、アクションが好きな方にはもちろん、ヒューマンドラマが好みの方にもお楽しみいただけます。この記事を読んで興味の湧いた方はぜひチェックしてみてください。

その他の関連記事はこちらから

ディストピア映画おすすめ15選!ダークな世界観に惹きつけられる傑作をご紹介!

ディストピア映画おすすめ15選!ダークな世界観に惹きつけられる傑作をご紹介!

ディストピアの意味は? 「ディストピア」という言葉をご存じでしょうか。ディストピアは「Dystopia」と綴り、理想郷の…


映画『ジェイソンボーン』シリーズはどの順番で見るべき?全作品を一挙紹介!

映画『ジェイソンボーン』シリーズはどの順番で見るべき?全作品を一挙紹介!

『ジェイソンボーン』シリーズって何? 「ジェイソンボーン」シリーズについてチェックする前に、まずはその概要についてご説明…